Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/09/23
Update

映画『MINAMATA』ネタバレあらすじ結末と感想考察。ジョニー・デップが日本の闇“水俣病”に切り込んだ写真家に挑む!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

忘れてはいけない社会問題を描く最新映画『MINAMATA-ミナマタ-』

私たちが何気なく生きている今も、世界各地ではさまざまな社会問題が起きています。

その社会問題は被害を受けた人たちの訴えだけでは解決することはできないこともあり、時に多くの人の力が必要とされます。

今回は1956年に確認された公害病「水俣病」を世界に発信する功績を遂げたひとりの写真家を描いた映画『MINAMATA-ミナマタ-』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『MINAMATA-ミナマタ-』の作品情報


(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

【原題】
Minamata

【日本公開】
2021年(アメリカ・イギリス合作映画)

【監督】
アンドリュー・レヴィタス

【脚本】
デヴィッド・ケスラー

【キャスト】
ジョニー・デップ、真田広之、美波、國村隼、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ

【作品概要】
俳優やプロデューサーとして活躍しながらも、監督として映画の製作も行うアンドリュー・レヴィタスが実在の写真家を題材として製作した作品。

主演を務めたのは『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)の演技でアカデミー主演男優賞にノミネートしたジョニー・デップ。

映画『MINAMATA-ミナマタ-』のあらすじとネタバレ


(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

1971年、ニューヨーク。

ユージン・スミスは第二次世界大戦に戦争写真家として派遣され高い評価を受けたものの、酒浸りの毎日で離婚した妻との子供からも見離されていました。

自身の死期が迫っていることを感じるユージンは少しでも子供に遺産を残すために機材を全て売り払い、闇雲に身入りの良い仕事を受けており、「富士フィルム」の宣伝としてインタビューを受けることとなりました。

仕事の後、日本語通訳のアイリーンはユージンに日本で起きているある問題の写真を撮り世界に広めて欲しいと訴えますが、戦争時の沖縄にトラウマを持つユージンはにべもなく断ります。

夜、ユージンはアイリーンから渡された資料を読み衝撃を覚えると、絶縁状態となった雑誌「ライフ」の編集長ボブに日本で起きている公害事件のアメリカ初の特集記事を提案し、了承させることに成功。

通訳としてアイリーンを連れ来日したユージンは熊本県水俣市を訪れます。

住民は特異な神経症状に苦しんでいました。

原因は株式会社チッソが運営する工場が水俣湾へ排水している水に含まれた水銀なのではないかと疑われていましたが、チッソも国も関連を認定していませんでした。

ユージンはチッソで働くトラック運転手のマツムラタツオの家に泊まることになりますが、マツムラ家の長女アキコは生まれつきの脳神経障害でひとりで生きることができない状態でした。

ユージンはタツオにアキコの写真を撮らせて欲しいと頼みますが、ユージンに優しく接するタツオでしたが写真は拒否されます。

翌日以降、ユージンは住民の写真を撮ろうとしますが、「水俣病」と言う名前が生む差別を恐れる住民たちは非協力的でした。

自身も軽度の発症をし手の震えが収まらないキヨシや、チッソに対し過激な交渉を行うグループのリーダーヤマザキはユージンに協力しますが、当のユージンは手足が自由に動かない少年のシゲルにカメラを渡し取材を辞めようとしてしまいます。

しかし、キヨシが精力的に動き、たくさんのカメラや現像に必要な機材を揃えた空家をユージンのために用意したことでユージンは取材を続行。

チッソの経営する病院件研究施設に無断で潜入したユージンとアイリーン、そしてキヨシは神経症に苦しむ老婆を始めとした患者たちに親身に接し、取材を繰り返します。

さらに立ち入り禁止の研究部屋へと忍び込んだ3人は、チッソが15年以上前から工場の排水に有害な成分が含まれていることを知っていたとされる資料を見つけ憤慨。

ある日、ユージンはチッソの社長ノジマに呼び出されます。

ノジマはユージンに工場の排水と神経症に因果関係が認められていないことを話し、5万ドルでこの件から手を引くようにと交渉しますが、ユージンは彼の提案を拒否しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『MINAMATA-ミナマタ-』のネタバレ・結末の記載がございます。『MINAMATA-ミナマタ-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

ヤマザキはチッソの開く株主総会の日を交渉の場と狙っていましたが、その日が近づくと警察官がヤマザキの家に突如捜査として押し入り、家を荒らして帰っていくなどの嫌がらせを受けるようになります。

ある夜、ユージンが不在の隙にネガやフィルム、現像された写真を保管していた空家が炎上。

ユージンの心は完全に折れてしまい、国際電話でボブに取材を辞め帰国する旨を話しますが、ユージンの写真を信じ待っていたボブは彼を叱咤激励します。

シゲルとの交流を通し再度奮起したユージンは、交渉派のメンバー全員に神経症で苦しむ家族の写真を撮らせて欲しいと懇願。

ユージンの想いを受け止めた住民たちは彼が写真を撮ることを認めます。

株主総会の日、チッソの工場前には500人以上の人が集まり、ユージンとアイリーンはその場の写真を撮っていました。

しかし、チッソの社員と交渉派のメンバーの緊張状態は極限まで高まり、発煙筒や投石などの暴力的な衝突が発生。

ユージンはチッソの社員によって集団的なリンチを受け、脊椎を折られ片方の目を失明し、病院に運ばれます。

その頃、株主総会に出席したヤマザキとキヨシたちは、住民の置かれた状況を必死にノジマたち重役に伝えますが、ノジマは交渉派の要求する賠償金を支払うことは出来ないと言い放ち、総会を終了。

憤慨するキヨシはその場で手首を切り倒れ込んでしまいます。

病院で目を覚ましたユージンの前に暴力現場にいたチッソ社員のひとりが現れます。

彼はユージンが親身に取材を行った神経症に苦しむ老婆の息子であり、ユージンに対する仕打ちに対する謝罪と共に火事で失ったと思われていたネガを渡し去って行きました。

退院したユージンはひとりで写真を撮ることが出来ないほどの障害を残しますが、写真を拒否されていたアキコの写真を撮る了承を取り付け、アキコが母の介助のもとに入浴する様子をアイリーンと共に撮影します。

ニューヨーク、ボブはユージンの撮った写真を受け取り感銘を受けると、その写真を使い水俣病を特集した「ライフ」を発刊。

海を越えた国で話題になっていることを知ったノジマは公害を認めざるを得なくなり、賠償金を支払う方向に舵を切ることを決めます。

数ヵ月後、裁判所でチッソの過失責任を認めた判決が下され、ヤマザキたち原告団の勝訴が決定。

その様子をユージンとアイリーンは撮影していました。

ユージンとアイリーンはその後婚姻届を提出しますが、1978年にユージンはチッソ社員に負わされた傷が遠因となり死亡。

2013年、当時の首相による「日本は水銀による被害を克服した」と言う発言とは裏腹に被害者たちの苦しみは今もなお続いています。

スポンサーリンク

映画『MINAMATA-ミナマタ-』の感想と評価


(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

多くの傷を負いながらも日本に寄り添った写真家

実在したアメリカの写真家ウィリアム・ユージン・スミスを題材とした映画『MINAMATA-ミナマタ-』。

作中でユージンは日本に対し激しいトラウマを抱えている様子を見せますが、実際に彼は26歳の時に第二次世界大戦で激しい上陸戦となった沖縄に戦争写真家として派遣されていました。

ユージンは沖縄で迫撃弾による爆風で口蓋を負傷し、その傷の後遺症に生涯苦しむことになります。

さらにユージンは本作の終盤でも描かれるように、水俣病の取材を進めるうちに日本人の手によって写真家としての命を絶たれるような傷を負わされます。

しかしそれでも、生涯日本人を恨むことなく、水俣病に苦しむ住民たちに寄り添い続けたユージン。

彼の生涯が垣間見える本作はその偉大な功績を知るきっかけとして多くの人に鑑賞して欲しい作品でした。

本作を機に動き出した「入浴する智子と母」


(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

ユージンの撮影した写真が掲載された雑誌「ライフ」によって「水俣病」問題が広まり、ユージンとアイリーンによって1975年に写真集『MINAMATA』が発売。

彼の撮影した写真の中でも「入浴する智子と母」は特に世界中で高い評価を受け、この写真をきっかけに各国が動き出したともされています。

しかし、この写真はユージンの死後、21歳の若さで死去した智子さんの心を休ませるため「封印」が決定され、ユージンの生誕100年を祝う追悼展でも公開されることはありませんでした。

2021年9月、映画『MINAMATA-ミナマタ-』の公開が決まり、本作で「入浴する智子と母」が重要な意味を持つ写真としての再認識が行われ、遺族の了承のもとに写真集『MINAMATA』の復刻版に「入浴する智子と母」が掲載。

ユージンが何を考え「入浴する智子と母」を撮影したのか。

写真と本作の双方を観て、その写真の持つ意味を考える必要があります。

まとめ


(C)2020 MINAMATA FILM, LLC
(C)Larry Horricks

ユージンはチッソの社員によって死に繋がる傷を負わされました。

しかし、その一方で「水俣病」に苦しめられた多くの人間は地元に住むチッソの労働者や関係者であったとも言われています。

仕事を守り家族を守るための行動と、公害を暴き人々を救うための行動。

工場災害としての死者数の多さが際立ち、「公害の原点」とも呼ばれた「水俣病」

ユージンの撮影の日々から50年の月日が経過し、人々の心の中からは薄れつつあるこの公害を決して忘れないために、映画『MINAMATA-ミナマタ-』は多くの方に鑑賞して欲しい作品です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。6話あらすじネタバレと感想も

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。 最終話である第6話は、ついに新宿新次とバリカン健二の試合が行われます。 ボクシングでつながりを断ち切る新次と、つなが …

ヒューマンドラマ映画

映画『冬時間のパリ』あらすじネタバレと感想。オリヴィエ・アサイヤス監督が新作で描いたのは大人たちの会話劇

オリヴィエ・アサイヤス監督が新境地に挑んだ映画『冬時間のパリ』。 二組の男女の不倫が絡む恋なんてよく聞く話。 どうにもならないことが多いのが恋愛だけれど、それでも恋することの喜びや、可笑しさを魅力的に …

ヒューマンドラマ映画

『マイ・ダディ』あらすじ感想と評価考察。ムロツヨシ映画初主演で決断を迫られる父親像を熱演!

映画『マイ・ダディ』は2021年9月23日(木・祝)より全国ロードショー! 「人生、愛があればうまくいくなんて誰が言った?」(宣伝パンフレットのコピーより) 愛する娘を救うべく、究極の選択に決断する父 …

ヒューマンドラマ映画

映画『漫画誕生』感想レビューと評価考察。手塚治虫や長谷川町子などにも影響を与えた北沢楽天の知られざる生涯

映画『漫画誕生』は、2019年11月30日(土)より渋谷・ユーロスペースほかにて、全国順次公開。 西洋漫画の手法を学んで風刺画を「近代漫画の祖」として確立しただけでなく、明治から昭和にわたり活躍した北 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スティング』あらすじネタバレと感想。どんでん返しのラストが魅力のコンゲーム代表作

これぞ、詐欺師の中の詐欺師! お金よりも大切なものとは? アカデミー賞作品賞を始め、1973年度最多7部門を受賞した不朽の名作『スティング』。 同じく数々の輝かしい賞を受賞した、1969年製作映画『明 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学