Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/14
Update

映画『トレインスポッティング』あらすじネタバレ感想とラスト結末解説。意味なき青春に潜む“スコットランドの闇”

  • Writer :
  • 中村綾子

“トレインスポッティング”な青年たちの
どこまでも無意味で鮮烈な青春!

2017年に続編が公開され、今もファンに支持され続けている映画『トレインスポッティング』

スコットランドのエディンバラを舞台に、ヘロイン中毒の主人公がヤク中仲間と送る怠惰な青春。

20年以上経った今見ても、鮮烈で斬新な映像演出と、若き日のスターたちの演技合戦をご覧ください。

映画『トレインスポッティング』の作品情報


(C)Channel Four Television Corporation MCMXCV

【公開】
1996年(イギリス映画)

【原題】
Trainspotting

【監督】
ダニー・ボイル

【キャスト】
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ケビン・マクキッド、ロバート・カーライル

【作品概要】
監督は本作でカンヌ国際映画祭の話題を集めたダニー・ボイル。監督第2作の本作はカンヌ国際映画祭で話題を集め、またアメリカでもヒットを記録。原作は、イギリスでカルト的人気を誇るアーヴィング・ウェルシュ。彼は本作中に小さな役で顔を出しています。

主人公マーク・レントンを演じるのはスターダムに駆け上る前のユアン・マクレガー。共演は『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』『ザ・ビーチ』のロバート・カーライル。

ヘロイン中毒に陥った若者たちを生々しく描いた青春ドラマです。

映画『トレインスポッティング』のあらすじとネタバレ

スコットランド、エディンバラ。

マーク・レントンは走りながら、豊かな人生において何を選ぶのか考えています。

出世、家族、洗濯機、健康、保険、マイホーム、平穏な生活に興味はない。興味があるのはヘロインだけ。

今日も修道院長の館と呼ばれるアパートの一室で、すぐそばに赤ん坊が居ても気にせずヘロインを打っています。

悪友のベグビーとトミー、そしてレントンの両親は、「ヘロインは毒で、自身を破滅させる」と言ってきます。

クスリをやめる決意をしたレントンですが、修道院長は「何度目だ?」と本気にしません。

ヘロインを抜く為に、睡眠薬を飲んで眠ろうとしたのに、睡眠薬が効く前につなぎのクスリ。

結局断ち切れずクスリの調達に行ったら、手渡されたのはアヘンの座薬。仕方なしに使うと急にもよおしてきます。

近くのパブの汚いトイレに駆け込み用を足し、大事な座薬を便器の中へ流してしまうレントン。

汚物まみれの便器に手を突っ込んで座薬を探し当てます。

クスリを絶った生活で暇を持て余したレントンは、麻薬よりも健全な性欲を満たそうと仲間たちを連れてパブへ行きました。

レントンはそこで出会ったダイアンと言う女性に惹かれ、彼女と一夜を共にします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『トレインスポッティング』ネタバレ・結末の記載がございます。『トレインスポッティング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

翌朝、ダイアンが高校生と知り、彼女に振られたレントンは、それまで絶っていたクスリを再開してしまいました。

これまで一切クスリに手を出さなかったトミーも彼女に振られ、クスリに手を出します。

仲間でありとあらゆるクスリを打ちまくってる間に、修道院長の館にいた赤ん坊が死んでいました。

母親のアリソンと、実は赤ん坊の父親だったシック・ボーイは泣き崩れ、悲しみを忘れるためにさらにクスリを打ちます。

これまで以上にクスリを打ち、盗みや強盗を繰り返し、とうとうレントンは逮捕。

一緒に捕まったスパッドは常習犯のため禁固刑。レントンは“クスリを絶つ”と言う条件付きで執行猶予となりました。

禁断症状で地獄の苦しみを味わいますが、クスリも抜け、どうにか立ち直ったレントン。

久しぶりにトミーの家へ訪ねたら、以前自宅で筋トレしていた彼とは別人のように痩せこけていました。注射針からHIVに感染したんです。

そこからレントンはロンドンに行き、人が変わったように不動産会社で働き始めました。

以前の仲間たちとつるむこともなくなり、今の生活に満足していました。

しかしそこに故郷の仲間、強盗で逃走中のベグビー、それにポン引きになったシック・ボーイが押しかけて来ます。

やがて彼は二人のせいでクビになり、3人そろって故郷に帰る事にします。

トミーの葬儀後、シック・ボーイはドラッグの取引をレントンに持ち掛けてきました。

話に乗ったレントンはロンドンでの取引を成功させ、1万6千ポンドもの大金を手に入れます。

ロンドンのパブで祝杯を挙げている最中に、その場にいた客と乱闘騒ぎを起こして逮捕されるベグビー。

レントンは決心し、大金の入ったカバンを抱えて眠るベグビーからそっとカバンを抜き取ると、目を覚ましたスパッドを見ながら、部屋を出ていきました。

そしてレントンは豊かで“平穏”な人生を送るために、朝の街を歩き去ります。

スパッドだけに大金の一部を残して…。

映画『トレインスポッティング』の感想と評価


(C)Channel Four Television Corporation MCMXCV

20年以上前の作品ですが、そこはダニー・ボイル監督作品。

今の時代に見ても、洗練された映像と退廃的な空気感が不思議なギャップを生みだし、唯一無二の汚物まみれの青春映画となっています。

レントンが自分の人生を語る形を取ってはいますが、この映画はそれまで描かれることのなかったスコットランドの闇を映し出しています。

映画の舞台、スコットランドは隣国からの侵攻と裏切りと征服の歴史で作られています。そしてその歴史によって植えつけられた、他国や他者への劣等感と、卑屈な自尊心、そうした矛盾が映画で描かれているのではないでしょうか。

「Choose life」。冒頭でレントンが言ったように、彼は選択していきます。最初は“平穏”をバカにし、ヘロインと悪友との暮らしを選択したレントンが、最後には悪友を捨て、“平穏”を選びます。

でもその手には、悪友から盗んだ大金。“平穏”とは程遠い。このラストも、修道院長の言うように、何度目かの当てにならない改心なのかもしれません。

ドラッグにおぼれているレントンには共感できないところもありますが、人生への焦燥感と青春の疾走感を映像の魔術と役者のリアルな演技で見事に描きだしました。

役作りのために約13キロ減量してレントン役に挑んだユアン・マクレガーの、ヘロイン中毒患者ぶりには目を見張ります。

体型だけでなく、目つきや息遣い、動きまでもが中毒患者そのもの。彼は本作で注目を浴び、ハリウッドの大作への出演をするようになったのも納得です。

喧嘩早いベグビーを演じたロバート・カーライルのキレ演技も見ものです。彼も映画やテレビドラマに、脇を固める実力派として活躍しています。

まとめ

公開から20年以上経っても色褪せないダニー・ボイルの斬新な映像。

若き日のユアン・マクレガーの完璧な中毒患者演技も見どころの映画『トレインスポッティング』

依存からの脱却、恋、仲間の死、裏切り、家族の絆…。

この作品は、人生の“選択”について考える機会を与えてくれます。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ツレがうつになりまして』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『ツレがうつになりまして』の原作は細川貂々の同名コミックエッセイ。 健やかなる時も、病める時も、キミと一緒にいたい。マイペースな妻のハルさんと超マジメな夫ツレに人生の危機!? 夫がうつ病になったこ …

ヒューマンドラマ映画

映画“blinded by the light”カセットテープ・ダイアリーズ|感想とレビュー評価。ロックと移民青年の物語が訴えるもの

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』は2020年7月3日(金)より公開。 『ベッカムに恋して』(2002)のグリンダ・チャーダ監督が描く新たなドラマは、アメリカのロックスターに衝撃を受けた、ある一人の …

ヒューマンドラマ映画

実話映画『スポットライト』ネタバレ解説と結末までのあらすじ。新聞記者がスキャンダル事件を暴く

巨大権力を相手に正義を貫く新聞記者たちを描いたアカデミー賞作品 マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演の、2016年に公開された映画『スポットライト 世紀のスクープ』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポップ・アイ』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

「旅は道連れ、世は情け」 ゾウと人生に疲れた中年男が、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅を始めます。 今回は生きとし生けるものの笑って泣けるバディムービー、映画『ポップ・アイ』を紹介します。 CONT …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『希望のカタマリ』あらすじネタバレと感想評価。アウリー・クラバーリョが演じたポジティブな高校生の“試練と勇気”

Netflixおすすめ映画『希望のカタマリ』は、他人のために行ってきた善行が「強さと勇気」という贈り物に! Netflixで配信中の映画『希望のカタマリ』は、観光都市にある表の顔と裏の顔、明と暗の象徴 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学