Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/10/19
Update

映画『オール・アイズ・オン・ミー』あらすじとキャスト!実話の感想は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

1996年9月13日に若干25歳でこの世を去った2PAC
エミネムスヌープ・ドッグドクター・ドレーは惜しみないリスペクトを見せ、死してなお、多くのアーティストや音楽ファンを魅了し続けるトゥパック・アマル・シャクール

映画『オール・アイズ・オン・ミー』は、センセーショナルなゴシップと、常に身の危険と隣り合わせにいた2PACの知られざる真実を描く!

スポンサーリンク

1.映画『オール・アイズ・オン・ミー』の作品情報


© 2017 Morgan Creek Productions, Inc.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
ALL EYEZ ON ME

【監督】
ベニー・ブーム

【キャスト】
ディミートリアス・シップ・Jr.、カット・グラハム、ローレン・コーハン、ヒル・ハーパー、ダナイ・グリラ、ジャマール・ウーラード、ドミニク・サンタナ、ハロルド・ハウス・ムーア

【作品概要】
1996年にラスベガスで銃撃されて、若干25歳で人生の幕を閉じたヒップホップ界のレジェンド「2PAC」。

トゥパック・シャクールの謎の死までの生涯を描いたクールな伝記映画。

2.映画『オール・アイズ・オン・ミー』のあらすじ


© 2017 Morgan Creek Productions, Inc.

裁判所前の囲みの中で、ブラック・パンサー党員のアフェニ・シャクールは、いわれなき黒人差別の迫害について、強い抗議と無罪判決の正当さを、多くの支援者や白人のインタビュアーに声を荒げます。

彼女の行動は何よりもお腹に身ごもった子どものために闘うのだと母親の叫びでもありました。

やがて時は移り、かつての母親のように刑務所に収監された2PAC(トゥパック・シャクール)。彼は拘束された所内で雑誌のインタビューに答えながら自分の過去について振り返ります…。

ニューヨークのブロンクス。貧しいながらも母親アフェニ・シャクールのもとで知識教育を受けて育ったトゥパック・シャクール。

執拗な迄にブラック・パンサー党員を追いかける警察からの捜査もあり、母アフェニに連れられ住まいを転々とし、1986年に一家はバルチモアに移り住み、トゥパックはバルチモア芸術学校に入学。

その頃から才能を見出された彼はラップに没頭するようになり、数々の詩を書き始めると、愛する彼女に詩を手紙に書き記して贈るような青年になります。

トゥパックは17歳の時にカリフォルニアに移り住み、ラッパーになる夢を追い続け、ラップのメンバーとともにツアー周りのステージの片隅で自分のラップを探し求めます。

ある日のツアー終わりのトゥパックは、自宅にいる母アフェニと妹のもとに向かいます。しかし、その母親は薬物中毒となってしまう有様でした。

やるせない怒りとラッパーへの夢が入り混じりながらも、遂に1991年11月12日に、2PACの名でアルバム「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たします。

やがて、ある日のこと、2PACはスタジオで強盗に襲われ被弾。

一命を取り留めるが、それはヒップホップ界史上最悪の東西抗争の始まりだった…。

スポンサーリンク

3.映画『オール・アイズ・オン・ミー』の感想と評価


© 2017 Morgan Creek Productions, Inc.

本作は137分の上映時間があり、一般的な娯楽作品として見るならば、長尺な映画の部類に入る作品かもしれない。

しかし、観ながらその時間に退屈さを感じさせないのは、伝説的なカリスマである、2PAC本人が何よりも退屈な人生など過ごしていなかったことにあるのでしょう。

誰かに屈するような人生を生きていなかった2PACこと、トゥパック・シャクール。

アメリカ社会の闇は、黒人と白人どちらか一方にあるとは言い切れない面もあろうが、最近のハリウッド映画を見る限りでは、謂われなき迫害を受け、なおも強く虐げられる黒人たちが主役の作品のほうが遥かに面白い映画が多い。

この作品は伝記をベースにしているから、隠せない事実もある。

それは映画の終盤で2PACが銃撃され、25歳の若さで人生の幕を閉じる現実です。

それに比べれば137分という上映時間の『オール・アイズ・オン・ミー』が、短いか、長いかは語らずとも明白

黄色人種である自分が、黒人少年のトゥパック・シャクールの心境に寄り添い、青年の姿の彼に心惹かれ、やがて偉大なアーティストとなった2PACのラップのリズムに魅せられる。

そんな映画に理屈はいらない。楽しむだけだ!

肌の色や人種の話ではなく、左脳だけがAIに取り込まれながら無意味に肥大していく現代社会において、まるで動物になったように右脳を刺激する美しい作品だと言えるでしょう。

暗がりの映画館のスクリーンの前に整然と並ばされた椅子。

そこに見えない鎖で縛られたかのように、身動きができずにいる自分が如何に不自由な価値で生きてる存在なのか気に付かされます

それが屈したお前の人生か?” “それでも生きている証なのか?” “マザーファッカー!

とまるで問いかけられたように感じた時、2PACという人間がいかに金言で雄弁なのかが理解できるでしょう。

2PACと今なおブラザーであり続けるスヌープ・ドッグは、本作について次のように叫ぶ。

2PACが歴史に名を残すには理由がある。それは、彼が歴史を作ったからだ。
彼自身がヒップ・ホップの歴史であり、アメリカの歴史だ。
恐らくみんなが思っている以上に偉大な男だった。
この映画はラッパーとしての2PACだけじゃない、人間としての2PACの話をしているんだ。
彼の真実を語っているこの映画をリスペクトする。 スヌープ・ドッグ

まとめ


© 2017 Morgan Creek Productions, Inc.

映画『オール・アイズ・オン・ミー』のなかでも、“2PACの死は、今なお謎に包まれ”ているようですが…。

そんな真犯人は退屈な野郎だ、決して見逃すな!マザーファッカー!

そして2PAC役で主演を演じたディミートリアス・シップ・Jrは、4,000人の中からオーディションで選ばれ本作がスクリーンデビュー。彼にも要注目です!

さらには黒人に成りきれなかった?金言シェークスピアの引用や、2PACと母親アフェニとの愛情にも注目してくださいね。(みんな母さんは大切にしろよ!マザファッカー!)

2PACの伝記を描いた『オール・アイズ・オン・ミー』は、2017年12月29日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ノマドランド』あらすじネタバレと感想評価。ラスト結末も【ロードムービーとして路上生活者の生き方を描く】

ノマド(放浪の民)という生き方に学ぶ、 人生の選択の仕方。 ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション『ノマド:漂流する高齢労働者たち』を原作に、アメリカ西部の路上で暮らす車上生活者の生き方を、大自然の映 …

ヒューマンドラマ映画

帰ってきたウルトラマン (リマスター版)ファミリー劇場で放送スタート!

7月22日(土)レギュラー放送スタートされ、高画質でキレイになって帰ってきた! 『帰ってきたウルトラマン HDリマスター版』のレギュラー放送が 毎週(土)18:00から2話連続で放送開始! スポンサー …

ヒューマンドラマ映画

フィリップ・ガレル映画『救いの接吻』ネタバレ感想。描写と演技から紐解く“神童の魅力”

映画『救いの接吻』は、2019年4月27日(土)より東京写真美術館ホールほか全国順次公開。 ヌーヴェルヴァーグ以降、フランス映画界の希望であり続けている名匠フィリップ・ガレル。 彼が1989年に制作し …

ヒューマンドラマ映画

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ネタバレ感想と評価。誰にでも通じる繊細な感情を鮮やかに表現

明日へぶっ飛ばす! おばあちゃんを見舞うため、砂田は大嫌いな故郷へいやいや帰ることになるのだが・・・! 夏帆とシム・ウンギョンという日韓を代表する女優が共演した箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ば …

ヒューマンドラマ映画

映画『セッション』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価。最後のセリフにJKシモンズ演じる教授の指導が集約

“完璧”を求めた狂気と才能がぶつかったとき、恩讐を越えた先の結末とは!? サンダンス映画祭 にて、グランプリと観客賞を受賞し、第87回アカデミー賞では助演男優賞、編集賞、録音賞の3部門で受賞。世界各国 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学