Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『バーレスク』あらすじとネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』など、最近は多くの名作ミュージカル映画が世に出ました。

そんな中、遡ること2010年に『バーレスク』が公開されました。

第68回最優秀作品賞にもノミネートされるなど、話題になりました。今回はそんな本作を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『バーレスク』の作品情報


©2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2010(アメリカ映画)

【監督】
スティーブ・アンティン

【キャスト】
シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ

【作品概要】
歌手になる夢を追うため、アイオワからロサンゼルスへ出てきたアリは、テスが経営する「バーレスク」を見つけ働くことになります。

今作は隠れた名作です。それはバーレスクの批評サイトが、軒並み4/5を記録していることからも伺えます。

俳優や監督は今作のみの方が多いですが、『バーレスク』は間違いなくもっと話題になるべき作品だと思います。

映画『バーレスク』のあらすじとネタバレ


©2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

歌手になる夢を持ち、アイオワからロサンゼルスへと引っ越してきたアリは、仕事を探してロスの街を彷徨っていました。

そんな中、テスという女性が経営する「バーレスク」を見つけ、舞台の華やかさに感銘を受けたアリはウェイターへと頼み込み、ウェイトレスとして働くことになります。

そんなある日、アリにチャンスが訪れます。

妊娠したバックダンサーの代役として舞台に上がることになりました。それだけでは収まらず、ソロで踊ることになったのです。

アリを妬む人物によって妨害をされますが咄嗟に歌い出し、マイクを使用せずとも響き渡る歌声によって、大成功を収めたのです。

アリはそれ以来メインスタッフに据えられ、歌声は新聞にも記載されバーレスクは連日盛況になりました。ジャックという彼氏もできて、順風満帆の人生を送ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バーレスク』ネタバレ・結末の記載がございます。『バーレスク』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ですが、バーレスクには多額の借金を抱えていました。テスは銀行に融資を断られ、不動産業を営む常連客のマーカスへ売ることのみが残された方法でした。

バーレスクを大事に思うテスは、バーレスクを売ることには消極的な態度でした。

アリも、彼氏のジャックが未だ婚約者と離婚していないことに怒り、家出をします。

マーカスの元へと向かうアリでしたが、マーカスはバーレスクの跡地に高層ビルを立てる予定だと言いました。

それを知ったアリは、大きな舞台で踊ることを提案するマーカスを振って、バーレスクへと戻りました。

以前マーカスが空中権の話をしていたことを思い出したアリは、近々バーレスクの向かいに立つ予定の高層マンションのオーナーへもとへ、向かいました。

バーレスクの空中権を売ることをオーナーへ申し出ました。

空中権がなければマーカスは高層ビルを建てられず、絶景をウリ文句としていたオーナーも目の前に高層ビルを建てられてはマンションの価値が下がります。

オーナーは空中権を高額で購入し、バーレスクの借金は無事完済しました。

スポンサーリンク

映画『バーレスク』感想と評価


©2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

今作の見どころはバーレスクという1つの空間を通じて、成長する主人公アリやテスとの関わり方です。

歌手になる夢を持つアリはひょんなことから、バーレスクの舞台を見てこのきらびやかで派手な世界に魅せられます。

展開としては2012年に公開された『マジック・マイク』に似ていて両作品とも、少ないチャンスをモノにしながらも確実に結果を出しています。

比較して見てみると『マジック・マイク』ではチャンスを掴んだアダムが驕り堕落していく中、主人公のマイクは徐々に平穏な生活を取り戻していきます。

一方『バーレスク』ではアリやテスは、堕落することなく常にバーレスクという1つの居場所を守るために動いていたのではないかと考えます。

ミュージカル映画なので勿論、歌や踊りも注目すべきポイントです。

作中の劇中歌は、殆どアリ役のクリスティーナ・アギレラが歌っています。

クリスティーナ・アギレラは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」の第58位など歌唱力は絶大です。

まとめ

『バーレスク』は世間的にはあまり知名度は高くないですが、間違いなくもっと評価されるべき映画の1つだと思います。

クリスティーナ・アギレラの歌唱力やダンスなど、ミュージカル映画としての完成度も抜群ですが、作品の根底に流れる「居場所」や「挑戦」と言ったようなテーマを強く感じます。

ただ、難しく考えなくてもミュージカル要素やサクセスストーリーなど、見ていてスカッとする要素が多く見ていて飽きません。

『バーレスク』はクセの少ない見やすい映画だと思います。

近年であれば、『ドリームガールズ』や『グレイテストショーマン』といった作品に、ハマっていた人には是非おすすめしたい作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング|感想評価と内容解説。ネッド・ケリーの真実の歴史をアナーキーかつパンクに描く

伝説の反逆者ネッド・ケリーの新たな実像に迫る 映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』が、2021年6月18日(金)より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開予 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじとキャスト! 原作漫画紹介も

ひとりの天才バレエ少女が数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』。 10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロー …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゲット・オン・ザ・バス』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。スパイクリーが黒人の人権問題を歴史的背景と内省を込めて描く

Black Lives Matterを掲げる黒人の人種問題を描いたロードムービー 『マルコムX』『ブラック・クランズマン』で知られるスパイク・リーが監督を務めた1996年の映画『ゲット・オン・ザ・バス …

ヒューマンドラマ映画

カーリング女子映画『シムソンズ』あらすじとキャスト。12年ぶりリバイバル上映決定!

今から12年前、2006年カーリング女子日本代表チームの実話に基づいた映画『シムソンズ』は公開されました。 そして今、平昌オリンピックの女子カーリング日本代表チーム「LS北見」の銅メダル獲得の感動が覚 …

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。 2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学