Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『泣く子はいねぇが』ネタバレ解説と内容考察。なまはげという秋田の伝統文化で描いた“たすくの葛藤と成長”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

娘が産まれても、大人になりきれない男の心の葛藤と成長を描いた、映画『泣く子はいねぇが』。

監督、脚本、編集を担当した佐藤快磨が、5年の時間を費やして完成させた本作は、仲野太賀や吉岡里帆など、若手の注目俳優が集結。

秋田県・男鹿半島の伝統文化「ナマハゲ」を通して「父親の責任」「人としての道徳」に向き合った、本作の魅力を解説します。

スポンサーリンク

映画『泣く子はいねぇが』の作品情報


(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

【公開】
2020年公開(日本映画)

【企画】
是枝裕和

【監督・脚本】
佐藤快磨

【キャスト】
仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、山中崇、田村健太郎、古川琴音、松浦祐也、師岡広明、高橋周平、板橋駿谷、猪股俊明、余貴美子、柳葉敏郎

【作品概要】
娘が産まれても、大人になりきれない男、たすくが抱える心の葛藤と成長を描いたヒューマンストーリー。

2016年のTVドラマ『ゆとりですがなにか』でブレイクし、2018年の『母さんがどんなに僕を嫌いでも』や、2020年の『生きちゃった』など、心の葛藤に悩む主人公を多く演じている仲野太賀が、大人になり切れない男、たすくを好演しています。

たすくの元妻ことね役を、2015年の朝のテレビ小説『あさが来た』で人気となり、2019年の『見えない目撃者』などで主演を務めている、注目の女優、吉岡里帆が演じています。

たすくの母親を演じる余貴美子や「ナマハゲ存続の会」会長の夏井を演じる柳葉敏郎など、実力派俳優が出演。

監督は、2016年の『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』や、2019年の『歩けない僕らは』などで高い評価を得て、本作が劇場長編デビュー作となる佐藤快磨。

また、2018年の『万引き家族』などで世界的に高い評価を得ている、是枝裕和が、本作の脚本に惚れ込み、企画として携わっています。

映画『泣く子はいねぇが』のあらすじ


(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

秋田県・男鹿半島で暮らす、後藤たすくは、妻のことねとの間に娘が産まれ、幸せを感じていました。

たすくは「凪」と名付けた娘を可愛がりますが、凪はたすくに懐く様子を見せません。

また、市役所に提出した出生届の記載に間違いがあり、ことねはその点をたすくに指摘します。

ですが、ヘラヘラしているたすくに、ことねは呆れた様子を見せます。

また、凪が産まれた事で「今年は参加しない」と約束していた、ナマハゲを「ナマハゲ存続の会」会長の夏井康夫に頼まれ、断れなかった、たすく。

「お酒は飲まない」と、ことねと約束し、たすくはナマハゲに参加します。

年末の街中を、たすくはナマハゲとして歩きまわります。

たすくは友人の志波亮介に勧められた事で、ことねとの約束を破り、お酒を飲み泥酔してしまいます。

そして、ナマハゲのお面を被り全裸の状態で街を徘徊し、その様子をテレビ中継で流されてしまいます。

ことねは無表情で、その中継を見ているのでした。

2年後、たすくは東京に出て来ていました。

全裸で街を徘徊する様子がテレビ中継された事で、ことねと離婚し、全国から苦情が寄せられ、ナマハゲ存続の危機となり、男鹿半島にいられなくなったのです。

東京に逃げて来た形のたすくは、毎日に何の目標も持てずに暮らしていましたが、男鹿半島から志波が訪ねて来ます。

たすくは志波から、ことねが離婚後に、夜の繁華街で水商売を始めた事を聞きます。

しかし、ことねはお酒も飲めず、水商売を一番嫌っていました。

たすくは罪の意識を感じ、男鹿半島に戻り、ことねとやり直そうとしますが…。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『泣く子はいねぇが』ネタバレ・結末の記載がございます。『泣く子はいねぇが』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

男鹿半島に帰郷した、たすくでしたが、兄の悠馬には「皆がお前の事を忘れようとしてる、何しに帰って来た」と冷たい態度を取られます。

たすくは志波と共に、ことねを夜の繁華街で探しますが、手掛かりすら見つかりません。

また、たすくは何も考えずに帰郷した為、特にやる事の無い毎日を過ごしていました。

ですが、見かねた母親のせつ子に、アイスクリーム販売の露店を手伝わされます。

アイスクリーム販売のアルバイト代をせつ子から貰った事で、たすくはことねとやり直す為に、お金の必要さを感じます。

たすくは、お金を得る為に、志波と共にサザエの密漁を始めます。

たすくは1人で、ことねを探し続け、路上でお酒を飲みすぎて塞ぎ込んでいる、ことねと再会します。

ですが、ことねは「何しに帰って来たの?」と冷たい態度を取り、話をしようとするたすくを相手にしません。

それでも、たすくは食い下がろうとしますが、ことねから「再婚する」と伝えられてしまいます。

たすくは、ことねが再婚する事にショックを受けますが「水商売をさせる奴に、ことねは渡さない」と新たな決意を抱きます。

男鹿半島で再就職しようと、たすくはハローワークに通い始めますが、夏井に見つかり、ナマハゲに対する2年分の苦情の手紙を見せられます。

たすくの亡くなった父親は、木工所を営んでいて、まなはげを彫ったのも父親でした。

夏井は、たすくに「父親の気持ちも考えろ」と伝えます。

一方せつ子はパチンコ店で、ことねと再会します。

子育ての息抜きでパチンコを打っていた事に、罪悪感を抱くことねに、せつ子は「大丈夫」とだけ伝え、何も言わずに別れます。

たすくは、お金の為に志波とサザエの密漁を続けますが、地元民に通報され、警察に志波だけが捕まってしまいます。

また、せつ子がアイスクリーム販売の露店準備中に事故に遭い、意識を失い入院します。

せつ子は命に別状は無く、元気に回復します。

ですが、たすくは悠馬から、父親が遺した木工所を売り払う事を伝えられ、家を出て行くように言われます。

たすくは病院から出ようとしますが、せつ子の見舞いに来た、ことねと偶然再会します。

車で浜辺に行き、2人は話し合いをしますが、ことねは「もう生きていける、君と会うのは最後」と言い残し、立ち去ります。

たすくは、ことねから凪が、保育園で開催される演劇会に出る事を聞いており、演劇会を見に行きます。

ですが、そこでたすくが目撃したのは、再婚した夫と楽しそうにしている、ことねの姿でした。

また、演劇会に出ている、成長した姿の凪の顔が分からず、たすくは情けない気持ちを抱きます。

木工所を売り払う準備をする中で、たすくは父親が遺した、ナマハゲの面を見つけます。

たすくは志波ともに、2人でナマハゲを決行しようとしますが、夏井に見つかってしまいます。

志波が夏井を取り押さえ、たすくは、ことねが新たな家族と住んでいる家に行きます。

ことねは、自宅に現れたナマハゲが、たすくである事をすぐに見抜きますが、悩んだ末に家の中に入れます。

たすくは、ナマハゲの姿で凪に再会し「泣く子はいねぇが!」と叫ぶのでした。

スポンサーリンク

映画『泣く子はいねぇが』感想と評価


(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

秋田県・男鹿半島を舞台に、大人になりきれない男、たすくの奮闘ぶりを描いた映画『泣く子はいねぇが』。

本作を一言で表現すると、主人公のたすくが、自分の情けなさを受け入れるまでの物語です。

たすくは娘が産まれても、父親としての自覚が芽生えておらず、娘の出生届を提出したその日の夜に、酔っぱらって、全裸で街を徘徊する様子がテレビ中継されるという、大失態をおかします。

それが原因で、たすくは故郷の男鹿半島にいられなくなり、逃げるように東京へ移住します。

ですが、たすくは逃げて来ただけなので、東京に何の目的も無く、ただただ毎日を過ごしているだけです。

そんな、たすくですが、友人の志波から、離婚した元妻ことねが、水商売を始めた事を聞き、ことねの力になる為、男鹿半島へ戻ります。

しかし、男鹿半島に戻った、たすくが目の当たりにするのは、誰も自分を必要としていない、逆に忘れ去ろうとしている現実でした。

ことねすら、たすくの事を全く必要としていません。

考えてみれば、逃げるように故郷を出て、その後にまともなフォローも無く、いきなり戻って来られても、ことねには、たすくが無責任にしか感じないでしょう。

しかし、たすくは、ことねに拒絶されても「あいつには、自分が必要」と勝手に思い込み、空回りとも言える頑張りを見せるようになります。

つまり、この段階だと、2年前と何も変わっていないのは、たすくだけで、周囲の人間は、たすくの大失態により受けたダメージから、立ち直ろうとしているのです。

しかし、たすくにも、2年間という時間から逃げ続けた事を、実感させる出来事が起こります。

それは、娘の凪が出演する、幼稚園の演劇会を見に行った場面で、2年ぶりに見る、自分の娘の顔が分からないという、これまで自分が逃げ続けて来た事への、代償を思い知らされます。

さらに、そこで新たな夫と楽しそうに凪を見つめる、ことねを見てしまい、たすくは「もう、自分は必要ない」と、身を引くしかない状況となります。

ただ、ことねも本当に幸せかは定かではありません。

子育ての息抜きにパチンコを打ったり、医療事務の資格を取得するなど、どこか新たな生活に対する不安を感じる描写もあります。

ですが、それでも間違いなく、ことねにとって、もうたすくは頼る存在ではないのです。

たすくは、自身の情けなさを受け入れるしかなく無くなりますが「自分は凪の父親である」という、自覚だけは揺るぎません。

そして、ラストシーンの、たすくがナマハゲとなって、凪に会いに行く場面へと繋がっていきます。

この場面は、父親としては会えなくなった凪に、せめてナマハゲとして会いに行き、ことねも、そのたすくの想いを受け入れたというように見えます。

ですが、佐藤快磨監督は「ナマハゲから子供を守ったりする事で、父親としての自覚や責任が芽生える、そういう側面があるのではないか?」と考えています。

たすくは、ナマハゲとなって凪を怖がらせ、新たな父親に凪を託し、自身は別の人生を歩む覚悟を決めたと、この場面から読み取れます。

本作は、このナマハゲの場面で終わる為、その後に、たすくがどうなったかは分かりません。

ですが、ずっと逃げ続けて来た、自身の2年前の過ちと、迷惑をかけた故郷の人々に向き合った事で、たすくは間違いなく人間的な成長を遂げたのだと、解釈できるラストシーンとなっています。

人間的に成長した、たすくは気持ちを新たにして、今後の人生を歩むでしょう。

そう考えると、本作は全体を通して希望を感じる作品であると言えます。

まとめ


(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

映画『泣く子はいねぇが』は、ゆっくりとしたテンポで物語が進む作品で、たすくの精神的な成長を、非常に丁寧に描いています。

ですが、重い空気が漂う作品ではなく、ところどころにコメディー要素が入っており、例えば密漁したサザエを買い取る業者の男が、やたら深い人生哲学を語りだしたり、サザエを捕る志波に、近くに警察が来た事を伝えるサインとして、たすくが変な踊りを必死で踊ったりと、どこかシュールな場面も挿入されています。

たすくは、子供が産まれた後も、飲みの席に行って泥酔したりする、どうしようもない部分がありますが、男性は何となく同じような経験があるのではないでしょうか?

たすくの大人になりきれない部分は、多くの男性が抱えており、佐藤監督自身「父性を探す」をテーマに、本作を撮影した事を語っています。

「楽しさ」を優先する、男性の馬鹿な部分と、「現実」を優先する女性の賢い部分を、丁寧に描いた映画『泣く子はいねぇが』。

大人になりきれない、全ての大人に、是非鑑賞してほしい作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『浜の記憶』あらすじと感想。元東宝の名優加藤茂雄が演じる年の離れた男女の孤独な物語

映画『浜の記憶』は2019年7月27日(土)よりK’s cinemaにて公開! 黒澤明監督の『生きる』や成瀬巳喜男監督の『流れる』など、数多くの東宝作品に出演したほか、テレビドラマ『太陽に …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイトル、拒絶』ネタバレあらすじと感想解説。伊藤沙莉が演技力で見せたセックスワーカーの“女たちの生き様”

2013年初演の舞台を主宰の山田佳奈自ら映画化、セックスワーカーの女たちを描いた映画が公開! 「私の人生なんて、クソみたいなもんだと思うんですよね」という伊藤沙莉演じるカノウの核心をつく独白から始まり …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』若葉竜也(トキオ役)演技評価と感想

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。 今作の主演ミズト役を務めたのは吉村界人。そしてトキオ役で共演を果たしたのは、映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・プレイス 運命の交差点』あらすじネタバレと感想。謎の男とは何者なのか

謎の男が真実を見抜く 2019年4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開の映画『ザ・プレイス 運命の交差点』。 全編カフェの中というワンシチュエーションで進んで行く本 …

ヒューマンドラマ映画

映画『15時17分、パリ行き』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」を映画化。 現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者の幼少時代から事件に遭遇するまでの半生を描く実話がモチーフの『15時17分、パリ行 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学