Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/03/28
Update

映画『パティ・ケイク$』あらすじと感想。おすすめランキング2018ベスト級!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『パティ・ケイク$』は、4月27日(金)より、HTC渋谷、新宿シネマカリテほかにてロードショー!

2018年日本公開される映画で、文句ナシおすすめで面白い作品は、サンダンス映画祭発!ラップ女子の感涙サクセスストーリー『パティ・ケイク$』

正直言って秀作映画『スリー・ビルボード』を超えるほどの“愛”に満ちた作品は現れないと決め込んでいたが、音楽映画『パティ・ケイク$』を2018ランキングおすすめベスト級のウルトラ最高ムービー!

スポンサーリンク

1.映画『パティ・ケイク$』の作品情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Patti Cake$

【脚本・監督】
ジェレミー・ジャスパー

【キャスト】
ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エバレット、シッダルタ・ダナンジェイ、ママドゥ・アティエ、ワス・スティーブンス、サー・ンガウジャ、MCライト、キャシー・モリアーティ

【作品概要】
困難な状況に置かれながらもラップでの成功を夢見たパティの奮闘する様子を描いたサクセスストーリー。サンダンス映画祭では、かつて類のないほど映画配給の上映権の激しい争奪戦となり、注目を集めたラップ音楽の秀作。

パティ役で主演を務めたのは、『シークレット・デイ』のダニエル・マクドナルド。この作品のためにラップの猛特訓で挑んだ熱演が見どころろ。

パティの母親役を『エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方』のブリジット・エバレット、パティの祖母役を『レイジング・ブル』のキャシー・モリアーティが演じています。

長編映画初監督となるジェレミー・ジャスパーが演出した監督を務めたほか、脚本や劇中の楽曲も手がけています。

2.映画『パティ・ケイク$』のあらすじ


(C)2017 Twentieth Century Fox

何も良い出来事などないパトリシア・ドンブロウスキーにとっては、地元ニュージャージーは掃き溜めのような街。

家族といえば、アルコール依存症で金ばかりをせびる母親と、認知症も見えはじめた車椅子の祖母ナナとの3人暮らし。

23歳となったパティは、憧れのラップの神様O-Zのように名声を手に入れ、地元や家族から離れることを夢みていました。

しかし、現実は金ナシ職ナシの挙句、その見た目の体型からも「ダンボ!」と街に住む若者から嘲笑されるパティ。

でも、やはり彼女にとってヒップホップ音楽は魂の叫びであり、パティの周囲のすべてを詩の言霊にする奇跡を起こす“魔法”ようなものでした。

しかし、そんなパティのラップに思う情熱とは裏腹に、バンドオーディションに出場しても落選止まり。

彼女の心の奥底の言霊など、誰の心に届くことはありませんでした。

音楽活動が上手くいかずに気を落ちするパティにとって、常に勇気付ける声をかけてくれるのは、唯一の親友で音楽仲間の理解者のジェリ。

ある日、パティは夜の街角で行われるフリースタイルラップ・バトルを見に出かけます。

親友ジェリはパティにキラーPとして、ラップ女王の存在力を見せつけろと参加を促します。

自信を持てずにいたパティでしたが、バトルに出場する因縁の相手であるラッパーを、彼女の渾身のライムで打ち負かします。

ダンボと揶揄されるパティでしたが、クールな彼女の才能に相手の男は思わず暴力に出ます。

たまたま深夜のパトロールで巡回する警察に救われたパティ。

しかも、その警察官はパティと揉めごとの絶えないアルコール依存の母親の幼なじみでした。

パティはその際に母親が、かつてミュージシャンであったことを知りますが…。

スポンサーリンク

3.映画『パティ・ケイク$』の感想と評価


(C)2017 Twentieth Century Fox

2018年に入り、あなたはどのような映画をご覧になりましたか。

米国アカデミー賞の作品賞や監督賞を獲得した、一人暮らしの孤独な中年女性の怪しい恋を見つめた『シェープ・オブ・ウォーター』でしょうか。

それとも、人魚の少女が捕食する人と恋に落ちてしまう『ゆれる人魚』。

あるいは、邦画で再上映されてなお人気の高い、アンモナイト好きで孤独の妄想に耽る女性が真の大切な人に気付く『勝手にふるえてろ』かな。

これらの作品は、ヒロインを主人公に誰かに強く惹かれて恋愛をしたり、また、何かの状況に夢想するミュージカルシーンが印象的な映画であったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

見どころ① 女性たちの誰もが可憐で強い!


(C)2017 Twentieth Century Fox

今回ご紹介する音楽映画『パティ・ケイク$』でも、主人公パティの恋愛感情や夢見る乙女心の夢想は登場します。

そのことは安易に少女的趣味なことだと指摘することではなく、女性の魅力を活かして価値観を映画にすると、心の弱さや強さに付随して、娯楽性の高い映画になる傾向があるのかもしれません。

また、本作の演出を務めたジェレミー・ギャスパー監督は、自ら脚本をしたため、劇中で使用される楽曲のオリジナル音楽を熟す多才ぶりですが、今の地位に到るまで安定した暮らしではなかったようです。

ジェレミー監督は映画『パティ・ケイク$』の物語性と同じように、大学を卒業した後に両親と同居しながら、病気を患った祖父母の世話をしながら、場末の飲食店でのライブ活動で生活を食いつないだという、実体験に基づいた脚本を執筆しました。

その生まれ育った場所の体験を活かした本作について、ジェレミー監督はこう述べています。

「パティは私の妹のようなものです。私が23歳で体験していたことを劇中でパティも体験しています。私が生涯を捧げるヒップホップと、私を育ててくれたニュージャージーの大きく力強い女性への憧れ、そして私の実体験を組み合わせて、誰も見たことがないような伝説的なニュージャージー・ガール=パティが生まれました。私は、自分の人生で出会った女性たちとニュージャージーの両方に捧げる作品を作りたかったのです」

監督の思いを丈の強さ、「生涯を捧げるヒップホップと、私を育ててくれたニュージャージーの大きく力強い女性への憧れ」とあり、そのことを“人生で出会った女性たちと生まれ育ててくれた場所”に捧げると言っています。

そんな真意からも本作『パティ・ケイク$』に登場する女性は、誰もが美しく、可憐でいて強い存在として女性たちが描かれている特徴的です。

女性たちの深い感情のひだに要注目です。

見どころ② 母親と子ども成長


(C)2017 Twentieth Century Fox

祖母ナナ役を演じたベテラン女優のキャシー・モリアーティは、ジェレミー監督が自分にナナ役をうまく表現してくれると信じられていたこがとても嬉しかったそうです。

またキャシーは本作のシナリオは、彼女が演じる祖母ナナを含む3人の女性が共に成長し、離れて行き、そしてそれぞれの人生がどうなるのかを描いた親子3世代の映画だと見抜いていました。

そのことはこの作品を観れば一目瞭然ですが、女性たちの親子3人それぞれが口から生まれ出たように口が達者。

時に口喧嘩もしますが、祖母ナナが孫のパティのラップに聞き惚れる場面や、母親バーブは常にパティの身だしなみを気にしたり、またパティが髪をオシャレに切ってもらうことでバンド活動に挑むくだりなど、見逃せないシーンばかりです。

さらには、娘パティの役柄にジェレミー監督は、典型的な若手女優や認知度が高い女優の起用することに、まったく興味がなかったようです。

パティ役を演じたダニエル・マクドナルドと初めて会った時の印象をジェレミー監督はこのように語っています。

「パティのような人物にスポットライトをあてた映画はそう多くありません。面白い親友役やおどけ役としては当てはまるかもしれないが、今回は映画の主役なのです。パティが誰かということは私には明白でした。 ダニエル・マクドナルドに会った瞬間、彼女が適役だと分かりました。彼女は私がずっと頭の中で描いていたパティそのものでした。見た目は少女だが、強さも持ち合わせていて彼女しかないと感じました」

監督が述べたように、「見た目は少女だが、一方で強さを持つ」というパティの存在に、きっと、あなたは魅了されますよ。

単に年齢を重ねた親が子を育てるといった価値観のみでなく、お互いに成長し合うというそが、家族なのかもしれませんね。

優しいパティを通して、祖母ナナや母親バーブどのように成長するのか。泣き笑いを含む心地よい作風を見せてくれますので、見逃さないでくださいね。

見どころ③ 昨今の映画テーマである「多様性」とバンドメンバーたち


(C)2017 Twentieth Century Fox

本作では昨今の映画で多く見受けられる「多様性の共有する」というテーマも、読み取ることができます。

ダニエル・マクドナルドが務めた主人公パティは、「ダンボ」と太った体型を揶揄され馬鹿にされています。

それでもパティが自分の価値観で音楽活動をするなかで、ジッタルタ・ダナンジェイ演じる薬局で働く親友ジェリだけではなく、新たな音楽仲間のメンバーとなる移民であろう黒人バスタード役のママドゥ・アティエを加入させます。

ほかにも社会から忘れ去られる弱者である人物の驚きの加入を見せるあたり、排他的ではない多様な価値観の共有は明らかなようです。

人格を見ずに行われる差別や偏見や、社会的な地位の弱者な者たちが音楽を通じて社会に一撃を与えていく。

この展開こそが、サクセスストーリーであり、ラップの言霊が魂となってソウルフルに生きていくことが描かれているのです。

それぞれの異なる違いを個性やユニークさだと認め合うことで、弱者は強者にはない真の意味での仲間との関係を見出していきます。

そのきっかけが、“女性という柔軟である心の持ち主である”という意味も大きいように思います。

ジェレミー監督は多様な価値観のあり方をこのように述べています。

「この映画はヒップホップと自分を育ててくれたおしゃべりで大柄のニュージャージーの女性たちに贈る2時間のプレゼントです。寛大で音楽の虜で夢を見ながらも他のことはどうでもいいと思っているような彼らへの熱烈な呼びかけです。

脱出したくて心がうずきながら現実の重さにつながれ身動きできないとしても、心の底からやりたいことであれば、はみ出し者で集まった家族みたいな友達を見つけることが大切だ」

やはり、「女性」と「多様性」に注目することがメッセージの映画。

それが『パティ・ケイク$』のようですね。

まとめ


(C)2017 Twentieth Century Fox

ジェレミー・ギャスパー監督の女性たちに捧げる渾身の一作『パティ・ケイク$』。

本作は音楽映画としてだけでなく、2018年に公開される最高ベスト級な作品です!

ニュージャージーに住みながらラップのミュージシャンを目指す23歳のパティ。

彼女は一緒に暮らすアルコール依存症の母親バーブや認知症になった車椅子の祖母ナナの暮らしの面倒を見ながらも、自身の抱いたラップの女王として活躍を夢見る乙女です。

パティの親友で良き理解者ジェリは彼女の才能を見抜き、このように紹介します!

映画『パティ・ケイク$』予告編

「ひれ伏したまえ、女王様がいらっしゃる!紹介しようミス・パトリシア・ドンブロウスキー。またの名をパティ・ケイク、またの名をキラーP!!」

映画『パティ・ケイク$』は、4月27日(金)より、HTC渋谷、新宿シネマカリテほかにてロードショー!

映画ランキング2018は『パティ・ケイク$』で決まり!絶対的乙女パティをお見逃しなく!!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アポロ13』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【トム・ハンクス代表作】

アメリカの月面探査船計画、アポロ11号から16号のなかで一機だけ月に到達できなかったアポロ13号。 なぜその一件は、“輝かしい失敗”とまで言われるようになったのか。 月面に到着することなく、地球へ帰還 …

ヒューマンドラマ映画

映画『枝葉のこと』あらすじと感想レビュー。二ノ宮隆太郎監督紹介も

第70回ロカルノ国際映画祭や第47回ロッテルダム国際映画祭に出品され、海外でも好評を博した二ノ宮隆太郎監督の映画『枝葉のこと』。 シアター・イメージフォーラムにて2018年5月に公開。 劇場デビュー作 …

ヒューマンドラマ映画

イッセー尾形映画『漫画誕生』のあらすじとキャスト。篠原ともえとの共演で見せる魅力とは

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュに選出されたイッセー尾形主演『漫画誕生』。 “近代漫画の父”と呼ばれ、いま現在に至る漫画を職業として確立し、歴史から忘れられていった男・北沢樂天。 新進気鋭 …

ヒューマンドラマ映画

映画『砂の器(1974)』動画無料配信はHulu。ネタバレ原作と脚本の違いは

原作は松本清張の同名小説です。1960年から読売新聞夕刊で連載された長編推理小説をベースに、公開当時に近い71年に時代設定を移して描いた感動巨編。 1974年公開された野村芳太郎監督の『砂の器』をご紹 …

ヒューマンドラマ映画

『あの日のオルガン』あらすじネタバレと感想。実話の映画化に挑んだ平松恵美子は山田洋次の秘蔵っ子で松竹で2人目の女性監督

映画『あの日のオルガン』は、2019年2月22日(金)より全国ロードショー! 東京も安全ではなくなった1944年に、実際に行われた保育園の疎開。 その難題に挑んだ保母たちの闘いを朝の連続テレビ小説のヒ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP