Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/19
Update

【ネタバレ解説考察】ドライブ・マイ・カー|原作との違いと映画ラストの意味ד密室劇”小説からロードムービーへの変化の意味

  • Writer :
  • 星野しげみ

ゴールデングローブ賞受賞作『ドライブ・マイ・カー』を原作と比較!

『ドライブ・マイ・カー』は、村上春樹の同名短編小説を濱口竜介が監督・脚本を務めて映画化した作品です。

俳優であり演出家の家福。共に過ごしていた愛する妻が、秘密を残して突然この世からいなくなってしまいます。喪失感を抱えたまま2年がたち、家福は広島の演劇祭に出かけ、専属ドライバーとして渡利みさきを雇います。みさきが運転する愛車の中で、孤独な2人が次第にお互いの寂しさを理解するように……。

家福役を西島秀俊、みさき役を三浦透子、家福の妻・音役を霧島れいかとそれぞれ実力派が演じた本作は、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞。また日本映画として、62年ぶりにゴールデングローブ賞に輝きました。

世界から圧倒的な支持を受けた映画『ドライブ・マイ・カー』を原作小説と比較して楽しみましょう。

スポンサーリンク

映画『ドライブ・マイ・カー』の作品情報


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
村上春樹『ドライブ・マイ・カー』(短編小説集『女のいない男たち』所収/文春文庫刊)

【脚本】
濱口竜介、大江崇允

【監督】
濱口竜介

【音楽】
石橋英子

【出演】
西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、パク・ユリム、ジン・デヨン、ソニア・ユアン、ペリー・ディゾン、アン・フィテ、安部聡子、岡田将生

【作品概要】
映画『ドライブ・マイ・カー』は、村上春樹の短篇小説集『女のいない男たち』に収められた6編の短篇小説の一つです。この小説の映画化を熱望し、自ら脚本も手がけたのは濱口竜介監督。

家福を演じるのは、『サイレントトーキョー』(2020)などの西島秀俊。ドライバーのみさき役を『月子』(2017)の三浦透子が演じるほか、若手俳優・高槻役に『さんかく窓の外側は夜』(2021)の岡田将生、家福の最愛の妻・音役に霧島れいかなど実力派俳優陣が集結。

本作は第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞し、国際映画批評家連盟賞・AFCAE賞・エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞。さらに日本映画としては62年ぶりとなるゴールデングローブ賞にも輝きました。

小説『ドライブ・マイ・カー』のあらすじとネタバレ


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

舞台俳優で演出家の家福悠介は、専属ドライバーを捜していました。

女性の運転する車に何度も乘った経験のある家福。女性だから男性だからと運転技術を区別するようなことを彼は考えません。けれども、車の運転に限って言えば、女性が運転する車に乗ると、隣で運転しているのが女性であるという事実を常に意識してしまいます。

そのため専属ドライバー候補が女性と知った時、その気持ちが顔に現れました。ですが、この女性の運転技術は確かであるという推薦者の言葉を信じ、その女性に会ってみることにしました。

家福の愛車は黄色のサーブ900コンバーティブル。12年前に新車でこの車を購入した時、家福の愛妻はまだ存命でした。

彼は妻とよくこの車に乗ってドライブしたものです。家福にとっては愛着あるサーブなのです。

専属ドライバー候補の女性は、渡利みさきという名前でした。家福が実際に彼女の運転する車に乗ってみると、彼女が優秀なドライバーであることがわかりました。

運転とは正反対に、彼女はそっけないほど無口。質問されない限りしゃべろうとはしません。ヘビースモーカーのようで美人とも言えませんが、どちらかというと無口な家福は気になりませんでした。

彼女は運転を育った北海道の山の中で身に付けたと言います。また家福がドライバーを捜している理由も、彼が緑内障を患っているためと知っていました。

家福は仕事の送り迎えを主にしてもらうために、彼女を専属ドライバーとして雇うことにしました。

次の日から、みさきは午後3時半には恵比寿にある家福のマンションに来て車庫にあるサーブを運転し、彼を銀座の劇場まで送り迎えするようになりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには小説『ドライブ・マイ・カー』ネタバレ・結末の記載がございます。小説『ドライブ・マイ・カー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

みさきの運転する車に乗っていると、家福は亡き妻のことをよく思い出すようになりました。

家福の妻も女優で、彼より2つ下でした。二人は平穏で愛に満ち足りた毎日を過ごしていましたが、彼女が子宮がんを患ったことで先立たれました。

家福と平穏な生活を送っている頃、彼の妻は時々舞台の若い共演者と浮気をしていました。家福が知る限りでも4人はいますが、家福は気がつかないふりをして、普段通りに妻と接していたのです。

妻との思い出に浸るある日、みさきが24歳になったばかりと知った家福は、生まれて3日目に亡くなった娘と同い年であることに気がつきました。思えば、その後から妻がまるでゲームのように浮気するようになったのです。

車の中でみさきが、家福が俳優になったきっかけを聞いてきました。

会話の中で、みさきの半生も徐々にわかって来ます。17歳の時に母が車の事故で亡くなったこと、父はみさきが8歳の時に失踪して以来、会っていないこと……。

みさきに友人はいないのかと聞かれ、家福は友人らしき人物の高槻という男について話します。もちろん、彼も妻の浮気相手の一人でしたが、妻の方から別れを切り出したようです。

みさきには、包み隠さず、妻の浮気相手だったと言いました。

かつて妻が子宮がんを患って入院した時、高槻は見舞いに行きたいと言ったそうですが、家福の妻はそれも断りました。

妻が病死して1年半後、彼は家福に悔やみを言いに来ました。家福は彼に魅かれるものを感じ、日を改めて会うことにしました。以来、唯一の飲み友だちになっていたのですが、最近は連絡を取るのをやめています。

「どうして会わなくなったのですか?」

「演技する必要がなくなったから」

「演技する必要がなくなったから友だちでいる必要もなくなったということですか」

「それもある。でも別のこともある」

「どんなことですか?」と聞くみさきに、家福は長い間黙っています。

「その男を懲らしめようと思っていた。奥さんと寝ていたという事実を忘れることができず、自分のなかにある怒りのような感情を解消しなくてはならなかった」

自分の素直な気持ちを、家福は娘のような年齢のみさきに言います。実際には高槻に何もしていないし、ある時から憑き物が落ちたみたいに、何もかもがどうでもよくなったと。

高槻はたいしたヤツではない。なのになんでそんななんでもない男に心惹かれて、ベッドを共にしなければならないのか。その事実が、今でも棘のように心に突き刺さると話しました。

みさきは、「奥さんはその人に惹かれてなんかいないから寝たんですよ」と言いました。

それは女の人によくある病のようなもの。頭で考えたってわかりませんから、こちらで呑み込んでやっていくしかないんですと、言い添えます。

「そして僕らはみんな演技する」。家福の言葉に、「そういうことだと思います。多かれ少なかれ」とみさきは答え、後は黙って運転を続けます。

スポンサーリンク

映画『ドライブ・マイ・カー』と原作小説を比較解説!


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

「密室劇」の原作小説から「ロードムービー」の映画へ

原作小説において家福の子どもは生後間もなく死に、妻の死因は子宮がんとなっており、妻が家福と話したいという素振りもないまま他界します。

一方で映画版では、子供は幼くして病死。妻は家福と話し合いをするはずだった日にクモ膜下出血で急死します。家福は妻との話し合いが怖いがゆえに夜遅くに帰って来て、死んでいる妻を見つけたため、その時の自分の行動をずっと悔いています

また、原作では家福がみさきを雇うのは東京都内でのことですが、映画では物語の舞台は東京から広島へ移り、ここで家福とみさきの出会いが待っていました。そのため映画版では、風光明媚な広島の観光地を家福がみさきとドライブする場面が新たに盛り込まれました。それは3時間弱という長編である本作の見せ場にもなっています。

また家福とみさきの距離が縮まるのは、愛車の中の会話だけではありません。物語後半、2人はみさきの生まれ故郷である北海道へ車で訪れますが、その時にみさきの抱える心の傷が暴かれ、家福がより一層みさきを身近に感じて、2人の距離が縮まります

原作小説のように、車という密室での家福とみさきの会話だけで織りなす人生模様も面白いのですが、広島から北海道までドライブするというロードムービーの要素を取り入れることで、より深く描き出される人生ドラマの展開には、目を見張ることでしょう。

さらに愛車のサーブは、原作では黄色ですが映画では赤になっています。海と空の壮大な風景に映える色にした細かい配慮にも注目です。

家福目線からみさき目線へ


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

原作小説はあくまで、男性の家福目線のみで語られます。ですが映画版ではいつの間にか、女性であるみさきの目線も入り込んできます。

愛する妻に先立たれ、喪失感を抱える家福は、俳優としてりっぱに舞台を務めあげ、立ち直りをみせます。一方、映画版では母を見殺しにしたかもしれないという過去を背負ったみさきは、専属ドライバーの仕事が終わると、新天地とも思われる韓国で生活していました。

2人の「その後」は原作小説にはないラストですが、そこにあるのは、暗い過去を持つ人たちが自分の人生を見つめ直して絶望の淵から這い上がる力強さと言えます。

原作は、車中で家福が自身と妻の記憶をドライバーのみさきに語る場面と回想がほとんどの短編小説。その出発点から、日本から韓国にまで登場人物の活動の幅を広げて、それぞれの生き方を問うヒューマンドラマに仕立てた濱口竜介監督の手腕が光ります

まとめ


(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』『1Q84』などの数々の代表作を持つ世界的小説家・村上春樹が手がけた原作の短編小説『ドライブ・マイ・カー』。

その映画化作品である本作には、短編小説集『女のいない男たち』に収められた6編のうち『シェエラザード』『木野』からもストーリーや要素が盛り込まれています。

たとえば映画劇中にて家福の妻がベッドで家福に物語を聞かせますが、この場面や「ヤツメウナギ」の話などは『シェエラザード』から。妻の浮気を家福が目撃する場面は、『木野』のワンシーンから切り取られています。

短編小説集『女のいない男たち』まるごと1冊から読み取れる男女の関係性を、濱口竜介監督が映画としてまとめあげました。

カンヌ映画祭コンペティション部門に選出された2018年の『寝ても覚めても』、ベルリン映画祭での銀熊賞受賞を果たした短編集『偶然と想像』(2021)、脚本を手がけた『スパイの妻』(2020)がヴェネチア映画祭銀獅子賞を受賞するなど、数多の受賞作を持つ濱口竜介監督。

今回は、亡き妻を偲ぶ男を描いた村上春樹の世界観を取り入れた本作で、2022年に日本映画として62年ぶりにゴールデングローブ賞を受賞しました。

これでまたひとつ、濱口竜介監督の代表作品が増えたといえます。







関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじとキャスト! 原作漫画紹介も

ひとりの天才バレエ少女が数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』。 10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロー …

ヒューマンドラマ映画

『ニーゼと光のアトリエ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2018年4月15日に東京・吉祥寺に新たな映画館を開館する「ココロヲ・動かす・映画館○」。 ディズニーランドのような“映画版アミューズメント”を目指したミニシアター&シネマカフェのオープンに …

ヒューマンドラマ映画

映画『あゝ、荒野 』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

寺山ワールドという独特の世界観で演劇、映画、文学などマルチな才能を発揮して、今なお注目され続ける鬼才・寺山修司。 寺山が1966年に唯一遺した長編小説『あゝ、荒野』。歌人である彼が書いた小説は言葉の全 …

ヒューマンドラマ映画

映画『純平、考え直せ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【野村周平×柳ゆり菜】

映画『純平、考え直せ』は9月22日(土)より、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。 今、注目の若手俳優野村周平を主演に、奥田英朗の著書を実写化。 眠らない街新宿歌舞伎町を舞台に、1組 …

ヒューマンドラマ映画

映画『万引き家族』ネタバレ考察。ラスト結末に見たスイミーの“謎と秘密”を解説でひもとく!

カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)を受賞した是枝裕和監督の映画『万引き家族』 地上波で是枝裕和監督の『そして父になる』が放映されていた際に、涙をぬぐいながら、ラスト・ショットの情感を味わいました。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学