Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『センセイ君主』あらすじとキャスト。主題歌TWICEのオリジナル MVも話題に

  • Writer :
  • バフィー

『ヒロイン失格』に続く、幸田もも子原作コミックスの実写化。

冷静沈着でヒネクレ者の数学先生に恋をしてしまった、ちょっとおバカだけど何事にも全力投球なパワフル女子高生のPOPでキュート!

そして少々イタイ…、ハッピー全開なラブコメが誕生しました。

テレビや映画で大忙しの竹内涼真と浜辺三波の旬な2人の共演にも注目してください!

スポンサーリンク

映画『センセイ君主』の作品情報


(C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
月川翔

【キャスト】
竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛、福本莉子

【作品概要】
幸田もも子原作の人気漫画「センセイ君主」を今最も旬な俳優、竹内涼真と浜辺三波主演で映画化。

生徒と先生という禁断の恋を扱いながらもPOPでキュートな独特の世界観で色彩豊かに描き出した学園ラブコメディ。

これまでにないぐらいはじけた浜辺三波の演技にも注目です。

月川翔監督のプロフィール

参考映像:『グッドカミング ~トオルとネコ、たまに猫~』(2012)

月川翔は、1982年8月5日生まれ、東京都出身の映画監督、脚本家、映像ディレクター。

成城大学法学部在学中に学生映画祭などで映画賞を受賞。卒業後は東京芸術大学大学院映像研究科で黒沢清、北野武教授のもと『心』など数々の作品を手掛けます。

2009年にはソフィア・コッポラやウォン・カーウェイが審査員を務めたルイ・ヴィトン ジャーニーズ・アワード2009にて約2分間の短編『The Time Walker』が審査員特別賞を受賞。ルイ・ヴィトンの公式サイトで公開されました。

2011年にはアーティスト吉川友がデビューするまでをドキュメンタリー風に描いた映画『きっかけはYOU!』で長編映画監督デビューを果たします。

2012年には映画『グッドカミング ~トオルとネコ、たまに猫~』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012のミュージック・ショート部門シネマアワード優秀賞を受賞。

映画の他にもドラマの監督や脚本、ミュージックビデオ、CMなど映像業界でマルチに活躍する若手映像ディレクターで、次回作は映画『響-HIBIKI』が2018年9月14日公開予定です。

スポンサーリンク

映画『センセイ君主』の主なキャスト


(C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

竹内涼真(弘光由貴役)のプロフィール

竹内涼真は1993年4月26日生まれ、東京都出身の俳優。

5歳のころからサッカーをはじめ、プロのサッカー選手を目指してサッカー推薦で大学に進学しますが、大学時代に自分はプロになれないと断念します。

2013年に知人の勧めで応募した女性ファッション誌「mina」の初の男性所属モデルオーディションにてグランプリを獲得。その後、ホリプロに所属します。

同年にミニドラマ『車家の人々』で俳優デビューを果たし、翌年には念願だった仮面ライダーシリーズの『仮面ライダードライブ』で主役に抜擢されました。

『仮面ライダードライブ』終了後は『下町ロケット』や『ひよっこ』などドラマを中心に活躍します。また、2017年からスタートしたソフトバンクの新CMでも話題となりました。

浜辺三波(佐丸あゆは役)のプロフィール

浜辺三波は、2000年8月29日生まれ、石川県出身の女優。

2011年に東宝シンデレラオーディションにてニュージェネレーション賞を受賞したことで芸能界に入ります。同年公開の映画『アリと恋文』で子役として映画デビューを果たします。

子役ながらCMやドラマにも出演し幅広い分野で活躍します。

2015年に、人気アニメを実写化したスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に出演した際に、本間芽衣子役で注目されます。

2016年に人気麻雀漫画『咲-Saki-』で連続ドラマ初主演となります。同作品の劇場版にも出演しました。

2017年には映画『君の膵臓をたべたい』で、日本アカデミー賞新人俳優賞など多数の賞を受賞したことで更に知名度が上がり、オファーが殺到。2018年だけでも映画3本、ドラマ4本に出演しています。

川栄李奈(中村葵役)のプロフィール

川栄李奈は1995年2月12日生まれ、神奈川県出身の元AKB48メンバー、女優。

2010年にAKB48第11期研究生オーディションに合格。2011年にテレビドラマ『マジすか学園2』で俳優デビューを果たします。

翌年には映画『劇場版 私立バカレア高校』で映画デビュー、同年にシングル『真夏のSounds good!』で初の選抜メンバーに選ばれます。

2014年には『セーラーゾンビ』や『SHARK』などのドラマに出演し、2015年にAkB48を卒業後は女優活動をメインに活躍中です。

2018年公開の映画『恋のしずく』では初主演を果たします。

映画『センセイ君主』のあらすじ


(C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

告白7連敗中の佐丸あゆは、それでもめげない恋に恋するパワフル女子高生。

ある日、クラス担任の代理としてやってきた、イケメンだけど冷静沈着なヒネクレ者の数学教師の弘光由貴に恋をしてしまいます。

どんなにバカにされても怯まない、あゆはの恋の猛アタックによって、はじめは邪魔者扱いしていた弘光にも何かが芽生えます。

あゆはの恋の全力疾走によって起こる恋の嵐に、あゆはの幼馴染の澤田虎竹、親友のアオちゃんこと中村葵とその彼氏、クラスメイト。

遂には偶然にも赴任してきた弘光の幼馴染で臨時音楽教師の秋香まで巻き込まれていきます。

果たしてあゆはと弘光の恋の行方は…。

スポンサーリンク

映画『センセイ君主』の感想と評価


(C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

テレビや映画で大活躍の最も旬な俳優、竹内涼真と浜辺三波が共演するということだけでも話題が絶えない作品ではありますが、この映画で注目したい点は「キラキラ感」です。

『君の膵臓を食べたい』『となりの怪物くん』に続き3度目の浜辺三波のタッグとなる監督の月川翔は、映画監督であると同時に、ももいろクローバーZやSKE48などのアイドルのミュージック・ビデオを数多く手掛けている映像ディレクターでもあります。

そんな月川監督が女子高生ならではの恋に対する「キラキラ感」を映像で表現することに成功しました!

生徒と先生という禁断の恋を扱いながらもPOPでキュート、そして、色彩豊かな独特の映像センスで映像化された、正に新感覚恋愛ムービーです。

また、脚本家は『花のち晴れ~花男 Next Season~』が記憶に新しい、吉田恵里香とストーリーも保証付きです!!


(C)2018 「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

まとめ

POPなラブコメディの世界観を演出するのに、欠かせないスパイスは音楽です。

映画『センセイ君主』の主題歌には、日本でも人気の韓国の音楽グループTWICEが担当。ジャクソン5の名曲「I WANT YOU BACK」をカヴァーしました。

先日公開された浜辺三波、竹内涼真、川栄李奈、佐藤大樹が参加した、映画とコラボのプロモーションビデオにも注目です!

世界観とマッチしたPOPな音楽がより映画を彩らせます!!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『永い言い訳』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【本木雅弘主演作品】

俳優・本木雅弘が、映画『おくりびと』から、7年ぶりに主演を果たした最新作『永い言い訳』。 彼がジャニーズの「シブがき隊」の元メンバーであった、アイドル経験を活かした演技と俳優としての飛躍が感じられる作 …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤毛のアン 初恋(2018)』あらすじネタバレと感想。エラ・バレンタインの演じた少女の成長

世界中で愛される名作児童文学『赤毛のアン』 『赤毛のアン』の実写化3部作の第1部が2017年に日本で公開されてから1年。第2部『赤毛のアン 初恋』が公開されました。 13歳の誕生日を前にアンは、複雑な …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『シックス・バルーン』ネタバレ感想考察と結末までのあらすじ。ドラッグが引き起こす家族の苦悩と決断を描く

薬物で人生が崩壊する前にするべきこと「愛する者を手放す講座」1章~10章 薬物中毒になった弟に苦悩する、姉の姿を描いた『シックス・バルーン』をご紹介します。 麻薬は海外では合法的に認められているものも …

ヒューマンドラマ映画

映画『小さな恋のうた』あらすじネタバレと感想。キャストの演技を越えた生身こそが青春モノの醍醐味!

友達どころじゃない、俺たちはバンドだったんだ。 沖縄出身の人気バンドMONGOL800の名曲にインスパイアされた物語! 沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、沖縄社会に深く根ざす問題を見つ …

ヒューマンドラマ映画

映画『サヨナラまでの30分』ネタバレ感想とレビュー評価。新田真剣佑×北村匠海らが歌う別れと成長の物語

映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日(金)より全国ロードショー公開! かつて死んだはずのバンドマンは、カセットテープの再生時間“30分”のあいだだけ、仮の身体を得てよみがえる……。 若者 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学