Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/01/28
Update

映画『ステージ・マザー』あらすじと感想評価。母の愛が亡き息子の夢を叶えるまで【笑って泣ける感動作】

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『ステージ・マザー』は2021年2月26日よりTOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー。

映画『ステージ・マザー』は、突然この世を去ったドラァグクイーンの息子の代わりにゲイバーの経営をすることになった母親の奮闘をコミカルかつ感動的に描いたヒューマンドラマです。

『世界にひとつのプレイブック』(2012)でオスカー候補になったジャッキー・ウィーバーが主演を務め、「チャーリーズエンジェル」シリーズ(2000/2003)でおなじみのルーシー・リューが共演しました。

2021年2月26日より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショーとなる本作『ステージ・マザー』の感想と見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ステージ・マザー』の作品情報

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年(カナダ映画)

【監督】
トム・フィッツジェラルド

【キャスト】
ジャッキー・ウィーバー、ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラー、アリスター・マクドナルド、オスカー・モレノ、ジャッキー・ビート、エルドン・ティーレ

【作品概要】
本作は、Netflixで配信されたアーロン・ソーキン監督の『シカゴ7裁判』や『キッズ・オールライト』の製作を務めたJ・トッド・ハリスによるプロデュース作品です。

監督のトム・フィッツジェラルドは映画やテレビ、演劇の脚本家兼プロデューサーで監督業も行っている人物。過去にサンダンス映画祭で3度プレミア上映され、トロント国際映画祭、ベルリン映画祭ほか世界中の50以上の映画祭で賞を受賞しています。

また、ハリウッドリポーターから「次世代のトップ10のひとり」と称され、スクリーンインターナショナルからは「世界のトップ100の映画製作者のひとり」に選ばれている実力者です。過去作は『The Hanging Garden』『Beefcake』など。

映画『ステージ・マザー』のあらすじ

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

サンフランシスコのゲイバー「パンドラ・ボックス」でドラァグクイーンとしてステージに上がっていたリッキーは、薬物の過剰摂取により息を引き取ってしまいました。

長年縁を切っていた母親のメイベリンは、息子の訃報を聞きつけてテキサスからやってきます。

息子を亡くした悲しみに暮れるのも束の間、母親のメイベリンは遺されたゲイバーの立て直しに奮闘し…。

スポンサーリンク

映画『ステージ・マザー』の感想と評価

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

本作は、全体を通して笑いを忘れない明るい気持ちにさせてくれる映画です。

テンポの良い前半に引き込まれ、しだいにドラァグクイーンたちが抱える問題や、彼女たちの母親世代であるメイベリンの人生における葛藤へと物語は広がりを見せます。

母親のもつ説得力と包容力

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

母親のメイベリンが、とてもパワフルかつ前向きに行動し続けることが本作の大きな軸となっています。

亡き息子の親友や恋人、友人らに対してメイベリンが向けた優しさは、本当は息子にしてあげたかったことだったのでしょう。

息子と同じリッキーという名の赤ん坊をあやしたり、かつての息子のように堕落してしまいそうな若者に対して誠心誠意よりそうことで彼女自身の長年の後悔が晴れていくようでした。

また、彼女が「夢」を語りその強さを発揮するシーンがあるのですが、全女性のヒーローともいえる振舞いに思わずスカッとするはずです。

母親ならではの包容力と、年の功からくる言葉の重みや思いやりは周りの人々を優しく巻き込んでいく勢いがあります。そのパワーに元気を貰える作品といえるでしょう。

ドラァグクイーンたちとステージの魅力

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

メイベリンと共にゲイバーを盛り上げようとするドラァグクイーンたちのキャラクターは、本作に欠かせない魅力のひとつです。

メインのキャラクターである、チェリー、テキーラ、ジョアンの3人のユーモアと歌唱力には注目です。

チェリー役のマイア・テイラーはデビュー作『タンジェリン』(2015)でサンフランシスコ映画批評家賞助演女優賞を受賞するなど、トランスジェンダーの女優として公式で初めて受賞を果たした人物です。今回は控えめなキャラクターを好演していました。

テキーラ役を演じたオスカー・モレノは本作が初の長編映画での演技でしたが、ドレスとメイクがとても映えて印象的です。

そして最も注目すべきなのが、ジョアン役のアリスター・マクドナルド

本作の演技が評価され、2020年にカナダの映画賞であるACTRAアワードにて主演男優賞を受賞しています。メインボーカルの立ち位置で、美声と体を張ったパフォーマンスを披露し、ドラァグクイーンの苦悩を見事に演じ切っていました。

彼のノーメイクのときの笑顔の可愛らしさと、メイクと衣装をばっちりきめてパフォーマンスをするときの美しい迫力はどちらも輝いており、観る人の心を鷲づかみにするはずです。

まとめ

(C)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

本作は、母親世代のキャラクターが人生で新しいことをはじめることで、価値観やそれまでの人生を覆していくという、挑戦する勇気をもらえる映画となっています。

また、きらびやかなステージ衣装やメイクが楽しめるのはもちろんのこと、歌声の迫力も見どころのひとつです。ぜひ劇場での鑑賞をお勧めします。

『ステージ・マザー』は2021年2月26日TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『人間失格(2019)』あらすじネタバレと感想【太宰治と三人の女たち】で蜷川実花が破滅的な最期を映像化

映画『人間失格 太宰治と三人の女たち』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 『ヘルタースケルター』『Diner ダイナー』の蜷川実花監督が小栗旬を主演に迎え、大作家・太宰治の最期の瞬 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンダーロード』あらすじと感想レビュー。ジムカミングス監督が主演を務めた短編(サンダンス映画祭グランプリ)を長編作品へと昇華!

映画『サンダーロード』は2020年6月19日(金)から新宿武蔵野館ほか全国ロードショー予定。 家庭も崩壊し、仕事ではトラブル続きの警察官ジム・アルノーが、母親の葬式で踊りを披露した事で、新たなトラブル …

ヒューマンドラマ映画

柳楽優弥映画『夜明け』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。期待の新人監督が描く若者の苦難

映画『夜明け』は、2019年1月18日(金)より、新宿ピカデリーほか全国順次公開。 この映画を見れば、様々なことに悩んでいる若者に対して「とにかく生きろ!」と容易に叫ぶことはできなくなるでしょう。 監 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。 『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。 その人物の名はハリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『凪待ち』感想と内容解説。キャストや白石和彌監督は“香取慎吾の真実”の魅力をどのように述べたか⁉︎

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と俳優にしてアーティストの香取慎吾が初の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学