Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/07/06
Update

映画『菊とギロチン』あらすじと感想。キャストの演技力にシビレた瀬々監督入魂の一作

  • Writer :
  • 西川ちょり

構想三十年!瀬々敬久監督入魂の作品『菊とギロチン』がいよいよ7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて順次ロードショーされます!

時代に翻弄されながらも「自由」を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は!?

映画『菊とギロチン』の作品情報


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
瀬々敬久

【キャスト】
木竜麻生、韓英恵、東出昌大、寛一郎、嘉門洋子、前原麻希、仁科あい、田代友紀、持田加奈子、播田美保、山田真歩、大西礼芳、和田光沙、背乃じゅん、原田夏帆、渋川清彦、嶺豪一、荒巻全紀、池田良、木村知貴、飯田芳、小林竜樹、小水たいが、伊島空、東龍之介、小木戸利光、山中崇、井浦新、大西信満、川本三吉、高野春樹、大森立嗣、篠原篤、菅田俊、川瀬陽太、嶋田久作、渡辺謙作、宇野祥平、中田彩葉、鈴木卓爾、松山カオル、小林節彦、飯島大介、上木椛、村上由規乃、森田晋玄、下元史朗、奈良大介、金城左岸、内堀太郎、中村修人、荒堀舞、和久本あさ美、三村晃傭、松村厚、武田一度、吉岡睦雄、柴田一樹、西村達也、申芳夫、渡辺厚人、松倉智子、海野恭二、辻凪子、白井良治

【作品概要】
構想30年、瀬々敬久監督が自身のオリジナル企画として手がけた青春群像劇。

大正末期、関東大震災直後の日本を舞台に、アナキストの秘密結社「ギロチン」社の若者たちと、女相撲一座の女たちが出逢う。彼ら、彼女たちは、次第に心を許しあい夢を語るが、時代は容赦なく彼らを襲い始める・・・。

京都撮影所を拠点に、関西でロケを敢行。黒澤明の『羅生門』や、溝口健二作品を手がけてきた御年91歳の馬場正男が美術監修を務めている。

映画『菊とギロチン』のあらすじ


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

大正末期、関東大震災直後の日本は、混沌とし、軍部が権力を強め、急速に不寛容な社会へとむかっていました。

花菊は、姉が他界したあと、後妻として嫁いだのですが、夫は暴力を振るい、彼女を支配していました。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来ます。花菊は女力士たちの活躍に目を輝かせました。

自分も強くなりたい…。

夫の暴力に耐えかねて、家を飛び出した花菊は、「玉岩興行」に飛び込み、新人力士として懸命に練習に励みます。

力士仲間には、元遊女の十勝川や、花菊と同じく、夫から逃げてきた女など様々な事情を抱えた女性が集まっていました。


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

時を同じくして、大阪で活動するギロチン社というアナキスト集団の男たちが、資金集めと称して、金持ちから金を略奪していました。

今の社会に憤慨し、「格差のない平等な社会」を標榜する彼らでしたが、実際のところ、金は酒と女に消えていました。

ある日、ギロチン社の一人、吉田大次郎が、大杉栄が憲兵大尉・甘粕正彦らに拉致され殺害されたという知らせを持って飛び込んできました。

彼らは復讐を画策しますが、警察に追われ、中濱鐵と吉田大次郎は、東京へと活動場所を移します。

女力士たちの興行を興味本位で覗きに行った中濱と吉田でしたが、彼女たちの闘いぶりに感銘を受けます。

「社会を変えたい。差別のない世界で自由に生きたい」

立場は違えど、彼らは同じ願いを持っており、行動を共にするうちに、次第に心を通わせていきます。

しかし、厳しい現実が容赦なく彼らを襲い始めるのでした…。


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

映画『菊とギロチン』の感想


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

圧倒された!

観終わってまず出た言葉でした。まさに圧巻の189分といえるでしょう。

口だけは威勢のいい、ギロチン社の面々の行動は若干喜劇的でもあり、東出昌大扮する中濱はどことなく、詐欺師的な魅力も漂わせています。

威勢のいい割には喧嘩も弱く、頼りにもならない。正直、観ていて、なんて弱いんだ、と思うことも少なくありませんでしたが、それでも、自由を求めて走り続ける彼らには、理想と夢があり、生き生きと躍動する姿は実に魅力的です。

女相撲一座に加入した花菊は盛んに「強くなりたい」と口にします。

女だからというだけで受ける理不尽な暴力と対峙するには自分も強くなければいけない、と彼女は身を持って体感しているのです。

この「強さ」に関する問題は、この作品の大きなテーマの一つと言っていいのではないでしょうか?!

花菊の夫のように腕力の強い男が果たして「真に強い」といえるのでしょうか?


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

本当の強さとは何か? 

後半、そのことを大いに感じることになります。

重い題材も逃げずに直視し、時代の息苦しいまでの圧迫感を映像に乗せながら、「青春活劇」とも呼べる粋のいい作品に仕上がっています。

まとめ


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

瀬々敬久監督が、「ギロチン社」についての映画を考え始めたのは1980年代。

その後、女子プロレスの元祖である興行女相撲のことを知り、「ギロチン社」と「女相撲」を合体して描くことで、困難な時代に自由に生きようとした若者たちを描くという構想が浮かびます。

構想から三十年、『ヘヴンズ・ストーリー』に続く自身のオリジナル企画第二弾として、満を持して完成した入魂の一作です。

昨今、韓国映画が、近現代の歴史を背景に、エンターテインメント性を加味して、傑作を次々と産み出しているのを観るにつけ、日本映画でもそうした試みがもっとあってもいいのではないかと思っていたのですが、瀬々監督がやってくれました!


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

これまでも、時代、社会に揉まれ、苦悩する人々を見つめ、描いてきた瀬々監督だからこそ、描くことが出来たといっていいかもしれません。

そして、平成も終わろうとしている今こそ、私達にこの映画は必要なのだ、と思わずにはいられません。是非多くの方々に見てほしい傑作となっています!

花菊に扮する木竜麻生は本作が映画初主演。吉田に扮する寛 一 郎は、本作が俳優デビュー作。

そんな初々しい二人は勿論のこと、役者陣が素晴らしいのです!とりわけ、「玉岩興行」の興行主である岩木玉三郎を演じた渋川晴彦に痺れました。 

そしてやはり東出昌大という役者のスケールのでかさに目を奪われずにはいられませんでした。

『菊とギロチン』は、2018年7月7日(土)より、テアトル新宿他、全国順次ロードショーされます!


© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』あらすじネタバレと感想。LOVESPREADが担当した楽曲がエモい感情を掻き立てる

生きてるのに死んでる。それは感情のないゾンビみたい。 偶然、同じ火葬場で出会った両親を亡くした子供たち。彼らの共通点は泣けないこと。 彼らは感情を失くしたゾンビなのだろうか? 自分の心を取り戻すため4 …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリミナル・タウン』あらすじと感想レビュー【クロエ・モレッツ&アンセル・エルゴート共演】

映画『クリミナル・タウン』は、8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。 『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『彼女が目覚めるその日まで』のクロエ・グレース・モレッツが共演した …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラフラフダイ』あらすじ感想と評価解説。“笑い死にという奇病”が蔓延する世界で人として生きて死ぬためにはどうすべきか

映画『ラフラフダイ』は2023年4月15日から21日まで東京・K’s cinemaにてレイトショー上映、全国順次公開 映像制作チーム・シネマ健康会の松本卓也の監督作『ラフラフダイ』が202 …

ヒューマンドラマ映画

『熱のあとに』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実話を基に愛という狂気を山本英監督が突きつける

愛する人を殺そうとした女性の“愛し方”の結末とは—— 2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた鮮烈な愛の物語。 『ここは退屈迎えに来て』(2018)の橋本愛が主演を務め、『生きちゃ …

ヒューマンドラマ映画

【犯罪小説集】あらすじネタバレ。映画『楽園』として綾野剛×佐藤浩市らキャスト共演

動機とは、時に些細な出来事から生まれるもの。 誰の心にも潜むもの。 これまで素晴らしい数々の賞を受賞してきた人気小説家・吉田修一の短編集『犯罪小説集』が、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市など豪華キャストで実写 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学