Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/08/07
Update

映画『珈琲哲学』あらすじとキャスト!劇場公開日はいつ?どこ?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

バリやスマトラといった、コーヒー豆の名産地として、密かに人気があるのがインドネシアだってご存知ですか。

ここインドネシアを舞台にして、コーヒーとともにある豊かな時間と人間関係を描いた映画『珈琲哲學』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『珈琲哲學』の作品情報

【公開】
2017年(インドネシア映画)

【監督】
アンガ・ドゥイマス・サソンコ

【キャスト】
チコ・ジェリコ、リオ・デワント、ジュリー・エステル

【作品概要】
コーヒーの名産地を多く有するインドネシアを舞台に、カフェのピンチを救うため完璧なコーヒーを追い求める若者たちの奮闘を描いたドラマ。2016年に第29回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #3 カラフル!インドネシア」部門上映作品。

劇中に登場する舞台となったカフェ「フィロソフィ・コピ」は、ジャカルタに実在する店舗。そこでは実際に主演のふたりがオーナーを務めています。

2.映画『珈琲哲學』のあらすじ

海外留学から戻ってきたジョディは、亡き父の借金返済にあたりビジネスをはじめることを模索します。

そのパートナーになるベンは、12歳の時から家を出て家族とは疎遠。生活費や学業にかかる費用をジョディから援助してもらう仲の親友でした。

コーヒーの知識などまったくないジョディでしたが、コーヒーについてなら自分はインドネシアで1番を自負するベンとともに、ジャカルタにカフェ「フィロソフィ・コピ」を開業します。

その店舗名どおり、珈琲哲学として“お客には美味しいコーヒーしか提供しない”という理念を持ちますが、開店してから3ヶ月の売り上げは不調でした。

ジョディはカフェ店内にwifiの導入や昼食の提供もしようとビジネスアイデアを出しますが、バリスタのベンは美味しいコーヒーのみを提供すれば良いと言うのみで、ジョディの意見は聞こうとしません。

また、バリスタのベンは採算を度外視した香り高いコーヒー豆のみを仕入れようとその姿勢を譲りません。

ある日、カフェの評判を聞きつけたビジネスマンがカフェを訪れ、“完璧なコーヒー”を作れば1億ルピーの賞金を出すという提案がありました。

バリスタのベンはいつものように強気で、謝礼は10億ルピーにして欲しいと要求。ただし、賭けに負けたらこっちが1億ルピーは自分たちが支払うと言い、身勝手な交渉を成立させます。

ジョディはその事態に賭けに負けたらどうしたらよいのか思い悩みます。

ベンはコーヒーの専門書を購入すると、記載された手順で自信作のコーヒーを焙煎して入れると「パーフェクト」と名付けます。

やがて、コーヒー専門書の著者の娘がジョディとベンの営むカフェを訪れると一緒にいたコーヒー評論家のエルに、ベンは「パーフェクト」を入れて試飲させます。

しかし、エルは悪くないが先々週に飲んだティウスには負けると、コーヒーの味を指摘します。

その後、ジョディとベンは、エルの案内でセノ夫妻のコーヒー農園を訪れます。

ティウスの秘密を知るとともに、自分たちのそれぞれの父親との関係を見つめ直します。

ベンたちはティウスの豆の力を借りてビジネスマンとの賭けに挑みますが、その勝敗を超えて、自分たちの家族や人生について見つめ直しきっかけを得ていく…。

スポンサーリンク

3.アンガ・ドゥイマス・サソンコ監督プロフィール

1985年にインドネシア・ジャカルタに生まれます。

2006年、弱冠21歳の若さで長編第1作となる『Foto, Kotak dan Jendela』を監督、プロデュース。

それから2年後、映画制作会社Visinema Picturesを設立。数多くのミュージックビデオやTVコマーシャルのほか、5本の長編映画を制作しています。

新作映画『プラハからの手紙』(アジアフォーカス・福岡国際映画祭2016出品)ではチェコでの海外ロケを敢行させている。

まとめ


© Visinema Pictures /ココロヲ・動かす・映画社 ○

バリ、スマトラなど名高いコーヒー豆の産地を有するインドネシアならではの物語、それがこの映画の特徴といえるでしょう。

チョット強引ですが…、日本人向けに分かり易く言ってしまいますね。

日本なら農耕民族!稲作!お米にこだわって日本酒を作る酒蔵みたいな感じですかね。(やっぱり強引かな?)

でもこのようなドラマは意外に多く、日本なら日本酒、フランスならワイン、イギリス・アイルランドならウィスキーといった形で、インドネシアだからコーヒーといった点では王道なドラマといえるのではないでしょうか。

例えば、インドネシア産で有名なコーヒーにマンデリンがあります。特有の濃厚なコクと苦味が楽しめますよね。

ほかにも、トアルコ・トラジャならその味は、まろやかでほどよい酸味、豊かなコクと深さが特徴です。

このようにコーヒーは単なる飲み物という意識を超えた、“大人の味であり、大人の嗜好品”。

単純な苦味だけでないのがコーヒーの味わいです。それはなかなか、お子ちゃまに分かるものではないといった具合でしょうか。

今作『珈琲哲學』では、登場するそれぞれの人物が、異なった形で父親との関係に問題を抱えていることに向き合っていく内容です。

それがコーヒーを知ること、飲むこと、味わった大人の感覚になる成長なのかもしれません。

映画とは心の休息である深い人生のコーヒーブレイクようなものともいえるでしょう。

そんな味わいを『珈琲哲學』を観ることで感じてみませんか?苦いのか、深いのか、それとも酸っぱいのか。

今作はあなたの味わい如何で、その人生の深さを知れる作品です。

この作品は2017年に吉祥寺にオープンされる、ココマルシアターで上映予定になっています。

また、情報が入り次第、当サイトで公開予定日を記載いたします!

今しばらくお待ち下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『みをつくし料理帖』あらすじ感想と内容評価。松本穂香と奈緒に託した角川春樹監督の最後の作品

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国一斉ロードショー! 作家・高田郁の原作小説を、名匠・角川春樹監督が自身最後の作品として作り上げた時代劇『みをつくし料理帖』。 恵まれない境 …

ヒューマンドラマ映画

映画『おかあさんの被爆ピアノ』あらすじ感想と考察評価。武藤十夢が平和へのメッセージを若者に向けた新たな視点で熱演

映画『おかあさんの被爆ピアノ』は2020年7月17日(金)より広島・八丁座にて先行公開、8月8日(土)より東京・K’s cinemaほか全国順次ロードショー! 被爆75周年を迎えた今日にお …

ヒューマンドラマ映画

映画『BLUE/ブルー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。松山ケンイチの演技力でボクシング関係者を慈しむ

理想と現実の間に悩みながらも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描く! 『犬猿』(2018)などの作品で知られる吉田恵輔監督が、自身が30年以上も取り組んできたボクシングを題材に脚本を執筆。拳闘シーンの殺 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スティング』あらすじネタバレと感想。どんでん返しのラストが魅力のコンゲーム代表作

これぞ、詐欺師の中の詐欺師! お金よりも大切なものとは? アカデミー賞作品賞を始め、1973年度最多7部門を受賞した不朽の名作『スティング』。 同じく数々の輝かしい賞を受賞した、1969年製作映画『明 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドント・ウォーリー』ネタバレあらすじと感想。監督ガス・ヴァン・サントが多くの死を乗り越え結実させた作品

映画『ドント・ウォーリー』は2019年5月3日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。 世界一有名な風刺漫画家ジョン・キャラハンの数奇 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学