Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/07
Update

映画『ドント・ウォーリー』ネタバレあらすじと感想。監督ガス・ヴァン・サントが多くの死を乗り越え結実させた作品

  • Writer :
  • 白石丸

映画『ドント・ウォーリー』は2019年5月3日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

世界一有名な風刺漫画家ジョン・キャラハンの数奇な人生を映画化

名匠ガス・ヴァン・サントが亡き盟友の遺志を継いで作り上げた、しみじみ心に迫るヒューマンドラマです。

笑いと人生への希望をくれる秀作です。

映画『ドント・ウォーリー』の作品情報


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原作】
ジョン・キャラハン

【原題】
Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot

【監督・脚本・編集】
ガス・ヴァン・サント

【音楽】
ダニー・エルフマン

【キャスト】
ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック、マーク・ウェバー、ウド・キア、キャリー・ブラウンスタイン、ベス・ディット、キム・ゴードン

【作品概要】
著名な半身不随の風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot』の映画化。

監督は『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)『ミルク』(2009)などのガス・ヴァン・サント。

主演は『誘う女』(1995)以来、ガス・ヴァン・サントと2度目のタッグとなるホアキン・フェニックス。

彼は車椅子の使い方をマスターし、ジョンの喋り方も細かく真似て、人を食ったような風刺漫画家の人物像を見事に再現しています。

その他、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック、ウド・キアなど実力派のキャストが脇を固めます。

映画『ドント・ウォーリー』のあらすじとネタバレ


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

車椅子に座った風刺漫画家ジョン・キャラハンは、講演会や禁酒セラピーの集会で自分が半身不随になった理由を語っています。

ジョンが最後に自分の足で歩いたその日。

酒場で飲んでいて出会ったデクスターという男と意気投合したジョンは、2人でいろんな酒場やストリップバーを梯子します。


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

そして泥酔していたにも関わらず車で移動してしまっていた彼らは電柱に衝突。

目を覚ましたジョンは、固定ベッドの上で動けなくなっていました。

医者は無情にも「おそらく一生麻痺が残るだろう」と宣告。おまけに事故時に運転をしていたデクスターは軽傷で済んだ上に、もう帰ってしまったと言います。

ジョンはそんな状況すべてを呪いました。現状を脱せられるなら悪魔にも魂を売っただろうと彼は振り返ります。

今後への不安に苛まれるジョン。

そんな時に現れたのがセラピストの美女、アヌーでした。


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

彼女はジョンに寄り添い、リハビリセンターにやって来てジョンに希望を与えてくれました。

彼はかつてのようなユーモアを取り戻し、電動車椅子に乗り日常生活に戻っていきます。

そしてカリフォルニアからポートランドの安アパートに移った彼は、やる気のない介助人マイクに身の回りのすべての世話をしてもらう生活をスタート。

ジョンはあまりに不自由な自分の状態にいらだちを隠せず、また酒に溺れていってしまいます。

彼は、かつて産んだばかりの自分を捨てた母親を以前から憎んでおり、彼女を探し続けていました。

ある夜、母への思い、そして自業自得でこうなってしまった自分の現状の情けなさでジョンが号泣していると、背後になにかの存在を感じます。

そこには母親の幻影がおり、彼に微笑みかけていました。

それをきっかけにジョンは生まれ変わろうと、禁酒セラピーの集会に参加し始めます。

主催者のドニーは、自身もかつてアルコール依存から立ち直った、穏やかでウィットに富んだ人物でした。


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

ジョンは初めて参加した会で自分の憐れさを語りますが、別の参加者からそれを笑われて怒ります。

ドニーはジョンに、辛いのはみんな一緒だし君は歓迎されているんだと諭しました。ジョンはだんだんとこの場が気に入っていきます。

そして彼は、思うように動かない手と口を使って漫画を書き始めます。

上手い絵ではありませんでしたが、彼の毒のあるユーモアが盛り込まれた味わい深い一コマ漫画でした。

ジョンは漫画が書き上がると車椅子で街中を駆け回り、みんなに見せていきます。彼の漫画は評判でした。

いよいよ意欲を見せ始めた彼は美大にも通い始めました。

そんな中、彼は偶然キャビンアテンダントに転職していたアヌーと再会。彼女に漫画を見せて意気投合し、頻繁に会うようになります。

2人は恋人になりました。


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドント・ウォーリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドント・ウォーリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

ジョンは漫画を地元の新聞者に持込み、掲載させてもらうことになります。

彼の漫画は賛否両論で、街中で褒められたり悪態をつかれたりもするほど。

ジョンの禁酒はなんとか続いていました。

ドニーはある夜、ジョンに冗談を交えながら人生について語り始めます。

彼はかつてアル中と向き合った時に人生を振り返ったんだそう。彼はゲイで、恋人とも色々あったようです。

ジョンは事故の夜に運転をしていたデクスターへの恨みを語りますが、ドニーは「デクスターだけか?自分の責任はないのか?」と問いかけました。

ジョンは人生を振り返り、母の愛を受けなかった幼少期から「誰からも愛されていないという自分の感覚に目をつぶってきた」と打ち明けます。

そしてドニーからのアドバイスで、自分が今まで恨んでいた人々を許すことにし、彼らに会いにいくことを決めました。

ジョンはあまり可愛がってくれなかった養父母や、その他迷惑をかけたりした人々にも会って近況を話します。

そして彼はデクスターにも会いに行きました。かつての遊び人ぶりも影を潜めたデクスターは、頭を丸めてレストランの厨房で働いていました。

ジョンは漫画を見せ、自分は楽しくやっていると話します。

事故の後、逃げ出してしまってからずっと罪の意識に苛まれていたデクスターは泣き出してしまいました。

その後家に戻った彼は、母親の肖像画を見ながら「許すよ」と語りかけます。

ジョンはドニーの元に向かいました。ドニーは、最後に許すべきは自分自身だと告げます。

ドニーはかつての辛い体験を話し、自分も人を救いたいと泣きながら話しました。

アル中を乗り越えたジョンは、その後ドニーとも会う事も無くなります。ドニーはその後エイズにより死去。

そして冒頭の講演会で語る、人気風刺漫画家になったジョンの姿が映ります。

ジョンは自分がいかに幸せかを語り、周りの人間に感謝を述べます。

席にはアヌーやデクスター、禁酒会の仲間が、彼を見守っていました。


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

映画『ドント・ウォーリー』の感想と評価


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

2010年に59歳でなくなった風刺漫画家ジョン・キャラハン。

彼が漫画家デビューしたのは半身不随になった後。その驚異のキャリアの映画化を、90年代から切望していたコメディスターがいました。

それは、2014年に自死してしまった名優ロビン・ウィリアムズです。

彼はキャラハンの人生に感動しただけでなく、90年代半ばに落馬事故で車椅子生活を余儀なくされていた盟友クリストファー・リーヴを勇気づけるために、この企画を進行させていたといいます。

しかし完成前の2004年にクリストファー・リーヴは死去。

ロビン・ウィリアムズも2014年に鬱により自ら命を絶ってしまいました。

そしてその企画を引き継いだのは『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)でもロビンと仕事をしていたガス・ヴァン・サント。

これまでも、カート・コバーンが自死するまでの日々を描いた『ラストデイズ』(2006)や、ゲイの権利拡大のために戦って殺されてしまった政治家の伝記映画『ミルク』(2009)など、数奇な運命をたどった実在の人物を描いてきた彼の作家性は、本作にぴったりでした。

半身不随の人物が主人公ながら、必要以上に悲壮感を出さず、独特のユーモアと乾いたタッチで小気味よく物語は進んでいきます。

本作は構成が独特で、時系列をかなり弄っています。

冒頭に既に車椅子の生活に慣れ、漫画が人気になり、講演会を開くほどになっているジョンの姿が映されるため、事故で不随になったジョンを見ても、悲壮感はありながらそこまで重苦しくは感じさせません。

事故の場面も決定的な瞬間を映さず、起きてしまったことを諦観しつつ描いており、ユーモアすら漂っています。

しかし本作は、人生のやりきれなさもしっかりと描きだしました。

ジョンが母親を捜すのを諦めるシーンは、彼の成長を表しながらも切ないですし、事故を起こした側のデクスターの人生も劇中で描かれていない分、様々な想像が膨らみます。

そしてジョナ・ヒルが味わい深く演じるドニーが終盤で「失いたくない人を失うんだ」と過去を語る場面も印象深いです。

ちなみにガス・ヴァン・サントは、本作主演のホアキン・フェニックスの兄で、若くして亡くなったリバー・フェニックスと『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)でタッグを組んでいます。

2014年に亡くなったロビン・ウィリアムズや、本作を見ずに病死したジョン・キャラハンも含め、この「失いたくない人を失う」という言葉には監督の思いも入っているのかもしれません。

まとめ


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

本作の原題は『Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot』。これは劇中で、ジョンが車椅子の自分をネタにした漫画に書かれていたセリフです。

転がっている無人の車椅子を見ても「あいつは足では遠くに行けないから大丈夫だろう」とのんきに語る保安官の絵。

かなりブラックですが、彼の漫画は大方こう言ったテイストの作風です。彼の漫画は多くの人びとを笑わせつつ、一部の人を怒らせるものでした。

自業自得で半身不随になった自分も、その他の世の中の滑稽な人々やおかしなこともひっくるめて描くジョン・キャラハン。

ジョンは人間すべてを平等に笑い飛ばします

アル中の自分も、車椅子の自分も、その他の普通に見える人々もみんな「どこか可笑しい」というのが彼の考え方。

そして、どうせおかしいんだからどんなことが起きてもクヨクヨ心配するなよというメッセージも与えてくれます。

『ドント・ウォーリー』というタイトルには、そんな前向きな優しさが詰まっているのではないでしょうか。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】生きる(映画リメイク/海外)あらすじ感想評価と結末解説。ラストシーンは黒澤明の“問い”へのカズオ・イシグロの“答え”

巨匠・黒澤明の名作が再び! 愚直な男が最期を知り、人生に輝きを取り戻す物語。 今回ご紹介する映画『生きる LIVING』は、1952年の巨匠・黒澤明監督による名作『生きる』のリメイク作。ノーベル賞作家 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エイト・ハンドレッド』あらすじ感想と考察評価。実話の日中戦争・四行倉庫の戦いの激闘に光を当てる

激烈を極めた日中戦争の戦闘「四行倉庫の戦い」を壮大なスケールで描く! 1937年、第二次上海事変における最後の戦闘「四行倉庫の戦い」を描いた映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』が、近日公開とな …

ヒューマンドラマ映画

映画『Smoke』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『Smoke』のあらすじネタバレと感想やラスト結末をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『Smoke』映画作品情報をどうぞ! CONTENTS映画『Smok …

ヒューマンドラマ映画

映画『友罪』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【生田斗真&瑛太主演】

映画『友罪』は、5月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 『64ロクヨン』の瀬々敬久監督と瀬々組スタッフが再び集結して放つ犯罪にまつわるストーリー。 偶然出会い、心通わす友人と …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【キャスト中条あやみオススメ代表作】

福山リョウコの人気コミックを『植物図鑑』の三木康一郎監督が映画化。 人気モデルの中条があやみが主演で、志尊淳と小関裕太がヒロインの運命を左右する現役高校生バンドマンを熱演しています。 CONTENTS …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学