Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『STAND STRONG』ネタバレ感想と考察評価。スケボーのリアルライフで描いた永遠の友情

  • Writer :
  • 西川ちょり

何度転んでも、イメージする、着地する瞬間を!

映画『STAND STORONG』が2020年7月24日(金)より、TOHOシネマズ池袋他にて全国公開されています。

映画『STAND STORONG』は、日本のスケートボーダーのリアルライフを描いた青春群像劇です。

実際のスケートボーダーである中田海斗がK役、佐川涼がRYO役、松本崇がCHEN役、日高大作レイがDAISAKU役を務め、溌剌とした演技を見せています。

スポンサーリンク

映画『STAND STRONG』の作品情報


(C)2020 Team STAND STRONG

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
菊池久志

【キャスト】
中田海斗、佐川涼、松本崇、日高大作レイ、サイプレス上野

【作品概要】
日本のストリートを舞台に、スケートボーダーたちの光と影をリアルに描いた青春群像映画です。

オリジナル主題歌は、LIBRO、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、Bose(スチャダラパー)、CHOZEN LEE(FIRE BALL、THE BANG ATTACK)が映画のために書き下ろした“STAND STRONG feat. LIBRO, ポチョムキン, Bose & CHOZEN LEE”。

映画『STAND STRONG』あらすじとネタバレ


(C)2020 Team STAND STRONG

タコス屋で食事をしていたK、RYO、CHEN、DAISAKUの4人組は、「俺たちでスケーターチームをつくらねぇ?」と盛り上がります。

「THRASHERってあるじゃん」「俺らは世界をぶっ壊すCRASHERだ!」

そんなのりで誕生したスケーターチーム「CRASHER」は、SNSにアカウントを設け、動画を投稿しているうちに、スケーターファンから熱い支持を得るようになります。

スケートブランド「ELEMENT」から4人のうちの2人、KとRYOに声がかかり、2人は「ELEMENT」とプロ契約を結びました。

しかし喜びもつかの間、大事な大会を前に、Kは父親から暴力を振るわれ、脚を痛めます。

翌日、RYOが待ち合わせ場所に来ないKに電話を入れますが、Kは理由も言わず、「脚が痛いし、めんどくさいから行かない」と応えて電話を切ってしまいました。

RYOは仕方なくひとりで大会に出かけます。CHEN、DAISAKUは、大会を観に行き、大勢のファンと一緒に、RYOが見事、優勝をさらう姿を目撃しました。

純粋にスケートと向き合い、徐々にチャンスを掴んでいくRYOに対して、Kは荒れて、夜の街に繰り出すことが増えていきました。

ある日、RYOとCHEN、DAISAKUが集まっているところにふらりとKがやってきました。

CHENは、「CRASHER」のTシャツを見せ、「KはサイズはMだった?」と尋ねますが、KはそんなパクリのTをシャツなんて着られるかと悪態を突き出し、RYOはKに「帰れ!」と怒鳴りました。

その日もKは夜の街に出て酒に酔い、他のスケーターを侮辱して喧嘩が始まりました。その場面を撮った動画が拡散され、Kはファンからもそっぽを向かれてしまいます。

素行不良でせっかくついたスポンサーからも解雇されてしまい、暗黒面に落ちるK。RYOは、大きな大会を次々と制していきますが、Kのことが気がかりでなりません。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『STAND STRONG』ネタバレ・結末の記載がございます。『STAND STRONG』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

Kもまた、このままではいけないと感じていました。

それからしばらくして「頑者」というつけ麺屋で働いているKの姿がありました。このつけ麺屋は、スケーターが集まるので知られているお店です。

そこへCHENが現れました。CHENはKを見て驚きますが、RYOが久しぶりにインスタグラムを更新したことを知らせてくれました。

KがRYOのインスタをチェックすると、それはRYOが高校生の頃、Kから初めてスケボーを教えてもらった時の映像でした。

あまり、インスタグラムを更新しないRYOがこの動画を上げたことがKの心を打ちました。

それは、Kに導いてもらわなければ、自分はスケートボードをすることもなく、今のように世界に挑戦しようともしていなかっただろうというRYOからのメッセージでした。

「一緒に世界取ろうぜ!」と、あの時、KはRYOと約束したのです。再びスケートの血が流れ出すK。

月日が流れ、ワールドチャンピオンを決める大会に2人の日本人選手の姿がありました。KとRYOでした。

スポンサーリンク

映画『STAND STRONG』の感想と評価


(C)2020 Team STAND STRONG

スケートボーダーを描いた作品といえば、1970年代初頭にL.A.のドッグタウンで生まれたスケートボードチーム「Z-BOYS」の活動を追ったドキュメンタリー映画『DOGTOWN & Z-BOYS』(2001/ステイシー・ペラルタ)や、そのフィクション版『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005/キャサリン・ハードウィック)がすぐに思い出されます。

ガス・ヴァン・サント監督の内省的な映画『パラノイド・パーク』(2007)という作品もありましたし、最近ではニューヨークのガールズ・スケーターの日常を追った『スケート・キッチン』(2016/クリスタル・モーゼル)を思い出す方も多いでしょう。

しかし日本映画となるとどうでしょう。勿論、三宅唱の『Playback』(2012)のように、スケートボードが重要なシーンに登場する作品はありますが、スケートボードや、スケーターそのものをテーマとした劇映画となると、本作『STAND STRONG』が初の本格的作品になるのではないでしょうか。

映画は4人の少年が、スケートボードチームを結成するところから始まります。前半は、普段、彼らはどのような場所で滑り、どんなスポットに顔を出すのかという関東エリアのリアルなスケボーライフを味わう面白さがあります。スケーターが好む「つけ麺屋」まで出てきます。

また、インスタグラムを始めとするSNSが非常に重要な役割を果たしているのも、現代のスケーターライフの大きな特徴の一つでしょう。

『スケート・キッチン』でも、SNSが同じ女性のスケーター仲間を探す手立てになるなどなくてはならない存在として描かれていましたが、『STAND STRONG』では、少年たちはSNSで人気者になり、そこにはプロスケーターの視線も注がれていて、ついにはスポンサー契約へとつながっていきます。

しかし、仲間全員にスポンサーがつくわけではありません。そのあたりは実にシビアです。

また、父親に暴力を振るわれるという家庭環境と、本人のショートテンパーな性格などが重なり、Kという少年はせっかくのチャンスをふいにして、一人孤立していきます。ここでもSNSでけんかの動画を拡散されたことがKの転落を加速させます。

確かな仲間がいたはずなのに、いつの間にかこの世には自分しかいないのではないかと孤独感に苛まれるKの姿は、例えば、1960年代のイギリスのモッズ族の青春を描いた『さらば青春の光』(1979/フランク・ロッダム)のジミーを彷彿させるものがあるなんていうと少々褒めすぎでしょうか。

ただ、プロ契約されなかった残りの2人の葛藤などがもう少し描かれてもよかったのではという不満もあります。

しかし、本作は、スケーターの世界の厳しさに触れつつも、ドロドロした人間関係を描くのではなく、変わらない友情と果てしない夢こそを追求した作品といえるのではないのでしょうか。

どんなに環境が変わってもチーム「CRASHER」はずっと続いていくように見えます。青春の儚さよりも、永遠の友情を本作は描こうとしているのです。

失敗した仲間をすくい上げることのできる度量というのでしょうか。人間が手をさしのべ、手をつなぐ行為の美しさが、スクリーンに感動的に映し出されています。

あれほど苦悩したKがつけ麺屋に勤めている姿のあっけらかんとした明るさも本作の魅力の一つでしょう。

人間は何度でもやり直すことができるというメッセージであり、それは、転んでもまた立ち上がって何度でもトライするというスケートボードそのものの姿なのです。

まとめ


(C)2020 Team STAND STRONG

それにしても「CRASHER」のメンバーを演じた4人のスケーターたちの魅力的なことといったらどうでしょう!

『スケート・キッチン』も実際のスケーターが、演技していることに驚かされましたが、本作の4人も負けてはいません。

中田海斗はKそのものにしか見えない達者ぶりを発揮していますし、RYO役の佐川涼は、その名の通り、涼し気な爽やかさを身にまとい、ストイックな雰囲気を醸し出しています。

DAISAKU役の日高大作レイは、何をしていてもリズムに溢れていて茶目っ気があり、CHE役の松本崇は、4人の中で最も優れた演技をみせています。

何よりも彼らが見せてくれるスケートが素晴らしく、これが吹き替えだったりしたら興醒めだったでしょう。

いくら技術が進歩し、様々な「映画のマジック」が可能になってきたとしても、そこはやはり、本物の持つ輝きに勝るものはないからです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠の1分。』ネタバレ結末感想と評価解説レビュー。上田慎一郎監督の最新作“エンターテイメントの新境地”を魅せる!

笑いを武器に東日本大震災と向き合う『永遠の1分。』は2022年3月4日(金)よりロードショー! 映画『永遠の1分。』は、『カメラを止めるな!』(2017)の上田慎一郎が脚本を、同作の撮影監督だった曽根 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ビリーワイルダー代表作の小道具の演出を考察

米国アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞のビリー・ワイルダー代表作 1960年にアメリカで公開され、同年のアカデミー賞の五部門を受賞した映画『アパートの鍵貸します』。 監督、脚本、制作を務めたのは映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『PARKS パークス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【橋本愛×永野芽郁×染谷将太のおすすめ作品】

“100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。” 音楽をテーマに気鋭の監督と実力派若手俳優が描き出した物語『PARKS パークス』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『PARKS …

ヒューマンドラマ映画

映画『走れ!T高バスケット部』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

高校バスケット部の新しいバイブル⁈松崎洋の小説「走れ!T高バスケット部」が、ついに実写映画化。 バスケットマンの永遠のバイブル「スラムダンク」に継ぐ、青春バスケット映画が誕生しました。 弱小バスケット …

ヒューマンドラマ映画

映画『ある町の高い煙突』あらすじネタバレと感想。実話を豪華キャストで描く煙害と闘った真実の物語

映画『ある町の高い煙突』は6月14日(金)ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくば先行公開、6月22日(土)より、有楽町スバル座ほか全国ロードショー! 『八甲田山』『剱岳』で知られる新田次郎の同 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学