Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/03/04
Update

ある人質 生還までの398日|ネタバレ結末とラスト解説。 実話で描くISに囚われた写真家を救出する家族たちの思い

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇

シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。

映画『ある人質 生還までの398日』は、ジャーナリストのプク・ダムスゴーがダニエル・リューとその関係者に取材した著書『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』を元にして描かれました。

本作は、一年以上に及ぶ監禁・拷問の日々、翻弄される人質の家族をリアルに描き、デンマーク映画批評家協会賞(ボディル賞)で助演女優賞、デンマーク・アカデミー賞(ロバート賞)で観客賞、脚色賞、主演男優賞、助演女優賞、Zulu賞で作品賞を受賞し、デンマーク国内で非常に高い評価を得ています。

監督は『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2010)で知られるニールス・アルデン・オプレヴ。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』の作品情報


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

【日本公開】
2021年(デンマーク・スウェーデン・ノルウェー合作映画)

【原題】
SER DU MANEN,DANIEL

【監督】
ニールス・アルデン・オプレヴ、アナス・W・ベアテルセン

【脚本】
アナス・トマス・イェンセン

【原作】
プク・ダムスゴー『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』

【キャスト】
エスベン・スメド、トビー・ケベル、アナス・W・ベアテルセン、ソフィー・トルプ、クリスティアン・ギェレルプ・コッホ

【作品概要】
監督を務めるのは『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2010)のニールス・アルデン・オプレヴ。共同監督は『幸せになるためのイタリア語講座』(2004)のアナス・W・ベアテルセンが務め、本作でも俳優として人質救出の専門家アートゥアを演じています。脚本は『ダークタワー』(2018)などの脚本だけでなく、監督も務めるアナス・トマス・イェンセン。

ダニエル・リューを演じたのは『92年の夏』で2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞に輝いたデンマークの期待の俳優エスベン・スメド。体操選手の役を演じるためトレーニングをすると共に、人質のシーンのために8キロの減量をするという肉体改造をしてこの役にのぞんだといいます。

ダニエルと共に誘拐された人質ジェームズ役を演じたのは『キングコング 髑髏島の巨神』(2017)、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(2017)のトビー・ケベル。

映画『ある人質 生還までの398日』のあらすじとネタバレ


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

デンマークの体操チームのメンバーであるダニエル・リュー(エスベン・スメド)は世界ツアーを目前にして怪我をしてしまいます。体操に全てを費やしていたダニエルは選手生命を絶たれ失望しますが、以前興味のあったカメラマンを目指すことを決意します。

恋人と共にコペンハーゲンで新たな生活を始めたダニエルは、カメラマンのアシスタントの仕事を探し始めます。ある事務所で採用されたダニエルは、アシスタントとしてシリアに向かいました。

シリアで撮影をすることにやりがいを感じ始めたダニエルは、戦地ではなく日常を撮りたいと、ガイドとボディガードと共に町に向かい夢中でシャッターを切ります。

その時車がやってきて数人の男たちが車から降りるなり、誰の許可で写真を撮っているのだとダニエルらを威嚇します。

ガイドは自由シリア軍の許可証があると訴えるも、聞き入れられずダニエルはカメラを取り上げられ、ガイドと共に車に連行されます。西洋人がいると場所を特定され空爆をされる危険があり、西洋人は信用できないと男たちは言います。

目隠しをされ、アジトのようなところに連れてこられたダニエルは拘束され、拷問をうけます。本当のことを言っても信じてもらえず、何しにやってきたのか、CIAなのかと疑われます。

一方、デンマークでは、帰ってくるはずの便にダニエルがいないことに気がついた恋人が、ダニエルの両親に連絡をします。

両親は以前ダニエルから連絡先を教えられていた、人質交渉の専門家アートゥア(アナス・W・ベアテルセン)に連絡をし、アートゥアを雇います。

捜索を始めたアートゥアは誘拐に関わっているとされるアブ・スハイブと接触し、身代金70万ドルを要求されます。

アートゥアから身代金の要求を聞いた両親はそんな大金は払えないと言葉を失います。そんな家族に対し、デンマーク政府は一貫してテロリストの要求には応じない、支援もできないといいます。

ダニエルは少年の助けを経て一度は高い窓から逃げたものの、言葉の通じない近隣住民に通報され再びアジトに戻されてしまいます。

絶望したダニエルは自殺を図るも助けられ、一命を取り留めます。拷問・監禁の日々で心身ともにボロボロになったダニエルは、移送され数人の人質がいるアジトにやってきました。

体調を崩していたダニエルでしたが、アジトにいた2人のフランス人に助けられ少しづつ回復し、彼らから監視役の話を聞きます。

英国人の4人組の監視役は、“ビートルズ”と呼ばれそれぞれあだ名がつけられていました。中でも“ジョン”は残虐な性格で人質らから恐れられていました。

ダニエルの両親らは家を担保にし、何とか身代金をかき集めたものの25万ドルしかなく、やむなくその金額を提示すると、テロリストらは侮辱されたと感じ、金額を200万ユーロに引き上げてきました。

そしてテロリストらの怒りはダニエルに向き、ダニエルの置かれた状況は更に悪化していきます……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ある人質 生還までの398日』ネタバレ・結末の記載がございます。『ある人質 生還までの398日』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

ダニエルら人質の中に新たにジェームズ・フォーリナー(トビー・ケベル)という人物が加わりました。明るく前向きなジェームズとダニエルは意気投合します。

アートゥアは協力者から情報を聞き、ダニエルらが捕らえられているアジトを探し出しました。アメリカ軍がヘリコプターで救出に向かいましたが、テロリストたちは直前に移動し、軍が着いた頃にはアジトはもぬけの殻になっていました。

移送先でダニエルはオレンジ色の囚人服を着させられて、砂漠の中に立たされます。近くにある穴に囚人が一人入れられ、ジョンがその囚人を射殺します。

ダニエルは囚人のそばに座らされ、「48時間以内に200万ユーロ払え」と書かれたボードを持たせられます。その様子を撮影した動画がアートゥアの元に送られます。アートゥアは動画ではなく静止画を家族の元に送ります。

フランス人の人質らは家族が身代金を払い、釈放されていきました。自分の家族が大金を用意できないことを承知していたダニエルは助からないと諦めていました。

厳しい要求を突きつけられ、この要求に応えないとダニエルの身が危ないと感じた家族は必死に資金を調達しようとしますが、200万ユーロには届きません。

最後の望みをかけてダニエルの母は電話をしても取り合ってくれなかったある知り合いに直接会いに行きます。

その知り合いは有名な企業の社長でした。ダニエルの現状を話し、一生働いて返すから助けて欲しいと頼み込みます。

助けたい気持ちはあるが、影響が大きく助けることは出来ないと言われてしまいます。母は諦めて帰りますが、後日多額の寄付金が振り込まれていました。ダニエルの母の切実な思いが届いたのです。

家族が身代金を払い、ダニエルは釈放されることになりました。残されたジェームズはダニエルに家族に伝えて欲しいと伝言をします。

書くものはなく、ダニエルはジェームズの言葉をしっかりと暗記しました。最後にジェームズはダニエルに、ここのことは忘れて君は日常に戻れと伝えます。

ダニエルの姉が迎えに来てダニエルは一年半にも及ぶ監禁から解放されました。

少しずつ元の日常に戻りつつあったダニエルの元に、ジェームズ・フォーリナー本人かどうか映像を確認して欲しいとアートゥアから連絡が来ます。それはジェームズがオレンジ色の囚人服を着せられ、処刑される映像でした。

最後まで見るな、映像を止めろとアートゥアが叫びましたが、ダニエルは震えながら映像を止めることが出来ず、見てしまいました。

ダニエルはアメリカに渡り、ジェームズの葬式に参加し、ジェームズに頼まれていた家族への伝言を話しました。

ダニエルやジェームズをはじめとした人質ら、そして家族のために、オバマ米大統領は家族らが資金調達に奔走し、起訴されるという内容に、資金調達を政府が支援し家族との連携を強化する方針を宣言しました。

しかし、依然としてデンマーク政府はテロリストとは交渉せず、支援もしない方向を変えることはありませんでした。

スポンサーリンク

映画『ある人質 生還までの398日』の感想と評価


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

言葉も通じぬ異国で突然拘束され、拷問・監禁されるという恐怖を生々しく描いた映画『ある人質 生還までの398日』

飢えと乾きに苦しみ、朦朧とした意識下の中、いつ暴力に晒されるか分からない恐怖がダニエルを蝕みます。緊迫感のある拷問シーンは思わず目を背けたくなるほどの強烈さ。ダニエル役を演じたエスベン・スメドは人質のシーンを演じるために減量して挑み、説得力のある演技を見せました。

人質の苦しさも描きつつ本作では家族にもスポットをあて、資金調達の困難さを描きます。一般家庭では到底払えない金額であり、人質のことが公になれば人質の身に危険に危険が及ぶ可能性があります。更に、合法的な理由で資金調達をしなければ、家族が起訴される可能性もあるのです。

そのような困難な状況下で何とかしてかき集めても到底届かず、少ない資金で提示すると相手側には侮辱されたととられ、要求金額を引き上げられてしまいます。絶望する家族に対し、政府はテロリストとの交渉には応じない姿勢を貫きます。

しかし、考えてみれば身代金を払うということはテロリスト側に資金を渡すことになります。政府が資金援助をすることが難しく人質の家族にも資金調達が難しいということを分かった上で要求しているのです。あまりにも無慈悲で残酷なISのやり方には憤りすら感じます。

一方で私たちは「IS」というものが何で、なぜこのようなことをするのか考えたことがあるでしょうか。奇跡的な生還を果たした人々の証言があってこそ、本作は作られたと言えるでしょう。

シリアで何が起きているのか、人質がどのような酷い目に遭っているのか私たちは知るよしもないのです

アートゥアが人質の情報を聞き出す際に、シリアの重要人物が「お前たちが「IS」と呼んでいる武力勢力」という発言をしている場面がありました。

シリアの内情は複雑に入り組んでおり、様々な新興勢力がせめぎ合っています。私たちはそれら全てをまとめて「IS」と呼んでいるにすぎません

ダニエルが誘拐された街も自由シリア軍が知らぬうちに他の勢力が街を支配しており、ガイドもそのことを知りませんでした。ダニエル自身も戦地には行かないから大丈夫だと言っており、シリアの内情をしっかりと把握していたわけではないでしょう。

ダニエルは生還後も報道カメラマンとして活動を続けています。自分よりもっとつらい目に遭っている人がいるとダニエルは言います。

危険な目に遭ってもなお伝えようとする写真家やジャーナリストの活動が、いかに重要なことかを伝えてくれます。

ISのしていることは許されざる行為です。しかし、彼らの憎悪、怒りは彼らのせいではありません。シリアで何が起こっているのか世界に伝えることは重要です

一方で、シリアの人々にとって報道カメラマンや、ジャーナリストはあくまでよその国の人々であることも忘れてはならず、憎悪に憎悪で報復すれば何も変わりません。

ダニエルの壮絶な体験とともに“中立な”立場で報道することの難しさ、シリアが抱える様々な問題は他人事ではなく私たちが向き合っていくべき問題であると訴えかけています。

まとめ


(C) TOOLBOX FILM / FILM I VAST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019

突然拘束され人質となったダニエルの奇跡の生還劇を描いた映画『ある人質 生還までの398日』。

目にしたこともある、オレンジ色の囚人服を来た人質の様子。それまでに水面下で何が行われていたのか、人質の置かれた過酷な状況資金調達に苦しむ家族の様子支援をしない政府を描いています。他人事とは思えないそのリアルさに目を背けられなくなります。

しかし、本作はダニエル側の視点で描かれており、シリアの人々がどうなっているのか。「IS」とは何なのか、あまりにも知らないということも思い知らされます。「IS」の憎悪、怒りはどこからきてどこに向けられているのか。何のための見せしめの処刑をするのか。

危険な紛争地域に赴き、現状を伝える報道カメラマン、ジャーナリストらの重要さを考えるとともに、どのような立場で伝えるべきか報道することの意味をも訴えかけるような映画になっています。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ネタバレ感想レビュー。映画化が繰り返されてなお、新たな解釈に挑む

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「戦争と平和」と並び称される名著「アンナ・カレーニナ」をベースに映画化。 カレン・シャフナザーロフ監督が、20世紀前半に活躍したグィッケーンチィ・ヴェレサーエフの日露 …

ヒューマンドラマ映画

映画『1917命をかけた伝令』あらすじネタバレと感想。サムメンデスがワン・ショット撮影にかけた思いとは⁈

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞を受賞! 『007スカイフォール』『007スペクター』 のサム・メンデス監督最新作 映画『1917 命をかけた伝令』は、第一次世界大戦を舞台に英国陸軍の若 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次公開された作品です。 若手注目女優エマ・ストーンと、個性派俳優ステ …

ヒューマンドラマ映画

「ジャン=ピエール・メルヴィル特集」上映作品一覧!公開日時と劇場は

アラン・ドロン主演『サムライ』『仁義』などで知られるフランス映画の巨匠ジャン=ピエール・メルヴィル。 彼の生誕100周年を記念して角川シネマ新宿にて、11月11日より特集上映を開催されます。 今回は上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガザの美容室』あらすじとキャスト。双子監督タルザン&アラブ・ナサールの思いとは

映画『ガザの美容室』は、2018年6月23日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 パレスチナ自治区に飛び地としてあるガザ地区、それでもオシャレして、メイクして、おしゃべりして …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学