Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/09/14
Update

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。

『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。

第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦を、そのきっかけとなった真珠湾攻撃から描いて行きます。

ローランド・エメリッヒ監督が「撮影の最後3週間は日本映画だった」と語るように、日米両軍が同じ人間として、公平な視点で描かれました。

本作では日本軍の実在する将校役を、豊川悦司、浅野忠信、國村隼という日本を代表する実力派俳優が演じています。

スポンサーリンク

映画『ミッドウェイ』の作品情報

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
MIDWAY

【監督】
ローランド・エメリッヒ

【脚本】
ウェス・トゥック

【製作】
ハラルド・クローサー

【キャスト】
エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ウディ・ハレルソン、マンディ・ムーア、ルーク・エヴァンス、豊川悦司、浅野忠信、國村隼、デニス・クエイド

【作品概要】
戦う男たちを真正面から捉えたのは、『インデペンデンス・デイ』(1996)のローランド・エメリッヒ監督。

観客のド肝を抜く一大スペクタクル映像の第一人者が、20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の貴重な資料をもとに、両軍に敬意を捧げて史実を再現。

キャストには、山本五十六、チェスター・ニミッツをはじめとした実在の人物を演じるために、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼など日米の実力派俳優が集結しました。

映画『ミッドウェイ』のあらすじ

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

1941年12月7日の日本軍による奇襲とも言える真珠湾攻撃。

戦争の早期終結を狙う山本五十六連合艦隊司令官(豊川悦司)の命により、山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けました。

大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)を立てます。

両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画。

一方、真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍は、情報部のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)がその目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭けます。

そして遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック(エド・スクライン)率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶な激突へのカウントダウンが始まり…。

スポンサーリンク

豊川悦司が新たな山本五十六像を生み出す

本作で日本軍の実在する将校を演じたのが、豊川悦司(山本五十六海軍大将)、浅野忠信(山口多聞少将)、國村隼(南雲忠一中将)という日本を代表する3人の俳優。

本作冒頭の、パトリック・ウィルソン演じるレイトン少佐が駐日大使館付き武官補として来日し、山本五十六と交流したことが再現される場面では、英語と日本語を交えながら、豊川悦司とパトリック・ウィルソンが緊張の糸を張り巡らせ、観客を本作の世界に引き込みました。

豊川悦司は、本作で山本五十六役としてオファーが来た当時のことを、「ほとんどの日本人が知っている、歴史上の素晴らしい人物。(そんな方と)自分の中で類似点を見いだせなかったので、最初にオファーをいただいた時はびっくりした」と語っています。

役作りについては、「色んな文献の他に、偉大な大先輩方が過去に山本五十六を演じているので、どのように役に対峙していったのかを見られたのがよかった」と振り返りました。

役への真摯なアプローチが形となり、物静かながら強い意思を見せ、しかしその奥底で揺らぐ山本五十六像を、豊川悦司が新たに生み出しました

浅野忠信の底知れない覚悟

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

山口多聞少将を演じるのは浅野忠信。

慎重に事を進めようとする山本五十六に意見し、上司である南雲忠一(國村隼)の戦略にも反発します。

好戦的で計算高い人物かと思わせる佇まいの山口。浅野の怪演もあって、何を考えているか読めない、不気味な人物に見えます。

しかし、山口が最期に見せた覚悟により、彼の真意が伝わってきました。

全ては日本のため、天皇のため、そして、未来を作る若者のために、彼は戦の道を進んできたんです。

空母飛龍とともに沈みゆく事を選んだ山口の姿には、当時の日本人としての誇りが込められていました。

浅野忠信は、「多聞さんは、最後まで冷静に生きた人で尊敬している。インターネットでも、彼の事は色々調べました」と語っています。

スポンサーリンク

國村隼の安定感

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

空母赤城を指揮する海軍軍人・南雲忠一は、國村隼が演じています。

出演時間は短いながらも、確かな演技力で、大きな存在感を残しました。

ナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』(2017)では、得体の知れないよそ者を、セリフに頼る事なく体現した國村。

本作では、軍人としての信念と、その信念が揺らぐさまを、目の動き一つで伝えてくれました

日本の命運を決定することになった南雲の戦略について國村は、「彼がいかにして判断ミスを下してしまったのか、というのを糸口に私の想像を交えて演じてみました」と語っています。

國村のその想像力が、南雲の輪郭を明らかにし、本作に更なるリアリティを与えていました。

まとめ

Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

エメリッヒ監督は初体験となった日本人キャストへの演出について、「通訳を介しての演出だから難しい面もあった。言葉が分からない撮影で、その都度、日本のアドバイザーに良かったかどうか尋ねるんだ。でも良い演技は感覚的に分かったよ」と手ごたえを感じたといいます。

共演シーンがなかったアメリカ側の俳優たちも、初めて試写で日本のパートを観て感激していたんだ」と絶賛。

エメリッヒ監督が20年に及ぶリサーチを経て「日本の立場を理解し、正しく戦争を描いた」という本作。

戦争とはただの善悪だけでは語れないと、改めて感じさせてくれました。

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開です。









関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ ビューティフル ガーデン』上映!あらすじとキャストも

今回は花咲く春に相応しい映画をご紹介。美しいイングリッシュガーデンを舞台に生まれた現代版シンデレラストーリーです。 可愛いらしく優しいチャーミングなイギリス映画『マイ ビューティフル ガーデン』に注目 …

ヒューマンドラマ映画

映画『サヨナラまでの30分』ネタバレ感想とレビュー評価。新田真剣佑×北村匠海らが歌う別れと成長の物語

映画『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日(金)より全国ロードショー公開! かつて死んだはずのバンドマンは、カセットテープの再生時間“30分”のあいだだけ、仮の身体を得てよみがえる……。 若者 …

ヒューマンドラマ映画

映画『プリティウーマン』ネタバレあらすじ感想と結末解説。名作ラブコメ洋画はリチャードギア/ジュリアロバーツの代表作!

伝説的シンデレラ・ストーリー『プリティ・ウーマン』! ジュリア・ロバーツ×リチャード・ギアのダブル主演作品『プリティ・ウーマン』。 舞台は‟夢を叶えるにはこの場所”アメリカのロサンゼルス。1人の娼婦が …

ヒューマンドラマ映画

HOKUSAI北斎映画|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。キャスト柳楽優弥と田中泯が浮世絵師の狂画家を演じ切る

「時代のせいにするな、己の“好き”を貫け!」 映画『HOKUSAI』は、約1年の公開延期で、5月28日(金)に劇場公開されました。 監督は『相棒 劇場版IV』(2017)、『劇場版 シグナル』(202 …

ヒューマンドラマ映画

映画『五億円のじんせい』感想と評価。原作なしで脚本家の蛭田直美&監督ムン・ソンホが描く【自分だけの人生の目的の大切さ】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! 善意で集まった五億円により、命を救われた過去を持つ高校生の、人生を見 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学