Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

是枝裕和映画『真実』あらすじネタバレと感想。名女優カトリーヌドヌーヴ故に作品が軽妙になった⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『真実』は2019年10月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にてロードショー公開

前作『万引き家族』でカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督が次に挑んだのは、名女優カトリーヌ・ドゥーブを主演に迎えた映画『真実』

キャストを全て海外の俳優で構成した日仏合作品で、2019年のヴェネチア国際映画祭のオープニング上映作品となりました。

スポンサーリンク

映画『真実』の作品情報


(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

【公開】
2019年(日本・フランス合作)

【原題】
La vérité

【脚本・監督】
是枝裕和

【キャスト】
カトリーヌ・ドゥーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ、クレモンティーヌ・グルニエ、マノン・クラヴェル

【作品概要】
カンヌ映画祭でパルムドール受賞まで行き着いた是枝裕和監督の最新作。

メインキャストの全て海外から起用したボーダレスな映画に仕上がっています。

主演にフランスを代表する大女優カトリーヌ・ドウーヴを起用。共演にジュリエット・ビノッシュ、イーサン・ホークといったトップスターが並びます。

映画『真実』のあらすじとネタバレ


(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

フランス映画界の大女優ファビエンヌが自伝を出版することになりました。

そこへニューヨークで暮らす娘の脚本家のリュミエールと夫の俳優のハンク、7歳になる娘のシャルロットがパリのファビエンヌの家を訪ねてきます。

母親、家庭人としては全くし仕事をしてこなかったファビエンヌとリュミエールの母娘関係は上手くいっていません。

事前に自伝の内容を見せることになっていたにもかかわらず、リュミエールのもとには原稿は届かず、自伝は出版されてしまいました。

自伝のタイトルは「真実」でした。

翌朝、一晩駆けて自伝を読んだリュミエールはあまりにも現実と乖離した自伝の内容に怒りを隠せないリュミエールですが、ファビエンヌは平然と「事実なんて退屈だわ」と言って相手にしません。

さらにリュミエールが許せなかったのが若き日に母娘と公私に渡って交流のあった女優のサラについて何も触れていないことでした。

サラとはファビエンヌのかつてのライバルであり親友でしたが、若くして亡くなっていました。

ファビエンヌの秘書のリュックは、ファビエンヌはサラのことは忘れておらず、現在出演中の映画も、 “サラの再来”と呼ばれるマノンという新進女優が主演しているからだと語ります。

そのリュックも自分のことが一行も自伝に出てこないことで人生を否定されたと思い、仕事を辞めると言い出します。

新作映画はミニマムなSF映画。不治の病のために地球にいられなくなった母親が娘と7年ごとに会うというストーリーです。

母親(マノン)は年を取りませんが、娘は母と会うごとと7年ずつ年を重ねていきます。そしてファビエンヌは、その娘の晩年を演じていました。

ファビエンヌは自分が老いと年齢を感じさせる役どころに不満と不安を抱いています。

リュックがいなくなり、代わりの付き人をすることになったリュミエールは久しぶりに、撮影現場の母親を見ることになります。

以下、『真実』ネタバレ・結末の記載がございます。『真実』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

リュックの不在には、さすがのファビエンヌも応えていたようで、リュミエールに相談しながら、リュックに戻って来もらうように出かけたりしています。

映画の撮影は進み、年老いた娘としてマノンに接するファビエンヌ。

リュミエールの励ましもありファビエンヌは演じきりました。

撮影が終わりマノンと話す機会ができたファビエンヌに、マノンはサラの再来と言われ続けることにプレッシャーを感じているということを吐露します。

それを聞いたファビエンヌは、マノンを自宅に誘い、サラの服をプレゼントし励ましますのでした。

また、リュミエールもまたファビエンヌへのサラの秘めた思いを知り、こわばっていた心が少し緩みます

真実は語られていない自伝の「真実」でしたが、バラバラだった家族が一つに繋げなおすことになりました。

スポンサーリンク

映画『真実』の感想と評価


(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

本作『真実』を先ず見終わっての第一印象は、とても軽やかな映画だなということです。

勝手な思い込みの部分もあったのですが、是枝裕和監督作品というと、やはり重厚な社会派ドラマという感じがあります。

もちろんコミカルなシーンもたくさんあるのですが、作品の底の部分にあるどうしようもない重みがあることもまた確かではないでしょうか。

しかも、今回もテーマは「家族」ということで、変わらぬテイストなのかと思い込んでしまっていました

結果として、ものすごく軽やかで爽やかな優しい語り口の映画になりました。

監督本人も全体のトーンが軽くなることを心掛けたということですが、いい意味で裏切られました


(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

過去作でいえば、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが異母姉妹を演じた、2015年の作品『海街diary』

または、岡田准一、宮沢りえ主演の闘わない侍の物語『花よりもなほ』(2006)などに近いところでしょうか。

めいっぱい肩の力の抜いてリラックスして映画館に向かってください

まとめ


(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

とにかく軽やかな印象が最後まで続く『真実』ですが、その一番の原動力はなんといっても主演のカトリーヌ・ドゥーブでしょう

フランス映画界に圧倒的な存在で君臨する映画界の女王的であり、ベテラン大女優・ファビエンヌというほとんどそのまんまの役を実に楽しそうに演じています

プライベートな設定も含めて、カトリーヌ・ドゥーブ以外の女優が演じたらここまでの説得力を持たせることはできなかったでしょう。

エンドロールはヒョウ柄のコートを着たドゥーブ(=ファビエンヌ)が優雅にのんびりと犬の散歩をする一連の仕草を映し続けます。

映画内だけでスパッと(ガツンと)作品を終わらせて、エンドロール静かに作品の余韻を観客各々に浸らせることの多い是枝監督作品が多い中で、こういう遊びを見ることができるとは思いませんでした。

ヒョウ柄のコートに全身を包んでいるにもかかわらず、そのヒョウ柄に目が行かないカトリーヌ・ドゥーブの強烈なインパクトと存在感。圧巻です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『スパイの妻』ネタバレ結末とラストの考察解説。国家機密知った夫が危険な愛を貫く“夫婦愛のミステリー”

第二次世界大戦中の1940年を舞台に、国家機密を知ってしまった優作と、優作を信じ「スパイの妻」として生きる事を決意した、妻の聡子のドラマを描いた映画『スパイの妻』。 『CURE』(1997年)や『回路 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』結末ネタバレと感想。エマ・ワトソン演技力の評価

もし個人情報の全てを他人と共有したら? SNS依存度の高まる世の中に一石を投じる映画『ザ・サークル』。 近い将来にあり得るかも知れない恐ろしさを体験できる作品は、エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゆずりは』ネタバレ感想。コロッケの演技力と現代の死生観とは

ものまねタレントとして知られるコロッケ。 その得意なお笑いやものまねを封印して、本名である滝川広志として臨んだ初主演した映画『ゆずりは』6月16日(土)より、K’s Cinema、イオンシネマ板橋ほか …

ヒューマンドラマ映画

『罪と女王』感想と考察。映画クィーン オブ ハーツは結末ラストまで女性監督が欲望で追い詰められた人間を描く

映画『罪と女王』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、他にて公開。 『罪と女王』は、欧米の批評家から絶賛されたデンマークとスウェーデンの …

ヒューマンドラマ映画

オリエント急行殺人事件のネタバレ【ポワロ考察】ラスト結末の解説

1934年に原作アガサ・クリスティの発表した『オリエント急行の殺人』は、1974年にシドニー・ルメット監督により豪華キャストによって一度映画化されました。 本作2017年リメイク版『オリエント急行殺人 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP