Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/05/01
Update

映画『幸せの答え合わせ』あらすじ感想と評価解説レビュー。家族の別離から導き出される希望を描く

  • Writer :
  • 松平光冬

熟年離婚の危機を迎えた夫婦とその息子がたどり着く希望とは

映画『幸せの答え合わせ』が、2021年6月4日(金)よりキノシネマほかで全国順次公開予定

長年連れ添いながらも、突如として離婚の危機を迎えた熟年夫婦を描いたヒューマンドラマで、自身の両親との実体験をもとに、ウィリアム・ニコルソンが脚本を執筆し、自ら監督も手がけた作品です。

アネット・ベニング、ビル・ナイというゴールデングローブ賞に輝く俳優たち、そしてジョシュ・オコナーといった実力派が紡ぎだす、ほろ苦くあたたかな再起の物語をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『幸せの答え合わせ』の作品情報

(C)Immersiverse Limited 2018

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【原題】
Hope Gap

【監督・脚本】
ウィリアム・ニコルソン

【製作総指揮】
ヒューゴ・ヘッペル、ニコラス・D・サンプソン、クリストス・マイケルズ、ギャビン・プールマン、アレックス・テイト、ノーマン・メリー、ピーター・ハンプデン

【撮影】
アンナ・バルデス・ハンクス

【編集】
ピア・ディ・キアウラ

【キャスト】
アネット・ベニング、ビル・ナイ、ジョシュ・オコナー、アイーシャ・ハート、ライアン・マッケン、サリー・ロジャース、スティーブン・ペイシー、ニコラス・バーンズ

【作品概要】
長年連れ添うも、突如として離婚の危機を迎えた熟年夫婦の姿を描くヒューマンドラマ。

妻グレース役をアカデミー賞およびゴールデングローブ賞で多数のノミネート歴を誇るアネット・ベニング、夫エドワード役をゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞などの賞に輝くビル・ナイがそれぞれ演じます。

グレースとエドワードの一人息子ジェイミー役には、テレビドラマシリーズ「ザ・クラウン」(2019~20)でチャールズ皇太子役を演じ、ゴールデングローブ賞を獲得したジョシュ・オコナーが務めます。

グラディエーター』(2000)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたウィリアム・ニコルソンが、自身の両親との実体験をもとに脚本を執筆し、自ら監督も手がけました。

映画『幸せの答え合わせ』のあらすじ

(C)Immersiverse Limited 2018

イギリス南部の海辺の町シーフォード。近くの崖下には「ホープ・ギャップ」と呼ばれる、美しい景色が散策する者たちの心を癒す入江が広がっています。

この町で暮らすグレースとエドワードは、もうすぐ結婚29年目を迎えようとしていました。

仕事を引退し、詩集の作成に時間を費やしていたグレースは、離れて暮らす一人息子ジェイミーが久しぶりに帰郷した週末のある日に、夫エドワードから「家を出て行く」と別れを告げられます。

その理由を聞いて耳を疑うグレースとジェイミー。

突然訪れた絶望と怒りに支配されるグレースと、彼女を支えるジェイミーも、自身の生き方や人間関係を見つめ直していくこととなります。

スポンサーリンク

映画『幸せの答え合わせ』の感想と評価

(C)Immersiverse Limited 2018

長年連れ添ってきて、傍目には円満な夫婦関係に見えていても、実はパートナーへの不満を貯め込んでいて、それがとあるきっかけで爆発し、離別してしまう。

高齢化社会となった日本においても、こうした“熟年離婚”への関心は高いようで、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(2011)、『家族はつらいよ』(2016)、『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』(2021)など、熟年夫婦のすれ違いをテーマにした映画が作られています。

本作『幸せの答え合わせ』もまた、家族の崩壊を迎えてしまう熟年夫婦を描いています。

(C)Immersiverse Limited 2018

イギリスの小さな町シーフォードで暮らすグレースは、ある日、約30年連れ添ってきた夫エドワードから別れを告げられます。

突如として離婚を突き付けられた者は、その理由に心当たりがなく困惑するというケースをよく耳にしますが、喜怒哀楽をあまり表に出さないエドワードに苛立ちを覚える関係ながら、根底では彼を愛していたグレースにとっても、まさに青天の霹靂。

その驚きは怒りに変わり、帰省していた息子ジェイミーにも当たり散らすほど、荒れ狂います。

監督と脚本を手がけたウィリアム・ニコルソンは、本作を「『逢びき』(1945)と『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1967)の中間に位置する映画」としています。

前者はお互いに家庭を持ちながら惹かれ合っていく男女のメロドラマ、後者は2組の冷め切った夫婦を赤裸々に綴る対話劇ですが、本作のグレースとエドワードもまた、愛憎入り混じった関係が描かれます。

『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1967)

アカデミー賞ノミネートの脚本家が自身の境遇をドラマ化

(C)Immersiverse Limited 2018

そもそも本作は、ニコルソンの実生活に基づいています。

両親が30年の結婚生活の末に離婚したことで、「家族」に対する見方が大きく変わったというニコルソンは、この個人的な体験をベースに脚本を執筆。

進めていくうちに、キーパーソンとしてグレースとエドワードの一人息子ジェイミーを据えました。

ジェイミーは、言うまでもなくニコルソン自身の投影です。

いくら分別のついた成人になっても、子どもにとって親は将来の指標となる。しかし、その親が熟年期で別れてしまったことで、「今まで自分を育ててくれた年月は偽りのものだったのか」と悩み、進むべき指標をも失います。

ニコルソンは語ります。「この映画は人間関係の中で、人々が背負う負担について、特に親が子供たちに知らず知らずのうちに背負わせているものについて描いている」。

エドワードに去られて気力を失ったグレースを支えつつ、ジェイミーもまた、これまで歩んできた人生を見直していきます。

まとめ

(C)Immersiverse Limited 2018

家族の別離という、一見重いテーマを含む本作『幸せの答え合わせ』。ですが、本質で描かれるのは人間の再起です。

失うものの代わりに、得るものもある――各々が抱えた喪失をバネに、3人の家族は、自身の人生を新たに歩んでいきます。

夫のまさかの離婚宣言から始まった、3人の“幸せの答え合わせ”とは?

本作を観れば、自分と親との関係を新しい観点から見ることができるでしょう。

映画『幸せの答え合わせ』は、2021年6月4日(金)より、キノシネマほかで全国順次公開予定



関連記事

ヒューマンドラマ映画

大杉漣映画『教誨師』ネタバレ感想。キャスト俳優として遺作の結末に込めた真意とは⁈

2018年2月21日に亡くなった名バイプレイヤー大杉漣の最初で最後のプロデュース作品にして最後の主演作となった映画『教誨師』。 先進国でどんどん廃止されてきている死刑制度。死刑制度を残している日本の司 …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

福山リョウコの人気コミックを『植物図鑑』の三木康一郎監督が映画化。 人気モデルの中条があやみが主演で、志尊淳と小関裕太がヒロインの運命を左右する現役高校生バンドマンを熱演しています。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドッグマン』あらすじと感想。実話を基に結末まで説得力のある人間関係の闇を活写!

映画『ドッグマン』は2019年8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショー! イタリアの片田舎で犬のトリミングサロンを営みながら、平穏に暮らしていたマルチェロ。しかし一方で彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』あらすじと感想レビュー。ロケ地である岩手花巻の“まちづくりの精神”

来るのかな?新幹線!花巻に!? 映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語』は、東北新幹線の新花巻駅設置を巡り、奮闘した花巻市民たちの14年間に渡る活動を描いた作品です。 当時の …

ヒューマンドラマ映画

火花ドラマと映画のキャスト比較!感想や評価も。劇場公開はいつ?

芥川賞を受賞した又吉直樹(ピース)の小説『火花』をドラマ化が大きな話題になりました。 それに引き続き、今度は人気若手俳優の菅田将暉と桐谷健太のダブル主演で映画化されることに注目が集まっています。 漫才 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学