Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

ガイ・ピアースが語る映画『ブリムストーン』の魅力。牧師とは何者か?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門選出された、“愛と暴力と信仰心”を巡る壮絶な年代記とは?

1月6日より公開中の映画『ブリムストーン』で、牧師を演じたガイ・ピアースによるインタビュー映像が配信されました。


(c) 2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

スポンサーリンク

1.映画『ブリムストーン』とは


(c) 2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films
本作のなかで過去に闇を抱えた美しき人妻を演じるのは、2001年の映画『I am Sam アイ・アム・サム』で天才子役として注目を浴び、その後もキャリアを積み重ねる女優ダコタ・ファニング。

そして彼女を恐怖に陥れる謎の男には、1998年に『L.A.コ ンフィデンシャル』や、2000年の『メメント』などで知られるオーストラリア出身の俳優ガイ・ピアースが扮し、強烈な存在感であなたを極限の緊張感へと誘います。

また次世代の美少女として脚光を浴びるエミリア・ジョーンズ、オランダの名女優カリス・ファン・ハウテンも出演。

さらにはグザヴィエ・ドラン監督の『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』の主演に大抜擢され注目の若手俳優キット・ハリントン、2017年の『ブレードランナー2049』で物語の鍵を握るアナ・ステリン博士を演じたカルラ・ユーリたちによる国際色豊かな豪華キャストが揃っています。

2.ガイ・ピアースが語る映画『ブリムストーン』の魅力

公開されたガイ・ピアースのインタビュー映像には、彼が演じた牧師の役柄について、「神は味方だと信じており、自らの卑劣な行為をすべて聖書にあてはめて正当化してしまう」と解説しています。

また、マルティン・コールホーヴェン監督の本作について、「リアルな暴力が描写されているが、彼自身の役柄こそが暴力そのものだ」と述べています。

このことは本作を観た際に、あなたを震え上がらせるだろう牧師の持つ暴力性に触れているので、映画を鑑賞する前に必見の映像です。

スポンサーリンク

3.映画『ブリムストーン』のあらすじ


(c) 2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす美しい女性・リズ。

ある事情で言葉を発することは出来ないものの、村では助産師として頼られる存在でした。

夫の連れ子である長男は少し反抗的だが、概ね幸せに暮らしていました。

しかしある日、村にやってきた一人の男の存在が、彼女の人生を一変させてしまいます。

男は鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師でした。

「汝の罪を罰しなければならない」そう告げられたリズの脳裏に壮絶な過去が甦るのです。

そして彼女は、家族に身の危険が迫っていることを伝えるのだが…。

果たしてリズの過去に秘められた“罪”とは。男は何者なのか?

やがて 彼女の家に撃ち込まれた一発の銃弾。それは愛と暴力と信仰心を巡る、恐るべき物語の始まりを告げる…。

まとめ


(c) 2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

本作は、先日発表された第30回ヨーロッパ映画賞にてヘア&メイキャップ・アーティスト賞を受賞するなど、世界的にも注目を集めている作品です。

オランダの名匠として知られるマルティン・コールホーヴェン監督が描いたのは、時代と信仰に翻弄された1人の女性の力強い生き様。

その役を演じたのは、映画『アメリカン・バーニング』、『ランナウェイズ』のダコタ・ファニングです。

リアルな暴力が描写されているが、彼自身の役柄こそが暴力そのものだ」と、インタビュー映像でガイ・ピアースが述べたように、時に目を背けたくなるような鮮烈な暴力描写。

しかし、そこで描かれた壮大な叙事詩のその先に、あなたが目にするのは希望か?それとも絶望か?

映画『ブリムストーン』は1月6日より現在公開中です。

今回はガイ・ピアースを中心にご紹介しました。

ぜひ、劇場でご覧ください。


©2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『許された子どもたち』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督が手掛ける子どものいじめを取り上げた問題作

映画『許された子どもたち』は2020年6月1日(月)よりユーロスペースほか全国ロードショー 映画『許された子どもたち』は、衝撃的なタイトルと内容により物議を醸した『先生を流産させる会』で長編デビューを …

ヒューマンドラマ映画

映画レイジー・ヘイジー・クレイジーあらすじとキャスト!公開日はいつ?

2015年に東京国際映画祭「アジアの未来」にて、アジア発の新進気鋭監督を発掘する部門で上映された『レイジー・ヘイジー・クレイジー』を紹介します。 エロ可愛いくって、それでいて繊細な乙女心を見せてくれる …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリムストーン』あらすじとキャスト!感想レビューも

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された、愛と暴力と信仰心を巡る壮絶な年代記、いよいよ日本公開! 映画『ブリムストーン』は、2018年1月6日(土)より新宿武蔵野館ほかで順次公開される主 …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじとキャスト紹介。【佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星】

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開! 別冊マーガレットで連載されていた少女漫画でありながら、男子目線で物語が展開されるという斬新なストーリーが話 …

ヒューマンドラマ映画

映画『新解釈・三國志』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。大泉洋と福田雄一監督で描く新解釈の歴史エンタテイメント

映画『新解釈・三國志』は、2020年12月11日(金)全国ロードショー。 コロナ禍での公開ながらヒットを記録した『今日から俺は!!劇場版』の福田雄一監督がオールスターキャストで描く「三國志」の物語。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学