Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2016/12/25
Update

映画『永い言い訳』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【本木雅弘主演作品】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

俳優・本木雅弘が、映画『おくりびと』から、7年ぶりに主演を果たした最新作『永い言い訳』。

彼がジャニーズの「シブがき隊」の元メンバーであった、アイドル経験を活かした演技と俳優としての飛躍が感じられる作品です。

監督は『ゆれる』『ディア・ドクター』など評価と話題作の多い、日本映画界の実力派と言われる西川美和監督の最新作。

今回は『永い言い訳』の主演を果たした本木雅弘の見どころが、いい訳をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『永い言い訳』の作品情報

【公開】
2016年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
西川美和

【キャスト】
本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、池松壮亮、黒木華、山田真歩、深津絵里、松岡依都美、岩井秀人、康すおん、戸次重幸、淵上泰史、ジジ・ぶぅ、小林勝也、木村多江、マキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島

【作品概要】
『夢売るふたり』の西川美和監督が、直木賞候補となったオリジナル書き下ろし小説を映画化したヒューマン・ドラマ。

主演の本木雅弘は、『日本のいちばん長い日』で、キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞、日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞、ブルーリボン賞 助演男優賞を獲得。その妻役を演じたのは、実力派女優の深津絵里は、『悪人』で、モントリオール世界映画祭女優賞、『岸辺の旅』で、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞」を獲得しています。

映画『永い言い訳』のあらすじとネタバレ

永い言い訳
(C)2016「永い言い訳」製作委員会

テレビのバラエティ番組から出演を求められるほどの人気作家の津村啓。本名は衣笠幸夫。

美容師の妻夏子との夫婦生活は20年を迎えます。冒頭、夏子は自宅で幸夫の髪を切っていますが、その会話からは2人の関係がすでに冷え切っていること、幸夫のひねくれた性格がにじみ出ています。

その後、夏子は、高校時代の友人と2人で山形にバス旅行に。翌朝、幸夫の元に一本の電話が…。

夏子を乗せたバスは途中吹雪に遭い、事故を起こし、車外に放り出された夏子は友人と共に冷たい湖で亡くなってしまったのです。その知らせを、幸夫は不倫相手と共に聞くのでした。

事故を起こしたバス会社の謝罪会見後、テレビ局からインタビューを受ける幸夫の前に、「幸夫くんだろ?」 握手を求めて泣き男が割って入ります。亡き妻と共に事故で亡くなたった同級生ゆきの夫陽一でした。

長距離トラックドライバーとして働く陽一は、小学六年生の真平と幼稚園に通う灯の2人の子供の父親。ゆきが亡くなった後、毎晩、留守番電話に残されたゆきの声を聴き、涙に暮れています。

一方、陽一一家は、ゆきを失ったことで、兄の真平が妹の灯の面倒を見ることになります。

中学校進学を目指す真平は、通塾を諦めなければならなくなりました。そこで、幸夫は塾のある週2日、真平に変わって灯の面倒をみることを申し出ます。

家事や子供に関心のなかった幸夫も、徐々に2人との生活にも慣れていきます。

事故から数ヶ月後、ドキュメンタリー番組の仕事で、幸夫は、妻夏子が事故死した現場にお参りに行くことになります。

前日、準備をしていたとき偶然、夏子スマホを手にします。事故後は電源がつかなかったが、電源が復活し幸夫は、メールの下書きに残された幸夫宛のメールを発見します。そこには、「もう愛していない。愛のひとかけらもない」と書かれていました。

以下、『永い言い訳』ネタバレ・結末の記載がございます。『永い言い訳』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

幸夫と陽一一家の交流は日を増すごとに親密担っていきます。夏休みには、4人で海に遊びに行きます。

浜辺で楽しそうに遊んでいる真平と灯の姿を見た陽一は、「やっと幸夫くんが来てくれたのに、何でナッちゃんいないんだろう」と呟きます。

4人は博物館の親子科学教室のワークショップに参加します。ワークショップ終了後、女性講師は、幸夫たちの元にやってきます。彼女は幸夫のファンで最近姉を失くしたらしく、先日のドキュメンタリー番組を観て勇気づけられたと言います。

しかし、幸夫は、淡白な対応。陽一と講師を残し席を離れます。

やがて、灯の6歳の誕生日パーティーがやって来ます。

陽一の家族の中に、女性講師の鏑木の姿もあります。陽一は、鏑木の両親が経営する施設で、灯を預かってもらうことを提案します。

灯の面倒をみる目的で陽一の家に通っていた幸夫。施設に預かってもらうことになったら、幸夫の出番はありません。

おもしろくない幸夫は、灯や真平の気持ちも考えずに、散々暴言を吐くと部屋を出ていってしまいます。

追いかけてきた陽一に幸夫は

「俺はアンタと違うの。妻が死んだ時、他の女と夏子のベッドで不倫してました。俺は彼女が死んでも泣けなかったんだよ。」と言い放つのです。

次の日から幸夫は、放蕩生活を送るようになり、陽一一家の元には通わなくなってしまいます。

一方の陽一は、仕事の休憩中に携帯電話に残していた、大切な妻ゆきの留守電メッセージを消去します。

幸夫と陽一のこじれた関係のしわ寄せは全て真平が被り、結局、真平は塾に通えなくなります。

年末、仕事に追われる陽一は疲れ果てています。深夜に目覚めた陽一は、勉強への意欲をなくし遅くまでゲームに耽る真平と大喧嘩になります。

喧嘩の翌日、陽一は、居眠り運転で事故を起こしてしまいます。

事故の知らせは幸夫のもとに…。幸夫は、すぐ真平に電話を掛け、2人のもとに向かいます。

翌朝、真平と一緒に陽一のもとに向かいます。

電車の中で真平は、陽一と喧嘩したことを幸夫に話します。幸夫は「愛してくれる人を手放しちゃいけない。」と諭すのでした。

軽い怪我で済んだ陽一。再会した真平は、素直に謝ります。その姿を遠くから見守る幸夫。

幸夫は独り電車で帰る途中、夏子が亡くなってから初めて、涙を流すのでした。

東京に帰った幸夫は、この1年で伸びきった長い髪を、夏子の美容室で切ります。

一方の灯は、前髪を自分で切りそろえます…。

数か月後、「永い言い訳」が文学賞を受賞したパーティー会場。幸夫はみんなから祝福されます。

中学生になった真平。坊主頭に学ラン姿で灯を連れて登場し、陽一の代わりにお祝いのスピーチをします。

会場には、陽一とその横には鏑木も。

盛り上がったお祝いの席の中心では、陽一と真平が楽しそうに踊っているのを、幸夫は会場の隅に独りで眺めています。

そこに灯がやってきて、プレゼントを渡します。

夏の海辺で大宮陽一の一家に混じりながらと楽しそうな夏子の写真。

翌日、夏子の遺品を初めて整理し、ハサミを見つめ再生の決意する幸夫。

部屋に、灯から貰った写真が飾られています。

スポンサーリンク

映画『永い言い訳』の感想と評価

永い言い訳
(C)2016「永い言い訳」製作委員会

この作品は、西川美和監督らしい演出の冴えが随所に見られる作品です。

冒頭の作品タイトルでは、蛍光灯の明かりがつくような、ゆっくりとした点灯を見せたのも、衣笠幸夫の遅れて物事(愛)に気がつく気持ちを象徴しているのでしょう。

さしずめ、大宮陽一の素直な感情は単純ストレート。例えるな裸電球のようだと深読みすることが出来ます。

また、冒頭の幸夫の散髪をする夏子の関係性の緊張感から、バスが事故に至るまでは、類を見ない秀逸さ。

そこにいる深津絵里の美しさとその流れる時間、カメラワークの月へのパン・アップなど、感情描写と抽象化するメタファー(隠喩表現)は、日本映画界で随一の才能を持った西川美和監督ならといえるでしょう。

しかし、この作品の最大の魅力は、衣笠幸夫を演じた本木雅弘という俳優、もしくは本人そのものです。

今回、元アイドルであった本木雅弘が演じた衣笠幸夫は、何も知らない、何も出来ない人間が、新たなことを体感する”という、本木雅弘本人とパラドックスの構造の一端を見せています。

そこで物語の進行上で、竹原ピストルが演じた大宮陽一の感情の単純ストレートさは、衣笠幸夫の対比として存在をさせています。

だからこそ、衣笠幸夫の人物設定は、単純ではなく複雑でなければならない

感情に揺らぎを持たなくてはならない衣笠幸夫が、本木雅弘という俳優よりも単純な人物設定になってしまった、落とし穴にはまっているのではないか。

劇場公開パンフレットにはDVDが添付されており、その「幸夫について本木が知っている二、三の事柄」の特典映像には“衣笠幸夫”の興味深いインタビューが収録されています。

そこで西川監督は、ある女性記者から取材で受けた疑問…、“夏子の愛はない”というメールに怒りを感じた幸夫の不自然さを指摘されたことを本木雅弘に質問を投げかけます

本木雅弘は、端的に衣笠幸夫は単純な人間であり、そう簡単に人間は変われないと、はっきりと見透かして指摘をしてます。

西川監督が、映画スタッフではない第三者の女性記者からの言葉によって、設定の甘さに気が付き始めていた不安、ズバリ、人物設定に失敗を本木雅弘にも同じように烙印された瞬間です。

本木雅弘は、10代の頃から“見られる”、または、“見られるようにされ続けたアイドル”だったことで、演じることに日常的に慣れて長けていました。

その心の複雑さは、誰よりも深く、そう簡単なものではなかったようです。

よく、ジャニーズのアイドル(本木も含む)が出演する映画を、一括りに批判的な観客も多いようですが、自分はそれだけではないと常々感じることがあります。

本木雅弘という、かつてアイドルであった俳優は、その事実を雄弁に見せてくれてはいないでしょうか。

まとめ

永い言い訳
(C)2016「永い言い訳」製作委員会

西川監督が自身の投影している、ある意味で“私小説的な映画”『永い言い訳』は私たちファンにとって大切な作品

西川美和監督は、この作品の中で、新たな領域のチャレンジをたくさん行い、ある面ではファンを満足させてくれました。

しかし、「他人を踏み込ませられなかった、(客観視のやや足りなかった)愛すべき作品」

女性が女性の内面を描いた、見事なまでに繊細な作品。結果として、どこか観客の女性たちからは同性として疑問を抱いてしまう作品かもしれません。

それでもこれは見逃せない西川作品なのです。ぜひ、西川美和監督の現時点での西川ベスト作品を、ぜひご覧ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『マイ・ダディ』あらすじ感想と評価考察。ムロツヨシ映画初主演で決断を迫られる父親像を熱演!

映画『マイ・ダディ』は2021年9月23日(木・祝)より全国ロードショー! 「人生、愛があればうまくいくなんて誰が言った?」(宣伝パンフレットのコピーより) 愛する娘を救うべく、究極の選択に決断する父 …

ヒューマンドラマ映画

映画『妻の愛、娘の時』ネタバレあらすじと感想評価。シルビアチャンが描く三世代の“女性の愛のカタチ”

夫婦・親子・家族の「愛」について綴る映画『妻の愛、娘の時』 映画『妻の愛、娘の時』は、代表作『恋人たちの食卓』など、香港・台湾映画で数多くの作品に出演する女優シルビア・チャンが監督、脚本、出演をし、ア …

ヒューマンドラマ映画

映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』あらすじと感想レビュー。グザヴィエドランの実話が俳優の“母子の物語”へ

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は2020年3月13日より公開。 カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『たかが世界の終わり』(2016)から4年。 グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァン …

ヒューマンドラマ映画

映画『サバハ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。殺人事件の真相を暴く牧師が新興宗教の裏を追う!

殺人事件の真相を暴く牧師の奮闘記『サバハ』! 韓国映画『サバハ』は、キリスト教から仏教まで古典的かつ広義な宗教構造を要素に含むオカルト・ミステリー。 ある新興宗教の設立経緯とその背景、そして関連する殺 …

ヒューマンドラマ映画

映画『結婚演出家』あらすじと感想レビュー。マルコ・ベロッキオ監督とは

日本未公開作品や「イタリア映画祭」で上映された人気作品を紹介する特集上映「Viva! イタリア」。 その第4弾が、6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで始まります。 本稿では傑作三 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学