Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/10/14
Update

日本映画『鉄道員』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。高倉健・志村けん共演の“ぽっぽや”の奇跡の物語

  • Writer :
  • 山田あゆみ

名優・高倉健が演じる、
孤独な鉄道員(ぽっぽや)のもとに訪れた「奇跡」とは?

作家・浅田次郎が直木賞を受賞した短編小説を映画化した『鉄道員(ぽっぽや)』。

鉄道員として鉄道一筋で生き続け、定年を間近に控えた孤独な男が、年の瀬のある日に体験する不思議な出来事を描いたヒューマンドラマです。

高倉健が主演を務め、大竹しのぶ、小林稔侍、吉岡秀隆、広末涼子、志村けんら豪華面々が出演しています。

また監督を『駅 STATION』(1981)、『夜叉』(1985)、『ホタル』(2001)など数々の名作を手がけた降旗康男が務めています。

スポンサーリンク

映画『鉄道員(ぽっぽや)』の作品情報


(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

【公開】
1999年(日本映画)

【原作】
浅田次郎『鉄道員』

【監督】
降旗康男

【脚本】
岩間芳樹、降旗康男

【キャスト】
高倉健、大竹しのぶ、広末涼子、吉岡秀隆、安藤政信、平田満、中本賢、板東英二、本田博太郎、石橋蓮司、志村けん、奈良岡朋子、田中好子、小林稔侍

【作品概要】
日本を代表する名優・高倉健が主演を務め、第23回日本アカデミー賞にて、最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞。さらに最優秀主演男優賞を高倉健、最優秀主演女優賞を大竹しのぶ、最優秀助演男優賞を小林稔侍がそれぞれ受賞し、2000年の日本アカデミー賞をほぼ総なめにしました。

また志村けんが炭鉱員役として出演しており、本作は彼が「志村けん」名義で出演した唯一の実写映画作品としても知られています。

主題歌は、作曲を坂本龍一、作詞を奥田民生、編曲を国吉良一という豪華な面々が集結し、坂本隆一と矢野顕子の娘である坂本美雨が歌唱を務めています。

映画『鉄道員(ぽっぽや)』あらすじとネタバレ


(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

北海道のローカル線「幌舞線」の終点・幌舞駅で駅長を務める佐藤乙松(高倉健)は、今年で定年を迎えます。

同期の杉浦仙次(小林稔侍)、鉄道会社に勤務するその息子・杉浦秀男(吉岡秀隆)は乙松の定年後について案じますが、本人は鉄道員以外やらないと心に決めていたのでした。

ホームの雪かきをする乙松は、もうすぐ1年生になると話す少女と出会います。そして人形を乙松に見せると、少女はどこかへと行ってしまいました。

幌舞線は乗客がほぼおらず、廃線が予定されていました。

鉄道員(ぽっぽや)一筋で生きてきた乙松は、仕事優先で妻の静枝(大竹しのぶ)の死に目にも立ち会うことができませんでした。亡くなる前の静枝は、病床で夫・乙松について「どこまでも、ぽっぽや」とつぶやいていました。

駅舎に戻ると、先日の少女が持っていた人形が置いてありました。

正月なので、おせちを持ってきた仙次と新年の挨拶を交わす乙松。仙次はリゾートホテルに定年後の行き先を決めていたので、乙松にも一緒に行かないかと誘ったものの、鉄道のことしか分からないのだと乙松は断るのでした。

持病持ちの乙松の後生を案じる仙次でしたが、乙松は取り合いません。

仙次は乙松の娘の出産時にも、自身の妻・明子とともに付き添った仲でした。その出産直後、静枝は「ぽっぽやになれないね」と口にしますが、乙松は娘の名前を「雪子」にしようとただ答えました。

しかし生後間もなく、幼い娘の雪子は風邪をこじらせて死んでしまいました。やはり仕事で病院に付き添えず、駅舎で知らせを受けた乙松は、雪子の亡骸とともに電車で戻ってきた静枝に責められました。

鉄道員として生きてきた、自身の人生について回顧する乙松。その時「もうすぐ中学生になる」という少女が、例の人形を忘れたからと言って取りにやってきました。

トイレに連れて行った後、あたたかい飲み物をあげた乙松。その少女にキスされて驚いているうちに「また明日も来るね」と言って去っていきました。

例の人形は、かつて雪子が生まれたばかりのころ、お祝いに乙松が店で買ってあげた人形によく似ていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『鉄道員(ぽっぽや)』ネタバレ・結末の記載がございます。『鉄道員(ぽっぽや)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

過去の話。筑豊から北海道の炭鉱へやってきた臨時の炭鉱員・吉岡肇(志村けん)が、だるま食堂で村の労働員の炭鉱員たちともみ合いになっていました。

妻と別れ、まだ幼い息子の敏行と2人暮らしする吉岡をかばった乙松と仙次。すっかりよっぱらった吉岡を、彼の家まで送り届けたのでした。

後日、炭鉱での事故によって男は死んでしまい、ひとりきりになってしまった炭鉱員の息子の敏行。静枝は自分の子として育てたがりましたが、体調の不安があったので、泣く泣く諦めて、だるま食堂で育ててもらうようにお願いしたのでした。

現在。大人になった敏行(安藤政信)は、イタリア・ボローニャでのイタリア料理修行を経て、幌舞の町で店を開こうとしていました。そしてその店に、イタリア語で「機関車」という意味を持つ「ロコモティーバ」という名をつけました。

乙松と仙次は、墓参りに行きます。そこで仙次は、乙松がすでに墓石へ自分の名前を刻んでいることに気付きました。

仙次の息子である秀男と電話で話す乙松。秀男は幌舞線の廃止が早まったことを伝える一方で、鉄道員として自身の心を支えてくれた乙松に、心からの感謝を伝えます。

かつて結婚してから17年経ち、静枝が妊娠したことを列車そばで告げに来たことを乙松は思い出しました。そして抱き合い喜び合うふたりを、鹿の一家が見ていたことも。

駅舎に戻ると、1人の女子高校生(広末涼子)が待っていました。先日来た幼い少女と中学生のさらに年上の姉で、村に住むよしえの娘だと思った乙松は、おしるこをふるまいます。

その女子高校生は鉄道クラブに入っていて、鉄道が大好きだと話します。乙松は彼女のために、昔の鉄道の設備など駅舎に保管されている貴重な品々を見せてあげました。

やがて、昔のアルバムを眺め始める少女。乙松は生前の雪子の写真を見ながら、後悔している思いを吐露します。また幌舞線の廃止について、少女から「楽しかった思い出が残る」と言われて感慨にふけります。

静枝が着ていたベストを少女に着せて、仕事に出かけた乙松。そして、最後に静枝を乗せた列車を見送った時……病院への入院が決まった静枝を見送った時のことを思い出していました。

駅舎に帰ると、例の少女が夕飯を用意して待っていました。彼女が準備した鍋を食べ、ビールを飲みながら感激する乙松。好き勝手なことをしてきて、妻も子どもも亡くしたのにみんなが優しくしてくれることに感謝していると話します。

ところが、そこに一本の電話がかかってきたことで、三姉妹だと思っていた少女たちは村に住むよしえの娘たちではなく、死んだはずの自分の娘・雪子だったことを乙松は知ります。

怖がらせるから黙っていたという雪子。乙松は、「娘の成長した姿」を見せるために雪子が自分のもとに来てくれたこと、そして例の人形も、雪子を葬る際に棺桶へ入れた人形であったことを悟ります。

雪子が死んだ時、そばにいてやれなかったことを謝り続ける乙松に、雪子は「ぽっぽやだからしかたない」と答え、「ありがとう、お父さん」「雪子は幸せだよ」と伝えます。そして人形とともに、どこかへと消えてしまいました。

乙松はいつものように、日誌へ「異常なし」と記入しました。

雪が降り続ける翌日、ホームで倒れて亡くなっているところを発見された乙松は、仙次や秀男、敏行らに丁重に送り出されます。

列車の運転席に乗せられた、乙松の眠る棺。その列車の運転をすることにした仙次は、「俺と乙さんとで、このポンコツに引導を渡してやるべ」と、乙松が生前被ってきた帽子に語りかけます。

走り出した幌舞線の列車。仙次が目に涙を浮かべる中、列車は進みます。

スポンサーリンク

映画『鉄道員(ぽっぽや)』の感想と評価


(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

鉄道一筋の男の生き様を描き、その不器用でまっすぐな姿に古き日本の美徳を感じる作品でした。

真っ白な雪景色の中に鉄道員姿で佇む高倉健の姿は、まぎれもなく日本が誇る名優だと感じました。

巧みな構成がもたらす感動

本作は、定年間近の鉄道員の男が不思議な出来ごとに遭遇する中で、過去に思いを巡らせる構成になっています。この時間軸の構成の巧みさが、観る者に感動を呼び起こすのです。

はじめの回想の場面は、娘の雪子の墓前で妻の静枝らが泣き崩れる場面。その次は、静枝の死に際に立ち会えなかった乙松が病院で、仙次の妻に責められるも仕事に私情は持ち込めないのだと言いながら涙を流す場面です。

そのあまりに悲しいふたつの場面は、乙松の記憶に深く刻まれている苦しく悲しい思い出です。

その後、乙松が娘のために人形を買いに行った場面、炭鉱員・吉岡の息子・敏行との出会いなど、乙松の記憶に残る家族や大切な人との思い出が順に描かれます。

特に印象的なのは、静枝が乙松に妊娠を告げた場面です。17年かけてようやく子どもを授かることができた喜びと、その裏にあるそれまでの苦悩が現れる場面でした。

どのような思いで静枝が乙松を愛し支えていたのか、子どもをいかに待望していたのかがこの場面で分かるので、もう戻ってこない妻と子への悲しみがなおさら胸に押し寄せるのです。

そして、本作における最後の「回想」の場面として描かれるのは、病気により入院が決まった静枝が乗る列車を、乙松が鉄道員として送り出した場面。そのまま亡くなってしまった妻に会いたい思い、がここで表現されているように見てとれます。

最後にみた「夢」

本作における「死んだはずの娘が『自身の成長』を見せるために大きくなって帰ってくる」という物語。孤独な男に訪れた奇跡ともいえますが、これらの不思議な出来事は乙松が見た夢だと捉えることも可能です。

雪子が2度目に現れた時、直前まで仙次と酒を飲んですごしていた乙松は、傍らで熟睡する仙次と一緒に眠ってしまっていたとも考えられるからです。

高校生にまで成長した雪子と話す場面では、ホームで倒れ帰らぬ人となった乙松が最後に見た夢だとも考えられます。

また、高校生の姿で現れた雪子が鉄道マニアだったのも、幼くして亡くなった娘にも自分と同じように鉄道を愛していてほしかったという乙松の願いが、夢の中で現れた結果ととることもできるでしょう。

しかし、その出来事が現実と夢のどちらであったとしても、鉄道に人生を捧げた男の信念と情熱そして孤独を癒す、あたたかな物語に変わりありません。

まとめ


(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会

高倉健の鉄道員姿が、その佇まいだけでも「画」になることは、本作を観た誰もが感じとったはずです。不器用ながら鉄道と家族を愛するまっすぐな男を、彼以外は考えられない演技で魅せていました。

それと同様に、高倉健演じる乙松の妻・静枝役の大竹しのぶの計り知れない演技力と存在感を感じさせる作品でもありました。

17年かかってようやく子どもを授かり、それまでの苦悩と喜びを乙松と分かち合う場面は圧巻の一言につきます。涙と笑顔がまざり、不器用な乙松に唯一強気で物を言える愛らしい妻として、素晴らしい存在感を放っていました。

さらに同僚の仙次役を務めた小林稔侍や、その息子を演じた吉岡秀隆、広末涼子ら豪華面々の演技にも注目して観てみてはいかかでしょうか。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの長谷川弦役は岩谷翔吾。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『こはく』あらすじネタバレと感想。キャストの演技に横尾初喜監督の半自伝的ストーリーが温かく滲み出ている

「人は孤独とよ」。 母の言葉に込められた真実とは。 長崎の町を舞台に、幼い頃別れた父を探して歩く兄弟の物語。 映画『ゆらり』で長編監督デビューを果たした横尾初喜が、自らの半自伝的なストーリーを作り上げ …

ヒューマンドラマ映画

映画『パブリック 図書館の奇跡』ネタバレ感想と考察評価。結末までのあらすじで“民主主義の象徴”である図書館を占拠したホームレスたち

“命の避難所”となった公共図書館で展開するハートフルドラマ エミリオ・エステベス監督&主演で贈る、格差社会とフェイクニュースへの問題提起。 映画『パブリック 図書館の奇跡』が、2020年7月17日(金 …

ヒューマンドラマ映画

映画『弱虫ペダル』ネタバレあらすじと感想。キンプリ・永瀬廉が過酷なロードレースに挑むスポーツ青春ドラマ

人気コミックを映画した『弱虫ペダル』。千葉からママチャリで毎週のようにアキバに通い続ける高校生がロードレースと出会い、自身を深め、仲間との絆を強めていく物語です。 映画『弱虫ペダル』は、2020年8月 …

ヒューマンドラマ映画

映画『僕のワンダフルジャーニー』あらすじネタバレと感想。愛犬のみならず動物を愛する全ての人に捧ぐ

映画『僕のワンダフルジャーニー』の日本公開は2019年9月13日より劇場にて! 『僕のワンダフルジャーニー』は、世界中で大ヒットした『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の続編です。 相棒のイーサンか …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学