Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

A24映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』あらすじネタバレと感想。タルボットとフェイルズからの地元へのラブストーリー

  • Writer :
  • 奈香じゅん

A24映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』をいち早く紹介!

映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Francisco)』は、サンフランシスコ出身のジミー・フェイルズと幼友達ジョー・タルボットが制作したフェイルズの自伝的ストーリー。

急激に変貌を遂げた地元サンフランシスコへの郷愁溢れる地元愛を描いています。

プランBエンターテイメントとA24がタッグを組み、アメリカで反響を読んだ作品。

スポンサーリンク

映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Francisco)』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Last Black Man in San Fancisco

【監督】
ジョー・タルボット

【キャスト】
ジミー・フェイルズ、ジョナサン・メジャース、ダニー・グローヴァ―、ティチーナ・アーノルド、ロブ・モーガン

【作品概要】
監督を務めたジョー・タルボットは、友人ジミー・フェイルズの個人的物語を映画化しようと計画。当時サンフランシスコに在住し『ムーンライト』(2017)の撮影前だったバリー・ジェンキンスから執筆した脚本の草案に対するアドバイスを貰います。

短編映画『American Paradaice』を製作しサンダンス映画祭へ出品した際、プランBエンターテイメントが着目。

『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題 The Last Black Man in San Francisco )』は、2019年サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞を受賞。

映画『『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Francisco)』のあらすじとネタバレ

ジミー・フェイルズは、親友・モンゴメリー(モント)の家に居候中。子供時代にジミーが家族と住んだフィルモア地区に在る家へ、モントと一緒に訪れます。そこは、以前「西のハーレム」と呼ばれる黒人の居住区でした。

門からヴィクトリア様式の建物を見つめ、住人が居ないことを確かめながら、ジミーは、モントに見張りを頼んで敷地内へ入っていきます。

外から窓枠のペンキを塗り直していると、白人の住人が帰宅。妻は、自分の家を修復するのをいい加減にやめて欲しいと怒ります。

ジミーは、もう少しで終わると言いますが、女性は警察を呼ぶとかんかん。一緒に居た夫は、警察など呼ばないと妻をなだめ穏便に済ませようとします。

女性が買って来た食料品を投げつけ、すぐ敷地から出ろと怒鳴り、ジミーはようやくペンキ塗りを中断。

見張りを怠ったモントに文句を言いながら、ジミーは退散。2人は一向に来ないバスを諦め、ジミーのスケートボードに二人乗りして坂道を利用しながらモントの家へ戻ります。

モントは、汚れた海水が溜まる船着き場で、以前から続けていた戯曲を書き進めます。

ある日、ジミーとモントが再びフィルモア地区の家へ行くと、引っ越し業者のトラックが駐車しています。

業者の話では、住人の母親が亡くなり、家の所有権を巡り姉妹間で紛争中だと言います。

ジミーとモントは地元の不動産屋を訪問。決着するまでに何年も要し、その間家は無人になってしまうと聞かされます。

ジミーは、チャンスとばかりに生まれ育った家へ忍び込みます。はしゃいで階段を駆け上がり、つまずいて転倒。

怪我をした口から血を流すジミーの表情は感無量。そこへ、人を引きつれて通り掛かった男性が、建築された家の沿革を説明しているのをジミーは聞きつけます。

男性は、1850年代に建てられたと言いますが、ジミーは、1940年代に自分の祖父が建てたと割って入ります。

時代が違うと言い返す男性に対し、ジミーは、祖父が世界第二次世界大戦中に移り住んで土地を購入。窓やバルコニー、そして、とんがり屋根も全部祖父が建築したと説明します。

屋根裏に上がり、床に寝そべって宙を見つめると、ジミーの目にはとんがり屋根の中心を通し、太陽の光が見えます。

暖炉の火にあたりながら、モントはジミーに美しい家だと感嘆の言葉を漏らします。

ジミーはモントを連れて郊外に住む伯母のワンダを訪問。サンフランシスコ市内に部屋を借りたと作り話をしたジミーは、以前父親と一緒に住んでいた時に使っていた家具をまだ保存しているか尋ねます。

ワンダから家具一式を譲り受け、従弟のトラックでフィルモアへ運んでもらい、家へ運び込みます。夜になり、ジミーは、犬を散歩させる隣人に引っ越しの挨拶。

ジミーに広い家を使って芝居をやれと言われたモントは、その気になり自宅近くでいつもたむろしているグループに声を掛け、自分が書いた戯曲のリハーサルを始めます。

ある晩、モントは、そのグループの1人で友人のコフィをフィルモアの家へ招きます。

家について尋ねたコフィに、モントは、サンフランシスコへ来た最初の黒人と異名を持つジミーの祖父が建てたと説明。

ジミーは、ニューオリンズから移って来た祖父の前は、開戦後に強制収容所へ連行された日本人が住んでいた土地だと補足。

コフィは、自分にもそんな祖父が居ればと羨ましそうにコメント。

しかし、翌日、モントの祖父の家から本格的に荷物を運び出すジミーとモントに対し、コフィは辛辣な言葉を浴びせます。

ジミーとモントがフィルモアの家へ帰ると、そこには元住人の女性が来ていました。鍵を換えられて入れないと階段に座って女性が嘆きます。

以下、『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題 The Last Black Man in San Francisco )』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題 The Last Black Man in San Francisco )』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

女性は、いつも家を訪れていたジミーを疑わず、こんな街にジミーが何で居るのかと自分の悔しさを口にします。

彼女の目の前で家の中へ入るわけにもいかないジミーとモントは、仕方なくその場を後にします。

モントの家へ戻ると、喧嘩で撃たれコフィが死んだと聞き、ジミーはショックを受けます。

モントの祖父は、2人が家を空けていたことに関して咎めず、お互い協力して生きるよう助言。

コフィの為に戯曲を書いていたと話すモントに、ジミーは続けるよう励まします。

翌日、2人がフィルモアの家へ戻ると、外の歩道に家具が全て運び出されています。

以前訪ねた不動産屋の写真が印刷された“売り家”のポスターが門に貼られていました。

ジミーは銀行を訪ね、家を購入する住宅ローンの相談をします。価格がおよそ4百万ドルで必要な頭金は20パーセントと銀行員が提示。

ジミーは、自分が若い黒人で貧しいと思うだろうが、どんな高い利息でも構わない、必ず全額返済すると訴えますが、銀行員は渋い顔。

モントは不動産屋を再び訪れ、事実とは異なる家の過剰広告を指摘し、建築年は100年後の1946年だと抗議。

しかし、モントは、登記書を取り出した不動産屋から、1800年代に建築家が建てた家で、ジミーの家族は90年代に所有権を失っていたことを聞かされます。

家に戻ると、ジミーは家具を1人で家の中へ戻していました。1週間で家から出て行かなければ警察へ通報されるとモントは忠告しますが、ジミーは、この家以外自分の居場所は無いと答えます。

モントは涙を目に溜め、以前の様に自分の祖父の家へ来ればよいと言葉を掛けますが、ジミーは、ここが自分の家であり、闘うと言います。

モントは『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』というタイトルの戯曲を書き上げ、ジミーは舞台を告知したチラシ配ります。

お披露目の当日、ジミーの父親がスーツを着て家へ来ます。知人や近所にチラシを配った甲斐が有り、屋根裏のスペースに用意した椅子が埋まります。

モントは、コフィを悼む1人芝居を演じます。終了後、コフィについて観客に1言頼みます。

名前を呼ばれたジミーは、コフィに最後言われた言葉に傷ついたものの、グループホームで一緒に暮らしていた頃、虐めから守ってくれたことを明かします。

「人は一側面だけじゃない」ジミーはそう締めくくります。感情が高ぶるモントは、この家がジミーの祖父が建てたものではないと公表。

解散後、ジミーは自分も気づいていたと明かし、父親に真実を話して欲しいと頼みますが、父親は答えずに出て行きます。

舞台を見に来たワンダに、ジミーは、あまりに長い間祖父がこの家を建てたと人に話して来た為、いつしか嘘だということを忘れていたとこぼします。

一度は所有し住んだこの家を思うと、自分が特別だったような気がするとワンダはジミーの気持ちを理解します。

この家に居たいと返すジミーに対し、ワンダは、ジミーが本気で取り組めば家を自分の物にできると思うと前置きし、「街を出ても、あんたの負けじゃなく、サンフランシスコの負けなのよ」と言葉を掛けます。

翌日、いつものように船着き場に居るモントの所へ来たジミー。モントが悪かったと謝ると、ジミーは、本当のことを言わずにいたことを謝罪。嘘が事実であって欲しかったと本音を話します。

2人はモントの祖父の家へ戻り、以前の様にテレビを見て夜を過ごします。
しかし、翌朝、モントは、別れを告げない謝罪と、親友で居てくれたモントへの感謝を綴ったジミーの置き手紙を見つけます。

ジミーが恋しいモントは、オープンハウスとなって解放されたフィルモアの家へ足を踏み入れ、一緒に過ごした空間を見つめます。

船着き場で立ち尽くすモント。その彼方には、小舟に乗りオールを漕ぎながらゴールデンゲートブリッジから離れて行くジミーの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Francisco)』の感想と評価

アメリカのあちこちで進むジェントリフィケーション。2019年に公開された『ブラインドスポッティング』でも、カリフォルニア州オークランドに押し寄せる再開発を取り上げています。

代々住んだ家を失った上、急激に進む街の再編で低所得者層の黒人住民が一定の地区へ追いやられる現状が各地で起こり、以前の面影さえ残らない街の変貌を目の当たりにする地元住民は危機感を抱いています

ネットワーク機器世界最大手のシスコシステムやグーグル等巨大企業が本拠地を構えるサンフランシスコ。

街には白人の高所得者が増加し、土地価格は上昇。以前はハーレムと呼ばれたサンフランシスコのフィルモア地区に白人が流入し、長く居住していた黒人は移らざるを得ませんでした。

しかし、『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』が物語るのは、人種間の摩擦ではなく、サンフランシスコに生まれ育ったジミー・フェイルズの街に対する地元愛

本作の主人公・ジミーは、以前家族で暮らした家を保存したいが為に、現在の住人に隠れてペンキを塗って修繕します。

激変した街に自分の居場所を失ったジミーのささやかな抵抗であり、過去の思い出を失うことは、自分のアイデンティティを失うことと同じなのだと本作は物語ります。

劇中、サンフランシスコに幻滅して去っていった若い女性2人とジミーがバスの中で会話をする場面があります。

街を死んでいると揶揄し、大嫌いだと言う女性に、ジミーは、「憎むのは愛情があればこそ」と指摘。何も保全せず壊すだけの都市開発は住民の心を傷つけていることを描写しています。

主人公ジミー・フェイルズを演じるのは、ジミー・フェイルズ本人で、彼の個人的なストーリーを基に10代からの友人であり本作の監督を務めたジョー・タルボットが脚本を共同執筆

2人とモントの祖父を演じたダニー・グローヴァ―も皆サンフランシスコ出身。

タルボットとフェイルズは、5年掛けて、ようやく『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』の製作に漕ぎ着けました。

転機は、2017年に製作した短編映画『American Paradise』。サンダンス映画祭に出品後話題になり、ブラッド・ピットが代表を務め数々の良作を世に送り出した映画製作会社プランBエンターテイメントの目に留まります

『アド・アストラ』(2019)の撮影現場へ招かれたタルボットは、同社のジェレミー・クライナーから正式に本作の製作を了承されたと経緯を明かしています。

撮影終了から1年経過後、ロケに使った場所もすっかり様変わりしたと肩を落とす2人。

『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』は、オペラのアリアを美しい声で歌うホームレスの男性や色鮮やかなグラフィティ等、芸術性溢れる街の側面も捉え、タルボットとフェイルズが愛してやまないサンフランシスコを納めています

まとめ


by Laila Bahman (C)A24

本作の監督ジョー・タルボットと主人公ジミーを演じたジミー・フェイルズは、サンフランシスコで“おしゃれ”な場所として知られるミッション/バーナル地区出身。

『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』は、再開発で過去の姿を失った地元へのラブストーリーです。

たくさんの思い出が詰まった家をそのまま保存したい」自分の存在まで否定されるような脅威を感じたジミーの姿は、ジェントリフィケーションに疑問を持つ多くの観客から反響を呼んでいます。

故郷の古き良き姿を保全する必要性を訴えるドラマ映画

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Eggs 選ばれたい私たち』感想評価と解説レビュー。エッグドナーを志願した女性たちの“等身大の悩み”

映画『Eggs 選ばれたい私たち』は2021年4月2日(金)よりテアトル新宿、 4月9日(金)よりテアトル梅田ほかにて全国順次公開。 子供のいない夫婦に卵子を提供するエッグドナー(卵子提供者)に志願し …

ヒューマンドラマ映画

映画『チィファの手紙』感想と考察評価。岩井俊二監督が中国で『ラストレター』のもうひとつの物語を描く

岩井俊二監督初の中国映画『チィファの手紙』は2020年9月11日(金)より全国ロードショー予定。 『スワロウテイル』『花とアリス』の岩井俊二監督。彼の初長編映画作品である『Love Letter』(1 …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界でいちばん長い写真』あらすじとキャスト。上映される劇場情報も

映画『世界でいちばん長い写真』は、2018年6月23日(土)より、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ全国順次ロードショー。 『ストロベリーナイト』や『プラージュ』など数々の作品が映像化される作家・誉田哲 …

ヒューマンドラマ映画

映画『星に語りて』あらすじ感想評価と解説レビュー。障害者支援の視点で東日本大震災の知られざる実像を探る

被災地で障害者が消えた!? 東日本大震災から10年。私たちは、その理由を知る。 障害のある人たちが地域で働く・活動する・生活することを応援する全国組織「きょうされん」が、結成40周年を記念して製作した …

ヒューマンドラマ映画

映画『人間失格(2019)』あらすじネタバレと感想【太宰治と三人の女たち】で蜷川実花が破滅的な最期を映像化

映画『人間失格 太宰治と三人の女たち』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 『ヘルタースケルター』『Diner ダイナー』の蜷川実花監督が小栗旬を主演に迎え、大作家・太宰治の最期の瞬 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学