Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの渕上晋(しん)役は戸次重幸。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。

監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。

脚本を『機動警察パトレイバー』の伊藤和典、『亡国のイージス』の長谷川康夫が担当。

企画に『ローレライ』『亡国のイージス』で知られる作家・福井晴敏が携わっています。

主演は人気実力派俳優である西島秀俊。佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼など豪華俳優が共演することが発表されています。

この記事では、渕上晋(ふちがみ しん)役を演じる戸次重幸(とつぎ しげゆき)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ『空母いぶき』(小学館)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

名優・西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演します。

ほかにも佐藤浩市はじめ、本田翼、藤竜也、玉木宏、市原隼人ら豪華な顔ぶれの出演が決定しています。

監督は、『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗。

映画『空母いぶき』のあらすじ


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

世界が再び「空母の時代」へと突入している20XX年。

日本の最南端沖で、国籍不明の軍事勢力による突然の発砲があり、日本領土の一部が占領されて海保隊員が拘束されました。

緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本はいまだかつて経験したことのない一日を迎えようとしていました。

「いぶき」艦長の秋津竜太は、元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴の持ち主。軍人として武力行使や命がけの任務もいとわない人物です。

一方、副艦長兼航海長に選ばれた新波歳也は、専守防衛・人命第一での行動に誇りを持つ男。

新波は秋津の方針に違和感を覚えながらも、彼の努力や能力を認め、共に任務に励みますが…。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』渕上晋(ふちがみ しん)役は戸次重幸(とつぎ しげゆき)

参考映像:『ホコリと幻想』(2015)

参考映像:『昼のセント酒』(2016)

映画『空母いぶき』で渕上晋(ふちがみ しん)役を演じる戸次重幸(とつぎ しげゆき)は1973年11月7日生まれ。北海道出身。CREATIVE OFFICE CUE所属。

大泉洋、安田顕らの所属する演劇ユニットTEAM NACSのメンバーです。妻は女優の市川由衣。

大学浪人時代に、テレビでイッセー尾形の一人芝居『タクシーを待つ人』に魅せられ、役者の道を決意。

大学で演劇研究会に入り、舞台活動を開始。そこで大泉洋たちと出会い、1回限りのユニットとしてTEAM NACSを結成しました。

卒業後上京予定だったものの、留年中に再結成されたTEAM NACSが大きくなってしまい、ローカルタレントをしながらメンバーとして活動を続けることとなりました。

1994-2002年には、大泉らが所属していた劇団イナダ久実に在籍。リポーター出演などをしていました。

2000年にCREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動も並行して行います。

2006年に亡くした母への思いから、2008年より現在の芸名で活動。本来は「戸次」は「べっき」と読みますが、覚えやすくするために「とつぎ」と読ませています。

2015年『ホコリと幻想』で映画初主演。

2016年にドラマ『昼のセント酒』に主演。毎回銭湯シーンで全裸を披露しています。

ほかドラマ『チーム・バチスタ2』『グッド・ドクター』、映画『相棒シリーズ X DAY』『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』など、数多くの作品に出演。

ガンダムシリーズやカメラ、エアガンなどに造形深く、マニアとして知られています。

映画『空母いぶき』渕上晋(ふちがみ しん)はどんな役?

渕上晋(ふちがみ しん)は第92飛行群群司令。

日本領海域で自衛隊の潜水艦では手が回らず、数で圧倒されている状況を問題視していますが、その分練度を上げるしかないと割り切っています。

戸次重幸自身は、今回の作品で豪華キャストに混ざって自分も演じられることに至上の喜びをかんじているとコメント。

平和とは何かを考えるきっかけとなり、一瞬一瞬を必死に生き抜く姿を見せることで観客に感動を与えられると信じていると話しています。

スポンサーリンク

戸次重幸(とつぎ しげゆき)の演技力の評価は

大人気演劇ユニットに所属する戸次重幸。確かな演技力を持ち、今やオファーの絶えない俳優となっています。

2018年には、同じTEAM NACSメンバーである安田顕と、大人気ドラマ『下町ロケット』で共演し、大きな話題となりました。

親しい俳優たちと互いに切磋琢磨することで、実力を磨いてきたと言えます。

当たり役は2016年放送のドラマ『昼のセント酒』。全裸シーン満載のクスリと笑える作品。

ついつい外回り中に仕事をさぼって銭湯に入ってしまう、ダメサラリーマン役を飄々と演じて、好評を得ました。

打って変わって、2019年には『谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE』の1作『神と人との間』では、サディストの男の役を演じています。

妻をどなりつけたと思ったら、すがるように謝るなど、感情表現のふり幅大きい役。自身とは対照的な性格を、想像して作り上げることは役者の醍醐味だと充実感を持って語っています。

結婚してから180度変わったと語る戸次。厳しい世界にいるので、続けていくためには気を引き締めていかないといけないと気合が入っているそうです。

ひとつの作品が終わった時の達成感は得難い体験。役者はそれがあるからこそ続けられるとも語っています。

戸次重幸(とつぎ しげゆき)の公式SNSの紹介

残念ながら戸次重幸(とつぎ しげゆき)の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

国民の命と平和を守るために戦う者たちの姿を描いた、クライシス超大作『空母いぶき』。日本がかつて経験したことのない24時間を描き切っています。

出演は西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、玉木宏、高嶋政宏ら豪華な実力派俳優陣。

『ホワイトアウト』など大作映画を手がけてきた若松節朗監督が、「未来の命に平和な世界を」をコンセプトに、平和や命に重みを問いかける極上エンターテイメント作品に仕上げています。

大人気演劇ユニットTEAM NACSの一員で、その演技力を高く評価される戸次重幸。重い任務を背負った自衛隊飛行隊長役を、どんな凄みある演技で魅せてくれるのか大きな期待が寄せられています。

『空母いぶき』は2019年5月24日より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『コロンバス』あらすじネタバレと感想。モダニズム建築を通し、小津安二郎が描いた“家族の系譜”を現代的に受け継ぐ

透明性と光だ!静謐なタッチの長編作 主演はジョン・チョーとヘイリー・ルー・リチャードソン ブレッソン、ヒッチコック、小津安二郎などの研究者だったコゴナダ監督がカメラを持ち、長編デビューを果たした映画『 …

ヒューマンドラマ映画

映画ニドナツ村上虹郎は本当にギターを弾いてる?演技評価や感想も

若手俳優として実力とともに人気のある村上虹郎。彼の主演する『二度めの夏、二度と会えない君』は2017年9月1日より全国劇場にて公開! 篠原智役を演じていた主演の村上虹郎は、本当にバンドメンバーとしてギ …

ヒューマンドラマ映画

朝倉あき映画『四月の永い夢』あらすじとキャスト。上映館公開情報も

朝倉あき主演の映画『四月の永い夢』は、5月12日より新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。最年少 第39回モスクワ国際映画祭にてダブル受賞を果たした本作の演出を務めたのは、東京国際映画祭2年連続入選 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『検察側の罪人』のあらすじとキャスト。原作の雫井脩介の魅力とは

2018年8月24日(金)よりロードショーされる映画『検察側の罪人』。 『犯人に告ぐ』『火の粉』の雫井修介原作同名小説がついに映画化。 元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也の共演が話題となった作品がつい …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学