Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/01
Update

フィリップ・ガレル映画『救いの接吻』ネタバレ感想。描写と演技から紐解く“神童の魅力”

  • Writer :
  • 吉田竜朗

映画『救いの接吻』は、2019年4月27日(土)より東京写真美術館ホールほか全国順次公開。

ヌーヴェルヴァーグ以降、フランス映画界の希望であり続けている名匠フィリップ・ガレル。

彼が1989年に制作した自伝的映画『救いの接吻』がついに日本で初公開されました。

家族愛が綴られた本作はフィリップ・ガレル監督らしさが凝縮された作品と言えます。

今回はそんな『救いの接吻』のあらすじを紹介しながら、監督の魅力を紐解いていきます。

スポンサーリンク

映画『救いの接吻』の作品情報

【公開】
1989年(フランス映画)

【原題】
Les Baisers de secours

【監督】
フィリップ・ガレル

【キャスト】
ブリジット・シィ、フィリップ・ガレル、ルイ・ガレル、モーリス・ガレル、アネモーネ、イヴェット・エチエバン、オーレリアン・ルコワン

【作品概要】
『救いの接吻』の監督を務めたフィリップ・ガレルは、13歳の頃から映画を制作し始め、早熟の天才として「神童」とまで呼ばれていました。

これまで数多くの「私的」な作品を世に出し、コアな映画ファンに絶大な支持を受け続けています。

驚くことに、本作の主要な登場人物のほとんどがフィリップ・ガレルの家族です。

今ではフランスを代表する俳優になった息子のルイと父で俳優のモーリス。そして当時ガレルの妻だったブリジット・シィ。

極端なまでに個人的な作品に描かれたのは、必然的にも家族愛でした。

映画『救いの接吻』のあらすじとネタバレ

愛する夫が監督を務める、愛の物語の主演に抜擢されていたジャンヌは、突然その役から降ろされてしまいました。

さらに、その主演の座には、別の女性が充てがわれてしまいます。

読書に勤しむ夫マチューの元にジャンヌが涙を浮かべて現れました。

悲しむジャンヌは、夫に説得を試みますが折れる気配はありません。

2人の愛の関係に危機感を感じた彼女は、突飛な行動に出ます。

自分にとって代わられた女優ミヌシェットの元へ向かったのです。

彼女は半ば強引に役を取り戻そうとしますが、その脅迫めいた言葉の数々にミヌシェットは呆れた様子を見せていました。

そんなジャンヌにも舞台の仕事がありました。

ある日、彼女は愛について対話をするというシーンの稽古に励んでいました。

演技指導の監督は彼女にダイナミックさを求め、時に頷き、時に首を傾げていました。

そんな監督の視線の先で、彼女は憂鬱な台詞を吐いていました。

後日、マチューの元にミヌシェットが現れます。

ジャンヌからの口撃にむしろ燃えた彼女は、自分がどれだけ適役なのかを力説します。

それにうなづくように同意していたマチューは彼女の口元に近づこうとしました。

以下、『救いの接吻』ネタバレ・結末の記載がございます。『救いの接吻』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

マチュー、ジャンヌそして、息子のルイが1つのベットに集っていました。

まだ諦めないジャンヌに、痺れを切らしたマチューは「これは仕事なんだ…」と説得しますが、彼女は一歩も引きませんでした。

後日、失意のジャンヌは部屋にあった置き手紙を読みます。

「これは仕事だから、なあ頼む…」彼女はそう書かれた紙をビリビリに破きました。

その後、帰宅したマチューの目に衝撃の光景が広がっていました。

ジャンヌが知らない男とベッドに入り、横にはルイがいる…。

マチューは急いで息子を二階にあげ、男女に「他所でやってくれ」と言い捨てました。

彼は暗がりの中、下を向いて座り続けていました。

マチューは父とカフェで新作映画のこと、台詞と映像の関係について、そして母のことをコーヒーとタバコを交えて語り合っていました。

ある日、マチューとジャンヌ、そしてルイは海岸を散歩していました。

海岸を抜けたルイは三輪車で街道を走ります。

突如として降ってきた雨でずぶ濡れになった息子をアパートに入れ、笑顔でなだめるジャンヌは「あなたを愛している」とルイに言いました。

外で待っていたマチューのもとに、怒った顔をしたジャンヌが出てきました。

「もう家には戻らないで」と冷たく言い放つジャンヌ。

マチューは「既にホテルはとってあるから…」と下を向きながら言いました。

もはや2人の関係は冷めきっていました。マチューは、その夜ルイの顔をじっと眺めていました。

家出当日、2人の関係は険悪なまでになります。

「あなたには尊厳がない」と言い放つジャンヌに怒ったマチューは扉を強く締め、家を後にしました。

マチューは再び、父に会います。

人生の先輩でもある父に、男と女の関係についての助言を求めました。

「ルイがいるだろ。君たちの愛の物語は続くはずだ」そう父は説得しました。

ルイを連れたジャンヌは、ホテルに滞在するマチューの元を訪れました。

「パパ!」と嬉しそうに叫ぶルイを尻目に仏頂顔のジャンヌ。

マチューは2人を家へ招こうとしますが、ジャンヌは息子を夫に託し、すぐにどこかへ行ってしましました。

息子を抱き上げ喜ぶマチュー。

ルイは、父が読んでいた「夫婦の愛」という本をパラパラとめくりました。

さらに、彼は洗面器に水を張り、2つの船を浮かべます。

水が溢れかえる中、2つの船はギリギリのところで沈没を免れていました。

2人の短い時間は終わりを迎え、子は母の元へ戻って行きました。

疲労困憊のマチューは父と電話をし、助言を求めます。父は一言「弁護士はやめとけ」とだけ言い電話を切りました。

ある日、マチューの部屋に1人の女性が訪問しました。ジャンヌでした。

息子の存在が彼らを繋ぎ止め、彼らは再び歩調を合わせようと再出発を試みることに。

再び一緒になった3人は、仲直りの旅に出ました。

電車内でサンドイッチを食べ、イタリア語の詩を読むジャンヌに「まるでアントニオーニだ!」とマチューは喜びました。

彼らが、向かった先は、父と別居中のマチューの母の家。都会とは違う静けさを持つ田舎にルイは興奮していました。

しかし、マチューにとって夫婦の仲を再び良いものにするのはそんなに簡単なことではありませんでした。

「男と女の間に愛以外の話しはできない」そんな息子に母は助言しました。

都会に帰った夫婦はジェック・ロジエの映画を友達夫婦と見に行っていました。

上映後、彼らはカフェに入り「愛」について語りあいます。

男と女の噛み合わない価値観を比べながら、彼らはお互いの波長を合わせようとしていました。

ある日の地下鉄構内、ジャンヌがいる向かいのホームに女優ミヌシェットの姿がありました。

ミヌシャットは彼女に気がつかないまま電車に乗り込みます。

ジャンヌは神妙な面持ちで過ぎ去る電車の方向を見つめ続けていました。

スポンサーリンク

映画『救いの接吻』の感想と評価

ヌーヴェル・ヴァーグ以降のフランス映画界を代表する名匠フィリップ・ガレル。そんな名監督の日本での需要はどうでしょうか?

『レオン』で有名なフランス人監督リュック・ベッソンや『ポンヌフの恋人』で知られるレオス・カラックスなどと比較してみると、毛色は違えど、なんだか存在感が薄いのではないでしょうか。

確かに彼の代表作を1つあげるのは中々難しいですし、作品も掴みどころがなく、捉え方によっては平坦で退屈な物語が多い。

そんな、日本ではイマイチパッとしないフィリップ・ガレルの埋もれていた作品が、今、日本で公開されるというのはとても意味のあることです。

本作『救いの接吻』はそんなフィリップ・ガレル監督の作品において共通する特徴がシンプルに盛り込まれています。

それでは、その特徴を紐解いていくと同時に、フィリップ・ガレル監督作品の魅力に迫っていきましょう。

ミニマリズム=洗練された質素さ

「ミニマリズム=洗練された質素さ」はフィリップ・ガレル監督作品において、大きな特徴の1つです。

本作『救いの接吻』でもその特徴を良く見て取れます。

例えば、1つのベッドと数えるほどの家具しかない、極端なまでに簡略化されたアパートの1室。登場人物に至っては、大半がフィリップ・ガレル本人の家族で形成されていて、街ゆく人々さえもカットされています。

さらに、情緒的で文学的なフランス語が平易かつ簡素に表現され、映像には白と黒の2色しか存在しません。

このフィリップ・ガレルの描くミニマリズムさによって、本作の愛の物語は乾いたものになっています。

彼はかつてこの特徴を問われ「金がないからそうせざる得ない」と発言しましたが、こうした外部要因以外にもワケがあります。

それを本作『救いの接吻』の台詞で伺うことができます。

私は映画を作る前に頭の中に白紙を準備することができる」ガレルの分身でもあるマチューは道端でこう発言します。

この発言にこそ、ガレルの特徴でもあるミニマリズムさを垣間見ることができるのです。

過去のトラウマ、培ってきた知識や体験。ガレルの作品では個人的体験の影響が作品に色濃く影響されると言われていますが、まず彼はそれらの情報をフラットにできる「整理能力」に優れていることがわかります。

映画を制作をする前に一時的に頭の中の引き出しにしまい込んだ雑多な情報の中から、自分が今その白紙に書き写したいことだけを取り出すことができるということです。

「情報でごった返した頭の中をひとまずフラットにできる」その能力が、映像を質素なものへと誘う秘訣だと言えるでしょう。

演技指導への強いこだわり

白紙上に自分の体験や記憶を書き写し、それをスクリーンに投影したところで単なる“ホームムービー”になってしまうのではないかと疑問を抱くこともできます。

フランスを代表する映画批評誌カイエ・デュ・シネマ上で、フィリップ・ガレルについてこうしたことが書かれていました。

Phillippe Garrel disait quelque chose d’approchant qu’il ne comprenait pas pourquoi la Fémis ne donnais pas de cours de direction d’acteurs, car selon lui, la mise en scène, c’est la direction d’acteurs.

「私はなぜ、フェミス(フランスの映画大学)が演技指導の授業を行わないのか理解できない」
フィリップ・ガレルはこんなようなことを言っていました。なぜなら、彼にとって演出というのは、演技指導そのものだからです。引用:Cahiers du cinéma 472 1993 筆者訳

このことからもわかるように、ホームムービーを映画たるものへと変容させる要因こそ、俳優であり演技指導だということです。

劇中、白紙に乗せられ、ガレルによって肉付けされた俳優たちは、ガレルの思惑の中で演技をすることになります。

この俳優を私物化しているかのような手法は、同じフランス人監督ロベール・ブレッソンにおける俳優=モデル理論に通じるところもあります(ブレッソンは俳優の不自然な演技を嫌い素人を起用することで有名で、挙げ句の果てにロバを使いました)。

参考映像:『やさしい女』(1969)

しかし、ブレッソンが俳優=モデルを機械的なまでに禁欲的な、いわばマネキンのようにしてしまう一方、ガレルは彼らに感情を与え、さらにエゴを吹き込みます

『救いの接吻』で、女優ジャンヌは自分が夫の作品から外されたことに深い悲しみを感じ、代わりに主演を張ることになった女優の元へ出向いて、役を返せと言い放ちます。

その滑稽とも言えるほどの愛への執着心が、自分のエゴイズムさを助長させ、他人や家族そして自分にも危害を加えようとしてしまう。それはジャンヌに限らず、マチュー、そしてルイにも言えることです。

ある意味人間的な実直さを帯びた人物たちは、白紙の上で躍動し、ガレルの記憶や体験をより躍動感溢れるものに変容させていくのです。

そのおかげで、私たちは映画内で彼らに親近感を感じながらも、そのエゴに違和感を覚え距離を置きたくなる。観客は俳優との間に付かず離れずの関係を築き、ガレルの映画世界と絶妙な関係を結んでいくのです。

小さな存在であり続けること

これら大きく分けて2つの特徴からわかることは、フィリップ・ガレルは「過信家」な映画監督ではないということです。

彼は社会に自らを開いているのではなく、自らの内にこもり続ける内省的な芸術家なのです。

フィリップ・ガレルの作品世界というのは、あくまで私たちがそれぞれ抱える人生の中の1つの物語に過ぎない。彼は自分以外のこと、つまり蚊帳の外のことについて進んで外部に発信しようとはしません。

映像を用いた説教者として私たちに行動を促しているのではなく、ただ1人の「個人」として映画を作っているに過ぎないのです。

もし、彼が世界の真理を語り、民衆に何かを訴えたいのであれば、白紙なんか準備せずに、知識や経験を凝縮させフル活用するでしょう。

フィリップ・ガレルは自己を大きな存在であると過信せずに謙虚に観客に振る舞い続けるのです。

この点が、フランスを代表する唯一無二の監督で居続けられる所以なのかもしれません。

まとめ

『救いの接吻』はフィリップ・ガレルらしさが炸裂した作品です。

そして、そんな作品に描かれた愛の物語自体もシンプルで美しいものになっています。

夫婦の間にいる子供が絶対的な接着剤となって、良くも悪くも2人を繋ぎ止める。

その繋がりは終わることはなく、持続し続けます。

幼いルイ・ガレルのあどけなさと自然な振る舞いに凄まじい才能を感じさせると同時に、フィリップ・ガレル自身の素直な苦悩も垣間見ることができます。

まさに、監督としてのガレルと、親としてのガレル、贅沢にもその2つを味わえる作品を是非堪能してみてください。

映画『救いの接吻』は、2019年4月27日(土)より、東京写真美術館ホールほか全国順次公開。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『イントゥ・ザ・スカイ』ネタバレあらすじと感想。実話を基に気球での高度世界記録に挑む男女を描く

『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメイン&フェリシティ・ジョーンズのコンビが、はるか上空を目指す 『博士と彼女のセオリー』(2014)のエディ・レッドメイン&フェリシティ・ジョーンズのコンビが、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ツユクサ』あらすじ感想と評価解説。小林聡美が「幸せと希望」を爽やかに“大人のおとぎ話”として紡ぐ

映画『ツユクサ』は、2022年4月29日(金・祝)全国公開! 映画『ツユクサ』は、隕石にぶつかったヒロインがささやかな幸せをみつけていく奇跡の物語。 『愛を乞うひと』(1998)『閉鎖病棟 −それぞれ …

ヒューマンドラマ映画

映画『権利への階段』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実話に基づいて“患者の権利”と精神科医療の闇を照らし出す

アメリカ精神科医療の改革に光をあてた、医療系法廷映画 今回ご紹介する映画『権利への階段』は、「エレノア・リース判決」の実話に基づいて描かれた作品で、第42回トロント国際映画祭のガラ・プレゼンテーション …

ヒューマンドラマ映画

映画『ねことじいちゃん』ネタバレ感想。柴咲コウ(美智子役)らキャストの演技力が光る

映画『ねことじいちゃん』ネコとキャストの名演 世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて監督を務め、ねこまき原作の大人気コミック「ねことじいちゃん」を落語家の立川志の輔主演で実写映画化したヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

映画『山猫 』結末までのあらすじネタバレと感想。“ヴィスコンティと死の繋がり”を考える

映画『山猫 4K修復版』は、2019年3月17日(日)より、東京都写真博物館ほか全国順次公開。 若かりしアラン・ドロン、本物の貴族による上品な仕草、クラウディア・カルディナーレの美貌とドレス…。 残念 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学