Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/09/09
Update

実写映画『蜜蜂と遠雷』あらすじネタバレと感想。キャストの松岡茉優×松坂桃李らが若きピアニストとなって音楽と向き合う

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『蜜蜂と遠雷』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー公開

恩田陸のベストセラー小説を『愚行録』などで知られる石川慶監督が映画化。

松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、斉藤由貴、鹿賀丈史といった豪華キャストが集結しました。

「音楽の神はいるのか?」「天才とは何なのか?」

絶えることのない疑念の中、それでも音楽に向き合おうとする若きピアニストたちの姿を描きます。

スポンサーリンク

映画『蜜蜂と遠雷』の作品情報


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】 
恩田陸

【脚本・監督】
石川慶

【キャスト】
松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、臼田あさみ、ブルゾンちえみ、福島リラ、眞島秀和、片桐はいり、光石研、平田満、アンジェイ・ヒラ、斉藤由貴、鹿賀丈史

【作品概要】
2017年に“直木賞と本屋大賞の同時受賞”という史上初の快挙を成し遂げ、著者である恩田陸みずからが「映像化は不可能」と語った小説『蜜蜂と遠雷』を映画化。「若手ピアニストの登竜門」と称されるピアノコンクールに挑もうとする4人の若きピアニストたちが、様々な境遇や才能に苦悩しながらもそれぞれに努力する姿を描きます。

物語の中心となる4人の若きピアニストたちは、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして新人ながらもオーディションを勝ち抜いた新星・鈴鹿央士がを演じています。また劇中に登場する架空の楽曲「春と修羅」は、ロンドンを拠点に活躍する音楽家・藤倉大が作曲しています。

映画『蜜蜂と遠雷』のあらすじとネタバレ


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

3年に1度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。若手ピアニストが世界に羽ばたく登竜門として注目を浴びるこのコンクールには、今回も優秀ない才能が集まります。

かつて天才少女と呼ばれていたものの、母の死を機に表舞台から姿を消していた天才少女・栄伝亜夜。

普段は楽器店で働き、年齢制限ギリギリながらもコンクールに挑み“生活者の音楽”を目指している高島明石。

本コンクールの優勝候補の一人にして、亜夜の幼馴染みでもあるマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして、“音楽の神様”と呼ばれた伝説的ピアニスト・ホフマンの推薦状を携えて現れ、破壊的とさえ言える凄まじい演奏によって審査員たちに衝撃を与えた風間塵。

それぞれが全く異なる出自と環境で生きてきた4人は、一次審査を突破します。

やがて、二次審査。その内容はコンクールのために作曲された課題曲「春と修羅」を題材とし、その後半部では演者自身が即興的に演奏させるというものでした。


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

テクニックを前面に押し出していくマサルと、自分の日常の生活から音楽を起こしていく明石。その一方で、塵と亜夜はより独創的に後半部を創り上げます。

結果として明石は脱落。マサル、塵、亜夜を含む6名が最終審査に残りました。

コンクール出場の年齢制限により、コンクールへの挑戦する生活を終えた明石。ですが天才たちの領域を垣間見たことで、晴れやかな気持ちの中でその結果を受け入れました。

審査員の間ではマサルが優勢でしたが、かつての天才少女・亜夜がどうやって復活してくるのか、そしてピアニスト・ホフマンから「災厄にも、天からの贈り物にもなる」と評された塵の存在をどう捉えるべきかと議論が白熱していました。

そして最終審査は、実際のオーケストラとの狂騒曲。世界最高峰のマエストロ・小野寺がオーケストラを率いて登場、楽曲に加えて、オーケストラの演奏と競い合っていくこともまた最終審査の大きな課題になっていきます。

以下、『蜜蜂と遠雷』ネタバレ・結末の記載がございます。『蜜蜂と遠雷』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

「ピアニストのレベルに合わせる必要はない」と言い切る小野寺の圧力に苦戦するマサル。

一方で物怖じすることなく、オーケストラメンバーの立ち位置まであれこれと指示して回る塵。

そんな中で亜夜は、ピアノから離れることになった夜のことを思い出してしまい、まともに演奏を練習することもできなくなりました。

亜夜は7年前、オーケストラとのコンサート直前にピアノの師でもあった母の死を知らされ、ショックのあまり全く演奏できなかったという過去がありました。

マサルと塵が小野寺との競演に挑む中、亜夜は過去の出来事乗り切ることができず、一人そっと会場を去ろうとしていました。

その時、彼女の耳に自然の音が聞こえてきます。

その音を聞いて亜夜が思い出したのは、自然の音から母親と即興でピアノを弾いていた幼い頃の日々でした。

遅れならも会場に戻ってきた亜夜は、かつてただ純粋にピアノを弾くことを楽しんでいたころを思い出し、ピアノに向かうのでした。

最終結果、1位はマサル、2位に亜夜、塵が3位に、明石には奨励賞が送られました。

スポンサーリンク

映画『蜜蜂と遠雷』の感想と評価


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

本作の映像化が難しいとされてきた点の一つには、「コンクールに出場し入賞するほどの実力を持つ4人のピアニスト」であるメインキャラクターたちの演奏場面をどう描くのかという問題がありました。

ですが、本作ではその演奏場面を描くため、4人のキャラクターそれぞれにピアニストをスタントダブルとして配役しています。

松岡茉優(栄伝亜夜)は河村尚子。松坂桃李(高島明石)は福間洸太朗。森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)は金子三勇士。鈴鹿央士(風間塵)は藤田真央

国際的にも評価されているピアニストたちがそれぞれの演奏場面を演じることで、「コンクールに出場し入賞するほどの実力を持つ4人のピアニスト」そして「全く異なる出自と環境を生きてきた4人のピアニスト」という設定に力強いリアリティを持たせています

役者と演奏者という違いはあれど、二人で一人の役を演じていたわけです。

また役者班は、演奏者班の所作や持ち道具などのから影響を受けて自身の役作りへと反映させており、どちらかが欠けていたら映画『蜜蜂と遠雷』は決して完成しなかったのは明白でしょう。

さらに、4人のピアニストたちが本作での役を通じて演奏した楽曲アルバムが発表されるなど、本作における演奏者班の重要性は各所で見受けることができます。

まとめ


(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

ピアニストたちをはじめ、小説『蜜蜂と遠雷』に映画化において「音楽の面で一切の妥協を許さない」ということが最重要事項でした。

そこから逃げることなくこだわりを徹底し続けたことで、本作は素晴らしい“ピアニストのための映画”となりました。

ピアニストというキャラクターや楽曲、演奏といったものを映像として具現化させるため、4人の国際的に評価されているピアニストのみならず、最終審査に登場するオースケストラとして東京フィルハーモニー交響楽団が本格参加しています。

もちろん役者班も、全く異なる出自と環境、そしてその中で少なからず共通する「何かが欠落しているが故に天賦の才を持ち合わせている」という性質を、それぞれが異なるアプローチを行うことで演じ分けていきます。

ピアノが鳴っている時と鳴っていない時。天才が演奏している時と演奏していない時での演技の違いも見どころです。

できる限り音響の良い映画館でそのこだわりを体感してほしい映画です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『泣き虫しょったんの奇跡』あらすじとキャスト。松田龍平の演技への思いとは

2018年秋、全国ロードショーの映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、棋士界の実話を描いた作品で、主演を松田龍平が務めます。 史上初!奨励会退会からプロ編入という、偉業を成し遂げた男の感動の実話です。 2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『燕 Yan』感想レビューと評価。異なる国に引き裂かれた兄弟が見つめ直す“母への思い”

映画『燕 Yan』は、2020年6月5日(金)から東京・新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開予定 映画『燕 Yan』は、両親の離婚を機に、日本と台湾のふたつの場所で離れ離れになった2人 …

ヒューマンドラマ映画

武曲(むこく)キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

“剣を棄てた男と、剣に出会った少年。運命は2人の人生を交錯させる…” 今大人気の綾野剛さんと村上虹郎さんがぶつかり合う剣道をテーマにした人間ドラマ『武曲 MUKOKU』をご紹介します。 スポンサーリン …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャスト。山本千尋(萌役)のプロフィールと演技力の評価

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。 監督を務めるのは、期待の新鋭 …

ヒューマンドラマ映画

斎藤工映画『家族のレシピ』ネタバレ感想。日本とシンガポールのソウルフード料理で描く家族の絆

映画『家族のレシピ』は2019年3月9日より、シネマート新宿ほか全国ロードショー! 日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念して、両国のスタッフ・キャストを集結させた、親子とソウルフードの物語。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP