Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/16
Update

山崎賢人×松岡茉優映画『劇場』あらすじとキャスト。又吉直樹原作を行定勲監督が映像化し2020年公開!

  • Writer :
  • 石井夏子

又吉の作家の原点とも言える小説が映画化。

お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の小説『劇場』が行定勲監督により映画化され、2020年7月17日(金)より全国公開されます。


映画『劇場』

主演は人気若手俳優の山崎賢人ヒロインは実力派の松岡茉優

本記事では原作についてと、映画作品情報についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

原作小説『劇場』とは


又吉直樹による小説『劇場』は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼を必死に支えようとした女優志望の大学生・沙希の7年間の恋を描く物語

2017年に刊行され、累計33万部を突破しています。

芥川賞を受賞した処女作『火花』(2015)よりも前に書き始めていた作家の原点とも言える作品です。

夢と現実のはざまでもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説となっています。

原作者・又吉直樹のコメント

原作者の又吉直樹は、『劇場』の映画化にあたり、以下のようにコメントを発表。

「劇場」という小説は、恋愛というものの構造がほとんど理解できていない人間が書いた恋愛小説です。
恋愛小説と呼べるものになっているかすらもわかりません。ただ、若くて未熟な二人がともに過ごしたどうしようもない時間を必死で書いているうちに、作家のわずかな能力を超えて濃密な風景が幸運にも立ち上がったと感じています。
ちょっと表現まわりくどいですか? 「こいつなに一丁前に作家ぶっとんねん」と思いました?
でも、本心なんです。それくらい自分にとって、大事な作品です。
信頼している行定勲監督、そして山崎賢人さん、松岡茉優さんをはじめ、魅力的な俳優陣によって映像になることを嬉しく思っています。
普通、原作者はシンプルな言葉で感謝を綴るくらいが丁度いいと思うのですが、思わず長文になってしまい恥ずかしいです。そして、言い訳しているせいで、より長くなってしまいました。すみません。
絶対観に行きます!

冗談交じりに、映画化に際し製作サイドへ真剣な眼差しを向けた又吉。

自分にとって大事な作品と語った又吉の想いを、行定勲監督をはじめとしたスタッフやキャストが繋いでくれると信じています。

映画『劇場』について

新たな恋愛映画の傑作を紡ぎ出すのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)『リバーズ・エッジ』(2018)で、運命と戦う男女の機微を描いてきた行定勲監督です。

『GO』(2001)で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞を始め数々の映画賞を総なめにし、その後も精力的に監督を務めながらも舞台演出も手掛け、2016年に第18回千田是也賞を受賞している行定監督。

脚本には2009年に第53回岸田國士戯曲賞を受賞した蓬莱竜太が担当しました。劇団モダンスイマーズの座付き作家兼演出家であり、舞台『世界の中心で、愛をさけぶ』(2005)では台本を書いていた蓬莱。

舞台という場所に思い入れのある行定勲監督と蓬莱竜太が『劇場』をどう描き出すか、楽しみでなりません。

スポンサーリンク

主演は山崎賢人

参考:山崎賢人のインスタグラム

主人公の永田を演じるのは山崎賢人

行定監督と即興劇で稽古を重ねながら役作りし、初めてひげを生やすなどこれまでの好青年役とは違う姿を披露しています。

演劇に身も心も捧げながら実生活では社会や周囲の人々と協調できない不器用な姿を体現し、見せた事のない表情をのぞかせました。

山崎賢人のコメント


映画『劇場』

山崎賢人は本作に込めた思いを以下のように語っています。

初めて本を読んだ時、人としてダメな部分ばかりですが、表現者としてとても共感できる弱さを見せる永田をすごく魅力的だと感じました。
自分にとってとても挑戦的な作品でしたが、以前からご一緒したかった行定監督のもと、
今しか出せない自分のものを全部出せているのではないかと感じています。
撮影を通して、とても魅力的な原作にさらに映画としての魅力を盛り込んだ作品になるのではないかと思っています。

人としてダメな部分ばかりの永田の心を温かく見つめ、自分の中に取り入れようと努力を重ねる山崎賢人のひたむきさが伝わってきます。

いままで見たことが無い山崎賢人が動く様子を、早くこの目で見てみたいものです。

ヒロインは松岡茉優

参考:松岡茉優スタッフのツイッター

ヒロインの沙希に扮するのは松岡茉優

軽さと明るさの中に影が見え隠れし、純粋に永田を愛そうとする沙希の切なさに寄り添います。

松岡茉優のコメント


映画『劇場』

高い演技力と、役に迫りそれを体現する力を持った女優・松岡茉優。

日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の受賞歴が、彼女の確かな実力を物語っています。

そんな松岡茉優は、本作でヒロインを演じる際に心がけたことをこう語っています。

沙希役の松岡茉優です。
同い年の山崎賢人君とは実は昔共演しているのですが、直接一緒にお芝居するのは初めてです。
永田と沙希について、撮影中何度も2人で話し合いました。
2人とも脚本に心底惚れており、意見が違ったことはありませんでした。
とても繊細な本で、私たちの演じ方が変わってしまうと、話の到着すら変わってしまいそうで。
行定勲監督が若い私たちを導いてくれました。
全国の恋する、愛する、はたまた情で離れられなかったり、何かのきっかけを失っているパートナー達が救われる映画になると思います。
完成を楽しみにしていてください。

物語全体のことを考え、共演する山崎賢人と話し合いを重ねたという松岡茉優の、作品作りへの真摯さ。

この積み重ねが彼女の演技力や、周囲からの厚い信頼につながっているんでしょう。

スポンサーリンク

映画『劇場』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
又吉直樹『劇場』(新潮社)

【監督】
行定勲

【脚本】
蓬莱竜太

【キャスト】
山崎賢人、松岡茉優

【作品概要】
又吉直樹が芥川賞受賞作『火花』よりも前に書き始めていた恋愛小説を映画化。

『キングダム』(2019)の大ヒットが記憶に新しい山崎賢人が主演し、パルムドールを獲得した出演映画『万引き家族』(2018)で高い演技力が世界に認められた松岡茉優がヒロインを務めます。

監督は『ナラタージュ』(2017)『リバーズ・エッジ』(2018)の行定勲。

脚本は2009年に第53回岸田國士戯曲賞を受賞し、行定とは『ピンクとグレー』(2016)でもタッグを組んだ蓬莱竜太がを担当しました。

映画『劇場』のあらすじ

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。

夢を抱いてやってきた東京で、孤独を感じながらも脚本家兼演出家を務めていた永田。

街で自分と同じスニーカーを履いていた沙希に声をかけ、ふたりは出会い、そして…。

まとめ

2019年6月上旬から演劇の聖地・下北沢を中心に都内で撮影が行われ、繊細かつ大胆な数々の場面を生みだしています。

行定監督は、原作を「あまりにも身に覚えがある場面ばかりで胸をかきむしるような思いで読んだ」そうで、「又吉さんが書いた主人公がまとう空気をどうしても撮りたくなった」と言います。

「山崎賢人と松岡茉優という希代の若く鋭い感性とともに、自戒を込めてどうしようもない男と女の在り方を映画として出せたら」と語る恋愛映画の名手行定勲監督と、人気実力ともに確かな山崎賢人と松岡茉優の化学反応に期待が高まります。

映画『劇場』は、2020年7月17日(金)より全国で公開です。

関連記事

新作映画ニュース

オムニバス映画『おっさんず・ぶるーす』七人の監督のプロフィール。挑戦する内容とは⁈

7人のおっさん監督が21世紀に生きるおっさんたちを描くオムニバス映画 自分の人生や社会に対しての様々な「違和感」を抱えている、今のおっさんたちの姿を撮りたい…そんな想いを胸に、作風やフィールドの違う4 …

新作映画ニュース

河内彰監督新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。親友を喪失した“空虚に出会う”

日本でもなく韓国でもない、幻影と実景が交差する場所へ。 瀬々敬久、真利子哲也の認めた溢れる才気、国内映画祭が注目する新鋭・河内彰監督。 河内彰監督の新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』が、20 …

新作映画ニュース

映画『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田由美役は森絵梨佳【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

映画『トゥルーノース』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。北朝鮮の強制収容所で生き抜く家族を3Dアニメーションで描く!

それでも、生きていくー。世界の映画祭で絶賛された衝撃の物語。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所の内情を描きつつ、過酷な環境で生きていく家族とその仲間たちが生き抜いていく姿を3Dアニメーションで描い …

新作映画ニュース

映画『ディナー・イン・アメリカ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ベン・スティラーがプロデュースしたラブストーリーの日本先行公開が決定!

孤独な少女が家に匿ったのは覆面バンドの推しメンだった!? ベン・スティラーがプロデュースした傑作アナーキック・ラブストーリーが『Dinner In America』が、日本先行公開されます。 邦題を『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学