Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/10/06
Update

【音量を上げろタコ!映画グッズプレゼント】音タコ特製トートバッグ!限定5名様に当たる

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

この声に、世界がヤラれるっ!

ありきたりな常識を覆す、爆音!爆上げ!ハイテンション・ロック・コメディ!!

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の10月12日(金)からの公開を記念して、“音タコ特製!シン&ふうかオリジナルトートバッグ”を抽選で5名様にプレゼント!

スポンサーリンク

音タコ特製!シン&ふうかオリジナルトートバッグプレゼント


©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

「時効警察」シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日(金)より全国公開されます。

映画の公開を記念し、シンのライブシーンとふうかのストリートライブシーンをイメージしたイラスト入りの“音タコ特製!シン&ふうかオリジナルトートバッグ”をプレゼントいたします!

※画像はイメージです

©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつロックスター・シンを演じるのは、映画『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』の阿部サダヲ

圧倒的かつフルスロットルな演技を本作でもいかんなく発揮しています。

そして、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかを演じるのは大ブレイク中の吉岡里帆

初挑戦となったギターと歌唱は撮影前に半年間かけて猛特訓を重ね、並々ならぬ覚悟と気合いでふうかの魅力を最大限に引き出しています。

さらに、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結し、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくります!

本作の監督・脚本を務めたのは三木聡。「時効警察」シリーズや『俺俺』『インスタント沼』などを生み出した、誰にも真似できない独自のコメディセンスを、阿部サダヲ・吉岡里帆との初タッグとなる本作でも存分に発揮しています。

そんな『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開を記念したオリジナルトートバッグをcinemarcheの読者にプレゼント!数量は限定5名さまになります。ふるってご応募いただけますよう、お待ちしております。

応募受付

【応募方法】
下記のコンタクトフォームのメッセージ本文に、必要事項をご入力の上、お送りください。
たくさんのご応募ありがとうございました。受付は終了しました。


・お名前
・メールアドレス
・性別
・年齢
・職業
・郵便番号
・住所
・シネマルシェへのご意見、ご感想

【応募締切】
10月31日(水)

【当選者数】
5名様

【抽選・当選発表】
厳正な抽選の上、当選者を決定し、商品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください。

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の作品情報


©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督・脚本】
三木聡

【キャスト】
阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ

【音楽】
上野耕路

【主題歌】
SIN+EX MACHiNA『人類滅亡の歓び』(作詞:いしわたり淳治 作曲:HYDE)(Ki/oon Music)
ふうか『体の芯からまだ燃えているんだ』(作詞・作曲:あいみょん)(Ki/oon Music)

【作品概要】
監督・脚本を務めたのは、『俺俺』「時効警察」シリーズなどを手がけ、コメディセンス溢れる作風で定評のある三木聡。

主人公のロックスター・シンを演じるのは、『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』などで知られる個性派俳優、阿部サダヲ。ロックバンド「グループ魂」でのボーカリストとしての一面も持ち、歌唱力は折り紙つき。

ヒロインのストリートミュージシャン・ふうかは、TVドラマ『ゆとりですがなにか』『カルテット』などに出演し、映画・ドラマ・CMで大活躍中の吉岡里帆が好演。

スポンサーリンク

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のあらすじ


©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)。

正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまいます。

しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!

やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに…。

まとめ


©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

主演:阿部サダヲ&ヒロイン:吉岡里帆で贈る、ハイテンション・ロック・コメディ映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』。

10月12日(金)からの公開を記念して、音タコ特製トートバッグを5名様にプレゼントいたします。

黒地にピンクのシン&イエローのふうか。それぞれをイメージしたイラストが表裏にプリントされたロック&キュートなデザインのトートバッグです。

応募締切は10月31日(水)です。皆様からのご応募お待ちしています!

関連記事

新作映画ニュース

【2019年10月25日〜26日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』舞台挨拶リポート。西島秀俊・佐々木蔵之介らが完成披露試写会のゲストで登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)に公開 2019年5月24日(金)に公開される、かわぐちかいじによるベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化した超大作『空母いぶき』。 …

新作映画ニュース

中村倫也映画『水曜日が消えた』舞台挨拶配信で笑顔!キャスト深川麻衣・石橋菜津美らと演技力について語る

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開! 曜日によって人格が変わるという一人の男性、「僕」の人生。そんな彼のある日に起きた異変の様と、それに伴う彼の決断を追った映画『水曜日が消えた …

新作映画ニュース

映画『前田建設ファンタジー営業部』あらすじとキャスト。氣志團の主題歌が流れる予告編紹介!

魂を揺さぶる、熱き予告編、到着。 不可能を可能にした熱きサラリーマンたちの、感動の映画『前田建設ファンタジー営業部』。 主演に人気俳優の高杉真宙を迎え、『夜は短し歩けよ乙女』のヨーロッパ企画の上田誠が …

新作映画ニュース

映画『ヒトラーVS.ピカソ』ドキュメンタリー作品のあらすじ。 ナチスに奪われた美術品の行方は?

ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS』(英題)。 邦題を『ヒトラーVS.ピカソ 奪われ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学