Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2024/02/08
Update

『MY SHINee WORLD』公開日/予告編解禁!韓国ボーイズグループのファンとの15年の軌跡を辿るスペシャルムービーが到着

  • Writer :
  • 星野しげみ

韓国アイドルグループSHINeeのデビュー15周年記念映画『MY SHINee WORLD』が、2024年3月15日(金)より全国公開決定!

2008年のデビュー以来、韓国を代表するグループとして活動してきたSHINee。

デビュー15周年を記念して、ファンクラブと共に過ごしてきた15年の足跡を辿るスペシャルコンサートムービー『MY SHINee WORLD』が誕生しました。


(C)2023 MEGABOXJOONGANG, INC., PLUS M ENTERTAINMENT, SM ENTERTAINMENT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

このたび映画『MY SHINee WORLD』の予告編が解禁! さらに特別な絵柄のムビチケ前売り券(カード)の販売が決定しました。

映画『MY SHINee WORLD』とは?

デビュー以来、韓国を代表するボーイズグループとして人気を誇るSHINeeと、彼らを応援するファンクラブ“SHINee WORLD”の15年の足跡を辿るスペシャルコンサートムービーです。

これまでSHINeeが開催した6回の単独コンサートの場面を収録し、グループカラーであるパールアクアグリーンのペンライトで埋め尽くされた会場のステージ上で輝く、オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンの5人の姿を余すところなく映し出し、その感動を呼び起こします。

また本作でしか見ることのできないSHINeeのメンバーたちのインタビューは、それぞれの素直な思いが語られていて、ファン必見です。

グループ:SHINee(シャイニー)

オンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンの5人組グループ。2008年5月に韓国でデビューし、音楽賞の最優秀新人賞を多数受賞。

2011年6月22日に1stシングル「Replay-君は僕のeverything-」で日本デビューを果たし(オリコンウィークリーチャート最高位2位)、2ndシングル「JULIETTE」(最高位3位・2011年8月発売)、3rdシングル「LUCIFER」(最高位2位・2011年10月発売) を立て続けにオリコンTOP3にチャートインさせ、海外アーティスト(ソロも含む)による「デビューから3作連続TOP3入り」という、 シングルランキング発表開始以来初となる快挙を成し遂げた。その唯一無二の存在感と圧倒的なパフォーマンスで瞬く間に人気を獲得し、世界中のファンを魅了し続けています。

来年2月には約6年ぶりとなる東京ドーム公演「SHINee WORLD VI [PERFECT ILLUMINATION] JAPAN FINAL LIVE in TOKYO DOME」の開催も決定。

映画予告編が解禁に!

映画『MY SHINee WORLD』予告編

予告編では、SHINeeのメンバー5人が躍動する熱狂のコンサートシーンはもちろん、メンバーたちが15年間を振りかえり「応援するその眼差しが、その歓声が一番大きな力になる」(ミンホ)とファンへの思いを熱く語る場面が収録。

今回、本作を構成するにあたり、監督のイ・フビンは「SHINeeはとにかく膨大な曲数があり、しかも宝物のような曲ばかり。セットリストはかなり悩んだが楽しい作業だった」とコメントしています。

日本でも多くのファン(通称シャヲル)に愛されるSHINeeの15年の軌跡がギュッと詰まっています。

映画『MY SHINee WORLD』の作品情報


(C)2023 MEGABOXJOONGANG, INC., PLUS M ENTERTAINMENT, SM ENTERTAINMENT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【監督】
イ・フビン

【製作】
Plus M Entertainment、SM Entertainmen

【キャスト】
ONEW、JONGHYUN、KEY、MINHO、TAEMIN

映画『MY SHINee WORLD』のムビチケ販売


(C)2023 MEGABOXJOONGANG, INC., PLUS M ENTERTAINMENT, SM ENTERTAINMENT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

2024年2月17(土)10時よりSMTOWN OFFICIAL ONLINE STOREにて、特製ホログラムカード(A5)が付いた特別な絵柄のムビチケ前売り券(カード)の販売が決定


(C)2023 MEGABOXJOONGANG, INC., PLUS M ENTERTAINMENT, SM ENTERTAINMENT CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

コンサートの場面をとらえたランダムトレカ3種の特典付『MY SHINee WORLD』のムビチケ前売り券(カード)も発売中です。

ムビチケはどちらも1枚2100円(税込)。

劇場窓口(一部劇場のみ )で販売。取り扱い劇場は、公式HP(myshineeworld.com)をご覧ください。また、「ぴあ」にても販売

まとめ

SHINeeと彼らのファンクラブ“SHINee WORLD”が共にしてきた熱いステージ実況からSHINeeが歩んできた15年間を、ファンの視線で追っていく感動の瞬間がおさめられた映画『MY SHINee WORLD』。

熱狂的なコンサートステージと、これまでに聞かされることのなかった活動ビハインドストーリーが語られ、アーティストとファン、互いの世界を照らし続けてきた彼らの夢のような時間旅行の始まりを、ぜひご覧ください。

SHINeeとファンクラブが共に歩んだ15年間の物語をおさめたスペシャルコンサートムービー『MY SHINee WORLD』が、2024年3月15日(金)より全国公開

関連記事

新作映画ニュース

山口情報芸術センターYCAM【ビデオ・プリゼント】障害のある参加者に届けた映像制作技術がつまった作品をウェブサイトで公開!

障害のある参加者に映像制作技術を届けるプログラム「ビデオ・プリゼント」 参加者が作成した短編映像作品を公開! 山口情報芸術センター[YCAM]では、障害のある参加者とその保護者や支援者へ、映像制作の技 …

新作映画ニュース

【中国映画祭電影2019】柳島克己トークイベントリポート。『駐在巡査 宝音(ボヤン)』の撮影秘話を語る

百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映する中国映画祭「電影2019」が2019年3月6日(水)に開幕。 そして3月7日(木)には、ヤン・ジン監督の映画『駐在巡査 宝音(ボヤン)』がジャパ …

新作映画ニュース

映画祭MOOSIC LAB2019情報!齊藤工や今泉力哉監督作品など上映プログラム紹介

時代を打ち鳴らす音楽×映画の祭典!「MOOSIC LAB 2019」 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」。 …

新作映画ニュース

4DX上映の映画館情報『スカイスクレイパー』香港のザ・パールで大暴れ!パニックアクション超大作

超高層ビルからのスリル満点のアクションが4DXシアターで炸裂! 映画『スカイスクレイパー』の4DX版が、9/21(金)より公開です。 「4DXシアターが火の海になる」救出不可能!?な特別映像をお届けし …

新作映画ニュース

映画『不倫ウイルス』あらすじ/予告編が解禁!音楽ライター・平賀哲雄らの応援コメントも到着

元・恵比寿マスカッツ金子みひろ、川上ななみほか豪華キャスト出演! 2022年10月28日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される映画『不倫ウイルス』。 感染すれば愛していない人間とも肉体関係 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学