Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/02/21
Update

実写映画『リバーズエッジ』二階堂ふみ・吉沢亮らの演技力の評価は

  • Writer :
  • 馬渕一平

岡崎京子の原作漫画が行定勲監督の手によって映画化!

二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵ら若手実力派が岡崎ワールドを体現。

主題歌を担当するのは岡崎京子の盟友である小沢健二。

二階堂ふみ主演の映画『リバーズ・エッジ』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『リバーズ・エッジ』の作品情報


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
行定勲

【キャスト】
二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、森川葵

【作品概要】
岡崎京子の代表作である原作漫画「リバーズ・エッジ」を遂に映画化!

ダブル主演に人気・実力とも申し分ない、二階堂ふみと吉沢亮をキャスティング。

その他にも、モデルとして活躍するSUMIREや上杉柊平、テレビに映画に引っ張りだこの森川葵など若い層からの支持を集めるメンバーが集結。

監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)『ナラタージュ』(2017)の行定勲。

主題歌を歌うのは原作者の岡崎京子と親交の深い小沢健二。

新世代の若者たちによる衝撃の青春群像劇が描かれます。

2.映画『リバーズ・エッジ』のあらすじとネタバレ


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

若草ハルナインタビュー

ハルナは父親のいない家庭事情やこれまでの人生を語ります。

引越しの準備途中のような部屋に座る彼女が持っているのは子どもの頃からなぜか手放せないでいたクマのぬいぐるみ。

そのぬいぐるみにはなにやら焦げ付いたような汚れがついています。

ハルナの彼氏・観音崎からイジメを受けているクラスメイトの山田が、旧校舎のロッカー内に閉じ込められたままであることを知ったハルナは深夜の学校に向かって走っています。

ロッカーの中には、手足をしばられ猿ぐつわをはめられた全裸で傷だらけの山田がいました。

ハルナは山田を助け出し、二人で夜の道を歩いて帰ります。

翌朝、ハルナとルミとヨシエのいつもの三人組が話していると、そこへ観音崎が登校してきました。

ハルナは山田を閉じ込めた観音崎のことを叱ります。

山田の肩を持つハルナの態度が観音崎にとっては面白くないため、観音崎は山田に対しより暴力を振るうようになってしまいました。

ハルナは観音崎がまた山田をボコボコにしたことを知り、急いで旧校舎に向かいます。

再び助けてもらった山田は、お礼に自分の宝物をハルナに見せると言い出しました。

夜に改めて待ち合わせたハルナと山田。

その道すがら山田は自分はゲイであることをハルナに明かし、田島カンナという彼女はあくまでカモフラージュでしかないとも語ります。

二人が行き着いた先はセイタカアワダチソウが生い茂った河原。

そこにある山田の宝物は素性不明の白骨化した死体でした。

山田はこの死体を見ることで勇気をもらえると語ります。

そして、この死体の存在を知っている人間がもう一人いると言いました。

それは一年後輩で、現役モデルとして活躍している吉川こずえ。

一方その頃、観音崎はルミを電話で自宅に呼び出し、薬物を使った性行為に溺れていました。

吉川こずえインタビュー

両親が芸能人のため幼い頃から芸能界の仕事をしてきたと語るこずえ。

彼女は、なぜ見た目の気持ち悪い自分がここまで持ち上げられるのか不思議でならないと言います。

こずえは過食症のため、大量に食べ物を食べてはトイレで全て吐き出していました。

ハルナが保健室や屋上で授業をさぼっていると、こずえと一緒になる機会が増えていき、徐々に二人の距離は縮まっていきます。

二人して屋上でサボっていると、こずえが山田のもう一つの宝物を指差して教えてくれました。

彼は運動神経が良く、爽やかで女子からモテそうな普通の男子でした。

学校では死体のある河原に独居老人の残した巨額の遺産が埋まっているという、根も葉もない噂が広まっていました。

河原に行こうとする生徒たちをハルナは必死に止めようとしますが一攫千金を狙う奴らは聞く耳を持ちません。

山田はカンナと一緒に下校しながらも、カンナの話にはまるで無関心な様子。

カンナはお揃いで色違いの青色のベレー帽を山田にプレゼントしますが、受け取った山田は全くの無感情で感謝の言葉を述べました。

ちょうどその時、山田は河原に集まる群衆を目にし血相を変えてそこに飛び込んでいきます。

宝物である死体を見つけられないように山田は埋蔵金を探しに来た奴らに飛びかかっていきました。

数の差で負け山田はボコボコにされてしまいますが、探しに来た奴らはまた次の朝にしようと言い残して去って行きます。

河原に向かっていたハルナの横をカンナが助けを呼びながら通り過ぎて行きました。

真夜中、死体を隠すために山田、ハルナ、こずえが河原に集まりました。

こずえは、死体を見ると「世の中キレイぶって楽しんだフリをしているけどざまぁみろ」という気持ちになるとハルナに語ります。

無神経な奴らのオモチャにされるよりはマシだと山田は割り切り、3人で深く大きな穴を掘ってそこに死体を埋めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『リバーズ・エッジ』ネタバレ・結末の記載がございます。『リバーズ・エッジ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

観音崎インタビュー

自分の家庭が崩壊していると語る観音崎。

彼は彼女であるハルナのことは好きと語りながらも、ルミとはあれから何度も身体だけの関係を続けていました。

そこからは愛情に飢えた観音崎の姿が浮かび上がってきます。

ある休みの日、ハルナと観音崎はラブホテルでデートをしていますが、楽しんでいるのは観音崎だけ。

一方、山田はカンナと水族館デートに出掛けていますが、こちらも楽しんでいるのはカンナだけ。

山田は夕方から約束があるからと夕飯も一緒に食べずにカンナと別れます。

その約束の相手は中年男性、山田はその男性と援助交際をしていました。

小山ルミインタビュー

病院着でベッドにいるルミは奔放な男性関係を語ります。

自分の身体を実感できるのは性交渉している時だけと告白しました。

彼女は引きこもって漫画ばかり書いている姉との関係が上手くいっていませんでした。

ある日、ルミは観音崎を呼び出し自分の生理が止まっていることを伝えます。

山田はお気に入りの人が彼女と楽しそうに会話しているのを見て苛立ち、自分のことばかり話すカンナに対して、つい罵声を浴びせてしまいます。

宝物が二つともなくなり精神的に参った山田は、橋の上でハルナと一緒にUFO呼ぶために念じます。

カンナは急に親しくなったハルナと山田との関係を疑いだし、度々ハルナの家に無言電話を掛けるようになっていました。

いつものように保健室でハルナがサボっていると、こずえが面白いものを見つけたとハルナを連れ出します。

それは、山田と一緒にこっそりと校舎裏で育てていた子猫の遺体が入ったビニール袋でした。

あまりの光景にハルナはその場で嘔吐し、大泣きしました。

こずえは驚きつつも、謝りながらハルナを抱きしめます。

ルミは妊娠した子が一体誰の子なのか候補者の名前を日記に書き出して、頭を抱えていました。

山田インタビュー

山田はカンナへの態度を悪く感じながらも、自分の抱える思いを重視しています。

また子どもの頃からUFOが見たかったと語ります。

ある日の夜、ルミが観音崎を河原に呼び出しました。

ルミは中絶手術の費用を出すように観音崎に迫りますが、彼は本当に父親が自分なのか疑い始めます。

苛立ったルミは、ハルナとの関係や家庭環境についてかなり酷い言い方で観音崎を罵りました。

ブチギレた観音崎はルミを殴り倒すと馬乗りになって首を絞めます。

その頃、ハルナはこずえの家に招かれていました。

豪勢な家には出前で取った大量の豪華ディナーがテーブルに山程並んでいます。

とても食べきれないとハルナが言うと、こずえは後で全部吐くから大丈夫と答えました。

そして、こずえはハルナへの好意を告白しました。

動かないルミを呆然と見下ろしている観音崎、そこに偶然通りかかった山田。

気が動転している観音崎を学校に連れてきた山田は、スコップなど遺体を埋める道具を集めて観音崎に持たせます。

さらに、埋めるには人手がいるとこずえに電話して呼び出します。

ところが、ルミは失神していただけで死んではいませんでした。

フラフラになりながらも彼女は歩いて家に帰ります。

ルミとすれ違いハルナの住むマンションに向かって歩いていくカンナ。

山田とハルナの家に電話を掛け、二人が同じ時間にまたしても出掛けていることを知りカンナは絶望します。

ルミが自分の部屋に帰ると、姉が自分の日記を読んでいました。

家に引きこもりブクブクと太る姉にウンザリしていたルミは、全てのイライラを姉にぶつけました。

逆上した姉はカッターナイフを手に取り、ルミを何度も切りつけました。

口論に気付いた母親が2階の部屋に上がってくると、そこには血だらけの姉妹の姿が。

死体が消えたことに落胆する山田とこずえ。

観音崎はハルナの姿を目にした安堵感から、その場でハルナのことを押し倒し、行為を始めました。

山田とこずえはそんな二人に呆れてその場を後にします。

こずえはハルナからライターを借りたままだったことを思い出しますが、そのまま歩き続けました。

ハルナの住む団地で火だるまになった何者かがマンションの高層階から飛び降りた事件が発生していました。

山田とこずえは死体を見に現場を訪れます。

死体は誰か全くわからないほど全身焼け焦げた状態でしたが、現場に落ちていたベレー帽から山田はその遺体がカンナであると確信します。

その死体を見つめる山田は驚きと喜びが混じったような何とも言えない表情をしていました。

田島カンナのインタビュー

山田と付合い始めるきっかけと、山田への熱い思いを語るカンナ。

山田とハルナの関係を誤解したカンナはハルナの自宅に放火、その火が自分に燃え移り、彼女はマンションから飛び降りました。

傷を負ったルミは命に別状はありませんでしたが、お腹の赤ちゃんは亡くなってしまいました。

若草ハルナインタビュー

ハルナがインタビューを受けていた場所はカンナによって火をつけられてしまった自室でした。

家にいた母がすぐに気付いて消火器を使ったため幸いボヤで済みましたが、二人は団地に住みづらくなったため急遽別の街へ引っ越すことになりました。

引っ越しの準備をするハルナを手伝いに観音崎が訪れます。

荷造りも終わり、もう二度と会わないとお互い分かっていながら二人はいつものように別れました。

そこに山田も別れを告げにきました。

山田はウィリアム・ギブソンの詩集をハルナに渡します。

二人は川沿いを歩きながらいつかの橋の上まで来ました。

カンナが亡くなってから彼女の気配を感じるという山田。

「生きている時よりも死んでしまった田島カンナの方がずっと好きだ」という山田に対し、ハルナは「死んでしまった人じゃないと好きになれないの?」と尋ねます。

山田は「生きている若草さんのことが好きだよ。若草さんがいなくなって本当に寂しい」と答えます。

二人は欄干にもたれかかりながらいつかの時のようにUFOを呼び寄せるために念じます。

橋の向こうからは朝日が見えてきていました。

スポンサーリンク

3.映画『リバーズ・エッジ』の感想と評価


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

1993年に発表された岡崎京子による原作漫画は90年代の空気感を含んだ青春群像劇の名作として今も多くの人に愛されています。

当時16歳の二階堂ふみが『ヒミズ』(2011年/園子温監督作)の撮影現場でこの衝撃的な作品に出会ったことが映画化の大きなきっかけに。

本作の企画が3年経っても動き出す気配のないことに業を煮やした二階堂ふみ自身が、この人にぜひ監督して欲しいと行定監督に直談判。

小沢健二と仕事をする機会があった際(おそらく写真集の時だと思います)に協力を頼み、徐々に周りを固めていき、自らの行動によって映画化の企画を動かしたそうです。

原作に惚れ込んだ彼女の信念が実を結び、90年代の名作が遂に2018年のスクリーンに甦りました。

セリフやストーリーにカットなどは原作から大きく変更しておらず強いリスペクトを感じる作りになっています。

漫画的なカット割りや閉塞感を感じさせるために採用したスタンダードサイズ(正方形に近い4:3の画面比)が効果を生み、ラストショットに合わせて広がる演出は非常に爽やか。

牛乳やライターといったアイテムによってイメージを繋ぐ巧みな編集も印象的でした。(この辺りはそもそも原作が上手い)

セリフの端々に90年代を感じさせる記号を配置しながらも、時代設定を明確に表すものは排除。

今の高校生はみな2000年以降に生まれた世代のため、スマホはおろか携帯が一切登場しない学園生活はかなり新鮮に見えるのではないでしょうか。

その時代の隔たりをなくすために差し込まれる登場人物へのインタビュー(大半が台本なしのアドリブ)が、よりはっきりとその人物の輪郭を浮かび上がらせてくれます。

さらに、若者から支持を集める二階堂ふみや吉沢亮らが主演を務め、今の時代に生きる若者への距離感をさらに縮めることに成功。

メインキャストの6人はみな一様に素晴らしい演技を披露していました。

4.若草ハルナ役の二階堂ふみ


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

本作『リバーズ・エッジ』のなかで、世の中に対してどこか冷めてしまっている主人公のハルナを演じた二階堂ふみ

映画化を実現させた行動力もさることながら、6人のリーダーとして圧倒的な存在感でこの作品そのものを引っ張っていたように思います。

この世代の中では経験値がやはり頭一つ抜けていますね。まだ23歳なので、これからどんな役者になっていくのか非常に楽しみです。

スポンサーリンク

5.山田一郎役の吉沢亮


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

いじめられっ子のゲイで既に世の中を諦めている山田を演じた吉沢亮

きちんとした芝居を見たのはこれが初めてに近いのですが、間違いなく今作で一番輝いていたのは彼でした。

記事を書くために今更ながら素晴らしい原作漫画を拝読しましたが、思わず「山田だ…」と漏れる程にビジュアルは再現されていました。(特に横顔)

まずその端正なルックスからしてとても画になるのですが、華はスターになるための絶対条件。

見た目や纏うオーラだけでここまで魅力を放つ俳優は久しぶりに見た気がします。

2018年はとにかく出演作が次々と続きますので、2019年以降の作品選びに大きな期待を抱きたいところです。

6.田島カンナ役の森川葵


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

山田への恋心を危険な程に募らせていくカンナを演じた森川葵

こういったいわゆる重い彼女役を演じさせたら右に出るものはいないんじゃないでしょうか。

声の出し方や空回り感、本作においても抜群でした。

愛を求め続ける観音崎を演じた上杉柊平、性による快楽に溺れるルミを演じた土居志央梨

不勉強ながらどちらも全く存じ上げませんでしたが、両者とも身体を張った熱演によって等身大のキャラクターを見事に体現していました。

7.吉川こずえ役のSUMIRE

参考映像:くるり-その線は水平線

モデルのこずえを演じたSUMIRE。

父が浅野忠信、母がCHARAという重過ぎる十字架がそのまま役に投影されていて、とても実在感を感じました。(見た目も一番原作を再現していたと思います)

クォーターである父親の影響からか色素の薄い目の色が特徴的で、公開されたばかりのくるりのMV「その線は水平線」(是枝裕和監修)でも大きな魅力を放っています。

メイン6人全員に通じることですが、まず被写体として素晴らしい。

この6人の若く才能豊かな演技をカメラに捉えたということだけでも、本作を映画化した価値は大いにあります。

8.噂話好きの高橋役を演じた松永拓野も好演

さらに付け加えるなら、噂話好きの高橋を演じた松永拓野も忘れがたい。

Netflixドラマ『火花』(2016年/廣木隆一総監督作)のコンビニ店員役で強烈な印象を残した彼をまた見たいと思っていましたが、今作でも端役ながらきっちりと存在感を残しています。

現在公開中の『サニー/32』(2018年/白石和彌監督作)でも好演を見せており、個人的には今最も注目している俳優です。

まとめ


(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

岡崎京子の盟友・小沢健二による主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」

オザケンはMステに出演した際、この曲について「友情だけでできております」と語っていました。(満島ひかりとのコラボ最高でした)

歌詞は岡崎京子との関係を綴る私的なものながら、ここまで深い感動を呼ぶのはこの曲が全てを肯定する強さと美しさに溢れているから。

二階堂ふみと吉沢亮によるポエトリーリーディング(ややラップに近い)は虚像と現実の境を飛び超え、ハルナと山田がさらなる立体感を持ち出します。

「きっと魔法のトンネルの先 君と僕の心を愛す人がいる」はまさに、20数年の時を経て映画化を実現させた二階堂ふみをはじめとする才能豊かな後進たち、そしてこの映画と主題歌によって心を震わされている私たち観客そのもの。

作品内で“平坦な戦場”という言葉で表される日本の学園生活。

特に多感な時期の学生時代はギリギリの淵に立って生きている人たちが数多くいます。

この世界は決して綺麗なものばかりで出来ている訳ではなくて、いつも通っている道のすぐそばにだって死が存在する。

その真実に、不幸にも若くして気付いてしまった繊細な彼らがもがく姿は生々しさと荒々しさに満ち、あまりにも苦く切ない。

けれど、苦しんだり傷付けてしまった経験は無駄にならず、その想い出を引っくるめて大人になる。歳を重ね生きていくとはそういうことです。

2010年代の今はネットの普及によって、90年代よりもっとドライかつ無関心な嫌さが満ち溢れている気がします。

この当時とはまた違った悩みや問題が色々と出てきてはいますが、人間の根っこの部分は変わりません。

この作品はまず真っ先に10代の若者たちに観ていただきたい!

新たな青春映画の代表作として日本映画史に名を刻むことは間違いありません。

『バトル・ロワイアル』(2000年/深作欣二監督作)のように、出演キャストの多くが日本映画界を牽引する俳優として成長していくのではないでしょうか。

行定監督好きの映画ファンも、若手俳優目当ての方も、オザケンや岡崎京子ファンの方も、皆一様に満足できるほど作品としての質は高いです。

二階堂ふみが女優人生を懸けて挑んだ本作をぜひご覧ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『鈴木家の嘘』ネタバレ感想レビュー。無力さを感じながらも支え合う家族の姿とは

野尻克己監督が長編デビュー作として選んだテーマは家族。 どこにでもある家庭に巻き起こった激流を、包み込むようなユーモアと冷静な筆致で描き出しました。 嘘によって再出発するヒューマンドラマ『鈴木家の嘘』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ポップスター』ネタバレあらすじと感想。実話ではない架空のスターの壮絶な人生が、ネット社会の危険性に警笛を鳴らす

1人のポップスターの壮絶な人生から学ぶネット社会の恐怖 カリスマポップスターとして、スターの階段を駆け上がるセレステの、壮絶な人生を描いた映画『ポップスター』。 2000年と2017年の2部構成で展開 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』ネタバレあらすじ感想と評価解説。“移民法により引き裂かれる”家族と男の不器用さ

養子としてアメリカにやってきた韓国生まれの青年が移民法により家族と引き離されてしまう悲劇を描いたドラマ 養子として3歳の時に韓国からアメリカにやってきたアントニオ(ジャスティン・チョン)。 キャシー( …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。 『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。 その人物の名はハリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『八重子のハミング』あらすじとロケ地!実話本のネタバレ感想も

「怒りに限界があっても、優しさには限界がない」…。4度のがん手術を乗り越えつつ、若年性アルツハイマーの妻・八重子との12年の介護した夫婦愛の手記の映画化。 今回は『八重子のハミング』をご紹介します。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学