Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/13
Update

映画『サラバ静寂』あらすじとキャスト!原作や監督についても

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。

キャスティングされた主演は、ドラマと映画ともに『お前はまだグンマを知らない』では轟一矢役を務め、映画『関ヶ原』では松平忠吉役を演じた、大注目の若手俳優の吉村界人。

また、映画『葛城事件』にて葛城稔役を演じた若葉竜也の共演で綴る今作。

若者たちのロードムービー『サラバ静寂』の公開は、2018年1月27日より上映!

スポンサーリンク

1.映画『サラバ静寂』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【企画・脚本・監督】
宇賀那健一

【キャスト】
吉村界人、SUMIRE、若葉竜也

【作品概要】
俳優としても知られる宇賀那健一の監督として映画4作目となる作品。宇賀那監督は、2008年『発狂』にて海外から高い評価を得て、2016年『黒い暴動❤』はミニシアターやシネコンでも話題の劇場公開が行われました。

主演はミズト役には、『太陽を摑め』で主演を果たした吉村界人、トキオ役には『葛城事件』の若葉竜也。また俳優の浅野忠信と歌手のCharaの娘で、雑誌『装苑』モデルのSUMIREのスクリーンデビューにも注目。

2.映画『サラバ静寂』のあらすじ


(C)「サラバ静寂」製作委員会

音楽や映画、小説といった娯楽が一切禁止される法律「遊楽法」が施行された日本。

ネジ工場に勤務するだけのツマラナイ生活を過ごしていたミズトとトキオ。

ある日、2人は偶然にも根絶されたはずの音楽がたくさん保存されている廃墟を見つけました。

廃墟に通いつめることで音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知ります。

彼らはそこへ行くことを夢見て一緒に音楽制作に乗り出します。

そして、音楽を所持している罪で父親の命を奪われた女性ヒカリも、2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

スポンサーリンク

3.映画『サラバ静寂』の原作と見どころは

今作『サラバ静寂』の監督を務めたのは、初の長編映画『黒い暴動❤』で注目を集めた宇賀那健一監督

2016年に公開された『黒い暴動❤』では、キャストに馬場ふみか、間宮祥太朗、村上虹郎、今井華、柳英里紗といった有望若手俳優が総出演した世界初のガングロギャル映画。

『黒い暴動❤』の上映では、新宿シネマカリテを中心に、イオンシネマやコロナワールドなどのシネコンにも上映が拡大して、8か月ものロングラン上映記録した作品

それから約2年越しの公開として予定されているのが映画『サラバ静寂』です。

企画・脚本・監督を務める宇賀那健一の完全オリジナルストーリーとして作られ、俳優の浅野忠信と歌手のCharaの娘で、装苑モデルのSUMIREが映画初出演となることでも話題となる作品です。

吉村界人と長編映画初主演『太陽を掴め』(2016)

映画『サラバ静寂』の主演ミズト役には、2016年公開の『太陽を掴め』で長編映画初主演を飾り、近作では映画『獣道』『関ヶ原』などで大注目される若手俳優の吉村界人が演じます。

また、娯楽の禁止された世界で、吉村とともに音楽と出会い衝撃を受ける若者トキオ役は、映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、第8回TAMA映画賞で新進男優賞を受賞した若手俳優の若葉竜也が演じています。

4.宇賀那健一監督のプロフィール

世界初のガングロギャル映画!『黒い暴動❤』(2016)

宇賀那健一(うがなけんいち)は、1984年4月20日に東京都で生まれた俳優、監督、脚本家。青山学院大学経営学部卒業。

事務所は有限会社ブレス・チャベス所属、また株式会社Vandalism代表取締役でもあります。

趣味はサッカー、ダイビング、映画と音楽鑑賞。

宇賀那健一は高校時代から俳優としての活動をスタートさせると、テレビCM『メントスレインボー』シリーズや大河ドラマ『龍馬伝』(2010)に出演。

舞台では『ROAD~地雷を踏んだらサヨウナラ~』にて加納誠役を演じ、映画では2004年に『バッテリー』、2005年に『蝉しぐれ』2006年に『着信アリfinal』などに出演を果たし、幅広く活躍しています。

大学時代からは俳優のみならず監督・脚本・編集にも興味を持ち、映画制作開始します。

初監督作品『発狂』はアメリカを中心に多数の国際映画祭に入選。また、カンヌ国際映画祭では、2010、2011ショートフィルムコーナーにて3連続して上映されました。

その後、石井裕也監督の作品に演出部として参加するなど、映画作りを学び解しも行い、2011年は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011にて、宇賀那健一監督特集上映が開かれる。

2016年に映画『黒い暴動❤』にて初長編映画の監督デビューを果たすと8か月ものロングラン上映を記録させました。

宇賀那健一の才能は俳優だけではなく、監督としても才能も国内外から高い評価を受けています。

スポンサーリンク

まとめ

映画『サラバ静寂』の監督を務めた宇賀那健一と、今作で主演を務めた若手俳優の吉村界人とは交流があります。

吉村界人は宇賀那監督との映画に作りに関して次のように述べています。

「監督とは知り合いでしたので、やっと一緒に映画をできるんだ、と瞬間的には歓喜しましたが、その倍以上に冷静で、ちゃんと成し終えないと、という気持ちが押し寄せてきました。宇賀那監督、プロデューサーと三人で身を焦がしながら、渇望してました。今、静寂してる時間はなかったので。主人公ミズトは、作品の普遍でありストーリーテラーをしながらも、絶え間なく人生に枯渇した様な空気が流れて来るように考えました。共演した竜也、SUMIREの青い炎であろうと思いました。」

吉村界人が俳優としてどのような演技力で表現したのか興味の湧くコメントですね。

また、知人として交流がある宇賀那健一だからこそ、身を焦がし合い、ぶつけ合った情熱に注目していきたいですね。

さらには自身も俳優としての経験のある宇賀那健一監督が、どのようにこれらを受け止めながら演出を冷静に行ったのかにも要注目です!

映画『サラバ静寂』の公開日は、2018年1月27日(土)、渋谷ユーロスペースほか順次全国公開予定。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『荒野の誓い』あらすじと感想レビュー。ウエスタンの背景を西部劇の過去作とともに解説

『荒野の誓い』は2019年9月6日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー! 1890年は“フロンディア”が消滅、西部の開拓が終了し、名実ともに全てがアメリカとなった、アメリカ史上輝かしい年とされ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アポロ13』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【トム・ハンクス代表作】

アメリカの月面探査船計画、アポロ11号から16号のなかで一機だけ月に到達できなかったアポロ13号。 なぜその一件は、“輝かしい失敗”とまで言われるようになったのか。 月面に到着することなく、地球へ帰還 …

ヒューマンドラマ映画

『約束のネバーランド』ネタバレ結末と解説考察。続編の実写映画化も楽しみなファンタジックな脱出劇!

最後まで信じて諦めない。全員で脱出する! 「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック『約束のネバーランド』が、浜辺美波ら注目若手俳優たちと北川景子の共演で、実写映画化となりました。 まさに、少年ジャンプの …

ヒューマンドラマ映画

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ結末感想とラストあらすじ解説。実話の“英雄に作り上げられた真実”をクリント・イーストウッド監督が描く問題作

硫黄島の戦いをアメリカ側と日本側の視点から描いた映画史上初の2部作第1弾。 クリント・イーストウッドが製作・監督を務めた、2006年製作のアメリカの戦争ドラマ映画『父親たちの星条旗』。 太平洋戦争最大 …

ヒューマンドラマ映画

秦基博×カテル・キレヴェレ『あさがくるまえに』対談動画詳細

映画『あさがくるまえに』は9月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。 国際映画祭として知られるカンヌ、ベネチア、トロントなど大注目され今作は、アメリカのバラエティ誌が2017年上半 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学