Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『オーケストラ・クラス』あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • バフィー

映画『オーケストラ・クラス』は、8月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開!

移民が多く、様々な生活環境の人々が暮らすパリ19区。

無料で楽器を贈呈し、プロの音楽家が教えるという、フランスが国をあげて行った音楽学習プロジェクト「デモス」を描いた映画『オーケストラ・クラス』。

「フィルハーモニー・ド・パリ」が全面協力のもと、音楽という光が子供たちだけではなく、大人たちも揺れ動かす感動の物語が完成しました。

スポンサーリンク

映画『オーケストラ・クラス』の作品情報


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
La Melodie

【監督】
ラシド・ハミ

【キャスト】
カド・メラッド、サミール・ゲスミ、アルフレッド・ルネリー、シレル・ナタフ、ユースフ・ゲイエ、ザカリア・タイエビ・ラザン

【作品概要】
移民が多く、治安もあまり良いとは言えないパリ19区に育つ子供たちに音楽を教えにやってきた、挫折したバイオリニストが逆に子供たちに大切なものを教わることになる感動のヒューマンドラマ。

『キングス&クイーン』では俳優として出演していたラシド・ハミが長編映画監督作の第2作目として映画化しました。

ラシド・ハミ監督のプロフィール


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

ラシド・ハミは、1985年生まれ、アルジェリア出身の俳優・映画監督。

『ふたりの友人』『キングス&クイーン』『身をかわして』などに俳優として出演します。

2005年に短編で映画監督デビューを果たし、2008年には『Choisir d’amer』(日本未公開)で長編映画デビューを果たします。

約10年の時を経て、長編映画第2作目となる『オーケストラ・クラス』を完成させました。

スポンサーリンク

映画『オーケストラ・クラス』の主なキャスト


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

カド・メラッド(シモン役)のプロフィール

カド・メラッドは、1964年3月27日生まれ、アルジェリア出身の俳優。

1990年代はテレビドラマの俳優として数々のドラマシリーズにレギュラーやゲストとして出演します。

2000年以降から、徐々に映画へも積極的に出演することで知名度を上げていきます。

2005年には映画『コーラス』に出演。この作品がアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたことで幅広く名前が知られました。

2011年『Monsieur Papa』(日本未公開)で映画監督デビューを果たします。

サミール・ゲスミ(ブラヒミ役)のプロフィール

サミール・ゲスミ は、1967年10月7日生まれ、フランス・パリ出身の俳優。

1988年『Jaune vevolver』で俳優デビューを果たします。

90年代は『IP5 愛を探す旅人たち』などの映画にも主演しながら、テレビドラマやテレビ映画を中心に活躍します。

2000年代に入ると映画の出演が増え、『ソフィー・マルソーの過去からきた女』や『クリスマス・ストーリー』『アルティメット』などにも出演。

2008年には短編映画で監督デビューを果たし、数々の映画賞を受賞しました。

最近では2015年『トランスポーター イグニション』や『カミーユ、恋はふたたび』などの話題作にも出演しています。

映画『オーケストラ・クラス』のあらすじ


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

パリ19区にある小学校に音楽教育プログラムの講師としてやってきた挫折したバイオリニストで子供が苦手なシモン。

シモンは6年生の生徒たちにバイオリンを教えることになりますが、楽器どころか音楽の知識もほとんどなく、いたずらばかりして落ち着きもなく、とても音楽を教えるという環境ではありませんでした。

しかし、そんなクラスの中でシモンが出会った、バイオリンの才能をもつ少年アーノルド。


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

アーノルドと出会ったことがきっかけで、シモンも音楽のすばらしさを再確認することになります。

アーノルドの影響もあって、感受性豊かな子供たちは音楽の魅力に気づき、演奏することに夢中になっていきます。

1年後に開催される「フィルハーモニー・ド・パリ」での演奏会を目標にシモンと子供たちの運命が動きだします。

スポンサーリンク

映画『オーケストラ・クラス』の感想と評価


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

挫折したバイオリニストのシモンが教えることになったのは、人種も育ち全く違う子供たちが多く集まるパリ19区の小学校。

パリ19区というのはアカデミー賞にノミネートされた映画『パリ20区、僕らのクラス』でも描かれていた様に非常に治安の悪い地区です。

音楽に全く触れたことのない子供たちにどう音楽を教えるかで四苦八苦するものの、次第に子供たちも音楽に没頭するようになり変わっていきます。

それと同時に、子供たちを教える立場であったはずのシモン自身も音楽のもつ力の素晴らしさを再び感じ、逆に子供たちに多くを学ぶことになります。


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

音楽という光が、挫折していたり、未来への不安で先は暗闇しかないという人々の道を照らして、導ていくという過程の描き方がすごく自然なのです。

これは制作者の能力もあるということは勿論ですが、これこそが「音楽の持つ力」だと言っていいのかもしれません。
つまり、目には見えないはずの「音楽の持つ力」が見える映画なのです。

ドラマとしても魅力的な作品ではあるのですが、プロ顔負けの演奏会のシーンも注目です!!

まとめ


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

この映画で注目すべき点は、「子供達の未知数な才能」の凄さです

本作のストーリーは、楽器に触れたこともないという音楽知識ゼロの子供たちが1年後の演奏会を目指すというものですが、映画に出演している子役たちは、ストーリーの設定上と同じく、音楽経験者が全くいないという状況でした。

そんな子供たちを映画同様に音楽を教えるのは至難の業。しかも映画の物語は1年ですが、撮影は約4ヶ月という映画の設定よりも更に過酷な条件だったのです。

しかし、それを実現させた映画スタッフと子役たちは凄いとしか言いようがありません。

フィクションでありながら、音楽の知識や技術を吸収していく様子は、ドキュメンタリー要素もあると言っていいと思います。

映画『オーケストラ・クラス』は、8月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開!

本作の上映される劇場情報


(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

【北海道・東北地区】

北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 8月18日(土)〜

岩手県 盛岡ルミエール 9月15日(土)〜

【関東地区】

東京都 ヒューマントラストシネマ有楽町 8月18日(土)〜
東京都 新宿武蔵野館 8月18日(土)〜
東京都 恵比寿ガーデンシネマ | YEBISU GARDEN CINEMA 8月18日(土)〜

神奈川県 川崎市アートセンター 近日
神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ 近日

栃木県 ヒカリ座028-633-4445 近日

【甲信越地区】

長野県 長野松竹相生座/長野ロキシー1・2 近日
長野県 東座 近日
長野県 アイシティシネマ 近日

【中部・北陸】
静岡県 シネ・ギャラリー1・2 9月1日(土)〜
静岡県 CINEMAe~ra. シネマイーラ 近日

愛知県 伏見ミリオン座 近日

三重県 伊勢 進富座 本館・別館 10月6日(土)〜

【近畿地区】
大阪府 テアトル梅田 8月18日(土)〜

京都府 京都シネマ 9月8日(土)〜

兵庫県 シネ・リーブル神戸 8月25日(土)〜

【中国・四国地区】
岡山県 シネマ・クレール丸の内1・2 近日

愛媛県 シネマルナティック 近日

【九州・沖縄地区】
福岡県 KBCシネマ 近日

長崎県 長崎セントラル劇場 近日

熊本県 Denkikan 近日

宮崎県 宮崎キネマ館 近日

鹿児島 県ガーデンズシネマ gardens’ cinema 近日

沖縄県 シネマパレット 9月21日(金)〜

*上記の情報は8月1日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や順次公開が拡大されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページでご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『東京暮色』ネタバレ解説と感想評価。ラストまでのあらすじで小津安二郎が描いた家族の人間模様を解釈

小津安二郎のフィルモグラフィーの中で最も暗く救いのない作品 『早春』(1956)と『彼岸花』(1958)の間に撮られた『東京暮色』は、その深刻な内容から小津作品の中でも最も暗い救いのない作品の一つとし …

ヒューマンドラマ映画

映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth… 『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動ドラマ『LION ライオン 25年目のただいま』をご紹介します。 スポンサーリン …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファヒム パリが見た奇跡』内容解説。実在の天才チェス少年を描き難民問題への向かい方を問う

映画『ファヒム パリが見た奇跡』は2020年2020年8月14日(金)より全国順次ロードショー! バングラデシュから父とともに脱出し、フランスで新たな生活を目指していた少年・ファヒム。希望のカギは、彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライムライト』あらすじネタバレと感想。チャップリンの楽曲エタナリーが有名な晩年の代表作

老道化師と若きバレリーナの心の交流を描いたチャップリン珠玉のメロドラマ “喜劇王”チャールズ・チャップリンが、監督・主演をはじめ、製作・脚本までも務めた1952年のアメリカ映画『ライムライト』をご紹介 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP