Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『レナードの朝』ネタバレあらすじ感想と結末の考察評価。実話からデ・ニーロとロビンウィリアムズで描く‟奇跡の目覚め”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

名優ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズによる永遠の名作

神経科医オリバー・サックスが実体験をつづった著作を原作に、30年にわたる昏睡から目覚めた重症患者と彼を救おうとする医師の交流を描く感動のヒューマンドラマ。


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

『ゴッドファーザー PARTII』(1974)『レイジングブル』(1980)のロバート・デ・ニーロと、『いまを生きる』(1989)『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(1997)のロビン・ウィリアムズのふたりの名優が主演を務めます。

監督は『ビッグ』(1988)『プリティ・リーグ』(1992)のペニー・マーシャル。観る者の心を激しく揺さぶる感動の実話『レナードの朝』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『レナードの朝』の作品情報


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1991年(アメリカ映画)

【原作】
オリバー・サックス

【脚本】
スティーヴン・ザイリアン

【監督】
ペニー・マーシャル

【編集】
ジェリー・グリーンバーグ

【出演】
ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カブナー、マックス・フォン・シドー、ジョン・ハード

【作品概要】
名優ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズが、長い眠りから目覚めた重症患者のレナードと、彼を救うために奮闘する人情熱い医師のセイヤーの心の絆を演じる感動のドラマ。

『プリティ・リーグ』(1992)のペニー・マーシャルが監督を務めています。

患者たちが薬によって一時的に病を克服することができた奇跡の夏。その実話をもとに、人々の喜びと悲しみを丁寧に映し出した名作です。

ジョン・ハード、ジュリー・カブナー、マックス・フォン・シドーらが共演しています。

映画『レナードの朝』のあらすじとネタバレ


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

1969年のブロンクス。人付き合いが苦手でずっと研究だけに携わってきた精神科医のセイヤーは、ベインブリッジ病院で初めて臨床医となります。

精神病患者たちの悲鳴や大声に驚くセイヤー。看護師のエレノアは、じきに慣れると声をかけます。

患者ひとりひとりの病状を丁寧に診察するセイヤーに、好感を持つエレノア。

患者のひとりであるレナードに母親が言葉をかけ続けていました。息子と言葉ではなく話をするという彼女は、セイヤーに子供を持てばその意味がわかると言います。

レナードの病状は25年前からずっと変わっていないとカルテに書かれていました。

エレノアからのお茶の誘いを断ってセイヤーは帰宅します。人付き合いが極度に苦手な彼は、植物を愛で、ピアノを弾いていつもひとりで過ごしていました。

1920年代に嗜眠性脳炎を患った患者が多いことに気づいたセイヤーは、その後遺症研究の博士P・インガムを訪ねます。脳障害を負った彼らは何も考えていないという博士の言葉に、セイヤーは違和感を感じます。

レナードの母から彼のこれまでの経過を聞くセイヤー。手の震えから始まってやがて字が書けなくなったレナードは11歳で退学。

次第に放心状態で座っているようになり、ママと呼び続けたのが最後の言葉となりました。1939年11月14日20歳で病院に入院しましたが、それまでの9年間はずっと読書をしていたことがわかります。

セイヤーがレナードの脳波を調べると、名前を呼んだときに脳波が動いていました。

さまざまな患者にボールを投げ続けたり、美しいアリアを聴かせたり、本を読んで聞かせたりすると、それぞれが特定の何かに反応することがわかります。

レナードを文字盤に触らせると、彼は「リルケ パンサー(豹)」という文字を指しました。セイヤーはリルケの本を読みながら、治療について考えます。

パーキンソン病の新薬を使ってみることを思いつき、了承をとってレナードに薬を飲ませ始めたセイヤーは、少しずつ量を増やして様子をみていきました。なかなか効き目が出ないことから、セイヤーは一気に倍の量を飲ませます。

うたた寝していたセイヤーが目を覚ますと、ベッドにいるはずのレナードの姿がありませんでした。

あわてて飛び起きて院内を探すと、テーブルに向かって文字を書いているレナードをみつけます。静かだと言うレナードに、夜中だからみんな眠っていることを教えるセイヤー。

「僕は眠ってない」とレナードは言い、「君は起きている」とセイヤーが答えます。レナードは紙に、「レナード」と自分の名を書いていました。

翌朝訪れた母を、レナードは「ママ」と呼びながら抱きしめます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『レナードの朝』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『レナードの朝』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

院内をあいさつしてまわるレナードを見たスタッフたちは、驚きと感動に包まれます。自分の写真を見てはじめて、自分が年をとっていることに気づくレナード。

目を閉じたらもとにもどってしまうのではないかとこわがる彼を、母が子守唄を歌って寝かしつけてあげます。

セイヤーとブロンクスの街に出たレナードは、大はしゃぎで外出を楽しみます。

独身で人付き合いが苦手だと言うセイヤーに、レナードはエレノアが「先生はとても親切で、人を愛している」と語っていたことを伝えました。

薬を全患者に使いたいとカウフマンに話すセイヤー。高額な費用が壁となる中、大勢のスタッフがカンパをしてくれました。

映像とともにレナードの症例を人々に説明し、セイヤーは外部の人々からの協力もとりつけます。

患者たちに薬を投与すると、奇跡が起きました。ベッドで動けなかったはずの患者たちは自由に動けるようになり、その事実にみな感動していました。病院はにわかに活気づきます。

そんなある日、レナードはひとりの女性、ポーラに心ひかれるようになります。父親の見舞いに来た彼女は、自分のことを一瞬わかってくれるように感じると言い、レナードは「君のお父さんは君のことをわかっている」と話します。

ある晩、セイヤーにレナードから電話がかかってきました。セイヤーの部屋にいるという彼のもとに駆けつけると、レナードは人生は喜びだと朝の5時まで語り続け、医者たちに自分たちも普通の人のように自由に散歩させてほしいと訴えます。自分たちは人間で、物ではないのだからと。

しかし、医師たちは許可しませんでした。反対されたことに怒ってひとりで外に出ようとしたレナードは、扉の前で大勢の男たちに無理やり抑え込まれてしまいます。

「あの子を変えてしまったのね」とセイヤーを涙ながらに責めるレナードの母。

レナードは患者たちを前に「病人はやつらだ!やつらが悪いんだ」と大声で叫びますが、体のけいれんは止まらなくなっていました。

30年怒りをためこんでいたレナードたちの気持ちを思いやるセイヤー。しかし、カウフマン医師たちは無法地帯になった病院の状況に憤ります。

副作用でけいれんが止まらなくなり、精神もおかしくなっていくレナードは、セイヤーの言葉を受け入れられずに突飛ばしてしまいます。

一度部屋を出て行ったセイヤーが戻ると、ひとり座り込んでいるレナードがいました。

「助けてくれ」。そう言うレナードをセイヤーは抱きかかえ、がんばろうと励まします。

薬の副作用で筋肉のけいれんが起きているレナードは、ほかの患者の不安の方を恐れており、自分を実験台にして患者たちに心構えをさせるように言います。

けいれんの止まらないレナードのために、必死の思いで薬を増やしていくセイヤー。レナードは自分の状況を書き記し、映像を見ながらその時の心理状態をセイヤーに説明します。

ある日、突然ひどいけいれんに襲われたレナード。辛くてとてもビデオを回せないと言うセイヤーに、レナードは「学べ学べ!」と言って動画を残すように必死で呼びかけます。

苦悩の中、セイヤーはレナードの薬を急ピッチで増やし続けます。それでも、レナードの具合は日に日に悪くなっていきました。

息子が苦しんでいるのを止めてほしいというレナードの母に、「彼は戦っている」と言うセイヤーでしたが、彼女は「負け戦よ」と言い切ります。

訪れたポーラの前で必死で普通にふるまおうとするレナード。「この通り病人だ。君と会うと気分がいい」と言いながらも、会うのはこれきりにしたいと言って席をたち別れを言います。

そんな彼の手をとり、ポーラはダンスを始めました。彼女のぬくもりにレナードのけいれんはおさまります。涙を流しながらふたりは静かに踊り続けます。

帰っていくポーラの姿を、レナードは窓からずっと見送っていました。その後、レナードは文字をつづることも、自身で動くこともできなくなっていきました。

セイヤーは、レナードが語っているビデオを笑顔でみつめながらエレノアに聞きます。

「君は僕を親切な人だと言ったそうだけど、命を与えてまた奪うのが親切な事か?」

エレノアは答えます。「命は与えられ奪われるものよ。」

けれども、つらいと言って泣くセイヤーに、エレノアは優しく「親切な人だからよ」と言って彼の肩に手を置きました。

レナードとセイヤーが仲良く並んで映る姿が映し出されます。

「彼が友達だからよ」。エレノアのやさしい声を聞きながら、笑顔で握手して肩を組む自分たちの姿をセイヤーは涙でみつめます。

セイヤーは人々の前で、すばらしかった夏について話します。

奇跡の夏に奇跡の現実が襲ってきたこと。何が正しく、何が間違ってたのかは謎だということ。

しかし、人間の魂はどんな薬よりも強いことを忘れてはならず、私たちは仕事、楽しみ、友情、家族など何よりも大切なものを忘れてきたことを。

ある晩、セイヤーは勇気を出してエレノアをお茶に誘います。寄り添って歩き出すふたり。その後もセイヤー医師とチームは新薬を用いながら、脳炎患者のリハビリに従事しています。

レナードら患者の多くには短い目覚めがありましたが、1969年夏のような劇的な事例は起こっていません。

セイヤー医師は現在もブロンクスの長期療養病院に勤務しています。

スポンサーリンク

映画『レナードの朝』の感想と評価


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

なぜ奇跡は起きたのか

25年間まったく周囲と意思疎通ができないまま大人になったレナードと、彼の内なる心に触れようと必死に治療を進める医師のセイヤー。

ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズという名優ふたりによって紡がれる奇跡の実話『レナードの朝』からは、さまざまなことを教えられます。

レナードをはじめ、精神病棟に入院している患者たちは動けずじっとしていますが、音楽、文学、投げられたボールなど、それぞれにとっての特別なものにだけ反応をみせます。

オペラに反応する人、ロックに反応する人、ボールを受け取れる人、さまざまです。無表情に見える彼らの胸の内には、それぞれの世界や好みが存在することが垣間見えます。

彼らの聞こえない声に耳を傾ける家族や医師たち。薬によって言葉を発し、文字を書き、自由に動くことができるようになった患者たちは、人生を謳歌します。

これまでの失った時を必死で取り戻そうとするかのように。そして、いつその幸せが去ってしまっても悔いなくいられるように。

朝起きて何もかも失っているかもしれないと思うと怖くて眠れないと言っていたレナードでしたが、悲しいことに彼の恐れていた朝がとうとうやってきます。

薬が効かなくなり、副作用のひどいけいれんが止まらなくなったレナードは、その姿をビデオに撮るようにとセイヤーに言い続けます。辛くてとても撮れないと言うセイヤーに、苦しみの中でレナードは叫びます。「学べ!」と。

自分の病状よりも、ほかの患者が不安がることを心配した温かな心を持つレナード。彼は自分が礎となって、この病の治療が進んでいくことを何より望んでいたのです

彼の思いは今の時代にも引き継がれ、純粋な医療技術に加え、現代では進歩したITも大きな力となっています。

ある男の子の話です。彼は幼児の頃に高層マンションから落ちて喋ることも動くこともできなくなり、表情も失っていたことから、体と同じく心も壊れてしまったと思われていました。

しかし、その子の瞳が本を読んであげたときに輝くことに母親だけは気づいていたと言います。

コンピューターの進歩によって、実は少年が言葉をよく理解していることがわかりました。

彼の可能性を信じて話しかけ続けた母の深い愛情によって、困難の中でも強くやさしい心を育んだ少年は、13歳になってはじめて世界とつながり数々の美しい詩を残したそうです。

レナードにもいつも語りかけてくれていた愛する母の存在がありました。また、彼の激しいけいれんを止めてくれたのは、ポーラの温かなぬくもりでした。

周囲の人たちからの愛情、向き合う医療者の病を直そうという熱いを思い、そしてそれにこたえようとする患者本人の気持ちがあって、奇跡は起こるべくして起きたのかもしれません

そして忘れてはならないのは、そこには前の時代の患者たちの喜びと悲しみという礎があることです。レナードの気高い魂がその事実を私たちに教えてくれます。

まとめ


(C)1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

長い眠りの中にあった患者たちが、目覚めた奇跡の夏を描き出す感動作『レナードの朝』。生きる幸せを教えられるとともに、人にとっての本当の幸せが何なのかについて深く考えさせられる作品です。

映画の中の患者たちが手にした「自由な生」は、生まれながらに健康な人たちには想像しえないほどの強い輝きを放っていたのではないでしょうか。

たとえそれが一瞬で失われるものだったとしても、その光は何ものにも代えがたい価値があったに違いありません。

夜安心して眠り、変わらぬ朝を迎えられることが、どれほど大きな奇跡であるか。作品の中からレナードは永遠に私たちに語り続けてくれることでしょう。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画コンフィデンスマンJP|あらすじネタバレと感想。ロマンス編にてドラマ版からカメオ出演するキャストを見逃すな⁈

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世共演の映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』2019年5月17日(金)公開! 2018年春に放映された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が豪華キャストと共に映画化。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルローヤル』あらすじと感想解説。キャスト波瑠の可愛らしさが原作者の桜木紫乃の世界観を活かす

映画『ホテルローヤル』は11月13日全国順次ロードショー 映画『ホテルローヤル』は、発行部数90万冊の桜木紫乃の直木賞受賞小説『ホテルローヤル』を映画化したヒューマンドラマです。 監督を務めたのは、安 …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじとキャスト。主演の真木よう子の演技力は?

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 2008年に初演された日本の新国立劇場と、韓国の芸術の殿堂によるコラボ舞台劇「焼肉ドラゴン」。劇作者の鄭義信が自らメガホンを取り映画化! …

ヒューマンドラマ映画

映画『トムボーイ』ネタバレ結末感想と考察解説。セリーヌシアマ監督が描いた“少年”になりすました少女

10歳の少女が“男の子になりすまし”どこまで通用するか?そんな、ひと夏の大挑戦! 映画『トムボーイ』は『燃ゆる女の肖像』で、第72回カンヌ国際映画祭の脚本賞とクィア・パルム賞を受賞した、セリーヌ・シア …

ヒューマンドラマ映画

映画『いのちの停車場』ネタバレ解説とラスト結末。原作を基にドラマにある“自分らしい生き方”が問われる

限りある時間をあなたならどう生きるのか? いのちの停車場を決めるのはあなたです。 作家で現役医師でもある南杏子の同名医療小説を、『八日目の蝉』の成島出監督が、吉永小百合を主演に迎え映画化。 町の小さな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学