Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ベンジー』ネタバレ感想と考察評価。愛犬家にはたまらない豊かな仕草と表情をベースに兄妹との絆を親子二代で描く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

誇り高き『ベンジー』の名に懸けて!仲良し兄妹を救えるのはボクだ!そんな小さなヒーロー犬のハートフルな冒険映画

『ベンジー』という題名を見て「あ、懐かしい!」と思われた50代前後の人も多かったのではないでしょうか?

1974年に公開されたアニマル映画『ベンジー』を観た人なら、予告動画を観ただけでもその懐かしさが更に倍増するはずです。

1974年に親に連れられ観に行った人も多くいるこの映画は、アメリカのファミリー映画として人気となり、シリーズ化され、2004年まで映画とテレビ版にて7作品が制作されています。

今回ご紹介するのは1974年版『ベンジー』をリブート、2018年からNetflixにて配信が開始された作品です。

元祖ベンジーとそっくりな犬が2018年版に再び登場し、懐かしく思う人も初めての人も、きっと我が子と一緒に観たくなることでしょう。

スポンサーリンク

映画『ベンジー』の作品情報


(C)2018 Netflix

【配信】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ブランドン・キャンプ

【原題】
Benji

【キャスト】
ガブリエル・ベイトマン、ダービー・キャンプ、キーリー・サンチェス、グラレン・ブライアント・バンクス

【作品概要】
1974年版『ベンジー』で監督を務めたジョー・キャンプの息子であるブランドン・キャンプが監督を手がけた本作。1970年代から1980年代に愛され親しまれた人気作品が、2018年以降の若いファミリー層に愛される作品として新たに世に送り出されたわけです。

主役である犬のベンジー役は公募で選ばれましたが、とても賢い上に元祖ベンジー(俳優犬ヒギンス)と本当によく似ており、「遺伝子レベルで繋がっているのではないか?」と思わせます。

本作は「ナルニア国物語」シリーズで知られるウォールデン・メディアが制作。2018年3月にNetflixにて配信が開始されました。

映画『ベンジー』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Netflix

ニューオリンズ郊外の廃工場で暮らしていた母犬と子犬3匹は、動物管理局に見つかり捕獲され連れていかれてしまいます。

しかし、物陰に隠れ捕獲を逃れた1匹の子犬がいました。車を追いかける子犬に母犬はまるで逃げろと言うかのように吠えます。

子犬は独りぼっちになりますが、やがてやせっぽちだけど賢く冒険心に満ちた野良犬へと成長します。そして、田舎町から飛び出し、よその土地へと旅立ちます。

都会に行きそうな車の荷台に乗り込み、うまいことニューオリンズの都市へとやってくることができました。

さて、この街に暮らす少年カーター・ヒューズは数学が得意で、虐めっ子のテストを代わりに解いてあげますが、彼が到底取れそうもない良い成績を取ってしまい、逆恨みされます。

そして、カーターは皮肉たっぷりに「今度は想像以上の大バカ野郎になるから!」と言ってしまうのです。カーターはさらに虐めっ子からひどい目にあわされることになりました。

一方、街に着いたばかりの野良犬は見たこともないような人の数に右往左往しています。人は沢山いるけれども誰も犬には気にも留めず通り過ぎます。

だけど、お腹は空くし嗅いだこともない食べ物のイイ匂いがしてきます。一口もらえないかと近寄ったら店の人に怒られちゃいました。

慌てて近くのゴミ箱からイイ匂いのする紙トレーはくわえて逃げますが、逃げ込んだ裏路地に大きな野良犬が隠れていて、吠えられ美味しい紙トレーを取られてしまいます。

せっかくの新天地なのに何も良い事もありません。

ところがここで運命の出会いが待っています。ひどい目にあって落ち込むカーターの目の前に、街に来たばかりの野良犬が現れ、お互いに目と目が合います。

カーターはその野良犬に相性の良さを感じますが、人込みに紛れて野良犬は姿を消しました。カーターは諦めきれず犬を探します。

そして、建物の通気穴に隠れているところ見つけると、イチゴ売りからイチゴを買ってその犬をおびきよせました。

以下、『ベンジー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ベンジー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Netflix

カーターはイチゴで犬を誘き寄せながら、バレエ教室に通う妹のフランキーを迎えに行きます。そして、兄妹は何故か質屋へと入っていきます。

その質屋には母親が質入れした亡き父親の腕時計があるのです。カーターはランチを我慢してお金を貯めてその腕時計を買い戻そうとしていたのです。

カーターの家庭は父親を病で亡くし、消防隊員として仕事をする母親の3人暮らしでした。母親の収入だけではギリギリの生活をしています。そのため母は夫の腕時計を泣く泣く手放したのです。

家に帰ったカーターとフランキーの後をしっかり付いていった野良犬は、2階の出窓まで起用に登り兄妹を驚かせます。母子家庭で寂しい思いをしていた兄弟は、母親に内緒にして飼ってあげようと決めるのです。

カーターは野良犬にベンジャミン・フランクリンの伝記からベンジャミンにしようとしますが、フランキーは「ベンジーはどう?」と、提案しベンジーと名付けられました。

しかし、ベンジーは翌朝早々に出勤のために子供部屋に来た母親にみつかり、カーターは犬を飼う余裕はないから捨ててくるよう怒られるのでした。

カーターは泣く泣くベンジーを外に出しますが、ベンジーはカーターの通う学校の前で待ち伏せをしたりします。

ところが、カーターは妹を迎えに行くためにいつも裏口から出て行くので、ベンジーと出会えません。

そしてその日もカーターは妹と質屋へと行きましたが、今度は預けたお金を返してもらうためです。母のために腕時計を買い戻そうとしていたのに、ベンジーを捨てたからです。

店に入ると店主は「時計なら売ってしまったから帰りなさい!」と、2人に言います。

カーターもフランキーも納得がいかず「どうして売ったの!? 嘘つき! 警察を呼ぶわ!」こう言うと、先にいた2人の客が振り向きます。

その2人の客は覆面をした強盗で店主を脅していたのです。店主は気転を聞かせてカーター達を逃そうとしたのですが、「警察を呼ぶ」と言ったために2人は強盗に誘拐されてしまいました。

質屋にカーターがいると考えたベンジーがやって来ると、強盗が2人を車に押し込み発車させるところでした。

ベンジーは車を追いかけ、車中からその姿を見つけたカーターは、カバンに入れていたイチゴを使って一つずつ落としていきます。

ベンジーはそれをたよりに追跡をして強盗のアジトを突き止めました。しかし、強盗の番犬に阻まれたためアジトの場所を知らせようと、質屋へ戻り監禁された店主を助けだします。

ベンジーはアジトの場所を警官や母親に教える事には成功しましたが、すでに子供達と犯人は移動したあとで、ベンジーは母から嫌われてしまうのです。

けれどもベンジーは諦めませんでした。次は裏路地にいた大きな野良犬を仲間にして、アジトに行き再捜査するのです。

ベンジーは地下に行く扉を見つけて開けると、侵入して子供達の匂いを頼りに追跡をします。

一方、母親は捨てられていたカーターの携帯電話を見て、子供達の日頃の寂しさや自分への優しさを知り、ベンジーとの出会いとその絆にもう一度賭けてみようと思い、警官とアジトへと向かい、地下通路へ続く入り口をみつけたのでした。

ベンジーはカーター兄妹を見つけ出しますが、2人は売人の船に乗せられています。ベンジーがカーターを助け出そうと犯人にとびかかると、犯人は川へ落ちました。しかし、ベンジーもまた船体に叩きつけられてしまいます。

川辺に到着した母親と子供達はぐったりとして動かないベンジーを見て悲しみます。

ベンジーは母犬たちと別れた日から、カーター達と出会うまでの記憶を巡り、カーターの顔を思い出し目覚めました!

スポンサーリンク

映画『ベンジー』の感想と評価


(C)2018 Netflix

本作はとにかくベンジーを演じた俳優犬の類まれな演技が秀逸です。訓練のたまものであるとは承知の上ですが、それが自然体で本当に自らで考えて動いているかのようなのです。

そして、なんといってもベンジーの表情が豊かすぎて、可愛いやら癒されるやら……。ワンちゃん好きにはたまらない仕上がりにもなっています。

かつて、1974年にアメリカ公開され、日本では1976年に劇場公開された『ベンジー』を映画館で観たのが、洋画鑑賞を初めて字幕版で観た作品で、いまでも懐かしい思い出の作品。

1974年版『ベンジー』も主人公の犬はもともと野良犬で、偶然に出会い可愛がってくれたものの、何者かに誘拐されてしまった兄妹を何とかして助け出そうとするお話でした。そして、野良犬とその犬を可愛がっている街の住人や子供達との交流を描く、愛と友情の物語がテーマです。

字幕を追うよりもベンジーの勇敢で健気な活躍に「がんばれ!」と祈る思いで観た記憶があります。そして、犬の賢さを知ると共に飼ってみたいと思ったことも思い出されます。

本作も子供達との絆と愛情がテーマでそのスタンスは変えていませんが、時代背景や人々の営みなどの変化を現代風にアレンジしています。

まとめ

1974年版『ベンジー』、そして2018年版『ベンジー』のように、犬と人間の関係性にまつわる物語は数多く映画化されています。その中でも犬と人間の絆を描いたものが多いのは、昔から人間にとって犬とのパートナーシップがとても良いからでしょう。

特にベンジーは「拾ってきた野良犬を親に黙って飼ってしまう」というもので、一昔前の日本ではありえた話ですが、今では野良犬の姿自体が見られなくなったので、ピンとくる感じがないかもしれません。

それでも飼いきれなくなった犬が人里離れた場所に捨てられたり、保健所に連れて行かれたりする現実もあります。

ペットショップに行って目の合った子犬がいると、運命を感じてしまう人も少なくはないでしょう。そして、映画さながらの絆を感じる瞬間も人と犬の間には存在します。本作はその典型的な人間と犬の信頼関係と絆が描かれています。

様々な事情で犬を飼いたくても飼えないご家庭も多いかと思いますが、この映画を観ると犬を飼うことは素晴らしいことがわかり、犬の賢さが十分に伝わってきます。

またベンジーの賢さがわかる「おまけ」が、エンドロールの最後にあるので忘れずにご家族で楽しんでご覧ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ポリーナ、私を踊る』あらすじとキャスト! 原作漫画紹介も

ひとりの天才バレエ少女が数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』。 10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロー …

ヒューマンドラマ映画

三野龍一映画『老人ファーム』あらすじと感想レビュー。空気を読みすぎる社会へ警鐘を鳴らす

三野ブラザーズが放つ自由と解放の映画『老人ファーム』 老人ホームで働く介護職員の和彦が、仕事に葛藤しながらも向き合う姿を通して、現代社会の問題点を浮き彫りにさせる映画『老人ファーム』。 2019年4月 …

ヒューマンドラマ映画

映画『漫画誕生』感想レビューと評価考察。手塚治虫や長谷川町子などにも影響を与えた北沢楽天の知られざる生涯

映画『漫画誕生』は、2019年11月30日(土)より渋谷・ユーロスペースほかにて、全国順次公開。 西洋漫画の手法を学んで風刺画を「近代漫画の祖」として確立しただけでなく、明治から昭和にわたり活躍した北 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガンジスに還る』ネタバレ感想レビュー。死期を悟った父と息子の向き合う幸福の時間とは

母なるガンジス河の畔の聖地バラナシ。そこは幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷でした。 死期を悟った父と、それを見守る家族たちのかけがえのない日々を綴った珠玉の感動作。 誰にでも訪れる「死」と …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの坂東晴希役は横浜流星。演技力とプロフィール紹介

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP