Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/16
Update

映画『Love Letter』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。岩井俊二監督による恋文(ラブレター)が引き寄せた“偶然と奇跡”

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『Love Letter』は岩井俊二監督の長編デビュー作

映画『Love Letter』は『Undo』『花とアリス』の岩井俊二監督の長編第1作。

雪山の遭難事故で恋人を亡くした女性に、彼の昔の住所あてに出した手紙に来るはずのない返事が届きます。

その返事を書いた同姓同名の女性との出会いがきっかけで巻き起こる、切なくも心温まる物語。

本作は、中山美穂が一人二役を演じ、ブルーリボン賞ほか数々の賞を受賞し、関西弁の役で豊川悦司が注目を集めた作品です。

心温まる奇跡の物語の『Love Letter』をネタバレありでご紹介します。

映画『Love Letter』の作品情報


(C)1995 FUJI TELEVISION NETWORK, INC. ALL RIGHTS RESERVERD.

【公開】
1995 年(日本映画)

【監督】
岩井俊二

【キャスト】
中山美穂、豊川悦司、酒井美紀、柏原崇、范文雀、光石研、鈴木蘭々、加賀まりこ、塩見三省、中村久美、鈴木慶一、田口トモロヲ、うめだひろかず、長田江身子、小栗香織、わたる哲平、後藤直樹、酒井敏也、山口晃史、山口詩史、山崎一、神戸浩、ランディ・ヘイブンス

【作品概要】
フジテレビのTVドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で日本映画監督協会新人賞を受賞した岩井俊二監督による長編第一作目の作品です。

日本アカデミー賞では、作品賞を受賞。豊川悦司が優秀助演男優賞と話題賞を受賞。柏原崇と酒井美紀が新人賞を受賞しています。

一人二役を演じたことで話題を集めた中山美穂は、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画賞などで主演女優賞を受賞しました。

韓国では1999年に公開されて観客動員数140万人越えの大ヒットを記録。17年後の2016年に再上映が行われるほど根強い人気を誇っています。

ハリウッド映画化もされた、イ・ジョンジェ、チョン・ジヒョン共演の韓国映画『イルマーレ』(2000)は『Love Letter』に影響を受けた作品とも言われています。

映画『Love Letter』ネタバレあらすじ


(C)1995 FUJI TELEVISION NETWORK, INC. ALL RIGHTS RESERVERD.

渡辺博子(中山美穂)は、かつての恋人藤井樹を雪山での遭難事故で失いました。博子は彼の3回忌に参加するため小樽に訪れ、彼の実家に立ち寄りました。

彼の母(加賀まりこ)と彼のアルバムを見ながら話をしていると、彼が以前住んでいた住所が見つかりとっさに腕にメモしますが、現在は国道になってしまって存在しない住所だと言うことでした。

博子が送った手紙は、小樽に住む藤井樹(一人二役、中山美穂)の家に届きました。

「背景 藤井樹様 お元気ですか。私は元気です。 渡辺博子」という内容の手紙でした。

藤井樹の昔の住所には、同姓同名の女性の藤井樹が住んでおり、彼女は不思議がりながら神戸に住む渡辺博子へ返事を書きます。

「拝啓 渡辺博子様 わたしは元気です。でもちょっと風邪気味です。」とワープロで書いて送りました。

その手紙に対して博子は、風邪薬と一緒に体を心配する内容の文章を書いて送ります。受け取った樹は不思議に思いながらも風邪薬を飲むのでした。

渡辺博子は、友人の秋葉茂(豊川悦司)にその不思議な手紙の返事について打ち明けます。

秋葉は藤井樹の友人でしたが、今は博子に思いを寄せています。ふたりは恋人に近い存在ですが、博子は樹のことが忘れられず煮え切りませんでした。

もういないはずのかつての恋人に送ったつもりの手紙に返信がきたと、戸惑いながらも喜ぶ博子を見て嫉妬する秋葉でした。

不思議な文通を秋葉は怪しみ、相手が誰なのかを確かめるために、本当に藤井樹なのか証拠を見せてほしいと手紙を送りました。

その手紙を受け取った藤井樹は運転免許証と一緒に、もう手紙を書かないで欲しいと送りました。

博子は恋人の樹とやり取りしている気分になっていたのに、免許証と手紙を見てがっかりします。現実はやはり変えられないと落胆しますが、博子と茂は小樽を訪れることにします。

風邪のために病院で診察を待っている間に眠ってしまった樹は、父が病院に運ばれる夢を見ます。樹の父親は風邪をこじらせて肺炎で死んだのでした。

そして、中学のときの記憶が蘇ります。同姓同名の男子藤井樹(柏原崇)が同じクラスに居たのです。

藤井樹の家へ訪れた博子と茂。樹は病院に行っていて不在だと父親(篠原勝之)から聞かされて手紙を置いて帰りました。

その博子から樹への手紙は「この手紙を今家の前で書いていること、自分の知っている藤井樹は別の人だった。かつての恋人で今どこにいるのかわからない」という内容でした。

入れ違いでタクシーで帰宅した樹はその手紙を読んで驚きます。あたりを見渡してもその姿はなく、博子たちは樹が乗ってきたタクシーに乗って行ってしまった後でした。

樹は同級生に同姓同名の藤井樹がいたことを手紙に書いて知らせます。博子が知っている藤井樹は彼ではないかと思ったからです。

博子はかつての恋人の樹の実家を訪れます。義母(加賀まりこ)にアルバムを見せてもらい、同姓同名の女子中学生の藤井樹の写真を見て義母に自分と似ているか尋ねます。

樹は博子に一目ぼれだと言っていたのに似ていたら困るのだという博子に、まだ樹のことが好きなのねと、涙があふれる義母と博子なのでした。

博子は樹に、藤井樹(柏原崇)との中学時代の思い出を教えて欲しいと手紙で頼みます。

樹は過去の思い出を書き綴ります。ふたりは3年間同じクラスでした。同姓同名のせいで、クラス中でいじられる日々が続きます。図書委員会に投票で無理やり決められました。

しかし図書委員の仕事をまるでせず、本を読んでばかりだった樹(柏原崇)。誰も読まないだろう本を借りて図書カードの一番最初に自分の名前を書くいたずらをしていました。

ある日、ふたりのテストの答案が入れ違ってしまい、樹(酒井美紀)は放課後の駐輪場で日が暮れるまで待ちぼうけした上、自転車のライトで答案を確認します。

及川早苗(鈴木蘭々)が樹(柏原崇)のことを好きになり、その仲を取り持つように頼まれたこともありました。及川の告白はあえなく玉砕。

自転車で下校中の樹(酒井美紀)は樹(柏原崇)にセメントの袋をかぶせられるいたずらをされることもあったので、樹(酒井美紀)は樹(柏原崇)がまともな恋人ができるなんて想像できませんでした。

陸上部だった樹(柏原崇)は大会の1ヶ月前に交通事故に遭って左足を複雑骨折してしまいました。案の定試合で転倒してしまい、中学時代の部活は悲しい幕引きとなってしまいました。

樹(中山美穂)は博子に頼まれて母校のグラウンドの写真を撮りに行きます。そのまま校内で恩師と話しながら、図書室へと行きます。樹の名前を聞くなり、図書委員の女子中学生たちは大盛り上がりになります。

彼女たちは図書カードにある「藤井樹」探しをゲームにしていたのです。

樹は、自分の名前を友達がいたずらで書いたのだと説明します。すると、その人はよっぽど樹のことが好きだったんだとさらに囃し立てられてしまいました。

樹は否定しますがなかなか伝わりません。樹(中山美穂)は学校から帰るとき、先生から藤井樹(柏原崇)は2年前に死んだということを知らされました。

博子は秋葉と一緒に樹が遭難した山へと向かいます。途中でやっぱり引き返したいという博子を秋葉はどうにか説得して、山小屋へと向かいます。

山小屋には樹の遭難事故以来、登山者のためのボランティアをしている梶親父(塩見三省)があたたかく迎え入れてくれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『Love Letter』ネタバレ・結末の記載がございます。『Love Letter』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

家に帰った樹(中山美穂)は高熱が出て倒れてしまいます。母親が救急車を呼んだものの、大雪で車が到着するまで1時間がかかってしまうと言われました。

慌てる母、祖父は大雪の中樹を背負って外でタクシーを拾うと言い張ります。

樹の母は、夫が死んだときも同じだったと言い祖父を説得しようとしますが、彼のときは40分でたどり着いたから、絶対に間に合わせると言って、外に飛び出します。

梶親父と食事をしながら話します。松田聖子の歌を口ずさむ梶親父に、以前は秋葉が同じ歌を歌っていたのを覚えていた博子は、なんでその歌を歌うのか尋ねます。

その歌は、樹が最後に歌っていた歌なのだと説明します。樹が遭難したときに谷底に落ちて、姿は見えないものの松田聖子の歌だけが聞こえてきたのだと話しました。

その話を聞いて博子はプロポーズのときのことを打ち明けます。指輪を持って呼び出されたのに一向になにも言わない樹に「結婚してください」と言ったのは博子のほうでした。

博子はたくさん幸せな思い出をもらったのにまだ欲しがってしまうと言ってうつむきます。

一方で樹(中山美穂)を抱えた祖父と母は、必死に大雪の中を歩いてどうにか病院にたどり着きました。

夜明けごろ、秋葉が博子を起こして外に呼び出します。樹が遭難した山を見せて、ちゃんと見てあげるよう言います。

山に向かって、茂が「藤井、まだお前松田聖子歌っとんのか。そっちは寒くないんか。博子ちゃんはおれがもろたで。えーよ〜。」と叫びます。

秋葉に促され、博子もその山に向かって歩きはじめます。「お元気ですか。私は元気です。」と何度も叫びながら涙したのでした。秋葉は笑顔で見守ります。

樹(酒井美紀)が父を亡くし、学校を休んで家にいたとき樹が訪ねてきます。返せなくなったから代わりに本を返してほしいと言って預けていきました。

樹(酒井美紀)は新学期に登校してから、樹(柏原崇)が転校してしまったことを知りました。クラスメイトのいたずらで樹の机に置かれた花瓶を投げつけて割ってしまいます。

預かった本を図書館に返したのが樹の最後の思い出となりました。

博子は樹にそれまでの手紙を「これはあなたの思い出だから」と書いて送り返します。

樹(中山美穂)の元へ中学生たちが「いいものを見つけたから」と言って、本を持ってきます。それは樹(柏原崇)が樹(酒井美紀)に最後に預けに来た本でした。

彼女らに促されて図書カードの裏を見ると後ろには樹の顔が書いてありました。そのことを手紙に書こうとしましたが、やっぱり照れくさくてこの手紙は出せないと思った樹(中山美穂)は涙ぐみました。

映画『Love Letter』の感想と評価


(C)1995 FUJI TELEVISION NETWORK, INC. ALL RIGHTS RESERVERD.

死んでしまった恋人に出した届かないはずの手紙が、偶然にも同姓同名の女性に届き、その女性は死んだ恋人と同級生だった。という、偶然が引き寄せた奇跡の物語です。

そんな非現実的な設定ながら、なぜ多くの人の心を揺さぶってやまないのか。それは、白銀の世界を美しく彩る演出と、喪失感をテーマにしていながらも初恋の甘酸っぱさをもった作品だからだといえます。

雪景色と光がもたらす世界観

まず、「岩井美学」とも言われるその演出の美しさが長編一作目にして大いに見てとれます。

炉から広がる橙色のあたたかな灯りや、図書室の窓から差し込むまばゆい光が登場人物を包み込む場面は幻想的な美しさと共に、登場人物たちの表情を繊細に映し出しています

また、舞台である小樽の純白の雪景色は、その凍てついた空気から孤独と儚さを彷彿とさせると同時に、亡くなった恋人や父親がいる天国の神聖さをも感じさせます。

音楽を担当したREMEDIOSは岩井俊二作品である『undo』、『打ち上げ花火上から見るか横から見るか』や『PICNIC』などの音楽も手がけ、岩井作品の世界観を彩る要因のひとつと言えるでしょう。

コメディとシリアスの絶妙なバランス

死者との決別という、悲しいテーマでありながらも深刻になりすぎないのは学生時代の甘酸っぱい思い出の可愛さや、樹(中山美穂演じる)の祖父(篠原勝之)と母(范文雀)とのやりとりのコミカルさがさせているといえるでしょう。

祖父の頑固でマイペースながらも孫想いな姿には心があたたまり、思わずくすっと笑わせられます。

今や日本映画界に欠かせない俳優である光石研が、樹(中山美穂演じる)の親戚役として登場し、独特の笑い方と話し方で存在感を放っているのも見どころです。

そして、当時その関西弁のセリフが話題となった豊川悦司演じる秋葉茂が重要なキャラクターだと言えます。

その勢いと明るさ、ときに強引な行動が主人公を喪失感からの解放へと導くのです。

「お元気ですか、私は元気です」に込められた意味

「お元気ですか、私は元気です。」のセリフは渡辺博子(中山美穂)が死んでしまった樹に向けて言った言葉です。

博子が樹の過去の住所に出した手紙の文面であり、樹が失踪した雪山に向かって言った言葉でもあります。

彼の死を受け入れられない博子は、手紙が届いてほしい、生きていてほしいという思いでそう書いて過去の住所へと送りました。

しかし、雪山に向かって同じセリフを叫んだ時には、さようなら。ありがとうの意味を込めて言ったのではないでしょうか。

樹がいなくなったことをようやく受け入れた博子がふり絞るその「お元気ですか、私は元気です。」からは、切なさと博子の変化を感じられて胸が締め付けられます。

この名シーンに涙した人はきっと多いと思います。主人公を一人二役で演じた中山美穂の演技が本作には欠かせない魅力の一つとなっています。

控えめな性格の渡辺博子と、あっけらかんとした性格の藤井樹の演じ分けは見事で、どちらも魅力的です。

また、亡くなった藤井樹という人物は、中学生時代を演じた柏原崇以外は登場しません。

このことによって、博子が想う樹と、酒井美紀演じる樹が想う人物が同一人物だと印象付けられるのではないでしょうか。

そして、この物語は亡くなった樹ではなく、残された博子と樹(中山美穂演じる)の物語なのだという表れともいえるかもしれません。

まとめ

本作は、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)や『花とアリス』(2004)などの岩井俊二監督による長編デビュー作で、最高傑作との呼び声も高い作品です。

ネット社会の今の時代では縁遠くなりがちな手紙という存在ですが、相手の顔が見えないのに感じる温度というのは特別なものです。

同監督による松たか子、福山雅治主演の『ラストレター』(2019)においてもそのぬくもりを感じることができます。キャスティングで嬉しいサプライズがあるのも楽しめるポイント。

『Love Letter』と順番に鑑賞してみてはいかかでしょうか。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『英雄の証明』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。イラン映画の名匠が一瞬の油断や判断の過ちで起こる人間の運命を描く

まっとうな正義感と小さな嘘。彼は本物の英雄なのか、それとも詐欺師か!? 『別離』(2011)、『ある過去の行方』(2013)などの作品で知られ、国際的にも高い評価を受けているイランの名匠アスガー・ファ …

ヒューマンドラマ映画

いつか、いつも‥‥‥いつまでも。|あらすじ感想と評価解説。高杉真宙がラブコメディで抜群の魅力を発揮した演技を披露!

映画『いつか、いつも……いつまでも。』は2022年10月14日(金)より全国ロードショー! ある男女が出会いと家族とのふれあいを通して、自身の失ったものを取り戻していく姿を描いた『いつか、いつも‥‥‥ …

ヒューマンドラマ映画

映画『最後のランナー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『最後のランナー』は、7月14日より全国順次公開中。 人は何処まで、希望を捨てずに尊厳を失わず、生きていくことができるのか。 1924年パリ・オリンピック金メダリストを描いた名作『炎のランナー』の …

ヒューマンドラマ映画

映画『否定と肯定』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ユダヤ人女性歴史学者とホロコースト否定論者のかつてない対決の行方は?! ミック・ジャクソン監督、レイチェル・ワイズ主演の『否定と肯定』をご紹介します! CONTENTS1.映画『否定と肯定』作品情報2 …

ヒューマンドラマ映画

プアン/友だちと呼ばせて|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ウォン・カーウァイが選んだタイの天才監督の斬新な手腕が光る

BLではない男ふたりのタイ映画『プアン/友だちと呼ばせて』 ニューヨークでバーを営む青年にかかってくるかつての親友からの電話。余命宣告を受け、頼みがあるのでタイに戻ってきてほしいという親友の真意とは… …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学