Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ザ・ビースト』ネタバレあらすじと感想。ニコラスケイジがアクションとクセのある役どころに挑む|未体験ゾーンの映画たち2020見破録45

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第45回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第45回で紹介するのは、ニコラス・ケイジ主演のサバイバル・アクション映画『ザ・ビースト』

船という密室空間に、2匹の野獣が放たれる。それは元特殊部隊の暗殺者で、今や殺人鬼と化した凶悪テロリストと、巨体に似合わぬ敏捷な動きで忍び寄る、獰猛な人喰いホワイト・ジャガー!

という絶対絶命の状況に挑むのが、我らがニコラス・ケイジ。様々な敵や状況を与えられても、力技の怪演でねじ伏せて来た男は、今回どんな活躍をみせるのか。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ザ・ビースト』の作品情報


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Primal

【監督】
ニコラス・パウエル

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、ファムケ・ヤンセン、ケビン・デュランド、ラモニカ・ギャレット、マイケル・インペリオリ

【作品概要】
南米のジャングルで猛獣狩りを生業にする男が、殺人鬼と肉食獣に挑むアクション映画。長らくスタントマンとして活躍し、『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(2011)や『バイオハザードV リトリビューション』(2012)などの第2班監督を務め、初監督作『ザ・レジェンド』(2015)にニコラス・ケイジと組んだ、ニコラス・パウエル監督作品です。

主演はお馴染みのニコラス・ケイジ。共演に「X-メン 」シリーズで、ジーン・グレイを演じたファムケ・ヤンセン、ドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」で有名なマイケル・インペリオリ、DCコミックドラマシリーズで活躍するラモニカ・ギャレット。敵役を押井守監督作『ガルム・ウォーズ』(2014)に出演した、ケビン・デュランドが演じます。

映画『ザ・ビースト』のあらすじとネタバレ


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ブラジルのジャングルに、家畜の死骸を吊るし木の上に潜む男、フランク・ウォルシュ(ニコラス・ケイジ)がいます。彼は野生動物を生け捕りにして売る、猛獣ハンターでした。

何かが近づく気配を感じ、フランクは麻酔銃を用意しますが、彼が潜む木が大きく揺れます。肉食の猛獣が囮に飛びつき、そのはずみで麻酔銃を落したフランク。

見ると木の下に、全身を白い毛で覆われたジャガーがいました。野獣は木の上のフランクに気付くと、飛びついて襲ってきます。フランクは麻酔銃のダート(注射筒になった矢)を握り、ジャガーの体に突き立てますが、木から落ちてしまいます。

やむなく彼は、ナイフを手にして凶暴な肉食獣に向き合います。しかし幸いにも、麻酔が効き野獣は倒れました。こうして彼は貴重なホワイトジャガーを生け捕りにしました。

フランクはジャングルの中にある村で、捕えた他の野生動物と共に、檻に入れたホワイトジャガーをトラックに積み込みます。

ところが彼の手配したトラックの運転手は、車に乗ることを拒否します。フランクが理由を訊ねると、運転手は村の住人たちが、彼が捕らえたホワイトジャガーを、「白い悪魔」と呼んで恐れていると説明します。

その昔、人々はジャングルに棲み、人間を襲って喰う「白い悪魔」の存在を信じ、恐れていました。フランクが捕らえたホワイトジャガーこそ、その不吉な「白い悪魔」であると、彼らは固く信じていました。

ホワイトジャガーは金になると説明し、賃金を釣り上げる交渉かとフランクが訊ねても、運転手は首を振るばかりです。やむなく彼に金を握らせると、トラックは自ら運転し、付きまとうオウムと共に港に向かうフランク。

港に着いたフランクは、貨物船に捕えた様々な野生生物を積み込みます。彼はこの船のモラレス船長と、その息子ラファエルとも顔なじみでした。

檻の中で暴れる、180㎏はありそうなホワイトジャガーは、乗組員や作業員の注目を集めていました。そこへ突然車が現れます。

中からは武装した屈強な男たちと、スーツの男にアメリカ海軍の制服を着た女が現れます。そして彼らに続き、鎖で手足を拘束された男が現れます。

拘束された男は挑発的な態度で、女にこの船のラウンジでカクテルはどうだと告げます。口を開いたフランクにいずれメインデッキで会おうと言い、不敵に笑い船に乗せられる男。

その男、ラフラー(ケビン・デュランド)は、警備部隊の隊長リンガー捜査官(ラモニカ・ギャレット)によって、特別に貨物室に作られたケージの中に入れられ、さらに鎖で拘束されます。

この船の貨物室には、ホワイトタイガーなどフランクが捕らえた様々な野生生物も、檻に入れられた状態で積み込まれていました。

スーツの男はラフラーに、自分はフリード検事(マイケル・インペリオリ)と名乗ると、事務次官殺害および多数の殺人の容疑で、ラフラーを逮捕したと告げます。彼はアメリカで裁判を受けるためにこの船で護送されるのです。

検事は横にいる軍服の女性を、エレン・テイラー博士(ファムケ・ヤンセン)と紹介します。彼女はアメリカ海軍の中尉で、脳神経科医でした。

彼女がお前の健康状態を監視する、おかしな動きをすれば射殺すると警告されても、不敵な態度を崩すことのないラフラー。

こうして貨物船は出港しました。最初の寄港地であるプエルトリコまでは、1993海里あります。船内の食堂で、フランクは船長や検事、エレン博士と食事をとっていました。

エレンは猛獣ハンターであるフランクに興味を示し、彼が以前勤めていた動物園のある、サンディエゴに住んでいたと話しかけます。しかしフランクはその話題に乗らず、船の乗組員が気にしている、あの男の正体についてフリード検事に質問します。

検事は拘禁されている男、リチャード・ラフラーは以前は海軍特殊部隊に所属し、その後アメリカ国家安全保障局(NSA)のために働いていたが、命令に従わず逃亡し、テロ活動を行ったと説明します。彼はブラジルで逮捕され、アメリカに送還されることになりました。

乗組員がフランクの捕えたホワイトジャガーについて訊ねます。フランクは動物園の依頼で黒いジャガーを捕獲しようとしましたが、更に希少価値のある白いジャガーを捕えたと自慢します。

エレン博士はこの動物は絶滅危惧種では、と問いかけると、取引の許可は得ていると否定し、高く落札した者に売ると答えるフランク。

彼はなぜラフラーを船で移送するのか、エレンに訊ねます。ラフラーは左脳の血管に異常があり、飛行機に乗せると気圧の影響で破裂するのです。そのため船での移送が選ばれました。

捕えた動物を運ぶ船に、政府関係のやっかいな人物が乗り合わせたと感じていたフランクは、そっけない態度で話を切り上げ、早々に席を立ちます。彼はいつもあの調子かとエレンが訊ねると、船長は笑ってあの男に慣れるしかないと答えます。

フランクは貨物室で、猿や蛇など捕えた様々な野生動物にエサを用意し与えていました。船では調理場を手伝っているラファエル少年が、ホワイトジャガーは人喰いかと彼に訊ねました。

それを否定し、少年にラフィと呼びかけ、むしろ子供を守ろう威嚇する猿の方が恐ろしく、怒ると人を襲い噛みつき、肉を骨から引きちぎると告げるフランク。

ラフィから動物を捕える方法を聞かれると、1週間かけ相手の生態を知り、南米の原住民が使用する毒物、植物から作った”クラーレ”を使用する。それを矢に塗り命中させれば、相手は30秒で意識を持ったまま、体が麻痺して動けなくなるとフランクは説明します。

檻に入っていないオウムについて聞かれ、元の持主が亡くなって以来、付きまとわれていると答えるフランク。ラフィに対しても、口の悪さは変わりません。

その後スカディ機関長と、その部下ジェロームと機関室で酒を酌み交わすフランク。彼はそこで野生動物を売って得た金で、のんびり生活する夢を語ります。

すっかり酔ったフランクは自室に戻る際、ラフラーの診察に向かうエレン博士と出会います。彼女の父は海軍の提督だと知ったフランクに、エレンはサンディエゴの動物園に、何年務めていたか尋ねました。

長くはなかった、軍隊務めの後、10年で8つの動物園を渡り歩き、人に使われない今の生き方を選んだとフランクは答えます。それはあなた自身にも問題がある、と告げるエレン博士。

貨物船はプエルトリコまで589海里の位置にいました。囚人護送の警備主任であるリンガーは、到着時間について船の責任者であるモラレス船長に厳しく確認し、安全のために警備の責任者である、自分に従うよう告げていました。

突然、監視の隊員の前で食事中のロフラーが、痙攣して苦しみ始めます。エレン博士からの無線に従い、隊員はケージの中に入り救命処置を試みますが、それは芝居でラフラーは銃を奪うと、彼らを射殺します。

エレンやリンガーと部下たちが貨物室に到着した時、ラフラーは姿を消していました。アメリカ政府の監視で仕事がやりにくくなったと、船長と話していたフランクも、死体に気付いてラフラーの逃亡を知りました。

部下に完全武装させると、リンガーは手分けして船内を捜索するよう指示します。フリードはアメリカ政府の意向として、ラフラーは必ず生け捕りにするよう命令します。

兵士と船を操作するのに必要な最小人員以外は、安全な船室に待機するよう隊長のリンガーが告げると、フランクは檻の中の動物に、エサや水を与える必要があると噛みつきます。それに対し、相手はプロの殺し屋だと警告するリンガー。

プエルトリコまで545海里の位置にある貨物船で、フランクはフリードやエレン、乗員たちと共に一室に籠ります。モラレス船長は料理長に、必要な食料を取りに行くよう命じます。リンガーの指示に、フランクは反抗的な態度を崩しません。

護衛の隊員と共に料理場に入った料理長は、猿が入り込み食料を食い荒らしている光景を目にします。怒った料理長は猿を追い払おうと試みます。無線で事態を知らされたリンガーは、フランクと共に調理場に向かいます。

料理長は子猿を捕まえました。フランクの警告は間に合わず、怒った親猿たちに襲われ、料理長は殺されてしまいます。事態を悟り、リンガーに断りもなく貨物室へ向かうフランク。

フランクは荷物を用意しながら、無線でラフラーに自分は、元第82空挺師団の整備兵だと話かけます。するとラフラーは、自分は暗殺を行うよう訓練され、南米でその任務を与えられた兵士だったが、ある日突然帰国しろと命じられたと話します。

フランクも組織に馴染めない、自分と同類の人間だと言うラフラー。フランクはその無線を切り、狩猟道具を手にして部屋を出ました。

リンガー隊長は沿岸警備隊と合流できる海域まで、何としても船を進めるつもりでいました。しかしラフラーは、彼の部下を1人づつ殺害していきます。

貨物室にフランクが到着すると、恐れていた通り野生動物の檻は、船の混乱を狙うラフラーによって開け放たれていました。しかも2匹の蛇まで奪っています。蛇が解き放たれていれば、暑く湿度の高い場所にいるはずだ、と機関室のスカディに報告するフランク。

蛇の1匹は危険な毒蛇でした。エレン博士が解毒剤を持っているかと訊ねると、手に入れられなかったと彼は答えます。フランクが準備を怠った結果、乗船している皆が危険に晒されたと、エレンは彼を非難しました。

放たれたホワイトジャガーには、安全のためフランクが発信機を付けていました。肉食獣が好物のバクを捕まえる前に捕えねばならないと、彼は麻酔銃を用意すると野生動物を捕え、檻に戻そうと単独で動き出します。

水が出ないと気付いたフランクは、ホワイトジャガーを発見したものの逃がしました。ラフラーに水栓を閉められたと知った彼の報告を受け、モラレス船長はリンガーと共に、給水ポンプのある機関室へと向かいます。

その頃警護隊員を装って機関室に現れると、機関長のスカディに話しかけ、船底にある舵の操作室の場所を聞き出すラフラー。

船長と共に機関室に現れたリンガーは、スカディの話を聞いて、今までいた男の正体はラフラーだと悟り、急いで後を追いますが、行方は掴めません。

モラレス船長は機関長らと共に、給水ポンプを確認するとラフラーに破壊されていました。しかもそこに放されていた毒蛇に、船長は噛まれてしまいます。

一方フランクは探知機を使い、ホワイトジャガーを追っていましたが、兵士の1人がジャガーに襲われ、絶命するのを目撃しました。

彼らは蛇に噛まれた船長を安全な船室に運びます。猛獣に部下を殺されたリンガー隊長は、ホワイトジャガーを殺すと言いますが、フランクは彼への協力を拒みます。フリード検事は自分も捜索に加わると言い、銃を受け取ります。

船長を噛んだ蛇はブッシュマスターだとフランクから聞き、医務室からモルヒネを持って来て、応急処置を行うと判断するエレン博士。

危険な殺人鬼と肉食獣がうろつき、船長が命の危機に瀕している貨物船。乗り合わせた人々の運命は、これからどうなるのでしょうか。

以下、『ザ・ビースト』のネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ビースト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

猛獣ハンターのフランクは、エレン博士と共に医務室に向かいますが、途中で逃げた猿を見かけると、それ捕まえようとします。エレンに批判されると、解毒剤があったとしても、毒蛇に噛まれた船長の生存率は、せいぜい20%だと告げるフランク。

それでも全力を尽くすべき、という博士に自分は善人ではない、と応じるフランク。それでも引き返して、エレンと行動を共にします。

貨物船はプエルトリコまで520海里の位置にいました。警備部隊のリンガー隊長は、フリード検事と共に逃げた殺人鬼のラフラーを捜索しますが、見つけることができません。そんな中、貨物船の救命艇が海に落下しました。

エレン博士の処置でラフィ少年の父、モラレス船長の容態は安定します。フランクは吹き矢で猿を一匹ずつ眠らせ、檻に戻します。しかしラフラーは船のブリッジを狙撃すると、そこにいた隊員と操舵していた船員を殺害します。

ラフラーはブリッジに現れ、海図を調べ自動航法装置に新たな進路を入力すると、装置を破壊します。突然船が向きを変えたと気付いたスカディ機関長。

貨物船はプエルトリコまで350海里の距離で、新たな進路をとりました。スカディから連絡を受けたリンガーは、ブリッジから応答が無いと気付きます。エレン博士と共に父を世話していたラフィは、彼女に断りなく安全な船室から出て行きました。

貨物室で逃げた動物を檻に戻していたフランクは、物音に気付きます。拳銃と麻酔銃を手に音の方向に向かった彼は、海図を見ていたラフラーを発見し、銃を蹴り飛ばし彼から海図を奪うことに成功します。

フランクはラフラーを脅し、ケージに戻そうと試みますが、そこにラフィ少年が現れました。気を取られたフランクの隙をつき、ラフラーは銃を蹴り飛ばしますが、手元に残る麻酔銃を彼に向けたフランク。

そこへホワイトジャガーが現れラフィに向かいます。麻酔銃の弾は1発のみ、ラフラーは猛獣を撃てと言いますが、フランクはラフラーを撃ちます。

フランクはすぐ拳銃を拾い発砲、ジャガーを追い払ってラフィを救います。しかしダートは命中せず、ラフラーは姿を消しました。

新たな進路をとって、プエルトリコまで399海里の位置を航行中の貨物船。リンガーやフリードたちと合流するフランクとラフィ。

ブリッジの操舵装置は破壊され、船はラフラーが設定した進路を進んでいます。そして乗組員の一部は断りなく、救命艇で脱出していました。

リンガー隊長は、船の進路を変える方法をスカディ機関長に訊ねますが、それには船底にある舵の操作室に行くしかありません。しかもその場所を、ラフラーは自分から聞き出していると告げました。

いきなりリンガーは、残る救命ゴムボートを撃って使えなくします。フランクは抗議しますが、彼は乗員の脱出より、ラフラーを逃がさぬ使命を優先したのです。

フランクはラフィを安全な船室に戻しました。リンガーは舵の操作室に向かいますが、そこはラフラーによって封鎖され入れません。そして待ち伏せしていたラフラーによって、部下と共に射殺されるリンガー隊長。

船長を看護していたエレンは、ラフィ少年からまだ非常用の、膨張式救命ボートが残されていると知らされます。それを取りに行こうとフランクに言いますが、彼はまだホワイトジャガーを捕えるつもりでいました。

エレンは彼の利己的な態度を怒り、実際はホワイトジャガーを金のために、違法な密輸で取引しようとしていると非難します。なおも自分の意見を変えないフランクですが、それでも救命ボートを探しに倉庫へ向かいます。

そこでフランクはラフラーに遭遇し、格闘になります弄ぶように倒されます。気絶したフランクを引きずって運ぶラフラーを、残る隊員が狙撃しようとしますが、その兵士を背後から刺し殺すフリード検事。その行為に気付き、不敵な笑みを浮かべたラフラー。

ケージの中で縛ったフランクに、ラフラーは自分の海図をどこに隠したか尋ねます。ラフラーは船でグラナダに向かい、そこから逃亡し身を隠すつもりでいました。

痛めつけても白状しないフランクに対し、彼の捕えた野生動物を順番に殺すラフラー。ついにフランクは海図のありかを白状します。

すると船のエンジンが停止し、電気も消えます。機関を停止させることで、ラフラーに抵抗を試みるスカディ機関長とジェローム。

機関室に現れ、エンジンを始動させろとスカディに命じるラフラー。その背後をジェロームが襲い、必死に倒そうと試みますが、殺しのプロには敵わずスカディは足を痛め、ジェロームはラフラーに殺されました。

貨物室に現れたフリードは、フランクを解放します。そしてスカディと共に安全な船室に集まると、残された者で今後を相談します。

毒蛇に噛まれ容態が安定しないモラレス船長を残し、膨張式救命ボートで逃げる案が出ましたが、それは父を見殺しするラフィ少年に耐えがたいものでした。フランクは少年に声をかけますが、皆に急かされボートを取りに向かいました。

こうして船長を残し、一同はボートを手に甲板に向かいます。船はプエルトリコから407海里の位置を漂っていました。フランクとフリードが投げ込むと、ボートは開いて海面に浮かびます。すると銃を発砲しながらラフラーが現れ、皆は身を隠します。

ラフィを人質に取ったラフラーは、甲板に装備された救命ボートをリンガーに破壊され、いら立っていました。フランクは彼の前に出て、野生動物を売った金を山分けにするから、子供を解放しろと説得しますが、耳を貸さないラフラー。

するとフリードが飛び出し、皆の命綱である救命ボートを射撃し使用できなくします。怒ってラフラーが射撃した隙に、皆は身を隠します。予備の救命ボートまで使えなくなったと知り、ラフラーはいら立ったままラフィを連れて動きます。

フリードの行動が理解できないまま、フランクは野獣を狩る弓矢を用意します。フランクはエレン博士とスカディを安全な部屋に残し、1人でラフラーに立ち向かおうとします。しかしエレンは、何か手伝いたいと彼に協力を申し出ました。

ならば野獣を狩る時と同じく、ラフラーに対する囮役を引き受けて欲しいと告げるフランク。自分は君から見えないが、必ず近くで見守っていると信じ、動いてくれと告げます。

ラフラーは殺害した警備部隊隊長、リンガー捜査官の名で無線を使い、沿岸警備隊を呼び出します。護送中のテロリストに逃げられ、射殺したものの負傷者が出て、船も動かなくなったと救命ヘリの派遣を要請します。彼の側でラフィ少年が縛られていました。

貨物船は同じ場所を漂流していました。沿岸警備隊を騙すことに成功したラフラーは、物音を聞き銃を手に確認に向かいます。それはエレンが食堂で故意に立てた音でした。食堂に現れ、エレンに銃を突きつけるラフラー。

エレンにフランクの居場所を訊ねるラフラー。その背後に弓を構えたフランクが現れます。ラフラーは彼女を人質にして向き合います。しかしフランクの背後に、フリード検事が現れると銃を彼に向けました。

フランクにラフラーを撃たないよう命じるフリード。一方ラフラーは、彼にフリードはNSAの一員で、自分を生かすために警護の隊員まで殺した男だと告げます。

ラフラーはNSAは悪人たちと結託していると主張し、フリードはラフラーはアメリカで罰せられるから、決して殺すなとフランクに言いました。

自分はNSAの南米での汚い工作に手を染め、ペルーの大統領や麻薬カルテルのために働かされた、と言うラフラー。その知識をフリードたちNSAは欲しているとフランクに告げます。睨み合って動けないまま、2人の言い分に何が真実か判らなくなるフランク。

ついに撃ち合いとなり、ラフラーはフリードを射殺、フランクはラフラーの肩を矢で射貫きますが、足を撃たれ身を隠します。ラフラーは刺さった矢をエレンに抜かせると、彼女を人質にフランクを探します。

貨物室に逃げ込んだフランクは、吹き矢のダートに麻酔薬のクラーレを塗っていました。そこで受信機を見て、ホワイトジャガーが貨物室にいることに気付きます。檻に入っていたジャガーを、閉じ込めることに成功するフランク。

そこに機関室のラフラーからの無線が入ります。エレンとラフィ少年を縛り、人質にしてフランクとの対決を要求し、ラフラーは2人の前に残る1匹の蛇、アナコンダを放ちます。フランクはわざと無線で動物の声を聞かせ、自分は貨物室にいると知らせます。

貨物室に現れたラフラーに、吹き矢でダートを命中させたフランク。ラフラーは発砲し彼を追い詰めます。身を隠したフランクは、もう1発ダートを命中させますが、ラフラーの銃撃に成す術がありません。

フランクを追い詰めたラフラーは、ナイフを手にして彼を襲います。挑んだもののラフラーには敵わず、痛めつけられるフランク。

しかしラフラーの足元がふらつき始めます。矢に塗ったクラーレが効き始めました。殴られながらもフランクは彼を罠に誘い込み、ロープでラフラーを逆さ吊りにしました。

クラーレがお気に入りなのは、動けなくなっても意識があるところだ、そう告げるとフランクは、ホワイトジャガーの檻を開けます。

自分の盗んだ金をやる、と叫ぶラフラー。フランクは構わず貨物室を後にします。こうして殺人鬼という野獣の運命を、ジャングルで狩った野獣の手に委ねたフランク。

機関室に現れたフランクは、エレンとラフィの前に這うアナコンダを、慣れた手つきで捕えます。こうして2人を助け出しました。

プエルトリコから407海里の位置で漂っていた貨物船に、沿岸警備隊の救急ヘリが到着していました。毒蛇に噛まれたモラレス船長は、無事ヘリに乗せられます。

船長は息子のラフィを守ってくれた礼を述べますが、自分がひどい目に遭わせたと侘び、ラフィに父の世話を託します。やがて巡視船が到着し、貨物船のエンジンはスカディ機関長の手で息を吹き返しました。

ラフラーの遺体はホワイトジャガーに引き裂かれ、身元は歯型で確認するしかない状態です。沿岸警備隊からフランクは、猛獣の取引を認める書類の提示を求められますが、書類はラフラーに破棄されたが、その前に自分が確認したと助け船を出すエレン博士。

彼女はフランクに名刺を渡し、アデルフィに行くよう勧めます。フランクは実はホワイトジャガーは、ケニアの猛獣の繁殖場に委ね、保護してもらうつもりだと打ち明けます。それは決して金になる選択ではありませんでした。

結局あなたは良い人かもしれない、そしてアデルフィの動物園で働くべきだと告げると、彼の元から去って行くエレン。

フランクは最後まで彼の側を離れなかったオウムに、アデルフィに住むか、と訊ねます。オウムは出発だ、と答えました。

スポンサーリンク

映画『ザ・ビースト』の感想と評価

参考映像:『ザ・レジェンド』(2014)

スタントマン出身のニコラス・パウエルの初監督作、『ザ・レジェンド』に出演したニコラス・ケイジ。2人が再びタッグを組んだ作品が『ザ・ビースト』です。

今まで殺人鬼に幽霊に悪魔、場合によっては自分自身…と、映画の中であらゆる敵と戦ってきたニコラス・ケイジ。今回の敵の1つが180㎏の肉食獣!ですが、その正体はCGです。

ポスプロ作業で撮影終了後に作られた怪物、つまり撮影現場では存在しない野獣と闘いました。実は猫好きだと語るニコラス・ケイジ、ホワイトジャガーならぬ、8歳の時に黒猫に襲われた記憶を頼りにこの役を演じたと語っています。

これがジョークなのか、怪優ニコラス・ケイジならではの、マジのアプローチ方法なのか判断しかねます。しかし彼は子供の頃から想像力を駆使していたと話し、俳優となってからは想像力、自分の悪夢や白昼夢といったものを、演技に取り入れていると説明しています。

ともかく彼が、自分のインスピレーションを元に、撮影現場で演技を組み立てていることが、良く判る証言です。

与えられた企画を活かした映画制作


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作の脚本を与えられ興味を持ち、監督を引き受けたニック・パウエル。そして主役候補の俳優の名前の中に、ニコラス・ケイジの名を見つけました。監督が彼に声をかけると、2~3日の内に出演したいとの返事が返って来ます。こうして映画の製作はスタートしました。

彼にとって初監督作品『ザ・レジェンド』は、良い経験ではありませんでした。アメリカとカナダ、そして中国との合作だったこの作品は、プロデューサー主導で映画製作が進み、自分は監督として作品をほとんど制御できなかったと、振り返っています。

『ザ・ビースト』では、製作環境を調整してくれるプロデューサーに恵まれ、幸運だったと話す監督。ニコラス・ケイジの相手役に、20年近い付き合いがあり、適役だと信じたケヴィン・デュランドを提案したのも彼でした。

当初プロデューサー側は、敵役に名の知れた俳優を検討していましたが、最終的に監督に意見に立ち戻り、彼の起用を決定しました。またファムケ・ヤンセンなど、他の出演者も希望した俳優に参加してもらえたと、満足げにインタビューに答えています。

本作のような比較的低予算の映画だと、資金の殆どが主演俳優と製作費に費やされ、他の俳優に回すことが難しくなりがちです。良い映画を作るには、良い脚本と同様に良いキャストも重要だと、パウエル監督は話しています。

優れたアクションで見せる映画


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スタント、アクションコーディネーターとして活躍してきた監督が、望んだケヴィン・デュランドを起用して描くアクションシーンは見応えあり、主役を追い詰める強敵を熱演しています。

また類型的になりがちな、サイコな悪役を独特の存在感で演じ、実のところCGのホワイトジャガーより、ニコラス・ケイジを苦しめる敵として目を引くでしょう。

しかし本作の脚本は、ひねりを加え過ぎたのでしょうか。凶悪犯の貨物船移送と言う設定、野獣+殺人鬼との対決というアイデアだけで充分なのに、捜査官が敵だか味方だか判らないという設定まで加え、筋が判りにくくなった感があります。

主人公の野獣に対する感情同様、捜査官も殺人鬼に対して、小説「白鯨」のエイハブ船長的な執念を燃やしている、という物語にしたかったのかもしれませんが、正直詰め込み過ぎで、結果主人公の人物像も深く描かれていません。

アクションが見事なだけに、シンプルな追跡・攻防劇に徹した方が、分かり易いB級娯楽映画になった事は確かです。平凡な作品になったかもしれませんが。

まとめ


(C)2019 PRIMAL FILM PRODUCTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アクションシーンと、クセのある人物を演じたニコラス・ケイジが見物の映画『ザ・ビースト』。彼のファンならやはり見るべき作品です。

パウエル監督はニコラス・ケイジを、自身の演技に様々なアイデアを用意しながら、監督には協力的かつ専門的に演じてくれる俳優だと評しています。

本作の様々なアクションシーンも、彼とケヴィン・デュランドは何度も自分たちでリハーサルを繰り返し、そして完成させていったと証言しています。

今や誰もが怪優で、B級映画に欠かせない顔だと認めるニコラス・ケイジ。しかし演技にかける姿勢と、独特のアプローチに揺るぎはありません。私生活にスキャンダルがあろうが、B級映画ファンが彼を熱く支持する訳だと、実感させられました。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2017 The Pretenders, Inc. All rights reserved.

次回の第46回は映画監督を目指す男の数奇な恋愛を描く『ふたりの映画ができるまで』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ペドロ・アルモドバルの新作映画『ペインアンドグローリー』インタビュー【Pain&Gloryは個人的な記憶】FILMINK-vol.20

FILMINK-vol.20「Pedro Almodovar Gets Personal With Pain And Glory」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから …

連載コラム

『帝都物語』ほか日本SF大賞受賞作品が与えた社会的影響と関係性とは|SF恐怖映画という名の観覧車10

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile010 小説『太陽の塔』でデビューし、2017年には『夜は短し歩けよ乙女』が劇場アニメとして製作公開されるなど、独特の語り口や世界観が根強いファ …

連載コラム

映画『遠い光』あらすじと感想。宇津野達哉監督の物語から垣間見えてくる“鹿踊り”|2019SKIPシティ映画祭13

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・宇津野達哉監督作品『遠い光』が7月15・19日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の …

連載コラム

ホラー映画『星に願いを』あらすじと感想。ラストのクライマックスを圧倒的に描く佐々木勝巳の演出力|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019②

映画『星に願いを』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映! 第6回目となる、日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント、「夏のホラー秘 …

連載コラム

映画『貞子』のあらすじと解説。「リング」シリーズから2019年版までを紹介|SF恐怖映画という名の観覧車49

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile049 今回のコラムでは「死後の世界」を題材にした韓国映画『神と共に』(2019)をご紹介する予定でしたが、本コラムで語らざるを得ない作品の公開 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP