Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

斎藤工監督映画blank13は実話?あらすじとキャスト【高橋一生主演】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

俳優として人気の斎藤工が長編初監督作品を務めた『blank13』は、2018年2月3日からシネマート新宿で限定公開!

初めて長編映画を演出した斎藤監督は「派手にではなく、じっくりと手渡しの様に劇場にてこの作品を届けて行きたい」と語ってくれた作品。

彼の思いとはどんなところにあるのでしょうか?


ⓒ2017「blank13」製作委員会

スポンサーリンク

1.映画『blank13』とは?

イケメン俳優として知られる斎藤工。彼が“齊藤工”名義で手掛けた映画『blank13』。

原作は放送作家はしもとこうじの実話をもとに、13年間行方不明だった父親と捨てられた家族が、父の死後に葬儀の参列者が語る思い出話から謎に包まれた“13年間の真実”を知る家族の物語です。

キャストに豪華な顔ぶれが結集!

主人公・松田コウジに高橋一生、失踪していたコウジの父にリリー・フランキー、母親に神野三鈴、コウジの恋人に松岡茉優が演じています。

4月になって、あったかくなってきましたね。 #高橋一生 #旅する氷結

高橋一生さん(@issey_tabisuru)がシェアした投稿 –

主演・松田コウジ役を務めたの高橋一生。

彼は映画『blank13』にどのような感想を抱いたのでしょう。

実はこのように語ってくれています。

作品作りというものに、撮影前からこれほど参加させていただいた経験は、
はじめてのことでした。幸せな時間でした。

どうやら、楽しんで作品作りができたようですね。

また、高橋一生は、監督としての齊藤工の仕事を同じ俳優としてどう感じてるのでしょう?

そのことについてはこのように述べています。

映画に向ける静かな熱情を常に現場で感じていました。
お芝居をしっかり見てくださっていたので、
技術的な事を敢えてしない臨み方が出来たと思っています。

技術的な事を敢えてしないとは、心と血の通った自然体の作品作りということでしょうか。

気持ちや精神面で共通することや意気投合することが多い、ふたりなのかも知れませんね。

さらに、高橋一生は映画ファンのあなたに、こんなメッセージを送っています。

人生の愛しさも、滑稽さも、絶望も、少しの希望も感じられる映画になっていると思います。
是非ご覧になっていただいて、少し忘れてしまっていたかもしれない、
自分の身近に居る好きな人達の事を思っていただけたら嬉しいです。

現在、若手俳優として大人気の高橋一生。

ファンに対して「身近に居る好きな人達の事を思って」と優しさの人柄を感じさせるメッセージです。

また、斎藤工監督に常に熱情を持って芝居を見てくれたと、いつものことながら気取らない俳優としての謙虚さを見せていますね。

実は斎藤工監督も松田一家の長男役で出演しています。

高橋一生と斎藤工の兄弟役なんですよ!イケメン兄弟を演じているのも話題を呼びそうですね。

2.映画『blank13』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
齊藤工

【キャスト】
高橋一生、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、大西利空、北藤遼、織本順吉、村上淳、神戸浩、伊藤沙莉、川瀬陽太、岡田将孝、くっきー、大水洋介、昼メシくん、永野、ミラクルひかる、曇天三男坊、豪起、福士誠治、大竹浩一、細田香菜、小築舞衣、田中千空、蛭子能収、杉作J太郎、波岡一喜、森田哲矢、榊英雄、金子ノブアキ、村中玲子、佐藤二朗、リリー・フランキー

【作品概要】
俳優として人気の斎藤工が長編監督デビューを果たした作品。放送作家はしもとこうじの実話を基に家族の物語。

主人公の彼女役を松岡茉優、失踪した父親役をリリー・フランキー、母親役を神野三鈴がそれぞれ演じ、斎藤も主人公の兄役で出演。

スポンサーリンク

3.斎藤工監督として初長編作品『blank13』の思いは?

斎藤工監督の短編作品『半分ノ世界』(2014)

斎藤工は、1981年8月22日生まれの東京都港区出身の俳優です。日本学園高等学校卒業

高校卒業後は映画監督を目指して、映画美学校に願書を送りましたが、父親から映画は机の上で学ぶものじゃない、お前は一刻も早く現場に出ろとアドバイスを受け、主に俳優やモデルとして活動します。

2012年にショートムービー『サクライロ』にて念願の監督デビュー。これまでに短編映画を含め7本の作品を制作しています。

2014年に『半分ノ世界』は、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014 ミュージックShort部門 特別上映作品に選ばれます。

斎藤工監督の映画『blank13』映像

さて、富川国際ファンタスティック映画祭でも上映がされた映画『blank13』。

斎藤工監督はどのように自らの初長編監督について、どのような姿勢なのでしょうか?

次のように述べています。

オブラートくらいペラッペラな私には、
“監督”と言う重厚な響きが未だしっくり来ませんが、
この作品への関わりとしてそれ以外の役職名が今の所無いので、
偉そうに名乗ってしまっています。

私がこの作品に対してした事と言えば、
はしもとこうじ氏のとっておきの物語を映画にしたいと言い、
身に余るスタッフ方・キャスト方に集まって頂き、
それをワクワクしながら特等席で見ていた、
ただの我儘おっさん傍観者です。

映画とは、
やはり映らない部分にも沢っ山のドラマがある事を、
身を以て体感しました。

まだ先ではありますが、
皆様のお陰で無事に来年公開が決まりました。

本当にありがとうございます。

派手にではなく、
じっくりと手渡しの様に劇場にてこの作品を届けて行きたいと思っています。

同時にここから公開までが最も大事な時間です。

恩着せがましいですが、
この作品を一緒に育てて頂きたいです。

かつて映画少年だった私には、

この瞬間も含め、
夢の様な映画の時間の進行形を過ごしています。

斎藤工監督も高橋一生と同様に真摯なメッセージですね。

映画制作にあたった斎藤組のスタッフ・キャストへの感謝を述べてますね。

今作は、すでに、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」にて上映され、作品を観た観客から「ゆうばりファンタランド大賞」という観客賞を受賞しています。

どのような作品を斎藤工監督が見せて作ってくれたのか?また、俳優としても演じているのか?

俳優として演じるだけでなく、映画を作ることにも意欲を示す斎藤工。

多くの映画ファンや斎藤自身のファンに見せたい作品に要注目ですね。

4.映画『blank13』のあらすじ

ギャンブル好きで借金を残したまま13年前に突然蒸発した父親…。母親と兄は恨みしかないとコウジに語る2人…。

父親は13年のあいだ何をしていたのか? 今も母親と兄の記憶のままなのか?コウジの記憶にある優しい父親ではないのか?

コウジは揺れる想いを巡らせています。

そんな行方不明だったはずの父親の消息が判明します。

しかし、父親は家族との溝を埋めることができないまま、余命3か月あまりでガンでこの世を去ってしまいます。

取り戻せないと思っていた13年間の空白…。

葬儀の当日に参列者が語る父親にまつわるエピソードが次々と語られ、母と兄も知らぬな父親の真実が埋まっていく…。

スポンサーリンク

6.まとめ

俳優の斎藤工は、短編作品を含めると、映画『blank13』が7本目の監督作だそうです。

主人公のコウジ役に高橋一生、その彼女に松岡茉優、失踪した父にリリー・フランキーと人気俳優が揃いました。

また、葬儀に集まった参列者には個性派の俳優陣が集まり、大いに注目です!

映画『blank13』は2018年2月3日からシネマート新宿で限定公開。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『浜の記憶』あらすじと感想。元東宝の名優加藤茂雄が演じる年の離れた男女の孤独な物語

映画『浜の記憶』は2019年7月27日(土)よりK’s cinemaにて公開! 黒澤明監督の『生きる』や成瀬巳喜男監督の『流れる』など、数多くの東宝作品に出演したほか、テレビドラマ『太陽に …

ヒューマンドラマ映画

映画『田園の守り人たち』あらすじと感想。戦争を背景に移りゆく女性たちの暮らし

『田園の守り人たち』は2019年7月6日(土)より、岩波ホールにて公開! ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景の中、寡黙に働く女たちが描かれます。 それは男たちを戦場にとられた後、代わって女たちが銃後 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マルクス・エンゲルス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【共産党宣言の誕生】

2018年はカール・マルクス生誕から200年を迎え、映画『マルクス・エンゲルス』は、岩波ホールほか全国順次公開。 19世紀を代表する革命的な名著『資本論』を著したカール・マルクス。 フリードリッヒ・エ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『女教師~シークレット・レッスン』あらすじとキャスト紹介

美しい男子生徒と女教師の禁断の情事、それは新たな悲劇の始まり…。 禁断の三角関係というスキャンダラスな愛憎の行方を描いた衝撃のエロティック・サスペンス! 韓国映画『女教師~シークレット・レッスン~』は …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学