Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』女優・初音映莉子(泰子/やすこ)の演技力と評価は?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開される、映画『月と雷』はの予告編が解禁となりました。

映画の原作は直木賞作家の角田光代の同名小説。キャストにダブル主演で初音映莉子と高良健吾の出演で映画化されました。

今回は泰子(やすこ)役に挑んだ初音映莉子のプロフィールや魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『月と雷』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
安藤尋

【キャスト】
初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣/村上 淳、木場勝己、草刈民代

【概要】
直木賞作家の角田光代の同名小説を、映画『海を感じる時』で知られる安藤尋監督による映画化。

↓原作者の角田光代がきになる方は、以下の記事も参照してくだいね。

2.泰子役の初音映莉子のプロフィールは?


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

初音映莉子(はつねえりこ)は、1982年3月24日生まれの東京都出身の日本の女優。堀越高校卒業したのち、事務所はA-teamに所属

1998年にタレントデビュー。当時の所属していた事務所はイトーカンパニーグループ内のラッキーカムカム。

デビュー当初はCM出演をメインに行っていました。1999年に日本テレビのドラマ『ラビリンス』で女優としてデビュー。

2001年に所属事務所をA-teamへ移籍。その後は女優として本格的に活動していきます。

2012年2月に映画『終戦のエンペラー』において、みごとにヒロインのあや役での出演が決まり、ハリウッド映画デビュー

スポンサーリンク

3.初音映莉子の過去に出演した映画作品は?

すでにハリウッドデビュー!『終戦のエンペラー

【フィルモグラフィー】
『うずまき』(2000年)
『押切』(2000年)
『BOM!』(2001年)
『マナに抱かれて』(2003年)
『1303号室』(2007年)
『ノルウェイの森』(2010年)-ハツミさん役
『ミツコ感覚』(2011年)-ミツコ役
『終戦のエンペラー』(カナダ2012年・アメリカ&日本2013年)-あや役
『ガッチャマン』(2013年)-ナオミ / ベルクカッツェ役
『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』(2014年)-流泉寺美沙役
『月と雷』(2017年)-主演・泰子役(高良健吾とダブル主演)

2000年にHiguchinsky監督の伝説的なホラー映画『うずまき』にてスクリーンデビューを果たしました。

また、2010年に『青いパパイヤの香り』や『シクロ』などで世界的な評価が高い映画監督トラン・アン・ユンによる、村上春樹原作の『ノルウェイの森』ハツミ役を果たします。

また、2011年に新進気鋭の山内ケンジ監督のデビュー作『ミツコ感覚』で主演を務めました。

4.初音映莉子が『月と雷』に出演した感想は?


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

初音映莉子はこの作品に出演するにあたり、次のように述べています。

安藤監督は私的な空間のある現場を作ってくださったので、“俳優として仕事をした”というより、自分の中の人生の一部を泰子の人生に費やすことが出来ました。とても信頼感のある現場でした。
私が演じた泰子は、大好きな父を亡くし、東京に出るわけでもなく、清算しきれない過去を持ちながら、人の人生にかかわることに積極的でない女性です。自分が持っていたもの、現場で感じたことを一番大切にし、心のアクセルとブレーキを小さく刻みながら、この役を作り上げました。
ルーティーンのような生活、自分では平和に過ごしていたはずの日常が、智と再会して、急にその日常が変わっていくわけですけど、高良さんご本人にもそういう流れを変える力がある方だと思いました。生きている限り、共感できる要素がありふれた作品だと思います。
(『月と雷』HPから)

また、安藤尋監督は女優の初音映莉子について次のように述べています。

「美人であることは面接で分かっていたのですが、実はかなりぶっ飛んだスンゲー女優」『月と雷』HPから抜粋

いったい“かなりぶっ飛んだスンゲー女優”と安藤監督に言われた初音映莉子は、どのように泰子を演じたのでしょう。

角田光代の原作にあった身近にいたら少しメンドくさい人物の孤独感と、そこはかとなく感じさせる愛おしさは、初音映莉子の演技力あってのものなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

5.映画『月と雷』のあらすじは?


(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会

スーパーのレジ打ちとして勤務する泰子は、亡き父親の残した自宅と職場を往復する日々を過ごしていました。

毎日に大きな幸せを感じることもなかったが、小さな不幸や問題もありませんでした。

そんな泰子は結婚を控えてもいましたが、ある日、彼女の前に現れたのは泰子が幼い頃に半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子智でした。

20年前に愛人直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家族は壊れてしまったのです。

根無し草のように大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始めます。泰子は「邪魔しないであたしの人生」、そう“普通の幸せ”を願っているはずでしたが…。

まとめ

映画『月と雷』は直木賞作家の角田光代の同名小説を、園児力のある俳優のダブル主演で初音映莉子と高良健吾が務めました。

今作は2017年10月7日(土)よりテアトル新宿やテアトル梅田などで全国公開されます。

ぜひ、お近くの映画館でご覧くださいね!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『ジョー・ベル 心の旅』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。感動実話おすすめ映画にてマーク・ウォルバーグが孤独な息子のために歩み続ける父親を熱演|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー70

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第70回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』あらすじとキャスト。稲垣吾郎と長谷川博己の演技評価の解説

東京国際映画祭の顔ともいえるコンペティション部門に選出された阪本順治監督の話題作『半世界』。 40歳を目前に人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情、そして希望を描いたヒューマンドラマ。 阪本順治 …

ヒューマンドラマ映画

映画『七つの会議』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【原作:池井戸潤作品】

原作:池井戸潤×主演:野村萬斎の映画『七つの会議』は、2019年2月1日(金)公開! 「半沢直樹」シリーズ、また『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』など、ベストセラーを連発している池井戸潤の同名小説の映 …

ヒューマンドラマ映画

サバカンSABAKAN|ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。草なぎ剛が絶賛する“金沢知樹の初監督作”

1986年の夏、小学5年生の2人の男子が築いた友情の冒険物語。 映画『サバカン SABAKAN』は、大ヒットドラマ「半沢直樹」の脚本など、テレビや舞台の脚本・演出を手がけてきた、金沢知樹の映画初監督作 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学