Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/07
Update

映画『さよならくちびる』あらすじネタバレと感想。ハルレオの門脇麦&小松菜奈の演技と演奏に注目!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

突然解散を決めた人気デュオの“ハルレオ”。付き人のシマと共に行く解散ツアーを描く音楽エンターテインメント。

音楽劇であるとともにロードムービー、そして、LGBTQを内包した本作は、『どろろ』『抱きしめたい』の塩田明彦監督のオリジナル作品。

基本は門脇麦、小松菜奈、成田凌の三人芝居で進み、実際に門脇麦(=ハル)と小松菜奈(=レオ)の二人が歌声を披露しています。
主題歌を秦基博、挿入歌をあいみょんが提供しているのも注目です。

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』作品情報


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

【監督・脚本】
塩田明彦

【キャスト】
小松菜奈、門脇麦、成田凌、篠山輝信、松本まりか、新谷ゆづみ、日高麻鈴、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ

【音楽】
きだしゅんすけ

【スタイリスト】
伊賀大介

【主題歌提供】
秦基博

【挿入歌提供】
あいみょん

映画『さよならくちびる』キャラクターとキャスト


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

ハル:久澄春子(門脇麦)
“ハルレオ”の作詞作曲担当。実は同性愛者でレオに友情以上の感情を持っている。

レオ:西野玲緒(小松奈々)
レオに誘われ音楽を始めるハルの気持ちを知りつつシマに惹かれる

シマ:志摩一郎(成田凌)
元ホストで元バンドマン。ハルレオのローディになる、ハルに惹かれる

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』あらすじとネタバレ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

「二人の気持ちは変わらないんだな?」全国7都市のライブハウスツアーにでるデュオ“ハルレオ”のハルとレオに、ローディ兼マネージャーのシマが念を押します。

バイト先で偶然出会ったハルは、レオに『一緒に音楽をやってみない』と声をかけます。

音楽経験は全くないレオでしたが、自分と同じようなハルの孤独な境遇に共感したレオは誘いに乗ります。

ハルから手ほどきを受けたレオは、めきめきと上達し、やがて二人は路上で歌い始めます。

“ハルレオ”として本格的に活動し始めるためにローディを探し始めす。

そこで出会ったのがシマでした。元売れっ子ホストで売り込みなども得意なシマの存在もあって、自主製作ではあるものCDを製作しライブハウスにもお客が集まるようになります。

“ハルレオ”の近い距離感からある種の関係性を想い・感じるファンもいて同性同士のペアも多く集まります。

順調に思われた“ハルレオ”ですが、元々男に惚れっぽいところのあるレオがシマに惹かれ始め、そのシマがハルに惹かれ始めたことで、関係性がギクシャクしはじめ、とうとう仕事以外でろくに口もきかないようになってしまいました。

更に関係を複雑にしていることがハルの秘密でした。ハルは公言していませんでしたが、同性愛者でした。

そして、レオに強く惹かれていました。

ハルの気持ちを知ったレオはそれを受け入れてもいいと言い出しますが、ハルは無理はせずに素直にレオはシマと付合えと言い放ちます。

それを知り、自分たちの気持ちに蓋をするとレオとシマ。それでより一層三人の間に流れる空気は気まずいものになっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『さよならくちびる』ネタバレ・結末の記載がございます。『さよならくちびる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

ツアーの途中で“ハルレオ”の解散の情報が漏れてしまい、結果としてツアーは大盛況となります。

満員が続き、シマは喜びますが、淡々と最後のツアーをこなす予定だった二人のイライラはさらに増します。

“ハルレオ”解散の一報を聞いてライブハウスに多くのファンが駆け付けます。その中には友だち以上の関係にあると思われるティーンの女子たちの姿もありました。

気まずいままにツアーが進んでいきますが、裏腹にステージ上の二人の息はピタリと合っていきます。

最後の地、函館のライブは大型の会場が満員になる程の盛況で、中には入れずにネット中継でライブを見守るファンも多くいます。

東京に戻ってきた三人、もうローディでも何でもないと言い放ったシマは、ハルとレオに自分の荷物は自分で持って行けと突き放します。

二人と分かれたシマは何となく立ち去りがたくその場でたたずんでいます。

するとそこへ、こんな大荷物持っていられないとぶつぶつ文句を言いながらハルとレオが戻ってきます。

「“ハルレオ”の再結成なんて絶対にないぞ!」と戸惑いと嬉しさをかみ殺すようにして、シマは二人を乗せて車を走らせるのでした。

映画『さよならくちびる』感想と評価

オリジナル脚本で三人芝居でロードムービーで音楽劇

本作品『さよならくちびる』は、今時では珍しい原作も、ベースとなったエピソードもない塩田明彦監督のオリジナル脚本です。

今、人に見てもらうには(それ以前に企画にお金を出してもらうには)なかなかどうして高いハードルのある作りです

その高いハードルをくぐりやすくしているのがメインキャストとして、事実上の三人芝居で物語を進める門脇麦と小松菜奈と成田凌という売れっ子の存在です。


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

もともと、門脇麦と小松菜奈という二人の女優の“今を切り取っておきたい”という企画意図から始まったこの映画は、まず二人ありきでことが進み、そこに塩田監督がオリジナルの脚本を用意してきました。

二人と等距離を保てる雰囲気のある俳優ということで成田凌がそこに加わり、微妙な三人組が出来上がりました

歌手の物語となったところで、しっかりとしたアーティストに協力を仰ぐことになり、秦基博とあいみょんという豪華な名前が揃いました。

過去にも「ソラニン」や「覆面系ノイズ」などなど実際のキャストが歌声を披露する映画はありましたが、本作も本業が歌手ではない門脇麦と小松菜奈の二人が“ハルレオ”として歌声を披露しています

売れっ子若手俳優三人が顔をそろえ、人気アーティストが楽曲を提供したことで、気が付けば「さよならくちびる」は概要を聞いただけで、とても気になる魅力的な映画になりました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

塩田明彦監督の過去作には、2014年に北川景子主演の実話を基にした映画『抱きしめたい 真実の物語』や、日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、間宮夕貴を主演に迎えた映画『風に濡れた女』があります。

いずれの作品も切り口に違いはあれど、映画好きな女性たちから注目を集めた作品でした。

今回、『さよならくちびる』では、若手人気女優の小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春の様子をオリジナル脚本で描きました。

また音楽ロードムービーであるこの作品では、「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博が行い、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんという、人気ミュージシャンが楽曲を手がけています。

各地のステージを重ねていく「ハルレオ」役の演奏シーン挑んだ小松菜奈と門脇麦。彼女たちに絡むシマ役を『愛がなんだ』『ビブリア古書堂の事件手帖』という、若手注目の演技派の成田凌と、見どころの多い映画になっています。

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『シアター・プノンペン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アジアの若手女性の監督ソト・クォーリーカーが自国の歴史に向き合った作品『シアター・プノンペン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『シアター・プノンペン』の作品情報映画『シアター・ …

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

ヒューマンドラマ映画

映画『タレンタイム〜優しい歌』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今回ご紹介する『タレンタイム〜優しい歌』は、稀にみる優しさと美しさを兼ねそなえた作品。 派手なハリウッド映画に疲れている映画通のあなたに、自信を持ってお薦めできる作品です。 2009年に他界されたヤス …

ヒューマンドラマ映画

映画ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ|あらすじと感想。

家具デザイナーとしても活躍した建築家アイリーン・グレイの波乱万丈の生涯と、設計を手がけた建築群が世界文化遺産登録された近代建築の巨匠ル・コルビュジエとの確執を描いた映画『ル・コルビュジエとアイリーン …

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠に僕のもの』ネタバレ感想と解説。元ネタ事件をモデルに親しくなった友人の家族ホゼとアナの存在も要素に

映画『永遠に僕のもの』は、1971年にアルゼンチンで起きた連続殺人事件を題材にした作品。 監督・脚本を兼務したのは、『La Caja Negra (原題)』(2002/日本未公開)でスイスのフリブール …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP

Today's Ranking