Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/07
Update

映画『さよならくちびる』あらすじネタバレと感想。ハルレオの門脇麦&小松菜奈の演技と演奏に注目!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

突然解散を決めた人気デュオの“ハルレオ”。付き人のシマと共に行く解散ツアーを描く音楽エンターテインメント。

音楽劇であるとともにロードムービー、そして、LGBTQを内包した本作は、『どろろ』『抱きしめたい』の塩田明彦監督のオリジナル作品。

基本は門脇麦、小松菜奈、成田凌の三人芝居で進み、実際に門脇麦(=ハル)と小松菜奈(=レオ)の二人が歌声を披露しています。
主題歌を秦基博、挿入歌をあいみょんが提供しているのも注目です。

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』作品情報


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

【監督・脚本】
塩田明彦

【キャスト】
小松菜奈、門脇麦、成田凌、篠山輝信、松本まりか、新谷ゆづみ、日高麻鈴、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ

【音楽】
きだしゅんすけ

【スタイリスト】
伊賀大介

【主題歌提供】
秦基博

【挿入歌提供】
あいみょん

映画『さよならくちびる』キャラクターとキャスト


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

ハル:久澄春子(門脇麦)
“ハルレオ”の作詞作曲担当。実は同性愛者でレオに友情以上の感情を持っている。

レオ:西野玲緒(小松奈々)
レオに誘われ音楽を始めるハルの気持ちを知りつつシマに惹かれる

シマ:志摩一郎(成田凌)
元ホストで元バンドマン。ハルレオのローディになる、ハルに惹かれる

スポンサーリンク

映画『さよならくちびる』あらすじとネタバレ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

「二人の気持ちは変わらないんだな?」全国7都市のライブハウスツアーにでるデュオ“ハルレオ”のハルとレオに、ローディ兼マネージャーのシマが念を押します。

バイト先で偶然出会ったハルは、レオに『一緒に音楽をやってみない』と声をかけます。

音楽経験は全くないレオでしたが、自分と同じようなハルの孤独な境遇に共感したレオは誘いに乗ります。

ハルから手ほどきを受けたレオは、めきめきと上達し、やがて二人は路上で歌い始めます。

“ハルレオ”として本格的に活動し始めるためにローディを探し始めす。

そこで出会ったのがシマでした。元売れっ子ホストで売り込みなども得意なシマの存在もあって、自主製作ではあるものCDを製作しライブハウスにもお客が集まるようになります。

“ハルレオ”の近い距離感からある種の関係性を想い・感じるファンもいて同性同士のペアも多く集まります。

順調に思われた“ハルレオ”ですが、元々男に惚れっぽいところのあるレオがシマに惹かれ始め、そのシマがハルに惹かれ始めたことで、関係性がギクシャクしはじめ、とうとう仕事以外でろくに口もきかないようになってしまいました。

更に関係を複雑にしていることがハルの秘密でした。ハルは公言していませんでしたが、同性愛者でした。

そして、レオに強く惹かれていました。

ハルの気持ちを知ったレオはそれを受け入れてもいいと言い出しますが、ハルは無理はせずに素直にレオはシマと付合えと言い放ちます。

それを知り、自分たちの気持ちに蓋をするとレオとシマ。それでより一層三人の間に流れる空気は気まずいものになっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『さよならくちびる』ネタバレ・結末の記載がございます。『さよならくちびる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

ツアーの途中で“ハルレオ”の解散の情報が漏れてしまい、結果としてツアーは大盛況となります。

満員が続き、シマは喜びますが、淡々と最後のツアーをこなす予定だった二人のイライラはさらに増します。

“ハルレオ”解散の一報を聞いてライブハウスに多くのファンが駆け付けます。その中には友だち以上の関係にあると思われるティーンの女子たちの姿もありました。

気まずいままにツアーが進んでいきますが、裏腹にステージ上の二人の息はピタリと合っていきます。

最後の地、函館のライブは大型の会場が満員になる程の盛況で、中には入れずにネット中継でライブを見守るファンも多くいます。

東京に戻ってきた三人、もうローディでも何でもないと言い放ったシマは、ハルとレオに自分の荷物は自分で持って行けと突き放します。

二人と分かれたシマは何となく立ち去りがたくその場でたたずんでいます。

するとそこへ、こんな大荷物持っていられないとぶつぶつ文句を言いながらハルとレオが戻ってきます。

「“ハルレオ”の再結成なんて絶対にないぞ!」と戸惑いと嬉しさをかみ殺すようにして、シマは二人を乗せて車を走らせるのでした。

映画『さよならくちびる』感想と評価

オリジナル脚本で三人芝居でロードムービーで音楽劇

本作品『さよならくちびる』は、今時では珍しい原作も、ベースとなったエピソードもない塩田明彦監督のオリジナル脚本です。

今、人に見てもらうには(それ以前に企画にお金を出してもらうには)なかなかどうして高いハードルのある作りです

その高いハードルをくぐりやすくしているのがメインキャストとして、事実上の三人芝居で物語を進める門脇麦と小松菜奈と成田凌という売れっ子の存在です。


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

もともと、門脇麦と小松菜奈という二人の女優の“今を切り取っておきたい”という企画意図から始まったこの映画は、まず二人ありきでことが進み、そこに塩田監督がオリジナルの脚本を用意してきました。

二人と等距離を保てる雰囲気のある俳優ということで成田凌がそこに加わり、微妙な三人組が出来上がりました

歌手の物語となったところで、しっかりとしたアーティストに協力を仰ぐことになり、秦基博とあいみょんという豪華な名前が揃いました。

過去にも「ソラニン」や「覆面系ノイズ」などなど実際のキャストが歌声を披露する映画はありましたが、本作も本業が歌手ではない門脇麦と小松菜奈の二人が“ハルレオ”として歌声を披露しています

売れっ子若手俳優三人が顔をそろえ、人気アーティストが楽曲を提供したことで、気が付けば「さよならくちびる」は概要を聞いただけで、とても気になる魅力的な映画になりました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

塩田明彦監督の過去作には、2014年に北川景子主演の実話を基にした映画『抱きしめたい 真実の物語』や、日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、間宮夕貴を主演に迎えた映画『風に濡れた女』があります。

いずれの作品も切り口に違いはあれど、映画好きな女性たちから注目を集めた作品でした。

今回、『さよならくちびる』では、若手人気女優の小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春の様子をオリジナル脚本で描きました。

また音楽ロードムービーであるこの作品では、「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博が行い、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんという、人気ミュージシャンが楽曲を手がけています。

各地のステージを重ねていく「ハルレオ」役の演奏シーン挑んだ小松菜奈と門脇麦。彼女たちに絡むシマ役を『愛がなんだ』『ビブリア古書堂の事件手帖』という、若手注目の演技派の成田凌と、見どころの多い映画になっています。

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『グレイテストショーマン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の評価も【ヒュージャックマンが歌う代表作】

主演ヒュー・ジャックマン!さらにはキアラ・セトルという新たなスターも誕生した『グレイテスト・ショーマン』。 米国アカデミー賞作曲賞・歌曲賞など受賞した『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがふたたび結集し、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『母という名の女』あらすじと感想レビュー。上映館情報も

映画『母という名の女』は、6月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。 メキシコのリゾート地区にあるバジャルタ。海辺に建つ別荘には2人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しい母親は …

ヒューマンドラマ映画

映画『新聞記者』あらすじネタバレと感想。結末で見せた松坂桃李の表情に自己存在を見せられた

映画『新聞記者』は、2019年6月28日(金)より全国ロードショー 内閣官房 VS 女性記者。 『サニー 永遠の仲間たち』、『怪しい彼女』などで知られる韓国映画界の至宝シム・ウンギョンと『娼年』、『孤 …

ヒューマンドラマ映画

女子怖いあるある映画なのか?ビガイルド 欲望のめざめのキャラクターポスター解禁

ソフィア・コッポラ監督の映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開! 女の園にモテ過ぎ男は禁物か⁈ 2月14日バレンタイ …

ヒューマンドラマ映画

映画『最初の晩餐』ネタバレ感想とレビュー評価。キャストの演技力で昨今の家族問題に根源的なあり方を示唆

常盤司郎監督が満を持して演出を務めた長編デビュー作。 父の死をきっかけに暴かれる家族の秘密と再生が描かれます。 監督の常盤司郎は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画で注目され、CMやミュージッ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学