Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/08/06
Update

映画マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴーの新キャストと新楽曲。見どころを大解剖

  • Writer :
  • こたきもえか

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』気になる新キャストは?新曲は?見どころ大解剖!

8月24日(金)より公開される映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』

大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の10年ぶりの続編です。

アマンダ・セイフライド、メリル・ストリープ、ピアーズ・ブロスナンはじめとするオリジナルのキャストに、新キャストを加えさらにパワーアップした『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』。

今回はこの作品で初めて歌われるABBAのヒット曲や、3人の父親の青年時代を演じる若手俳優たちに焦点を当てつつ、本作の見どころをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美しいロケ地と2人のヒロイン


(C)Universal Pictures

前作に引き続き見どころの大きな1つは美しい景色。物語の舞台はギリシャのカロカイリ島ですが、ロケはアドリア海に浮かぶクロアチア領の島、ヴィス島で行われたとのこと。

透き通るような青とエメラルド色の海、海と溶け合う広い空、色あざやかに咲き乱れる花が全編いっぱいに広 がる今作は夏にぴったりの美しい映画です。

本作は1年前に亡くなった母ドナのホテルを継いだ娘のソフィーと、ドナの青春時代を交互に映して描き出します。

若き日のドナを演じるのは『シンデレラ』シンデレラ役、2017 年大ヒットした映画「ベイビー・ドライバー』でヒロインを務めたリリー・ジェームズ。


(C)Universal Pictures

『シンデレラ』『高慢と偏見とゾンビ』などドレス姿の印象が強い彼女は本作では一転、デニムパンツにオーバーオールで歌って踊り、今までとは全く異なった魅力を見せています。

キュートで朗らか、意志の強い 女性をのびやかに演じる彼女に注目です。

ソフィーを演じるのは前作に引き続きアマンダ・セイフライド。

前作では初めて主役を演じた彼女はその後『レ・ミゼラブル』『テッド2』などの作品に出演し、今では人気女優の仲間入り。

私生活では一児の母でもあるのです。小麦肌にブロンドの少女のような可愛らしさに、大人の魅力 がさらに増した彼女に再び虜になってしまうことありません。

気になる若手イケメン俳優たちは?


(C)Universal Pictures

主人公ソフィーの3人の父親を演じるのはジェームズ・ボンド役でおなじみピアーズ・ブロスナン、オスカー俳優コリン・ファース、息子たちも俳優として活躍するステラン・スカルズガルド。

大物俳優たちの滅多に見られないダンスシーンや衣装姿も本作のチャームポイントですよね。

そんな3人の青春時代を演じた若手俳優たちをご紹介します。

まずはコリン・ファース演じる銀行家のハリー。彼に扮するのはヒュー・スキナー。

イギリス出 身の33歳で、実は『レ・ミゼラブル』『スター・ウォーズ : 最後のジェダイ』にも出演しています。

真面目なハリーが一生懸命若き日のドナにアタックする姿はとてもキュート。

ぜひ次期実力派俳優のおどけた姿をご覧ください。

冒険家のビルを演じるのはイギリス出身のジョシュ・ディラン。彼はブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが共演を果たした映画『マリアンヌ』や2018年アメリカで公開予定の『The Little Stranger(原題)』に出演する俳優です。

端正な顔立ちの彼、どこか若き日のヒース・レジャ ーを彷彿させるのは私だけでしょうか…?

最後にピアース・ブロスナン演じる、前作でドナにプロポースしたサム。若き日のサムを演じる のはイギリス出身のジェレミー・アーヴィンです。

彼はスティーヴン・スピルバーグ作品『戦火 の馬』で主人公アルバートを演じた実力派若手俳優。

他にもスティーヴン・キング原作のスリラ ー映画『追撃者』『ストーンウォール』では同性愛者の主人公を熱演しています。

躍進中のジェ レミー・アーヴィンにこれからもご注目ください!


(C)Universal Pictures

スポンサーリンク

前作よりパワーアップ!ABBAの名曲たち


(C)Universal Pictures

ミュージカルを彩るのはABBAの往年の名曲たち

『Dancing Queen』『Mamma Mia』『Super Trouper』『I Have A Dream』など、前作で登場した曲も新キャストたちがストーリーに沿って歌い上げます。

本作で初めて登場する歌をいくつかご紹介したいと思います。

『When I Kissed the Teacher』(1976) 「みんな叫んだの、私が先生にキスをした時に。それにみんな夢を見たに違いないわ」学校の先 生に恋をする少女の気持ちをポップに歌った『When I Kissed the Teacher』

映画ではドナと親友のターニャ、ロージーがガールパワー全開に溌剌と歌います。

リリー・ジェームズたちの歌声とダンスに、一気に物語に引き込まれること間違いありません。

『One Of Us』(1981)「私の元を通り過ぎて行った素晴らしいロマンスの数々…私たちのうちの1人が立ち去らなきゃいけないわ」かつてあった甘い時間も今は過ぎ去ってしまった。

切ないラブソングを歌うのはソフィーと彼女の夫、スカイ。遠く離れたところでハーモニーを奏でる2人と、想い合う気持ちが表現されたカメラワークに注目です。

『Knowing me, Knowing you』(1976) 「私を知っている、あなたを知っている、だから向き合わなくちゃ。これが2人にとって1番の選択なのよね…」ポップなメロディながらも失恋を迎えるカップルを歌ったこの名曲も今回登場します。

これは若き日のドナが恋に落ちた3人のうちの1人と歌うのですが…どの彼と共に歌うのかは、ぜひ本編で確かめてみてください!

まとめ


(C)Universal Pictures

亡くなった母を、遠いところにいる恋人を想いながらホテルを守ろうとする現在のソフィー。

夢に満ち、冒険に繰り出した青春時代のドナ。

何年経っても忘れられない恋人を持つ男性たち。

過去と現在を交差させながら描く本作は、母と娘、永遠の恋人たちの絆の美しさを感じさせてくれます。

ABBAの歌で繋がれる時空を超えた強い愛に、笑って思わず涙してしまうこと間違いありません。

大切な方と一緒に『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』ぜひご覧ください!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『さよならくちびる』あらすじネタバレと感想。ハルレオの門脇麦&小松菜奈の演技と演奏に注目!

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー! 突然解散を決めた人気デュオの“ハルレオ”。付き人のシマと共に行く解散ツアーを描く音楽エンターテインメント。 音楽劇であると …

ヒューマンドラマ映画

映画『ギャングース』あらすじネタバレと感想。高杉真宙×加藤諒×渡辺大知の演技力に注目

裏社会の実態をリアルに描いた❝超実証主義漫画❞『ギャングース』が、遂に実写映画化。 ハリ?タタキ?道具屋?ヤラレ名簿?受け子? 聞きなれない言葉が飛び交う世界。どこか他人事のように思える世界が、リアル …

ヒューマンドラマ映画

映画『LBJケネディの意志を継いだ男』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ケネディ暗殺。その銃弾はもうひとりの男の運命を変えた! ケネディ暗殺後、アメリカ大統領に就任したリンドン・ベインズ・ジョンソンの苦悩と功績を描くロブ・ライナー監督作品『LBJケネディの意志を継いだ男』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』あらすじ感想と評価解説。家族と一緒にいたいと願う韓国生まれの青年が陥る移民政策の落とし穴とは?

アメリカの移民政策で生じた“隙間”に落ちた青年の運命 映画『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーとなります。 本作は、移民政策の法律の隙 …

ヒューマンドラマ映画

映画『レイトナイト(Late Night)』あらすじネタバレと感想。エマ・トンプソン演じるハートフルコメディの内容とは

2019年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、アマゾン・スタジオズが全米配給権を獲得した映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』 映画『レイト・ナイト(Late Night:原題)』は、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学