Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドラマ映画

映画『あさひなぐ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

大人気アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花らが出演した話題の映画『あさひなぐ』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『あさひなぐ』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『あさひなぐ』の作品情報


(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011 こざき亜衣/小学館

【公開】
2017年(日本映画)

【監督・脚本】
英勉

【キャスト】
西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、松本妃代、岡野真也、江田友莉亜、紀咲凪、北原帆夏、樋口柚子、緒方もも、宮田祐奈、松田佳央理、中田花奈、斉藤優里、吉川靖子、藤谷理子、池田夏希、加賀成一、飯野智司、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこ

【作品概要】
第60回小学館漫画賞を受賞した人気コミック「あさひなぐ」がついに映画化!主人公の東島旭役には映画初主演の西野七瀬。

旭が憧れる先輩・宮路真春役に白石麻衣。二人の最強のライバル・一堂寧々役には生田絵梨花。その他にも桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華ら乃木坂46メンバーが“美の武道”なぎなたに初挑戦!

さらに、『チアダン』の富田望生をはじめ、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこら実力派俳優陣が個性的なキャラクターを演じる。

監督は『ヒロイン失格』など数々の大ヒット作を手掛けてきた英勉。“なぎなた”に全てをかける女子高生の青春を瑞々しく描く!

2.映画『あさひなぐ』のあらすじとネタバレ


(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011 こざき亜衣/小学館

春、元美術部で運動音痴の東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。

旭は1つ上の先輩・宮路真春と出会い、その強さに憧れ“なぎなた部”入部を決意!

同級生の八十村将子、紺野桜、2年生の野上えり、大倉文乃と共に部活動をスタート。

しかし、“練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”ーそんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの。

やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。

順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。

なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。

野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再び二ツ坂の前に宿敵・國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。

そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事がー。

真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。

そのとき、旭は……。

物語はクライマックスへ向けて大きく動き出すー。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『あさひなぐ』結末の記載がございます。『あさひなぐ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

新人戦の準決勝。

勝敗が決する大将戦で真春が一堂に一本負けを喫し、二年生チームは敗れました。

絶対的存在であった真春の敗戦はチーム全員にとっても大きなショックでした。

責任を感じた真春は、自分より弱い相手しかいない部活動に参加するのを止め、別の練習場に一人で参加していました。

真春がいない部活動に違和感を感じた旭は、真春を武道場に呼び出します。

そこで旭は防具を着けずに真春と対戦し、簡単にやられてしまいました。

帰ろうとする真春に、その他の部員が同じく防具なしで挑もうとします。

そこに顧問が國陵高校との練習試合の話を持ってきました。

練習試合当日、真春には別に期待していないというメッセージを込め、先鋒を真春にしたオーダーを組みました。

悩みを抱えたままの真春のプレーは硬く、一本を取り合う形で引き分け。

続く次鋒の八十村は間合いを保った成長を感じさせる試合運びで同じく引き分け。

中堅の大倉は粘りを発揮し、こちらも引き分け。

副将の野上は果敢に攻め、やはり引き分け。

大将である旭の対戦相手はあの一堂寧々。

早々に一本を取られた旭でしたが、真春から教わった引き技を決め、見事に一本を取り返しました。

結果は5戦引き分け。

勝敗の決着は代表戦にもつれました。

國陵の代表者はもちろん一堂。

そして、二ツ坂は真春。

一人一人が真春の背中を叩いていき、想いを託していきます。

対する一堂も仲間から同様に背中を叩かれますが、そこに信頼関係はありません。

皆の想いを背負った真春の一振りは一堂を捉え、見事に一本。

國陵へのリベンジを二ツ坂はついに果たしました。

皆で仲良く歩いて帰る二ツ坂のメンバーたち。

彼女たちはチームとして一回りも二回りも成長を遂げました。

スポンサーリンク

3.映画『あさひなぐ』の感想と評価


(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011 こざき亜衣/小学館

大人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーが出演し、話題を呼んでいる本作。

邦画界には度々、旬のアイドルや女優が主演を務める「アイドル映画」という括りの作品が登場します。

本作もその一つであり、ただの部活動映画でも青春映画でもない正しく「アイドル映画」としか呼べないものでした。

主要メンバーの名前と顔がなんとなくわかる程度の知識で、全く門外漢の私ですがそれでもアイドルというものの構造を含ませた内容は興味深いものがありました。

まずもって高校の名前が二ツ坂。

ところどころに坂が重要な舞台として登場します。最初に特訓させられた坂、神社の境内までの階段坂(旭と真春が出会った歩道橋も坂になっていました)。

坂の一致は偶然ではありますが、二ツ坂はアイドルグループとして捉えることができます。

全てがアイドルという存在を取り巻くものに置き換え可能です。

真春はエースなのでセンター、旭は一個下の主人公なので次期センター候補、野上部長はリーダー。

卒業していった3年生は卒業していったメンバー、学校は所属事務所、顧問はプロデューサーかマネージャー、寿慶は振り付けか歌の先生、大会はライブ、そして真春の弟の夏之にはファンの立場が重ね合わせられています。

乃木坂のようなメンバーが沢山いるアイドルグループは容姿やスター性などなにか飛び抜けたものを持った存在が必要でありながら、全体の統制が取れていないとパフォーマンスは上手くいかないはずです。

一人だけ売れてピンでばかり仕事をしていても、グループにとって完全なプラスにはならない。

それを部活動の団体戦に重ね合わせ、ラストの練習試合に向け、ドラマを積み重ねていきます。

ただ、あまり面白いとは思えないギャグがやたらと挟み込まれたり、旭と真春にフォーカスしたせいで他のキャラクターの葛藤が薄かったり、映画全体として色々と欠点はあります。

しかし、やや弱いとはいえ部活動映画の勘所を押さえてあるので、決してファンだけがひっそりと楽しむようなものに収まっているわけではありません。

薙刀という馴染みのない武道を知るきっかけとしても入りやすい作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011 こざき亜衣/小学館

衝突しながらもお互いの存在や頑張りがお互いにとってプラスに作用していく。

それこそが部活動映画の肝であり、団体という人間模様を描く面白さです。

舞台版の方も同じく乃木坂メンバーが務めますが、映画版とは全員違うキャスティングで、その層の厚さを感じます。

トップアイドルグループとしてますます勢いに乗る「乃木坂46」。

これからも邦画界に新たな風を吹かせていくのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

ドラマ映画

海辺のリアキャストとあらすじ!公開はいつから?試写会情報も

“私に思い出などいらないのです…。みなさんの中に、私の思い出さえあれば…” 仲代達矢さんの集大成ともいえる作品『海辺のリア』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『海辺のリア』の作品情報 【公開】 …

ドラマ映画

カンヌ国際映画祭2017ソフィアコッポラが本命!発表日程も

1946年にカンヌ国際映画祭の歴史は始まり、2017年で70回目を迎える世界三大映画祭のひとつに挙げられます。 ベルリン国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並び、各国の映画関係者が一堂に集まる映画の祭典 …

ドラマ映画

映画『ザ・サークル』あらすじネタバレとラスト考察。原作との違いは

デイヴ・エガーズの原作を新鋭ジェームズ・ポンソルトが映画化。SNSを題材にしたサスペンススリラー『ザ・サークル』をご紹介します。 エマ・ワトソン、トム・ハンクスらがこれ以上ないはまり役で熱演。誰もが落 …

ドラマ映画

映画『脱脱脱脱17』あらすじとキャスト!松本花奈監督の評価は?

『鈴木先生』の入江沙季役や『恋につきもの「いばらのばら」のいばら役などで知られる女優・松本花奈。 彼女が監督を務め才能を発揮した『脱脱脱脱17』は、MOOSIC LAB 2016で準グランプリなど4部 …

ドラマ映画

映画『ブリムストーン』あらすじとキャスト!感想レビューも

ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された、愛と暴力と信仰心を巡る壮絶な年代記、いよいよ日本公開! 映画『ブリムストーン』は、2018年1月6日(土)より新宿武蔵野館ほかで順次公開される主 …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学