Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/01/27
Update

映画『ハスラーズ』ネタバレあらすじと感想。実話事件(元ネタ)から見えた階級社会と職業差別の底辺から抗う者たち

  • Writer :
  • 松平光冬

ストリッパーたちがウォール街の男たちから大金を奪った、奇想天外な実録ドラマ

ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウーがダブル主演する映画『ハスラーズ』が、2020年02月07日(金)より全国公開されます。

ストリッパーたちが、NYウォール街の裕福な男たちから大胆すぎる手口で大金を騙し取りまくったという驚きのクライムドラマを、ネタバレ有で内容解説いたします。

スポンサーリンク

映画『ハスラーズ』の作品情報

(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Hustlers

【監督・脚本】
ローリーン・スカファリア

【製作】
ジェシカ・エルバウム、エレイン・ゴールドスミス=トーマス、ジェニファー・ロペス、ベニー・メディナ、ウィル・フェレル、アダム・マッケイ

【キャスト】
コンスタンス・ウー、ジェニファー・ロペス、ジュリア・スタイルズ、キキ・パーマー、リリ・ラインハート、リゾ、カーディ・B、マーセデス・ルール、アッシャー、Gイージー

【作品概要】
リーマンショック後のニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちがウォール街の裕福なサラリーマンたちから大金を奪ったという事件を映画化。

歌手にして女優のジェニファー・ロペスと、『クレイジー・リッチ!』(2018)のコンスタンス・ウーのダブル主演となった本作は、アメリカで興行収入100億円突破の大ヒットとなりました。

その他のキャストとして、アメリカでブレイク中の人気女性ラッパーのカーディ・Bと、オリジナルの個性と存在感で高い人気を誇るシンガーでラッパーのリゾが、本作で映画女優デビューをはたしています。

監督、脚本、共同プロデューサーは、『エンド・オブ・ザ・ワールド』(2012)、『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』(2015)のローリーン・スカファリアです。

映画『ハスラーズ』のあらすじとネタバレ

(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2007年のアメリカ。

幼少の頃に母に捨てられ、祖母に育てられたドロシーは、彼女を養うために「デスティニー」名義でストリップクラブで働き始めますが、新人ゆえに客が付かず、思うように稼げない日々を送っていました。

2015年。

女性記者エリザベスの取材を受けていたデスティニーは、一人の女性について語り始めました。

ストリップクラブでくすぶっていたデスティニーは、ある日、クラブのトップダンサーとして活躍するラモーナと出会います。

ラモーナがポールダンスを披露するだけで札束が乱舞する光景に衝撃を受けたデスティニーは、彼女に大金を稼ぐ方法を聞きます。

自分を慕うデスティニーと意気投合したラモーナは、ダンサー仲間のダイヤモンドと共にポールダンスの見せ方や、男性客へストリップでの振る舞いを伝授。

「男から搾り取るのは股間じゃなく金」というラモーナの格言を実行し、またたく間に金を稼げるようになったデスティニーは、ラモーナとも公私ともに親しくなります。

デスティニーとラモーナは仲間のメルセデスやトレイシーたちと、幸せの絶頂期にいました。

2008年。

ニューヨークのウォール街をリーマン・ショックが襲います。

これによりクラブ通いする男性客が激減してしまい、デスティニーたちにもしわ寄せがくることに。

そんな中デスティニーは、クラブで知り合った男性との間に娘のリリーを授かったことでクラブを辞め、シングルマザーだったラモーナもアパレルショップの店員となり、2人は疎遠になるのでした。

2011年。

リリーの父親とケンカ別れし、シングルマザーとなったデスティニーは職探しをするも上手くいかず、仕方なく元いたストリップクラブに戻ることに。

以前よりもはるかに低い待遇にショックを受けるデスティニーでしたが、そこでラモーナと久々に再会。

ラモーナも生活費のためにショップ店員をやりつつストリップクラブの仕事に戻っていましたが、以前のように大金を稼げるポジションではなくなっていました。

「真面目に働いても生活が苦しいのに、経済危機を引き起こした張本人であるウォール街の男どもは、なぜ豊かな暮らしができるのか」と愚痴をこぼすラモーナは、ある計画を立てます。

それは、ウォール街の金融マンを捕まえてクラブに誘い、ドラッグを混ぜた酒で泥酔させ、意識があやふやな状態でクレジットカードを使わせ、その儲けをクラブ側と分けるという危険なものでした。

デスティニーは、収監中の恋人の弁護士費用を稼がなければならないメルセデス、親にクラブ勤務がバレて勘当されたアナベルらと共に、ラモーナの計画に乗ることに。

(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ラモーナの計画は見事に的中し、デスティニーたちは再び大金を稼ぐことに成功。

高級ブランド品をプレゼントしあったり、毎日パーティーを開くといった豪遊を楽しみます。

しかし、クラブ側が勝手に類似の計画を始めたことで、ラモーナたちはビジネスの場をホテルに変え、さらに人手が足りなくなったためにメンバーを補充することに。

デスティニーは、情報漏えいを防ぐために、前科持ちやドラッグ依存症を持つ女は加えるなとラモーナに言うも、彼女は、意気投合したドラッグ依存症のドーンもメンバーに加えます。

そんなある夜、デスティニーはメルセデスから電話を受けます。

メルセデスが相手していた男が酒とドラッグの影響で上階から飛び降りて気絶してしまったのです。

ラモーナと連絡が取れないデスティニーは、なんとか男を病院に連れていき事なきを得ますが、その間彼女が、ドラッグで逮捕されたドーンの身元引受をしていたと知り激怒。

それでもラモーナは、祖母が亡くなって気落ちするデスティニーの元に駆け付けるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハスラーズ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2013年。

ビジネスを続けていたデスティニーに、かつての客だったダグという男から連絡があります。

ダグは、災害で家が倒壊した上に妻と子供に逃げられ、仕事も失ったことで、デスティニーたちに使った大金を返してほしいと頼みます。

思わず同情するデスティニーでしたが、そのやり取りを横で聞いていたラモーナが携帯を取り上げ、一方的に切ってしまいます。

しかし、会話の内容を録音していたダグが警察に通報したのに加えて、またもやドラッグで警察に捕まったドーンがビジネスの全容を自白したことで、デスティニーたちはマークされることに。

被害に遭った男たちも次々と現れたことで、警察はついにデスティニーたちを逮捕するのでした。

メルセデスが懇意にしていた弁護士を通じて裁判に持ち込もうとするラモーナでしたが、デスティニーは娘リリーのために司法取引をするとして、一人それを拒否します。

ラモーナは、最初こそデスティニーに憤るも、最後には泣きながら抱き合い、別れるのでした。

自供を拒否したラモーナは、5年間の保護観察処分となります。

2015年。

妊娠中のエリザベスに、一本の電話がかかってきます。

それは、逮捕以来会っていないというラモーナの近況を知りたくなった、デスティニーからでした。

エリザベスは、ラモーナと会った際、「大事な物だ」と言って、財布から取り出した自分の10代の頃の写真と一緒に、デスティニーの少女時代の写真を見せてくれたと語ります。

ラモーナの思いを知って涙を落とすデスティニーは、エリザベスに「久々に連絡してみたら?」と言われ、「そうね」と答えるのでした。

ラモーナはエリザベスに言います。「この国はストリップクラブみたいなものよ。金持ちが札束をバラまき、人々がそれに群がって踊り狂うのよ」――。

スポンサーリンク

映画『ハスラーズ』の感想と評価

(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

格差社会や職業差別に抗う女たちのコン・ゲーム

本作『ハスラーズ』は、ウォール街で働く男たちから大金を奪った女性ストリッパーたちの実際の事件に基づく作品です。

彼女たちが事件を起こすそもそもの原因となったのが、アメリカの住宅ローン市場崩壊に端を発した、2008年のリーマン・ショック。

本作のプロデューサーであるアダム・マッケイは、監督・脚本を務めた『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)では、リーマン・ショックの裏で暗躍した投資家やトレーダーを描きました。

だからというわけではありませんが、本作は『マネー・ショート』とコインの裏表な作品という見方もできます。

ただ、『マネー・ショート』では、浮かれまくる金融マンの冷笑を浴びながらも、トレーダーたちが頭脳を使って逆張りの投資を行うのに対し、本作では、経済危機を起こした当事者なのに裕福な暮らしを送る金融マンたちから、ストリッパーたちが頭脳と体を使って金をむしり取ります

本作の冒頭で、ジャネット・ジャクソンの『コントロール』が流れます。

行為そのものは間違いなく犯罪ですが、彼女たちはこの曲で歌われているように、「誰のためでもなく自分の人生のため」に、危険なビジネスをするのです。

アメリカ社会に翻弄される女たちの絆


(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は企画立ち上げ当初、マーティン・スコセッシに監督オファーをしていました。

スコセッシといえば、裏稼業でのし上がろうとする男たちの友情と裏切りを描いた『グッドフェローズ』(1990)がありますが、本作はその女性版ともいえます。

前述の『コントロール』をはじめとする往年のヒットナンバーを挿入していく構成も、いかにもスコセッシ風です。

ジェニファー・ロペス演じるラモーナと、コンスタンス・ウー演じるデスティニーは、姉妹のようで親友でもある関係を築いていくも、次第にほころびが生じていきます。

しかしそれは、アメリカという資本社会に翻弄されたゆえのものであり、2人の関係が完全に崩壊しているわけではないことを暗示するラストが、感動を呼びます。

それでいて、ラモーナの「この国はストリップクラブみたいなもの」という言葉が、実にシニカルです。

まとめ

(C)2019 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

あらすじもさることながら、本作『ハスラーズ』ではジェニファー・ロペスを筆頭とするきらびやかで妖艶な女性キャストの姿にも注目です。

特にロペスは、役作りのためにストリップクラブを何度も訪れてダンサーたちの話を聞くかたわら、自宅にポールを設置してダンスの練習に励みました

そのかいあって、彼女のポールダンスはまさに本格的な仕上がりとなっている上に、とても50歳とは思えないパーフェクトなボディを披露しています。

欲望にまみれた社会におけるシスターフッドを描いた注目作を、お見逃しなく。

映画『ハスラーズ』は、2020年2月7日(金)より全国ロードショー




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『海街diary』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察評価。漫画原作の綾瀬はるか×長澤まさみ×広瀬すず×夏帆の人気代表作

美人四姉妹を豪華キャストが描く『海街diary』 映画『海街diary』は、吉田秋生の人気コミックの映画化作品です。 鎌倉で暮らす3姉妹の元に、15年前に出て行った父親の訃報が届き、葬儀に参加していた …

ヒューマンドラマ映画

映画『タレンタイム〜優しい歌』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ヤスミン・アフマド代表作おすすめ感動の渾身の秀作】

今回ご紹介する『タレンタイム〜優しい歌』は、稀にみる優しさと美しさを兼ねそなえた作品。 派手なハリウッド映画に疲れている映画通のあなたに、自信を持ってお薦めできる作品です。 2009年に他界されたヤス …

ヒューマンドラマ映画

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。 その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルプススタンドのはしの方』感想解説と考察。女子高校生らが繰り広げる会話で描く青春群像劇

映画『アルプススタンドのはしの方』が2020年7月24日(金)シネマカリテほか全国順次公開 映画『アルプススタンドのはしの方』は、2019年6月に浅草九劇で上演され、同年度内に上演された演劇から選出さ …

ヒューマンドラマ映画

『少年の君』解説|映画のラスト結末まで目が離せないサスペンスの要素。優等生少女と不良少年の交流を描いた“孤独な青春”

『少年の君』は、2021年7月16日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国劇場公開 優等生の少女とストリートで生きる少年、孤独な2人が出会い、心を通わせていくヒューマンドラマ『少年の君』。 青春ドラマとサス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学