Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの滝隆信役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。

監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。

脚本を『機動警察パトレイバー』の伊藤和典、『亡国のイージス』の長谷川康夫が担当。

企画に『ローレライ』『亡国のイージス』で知られる作家・福井晴敏が携わっています。

主演は人気実力派俳優である西島秀俊。佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼など豪華俳優が共演することが発表されています。

この記事では、滝隆信(たきたかのぶ)役を演じる高嶋政宏について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ『空母いぶき』(小学館)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】

「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

名優・西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演します。

ほかにも佐藤浩市はじめ、本田翼、藤竜也、玉木宏、市原隼人ら豪華な顔ぶれの出演が決定しています。

監督は、『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗。

映画『空母いぶき』のあらすじ


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

世界が再び「空母の時代」へと突入している20XX年。

日本の最南端沖で、国籍不明の軍事勢力による突然の発砲があり、日本領土の一部が占領されて海保隊員が拘束されました。

緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本はいまだかつて経験したことのない一日を迎えようとしていました。

「いぶき」艦長の秋津竜太は、元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴の持ち主。軍人として武力行使や命がけの任務もいとわない人物です。

一方、副艦長兼航海長に選ばれた新波歳也は、専守防衛・人命第一での行動に誇りを持つ男。

新波は秋津の方針に違和感を覚えながらも、彼の努力や能力を認め、共に任務に励みますが…。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』滝隆信(たき たかのぶ)役は高嶋政宏

参考映像:映画『ストロベリーナイト』(2013)

映画『空母いぶき』で滝隆信(たき たかのぶ)役を演じる高嶋政宏は1965年10月29日生まれ。東京都出身の俳優です。東宝芸能所属。

父は高島忠夫、母は寿美花代、弟は高嶋政伸という芸能一家です。妻は女優のシルビア・グラブ。

大学在学中、文化祭でモデル事務所からスカウトされ、パーティースナップが雑誌に載ったことで東宝から声がかかり芸能界入り。

1987年、映画『トットチャンネル』で俳優デビューし、この作品と映画『BU・SU』で第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第30回ブルーリボン新人賞など数多くの映画賞を受賞しました。

1988年のNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』に出演して全国区の人気者に。

1993年の恋愛ドラマ『同窓会』では、猪突猛進で明るい青年がガンとなって苦悩する役を演じブレイクします。

ドラマ『山岳救助隊・紫門一鬼』、ミュージカル『レ・ミゼラブル』、舞台『ヤマトタケル』など幅広い分野で活躍。

2012年に出演したドラマ『ストロベリーナイト』の警察官・今泉役ははまり役だと評され、翌年劇場版も公開される人気作となりました。

幼い頃から駅弁好き。両親が仕事で不在がちだったため、地方の仕事場に行く際には、新幹線車内で駅弁を一家そろって食べるのが団らんだったからだそうです。

高校・大学時代はアメフト部に所属したスポーツマン。

様々な分野に詳しいオタク系としても知られています。大変な「ロック通」でもあり「鹿児島通」。地元観光関係者が驚くほど穴場に詳しいそうです。

20年来の「通販フリーク」でもあり、「ラーメンオタク」「SM愛好家」。自身のこだわりをつづったエッセイ集『変態紳士』も出版しています。

映画『空母いぶき』滝隆信(たき たかのぶ)はどんな役?

滝隆信(たき たかのぶ)は「はやしお」艦長。

広大な日本の領海域に対して、自衛隊の潜水艦では手が回らないことを危惧しています。

スポンサーリンク

高嶋政宏の演技力の評価は

数多くの人気ドラマや映画、舞台作品に出演しているサラブレッド二世俳優・高嶋政宏。

親譲りのオーラと演技力で、デビュー時から大きな注目を集めました。

映画『トットチャンネル』『BU・SU』では、デビュー作にして第11回日本アカデミー賞、第30回ブルーリボン新人賞、第42回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞ほか、多数の新人賞を総なめにしました。

NHK大河ドラマでも『独眼竜正宗』『八重の桜』『おんな城主 直虎』など多数の作品に出演、安定した堂々たる演技を認められています。

ほかドラマ『鼠、江戸を疾る』『ストロベリーナイト』、映画『ゴジラVSメカゴジラ』『信長協奏曲』など人気作品にも多数出演。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』では準主役のジャベール刑事をはじめ、『ベガーズ・オペラ』『マリー・アントワネット』に出演。高い歌唱能力と、舞台映えする輝きを高く認められる俳優です。

かねてよりかわぐちかいじの描く原作に、単なるマンガではない現実感を抱いていたという高嶋政宏。役として作品世界を体験して、例えようのない危機感を体験したそうです。

この作品を通じて、多くの方々が世界で起きていることを認識してくれたら嬉しいとコメントしています。

高嶋政宏の公式SNSの紹介

残念ながら高嶋政宏の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

国民の命と平和を守るために戦う者たちの姿を壮大なスケールで描いた、クライシス超大作『空母いぶき』。日本がかつて経験したことのない24時間を描き切っています。

出演は西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高嶋政宏ら豪華な実力派俳優陣。

『ホワイトアウト』など大作映画を手がけてきた若松節朗監督が、「未来の命に平和な世界を」をコンセプトに、平和や命に重みを問いかける極上エンターテイメント作品に仕上げました。

いぶし銀の魅力を持つ俳優・高嶋政宏。護衛艦「はやしお」の貫禄ある艦長として危機にどう向き合っていくのか、要注目です。

映画『空母いぶき』は2019年5月24日より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『パパは奮闘中!』あらすじと感想レビュー。父親の役割と存在意義を問いかる

子どもとともに成長して行く親たち 突然、妻が失踪した事で、残された父親が家族と向き合う姿を描く映画『パパは奮闘中!』 2019年4月27日から、全国順次公開となる本作をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『足りない二人』あらすじと感想。佐藤秋&山口遥が30代の俳優人生を活かした注目のオリジナル作品

新進の30代の俳優である佐藤秋と山口遥が、“俳優としての居場所を作る”ために、5年の歳月を費やして完成させた等身大の一組の男女の物語。 一つの大きなマイルストーンとして、新宿三大映画館(新宿ピカデリー …

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行! また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハイ・ライフ』あらすじネタバレと感想。クレール・ドニの官能を湛えた世界観と審美的な表現

映画『ハイ・ライフ 』は、4月19日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開。 フランスの女性映画監督クレール・ドニの映画『ハイ・ライフ』。 ブラックホールの撮影に …

ヒューマンドラマ映画

【プレイスビヨンドザパインズ】感想ネタバレ!映画使用バイク車種も

2017年『ラ・ラ・ランド』で主演を務め、来日もしたことから映画通でなくてもその存在を知らない人はいないほどの俳優となったライアン・ゴズリング。 そんな彼が出演時間わずか3分の1ほどにも関わらず、その …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学