Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

今週公開の映画おすすめは?『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

今週末に映画でも見に行こうと思ったあなたに、この1本をおすすめ!

映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』は、1月13日(土)より公開です。

実話でありながら、“笑って沁みて元気になる”ハートフルなエンターテイメントとは?

スポンサーリンク

1.映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』の作品情報


© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

【公開】
2017年(ドイツ映画)

【原題】
Mein Blind Date mit dem Leben

【監督】
マルク・ローテムント

【キャスト】
コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト

【作品概要】
視力の95%を失うも、残り5%の弱視と仲間の協力を得ながら、5つ星ホテルで働きたい夢を持った青年の実話を映画化。

演出は『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』のマルク・ローテムント監督。

主人公のスリランカ人のサリー役にコスティア・ウルマン、サリーを支える研修生仲間のマックス役のヤコブ・マッチェンツ、そのほかヨハン・フォン・ビューロー、アンナ・マリア・ミューエたち共演。

2.映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』のあらすじ


© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

ドイツ人の母とスリランカ人の父の間に生まれたサリヤ・カハヴァッテ、通称サリー。

彼は父母、そして美しい姉と4人暮らし。サリーは学校を卒業した後の夢は、立派なホテルマンになることでした。

ところがある日、突然、授業中に黒板の前に立ったサリーは、視界がボヤけてクラスメートの顔や、手にした自分のノートの文字を読むことができない事態となります。

その放課後、診療所の医師から診断された結果は、先天性の網膜剥離の病気と宣告。彼は手術を余儀なくされてしまいます。

医師の腕もあって手術は無事に成功。しかし、95パーセントの視力を失い、残された視力はわずかに5パーセント。

そんなサリーの状態を見た父は、苛立ちながら障がい者の学校に転校しろと冷たくあしらいます。

サリーは「普通の学校を出て、一流ホテルで働きたい」という、自分の夢を決して諦めたくはありません…。

課題や困難が次々とやってくるサリー、果たして彼はホテルマンに成ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

3.映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』の見どころ


© ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

日々忙しさに追われ、ふと、「幸せってなんだろう?」と考えたりしませんか。

「自分らしく生きること?」「誰かを笑顔にすること?」「夢を叶えること?」こんなことを思うのは、多かれ少なかれありますよね。

そんなあなたにオススメしたい映画が『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』。

主人公サリーのように障がいがあれば、幸せや夢の道は険しく想像を絶するものです。

この作品は実話でありながら、“笑って沁みて元気になるという、エンターテイメント性を持った珍しい作品ですよ。

詳細な映画の感想レビューは以下のバナーからお読みくださいね。

まとめ

目標をあきらめず最後に夢を実現するサリーの姿。きっとあなたは等身大の彼の様子に「これホントに実話なの?」と自身を投影させるはず。

そこから見えてくるのは、幸福とは結果ではなく、夢をあきらめずに苦闘しながら進んだ人生そのものなのかも…。

「明日からも頑張ろう」と、あなたに少しの勇気を贈ってくれる作品です。

1月13日(土)から公開される『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』

ご覧になってはいかがでしょう。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】検察側の罪人の結末はキムタクとニノの演技力で考察をするな。橘の真相は愛ではない⁈

映画の原作は雫井脩介の『検察側の罪人』という同題ベストセラーで、演出は『関ケ原』や『日本のいちばん長い日』など、スケール感のある作風で定評の原田眞人監督。 本作は往年の邦画や上質な洋画を観ているような …

ヒューマンドラマ映画

映画『修道士は沈黙する』あらすじと感想レビュー。監督ロベルト・アンドーはヒッチの名作からヒントを得た

映画『修道士は沈黙する』は3月17日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。 ドイツの北部にあるハイリゲンダムの空港に、イタリア人の修道士ロベルト・サルスが降り立ちます。彼は …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの渕上晋(しん)役は戸次重幸。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

『サンセット大通り』あらすじネタバレと感想。映画結末の大女優の鬼気迫る演技は必見

ハリウッドを舞台にした近年の映画といえば、夢を追う男女の恋を描いた『ラ・ラ・ランド』が記憶に新しいですが、今回ご紹介するのはハリウッドの光と闇を描いた『サンセット通り』。 映画史に輝く普及の名作の魅力 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学