Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/09/23
Update

映画『億男』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤健&高橋一生】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『億男』は2018年10月19日(金)よりロードショー!

『世界から猫が消えたなら』で知られる川村元気の小説を『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化。大友監督は『ハゲタカ』以来の“お金”の映画になります。

主演は一男に佐藤健。大学時代の親友で大金持ちの九十九に高橋一生。

一男が会って回る九十九のかつてのビジネスパートナーたちに北村一輝、藤原竜也、沢尻エリカ。共演に黒木華、池田エライザなどなど。

ちなみに作品の大本にあるのは古典落語の名作『芝浜』。

スポンサーリンク

映画『億男』の作品情報


(C)2018映画「億男」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
川村元気

【脚本・監督】
大友啓史

【キャスト】
佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也

【主題歌】
BUMPOFCHIKIEN「話がしたいよ」

【作品概要】
映画プロデューサーの川村元気の同名ベストセラー小説を佐藤健と高橋一生で映画化。「るろうに剣心」シリーズや『3月のライオン』で知られる大友啓史監督の演出。

主人公一男役を佐藤健、九十九役を高橋一生が演じ、共演のキャスト陣に藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザたち人気俳優が務めます。

映画『億男』のキャラクターと配役


(C)2018映画「億男」製作委員会
一男(佐藤健)
借金を抱える図書館司書。宝くじで3億円当たる


(C)2018映画「億男」製作委員会
九十九(高橋一生)
一男の大学の同級生。ITで成功して大金持ちに。落語好き。


(C)2018映画「億男」製作委員会
百々瀬(北村一輝)
九十九のかつてのビジネスパートナー。ITエンジニア


(C)2018映画「億男」製作委員会
千住(藤原竜也)
九十九のかつてのビジネスパートナー。今はビジネスアドバイザー。


(C)2018映画「億男」製作委員会
十和子(沢尻エリカ)
九十九のかつてのビジネスパートナー。今は慎ましい生活の主婦。


(C)2018映画「億男」製作委員会
あきら(池田エライザ)
男を“億男”と“雑魚”のどちらかに分けるパリピ女子。


(C)2018映画「億男」製作委員会
万左子(黒木華)
一男の妻、借金を理由に別居。娘のバレエに熱心。

スポンサーリンク

映画『億男』のあらすじとネタバレ


(C)2018映画「億男」製作委員会

身内の借金の保証人になった一男は昼間は図書館司書、夜はパン工場で働き、いつ終わるとも知れない返済の日々を過ごしていました。

ところがある日、宝くじに当選、手元に3億円もの大金が舞い込んできます。

急なことに戸惑って仕方のない一男はITで大金持ちになっている大学時代の親友九十九のもとを訪ねます。

“一万円札のうんちく”を語りだす。そして、とりあえず使ってみようと言ってパーティーを開きます。

そこにはパリピ女子のあきらがいて中央のポールダンスの舞台で踊って見せたりしています。

なれない会場の空気に飲まれつつもお酒を浴びるように飲んだ一男。

翌朝になり目覚めると、3億円と九十九は姿を消していました。

3億円の行方と九十九の真意を探るためあきら経由で、九十九のビジネスパートナーを巡っていくことになります。

最初に出会ったのは自称スーパーエンジニアの百瀬。競馬場の特等席で大金を賭けて遊ぶ百瀬の姿を見て一男は圧倒されます。

百瀬はポンと100万円を一男に貸すと、好き勝手に競馬をやってみろと言い出します。

一男は最初のレースで万馬券を当てて、1億円にした後、大負けして全てをすってしまいます。

ところが、これは百瀬の一人芝居で、実際に金銭は1円も行き来していませんでした。

一男はお金というものの存在を考えるようになります。

以下、『億男』ネタバレ・結末の記載がございます。『億男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

一男が借金返済にこだわる理由は、別居中の妻子と借金返済さえできれば元に戻れるという思いがあるからでした。

ところが妻の万左子はいつしか、一男はお金にとらわれ過ぎて人が変わってしまったと言います。

続けて九十九のビジネスパートナーの千住や十和子にも会っていきます。

会社を売った利益で百瀬も含めて大金持ちとなった面々ですが、そのせいで自分の生き方が偏っていったことを知っているのでした。

十和子は公営住宅で慎ましく専業主婦の生活を送っていました。

ただ部屋の壁紙をはがすとそこに札束で溢れていました。

十和子は、今のお金に興味のない夫との地味にな生活に満足していると言いながらも、札束を見ては安心できるという思いを語ります。

もう一人の千住は怪しげなビジネスアドバイザーとなっていて、宗教のようなセミナーを開いては小金を集める生活を送っていました。

鬘と付け髭に大げさな衣装に身を包んだ千住は、ミリオネアニューワールドというセミナーを主催し、会員からお金を巻き上げていました。

三人の人物と出会い、大学時代の頃の思い出をたどる一男は、九十九とのモロッコ旅行を思い出します。

ここでお金に関わるトラブルを経て九十九がお金の価値はその時々、人の事情でいくらでも変わっていくことを確信して、起業を決意したことを思い出します。

一男が電車に乗っているとそこに九十九がひょっこりと現れ、一切手を付けていないお金を返します。

突然のことに驚く一男ですが、妙に納得してしまいます。

九十九はあえてお金を持って姿を消すことで、一男に冷静さを取り戻させ、お金について考える時間を与えたのでした。

これはダメな夫が道を踏み外しそうになりそうなったときに、妻が機転を利かせる古典落語の名作『芝浜』にのっとった行動だったと気が付いたのでした。

『芝浜』は大学時代の落語研究会で九十九の十八番の演目でした。

一男は九十九の想いに礼を言うと、九十九は自分を信じて待っていてくれた一男に礼を言って返すのでした。

映画『億男』の感想と評価


(C)2018映画「億男」製作委員会

小説家で映画制作者で監督もする川村元気という人

川村元気は現在、最も動向が注目されている映画プロデューサの一人。

26歳で立ち上げた企画『電車男』が大ヒット。以降『告白』『悪人』『モテキ』『バクマン』『君の名は。』『怒り』『寄生獣』『未来のミライ』までヒット作・話題作を立て続けに企画・プロデュースしています。

一方で映画化もされた『世界から猫が消えたなら』で作家デビュー。以降『億男』や絵本も発表するようになります。

佐藤雅彦らと製作した初監督作品『どちらを選んだのかはわからないが どちらかを選んだことははっきりしている』(英題:『Duality』)が第71回カンヌ国際映画祭短編コンペテシション部門に出品しました。

いずれ、長編映画の監督もすることになるかもしれません。

ちょっと変わった名前なので覚えやすいこともあるので、覚えておくと面白い映画探しに便利です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018映画「億男」製作委員会

3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、借金返済に追われる一男。借金苦の日常に愛想を尽かした妻は、娘を連れて家を出てしまうなど、不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込みます。

この大金で借金返済、家族の修復と、一発逆転を夢想するが…。

映画にヒット作の多い名プロデューサー川村元気の原作を、大友啓史監督が映画化。主演は一男に佐藤健。大学時代の親友で大金持ちの九十九に高橋一生。

一男が会って回る九十九のかつてのビジネスパートナーたちを演じる北村一輝、藤原竜也、沢尻エリカ、共演に黒木華、池田エライザにも注目です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『田園の守り人たち』あらすじと感想。戦争を背景に移りゆく女性たちの暮らし

『田園の守り人たち』は2019年7月6日(土)より、岩波ホールにて公開! ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景の中、寡黙に働く女たちが描かれます。 それは男たちを戦場にとられた後、代わって女たちが銃後 …

ヒューマンドラマ映画

クリエイション・ストーリーズ|あらすじ感想と評価解説。90年代音楽界にアラン・マッギーが旋風を巻き起こす!

映画『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』は2022年10月21日(金)より全国ロードショー! 90年代の音楽シーンにおいて大きな嵐を巻き起こした音楽レーベルの創始者。彼の …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホテルニュームーン』感想と考察評価。イランと日本を舞台に母娘の絆で描くヒューマンサスペンス

映画『ホテルニュームーン』は2020年9月18日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー。 映画『ホテルニュームーン』は、綾野剛出演映画『孤独な惑星』の筒井武文監督によるヒューマンサスペンス映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソフィーの選択』ネタバレ感想。メリル・ストリープ代表作にして初のアカデミー主演女優賞作品

作家志望のスティンゴは、終戦から2年後の1947年、ニューヨーク市ブルックリンで、美しい女性ソフィーとその彼氏ネイサンと出会います。 次第に仲良くなる3人。 しかし、ソフィーとネイサンには、ナチス・ド …

ヒューマンドラマ映画

映画ロストイントランスレーションあらすじネタバレと動画無料視聴方法

2017年のカンヌ国際映画祭にて、映画『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』が監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 東京が舞台となっていますが、外国人から見た東京の姿と同時に、見知らぬ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学