Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2021/12/10
Update

『溺れるナイフ』ネタバレあらすじと結末の感想評価。原作から菅田将暉×小松菜奈で描く切なすぎるハイティーンラブ

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『溺れるナイフ』は、ジョージ朝倉による人気少女コミックの映画化作品。

映画『溺れるナイフ』は、菅田将暉と小松菜奈の2度目の共演となる青春ラブストーリーで、10代の若者の恋愛と成長を描いています。


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

原作は、映画化された『ピース オブ ケイク』でも知られる漫画家・ジョージ朝倉の同名少女コミック。

『あの娘が海辺で踊ってる』『5つ数えれば君の夢』などで注目を集めた女性監督・山戸結希が取りまとめ、「MOON CHILD」の井土紀州が共同脚本を手がけました。

あやうい魅力を持つ少年と美しすぎる少女の恋の行方を、菅田将暉と小松菜奈が熱演しています。

スポンサーリンク

映画『溺れるナイフ』の作品情報


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

【公開】
2016年(日本映画)

【監督】
山戸結希

【原作】
『溺れるナイフ』ジョージ朝倉

【キャスト】
小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音、志磨遼平、斉藤陽一郎、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチス

【作品概要】
『溺れるナイフ』は、『ピースオブケイク』(2015)のジョージ朝倉による同名漫画の映画化作品。原作は、2004年から別冊フレンドにて連載が始まり、2014年まで休載を挟みながら連載され、単行本は前17巻で完結しています。

監督の山戸結希は、独学で製作した短編『あの娘が海辺で踊ってる』(2012)で第24回東京学生映画祭で審査員特別賞を受賞します。

その後、『5つ数えれば君の夢』(2014)で商業映画デビューを果たし、乃木坂46の「ハルジオンが咲く頃」、RADWIMPSの「光」などのミュージックビデオを手掛けています。

女性監督やキャストを起用した企画のプロデュースも行っており、映画『21世紀の女の子』(2018)を製作しました。2019年には『ホットギミックガールミーツボーイ』を監督しています。

主演の小松菜奈は、本作と『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)『黒崎君の言いなりになんてならない』(2016)『ヒーローマニア-生活-』(2016)で第90回キネマ旬報ベスト・テンで新人女優賞を受賞しています。

カメラマン役で出演したのは、音楽ユニットであるドレスコーズの志磨遼平。本作の主題歌「コミック・ジェネレイション」も手がけています。本作で映画初出演を果たしました。

映画『溺れるナイフ』のネタバレとあらすじ


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

中学生の望月夏芽(小松菜奈)は、家族の事情で田舎の浮雲町へと引っ越してきました。

雑誌モデルの仕事を続けたい夏芽は東京に戻りたいと思っていましたが、海辺で出会った同級生の長谷川航一郎(菅田将暉)に恋をします。

航一郎は地元一帯を取り仕切る神主一族の跡取り息子で、自由奔放です。航一郎の気を引きたい夏芽は、写真家の広能晶吾(志磨遼平)に写真を撮ってもらいます。

撮影中に、突然現れた航一郎は、夏芽は自分のものだと言い放って去っていきました。

出来上がった写真集を見せたのをきっかけに急接近した航一郎と夏芽は付き合うようになります。

火祭りの夜、東京から来た旅行客の男に騙されて車に乗せられた夏芽は山奥に連れて行かれ、強姦されかけました。

助けにやってきた航一郎も殴られて倒れこみます。町の大人たちが止めに入り大事にはいたりませんでしたが、夏芽は心に傷を負いました。

高校生になった夏芽は、レイプされたとネットや学校でも噂されてふさぎこみながら生活していました。

中学のころからの同級生の大友勝利(重岡大毅)と松永カナ(上白石萌音)はふたりの仲を心配しています。

一方で航一郎は高校に上がってからは不良連中とつるんでいました。下校帰りに航一郎の姿を見かけた夏芽は追いかけて港までやってきました。

ボートにのりこむ航一郎を追いかけて夏芽も乗ります。「あの時助けて欲しかった」と伝えるものの、「自分たちは幻想を見ていたんだ」と言って取り合いません。そんな航一郎を押して一緒に海に飛び込んだ夏芽。

お前の人生に俺を巻き込むなと、航一郎は夏芽を突き放しました。

ずぶぬれになって帰宅した夏芽を大友が慰めます。一緒にバッティングセンターに行って将来の夢のことなど話します。

距離を縮めたふたり。翌日風邪で寝込んでいるところに大友はお見舞いに来ました。

元気が出るCDを持ってきた大友は、航一郎との仲を知っているので遠慮していましたが、夏芽のためになんでもしてやりたい、笑わせたいと言われて付き合うことになりました。

下校中突然、映画の話をするためにカメラマンの広能が現れます。シナリオではレイプシーンがあり、そのことを理由に広能に断ります。

がっかりした様子の広能は、もう会うことはないだろうと言って去って行きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『溺れるナイフ』ネタバレ・結末の記載がございます。『溺れるナイフ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

山の中で遇然、夏芽と航一郎は会います。互いに思いをぶつけあい、体を重ねます。

しかし、航一郎は夏芽に芸能活動に戻るよう勧めます。航一郎と一緒に居たい夏芽でしたが、もう来るなと言われて出ていきます。

カラオケに行った夏芽と航一郎。映画のオファーを受けるために東京に行くからと大友に別れを告げる夏芽。泣きながら歌って頑張れと、夏芽を元気づける大友。

火祭りの夜。夏芽に乱暴した男が再び現れます。また無理やり羽交い絞めにされ、抵抗する夏芽。夏芽は、そのまま気を失ってしまいました。

目を覚ますと誰もおらず、夢だったのだと思いました。しかし記憶が蘇ると航一郎がその場に駆けつけて、その男に殴りかかったのでした。その男を殺そうとする航一郎でしたが、カナが止めに入ります。

暴行犯は、こうすることで夏芽と自分は一緒に報道される、運命を共にするんだと言って自ら自分の首をナイフで切って死んでしまいます。

そのナイフと遺体は次の日に遺棄するから、もう航一郎に会わないでほしいとカナに言われました。

映画祭で主演女優賞のスピーチをする夏芽。いつも航一郎のことが胸にある夏芽。

バイクに2人で乗る夏芽と航一郎。航一郎にずっと見ていてねと伝えた夏芽でした。

スポンサーリンク

映画『溺れるナイフ』の感想と評価


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

漫画の実写映画化ということで、非現実的な映像とポップな音楽が独特の世界観を築いた作品となっていました。

特に、2カ所ある水中のシーンはとても幻想的です。菅田将暉と小松菜奈のふたりの表情と演技を、水中で見事に捉えています。

原作の舞台でもある和歌山の熊野で撮られた本作、撮影期間はたった17日間という限られたスケジュールだったそうです。

撮り直しのきかない状況で困難を極める水中、そして海面に顔を出してやりとりする場面もいくつかありました。

セリフはアフレコのようでしたが、波に揺られながら目線を合わせて演技するふたりには注目です。

また、無数の水の泡がのぼっていく様子や、海上から水深部に差し込む光の度合も絶妙な美しさで、音楽とマッチしています。 

また、本作の魅力はなんといっても小松菜奈の唯一無二の存在感です。

漫画原作の本作が映画化されることになり、漫画ファンが「神キャスト」だと歓喜したそうですが、漫画から出てきたようなオーラのある雰囲気と、少し物憂げな表情がはまり役でした。

原作者の朝倉ジョージは実写映像化できないような漫画にしようと描いていたと語っています。

本作の映像化にあたって、主演の小松菜奈なしでは成立しなかったのではないでしょうか。また、ミュージックビデオを思わせるような楽曲の使い方にも注目です。

まとめ


(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

2016年に『ディストラクション・ベイビーズ』で初共演した小松菜奈と菅田将暉。本作で2度目の共演を果たし、その後『糸』で3度目の共演となっています。

ふたりが息の合った演技で、10代の切ない恋心と夢に向かって成長していく姿を熱演しています。主演のふたりに注目して観てみてはいかかでしょうか。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『芳華 Youth』感想ネタバレとあらすじ。結末まで恋する特別な青春の日々

中国4000万人が涙した美しくも切ない物語。 ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠フォン・シャオガン監督が描く、1970年代の中国、激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者。 軍の歌劇 …

ラブストーリー映画

オムニバス映画『おかざき恋愛四鏡』感想レビューと評価。宮本亮監督の「うわさのわれわれ」は噂話とそれに関わる男女を描いた群像劇

映画『おかざき恋愛四鏡』は2020年1月24日(金)イオンシネマ名古屋茶屋ほか全国順次公開。 若手の監督とキャストによる、4つの恋愛ストーリーを描いた、映画『おかざき恋愛四鏡』。 それぞれ違う作風を持 …

ラブストーリー映画

映画『ちょっと思い出しただけ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。クリープハイプの楽曲(Night on the Planet)にインスパイアされた松居大悟監督が描く

あの愛おしい日々があったからこそ今の自分がある。 ふと思い出したっていいじゃん。 クリープハイプの曲「Night on the Planet」にインスパイアされた松居大悟監督が脚本を手掛け、池松壮亮と …

ラブストーリー映画

映画『劇場版おっさんずラブ』あらすじネタバレと感想。ドラマ最終回のその後は五角関係へと突入!?

映画『劇場版おっさんずラブ LOVE OR DEAD』は2019年8月23日(金)より全国ロードショー公開! SNSを中心に日本で社会現象を巻き起こした大人気ラブコメドラマ『おっさんずラブ』がついに劇 …

ラブストーリー映画

映画『クラッシュ』感想評価と考察解説。クローネンバーグ監督の1996年問題作が4K無修正版で2021年にリバイバル公開

デヴィッド・クローネンバーグ監督の問題作が4K無修正版で2021年公開! 『ザ・フライ』(1986)、『裸のランチ』(1991)の鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督が1996年に発表した『クラッシ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学