Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

『もっと超越した所へ。』ネタバレ結末あらすじと感想評価。ラスト最後の30分に“どんでん返し的な恋の展開“が待ち受ける!

  • Writer :
  • からさわゆみこ

恋愛において同じ過ちを繰り返してしまう“あなた”に捧ぐ物語

今回ご紹介する映画『もっと超越した所へ。』は、劇作家の根本宗子が脚本・演出を手がけ2015年に舞台上演された同名作品を、『傷だらけの悪魔』(2017)の山岸聖太が監督を務め映画化されました。

本作は、“映像化不可能”と呼ばれた伝説の舞台演劇を大胆なアレンジで描かれています。

めんどくさいと思いながらも、本音を押し殺しクズ男を引き寄せてしまう、4人の女性の恋愛。彼女たちがそれぞれの幸せを掴んでいくまでのミラクルラブストーリーです。

4人の女性が主役ともいえますが、見どころは個性あふれる4人のダメンズです。鑑賞した時、つい許容範囲のランク付けしてしまう自分に気づくかもしれません。

スポンサーリンク

映画『もっと超越した所へ。』の作品情報

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山岸聖太

【原作・脚本】
根本宗子

【キャスト】
前田敦子、菊池風磨、伊藤万理華、オカモトレイジ、黒川芽以、三浦貴大、趣里、千葉雄大

【作品概要】
恋愛体質のデザイナー真知子役はAKB48で絶大なる人気を獲得し、2012年に卒業後は女優として、話題作など多数出演し活躍している前田敦子が務めます。

他の迷える女性3人、彼氏色に染まるギャル美和役に伊藤万理華、シングルマザー風俗嬢の七瀬役に黒川芽以、子役上がりタレントの鈴役に趣里が務めます。

“ダメンズ”の4人、ヒモストリーマー怜人役にアイドルグループ、Sexy Zoneの菊池風磨、ノリで生きるフリーター泰造役に人気ロックバンド、OKAMOTOSのオカモトレイジ、あざと可愛いゲイの富役は鈴木雄大、落ちぶれ俳優慎太郎役に『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』で、各日本映画賞の新人賞を受賞した三浦貴大が演じます。

映画『もっと超越した所へ。』のあらすじとネタバレ

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

2020年の1月、米を研ぐ女、おにぎりを食べる女、パックご飯を温める女、スーパーで何キロの米を買うか悩む女・・・4人の女にはある共通点があります。

衣装デザイナーの真知子はスーパーでニンジンや大根を籠に入れ、5kgの米を買うか悩み、結局はいつも通り2kgの米に落ち着きます。

店員にお米は袋を分けるか聞かれ、3円で袋を購入し家路につく途中、重さで袋が破け買ったものをぶちまけて途方にくれます。

その時、真知子が中学生だった時の同級生、怜人から連絡が入ります。彼は真知子の住む町まで来ていました。

真知子は怜人と合流しますが、突然のことで驚きます。バンドマンを夢見る怜人は、SNSで動画配信し真知子がたまたま観て、同級生だったと気づきメールしていました。

怜人は真知子が遊びに来てもいいというので来たと言い、ぶちまけた買い物品を持ってあげ、彼女の住むアパートまで、緩やかな坂道を歩きます。

数年ぶりに会った2人でしたが、怜人は真知子とのメールのやりとりで、落ち込んで元気のない彼女が心配になったと、ます。

彼女にキスして関係を持つと、「しばらく一緒にいてあげる」と強引に押しきり、彼女の部屋に居座ります。

ショップ店員の美和は、出勤するギリギリまで眠り、パックご飯と納豆で食事を済ますずぼらな子です。彼女はフリーターの泰造と毎日ふざけあいながら、楽しく暮らしていました。

泰造は新年早々に花粉の症状に見舞われています。美和は高額な美顔器の支払いをするついでに、薬局でマスクを買おうとしますが品薄です。

美和は不思議に思いますが、世間では新型コロナウィルスの感染が、広まりつつありニュースを見ない彼女は、そのことを知らずにいました。

風俗嬢の七瀬は仕事前に持参した、手作りのおにぎりを食べて客を待ちます。彼女には俳優をしているという、常連客の慎太郎がいました。

彼は若手監督の映画撮影で、あれこれ手ほどきしてきて疲れたと、七瀬に愚痴をいいますが、彼女は自分事のように慎太郎の活躍を喜びます。

慎太郎はそんな七瀬に向かって、映画の知識がない風俗嬢とバカにしつつ、優越感に浸っていました。

ブランド米を土鍋で炊くこだわり派の鈴は、都内の高級マンションで、父親の経営する会社の仕事をリモートでする、富(トミー)と暮しています。

ゲイのトミーは出会い系アプリで理想のパートナーを探し、男性と食事のデートをしますが、相手の男性から“喜びと感謝”が足りないと説教されたと、鈴に愚痴をこぼします。

日常的に愚痴の多いトミーを鈴はいつもなだめて、彼は彼女のやさしさに甘えます。しかしLINEの通知音がするとトミーは部屋に飛んで戻り、鈴はそれをヤレヤレとみつめます。

以下、『もっと超越した所へ。』ネタバレ・結末の記載がございます。『もっと超越した所へ。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

2020年3月14日ホワイトデー、4組のカップルに変化が訪れます。

慎太郎は七瀬に「慎太郎が一番面白い役者!」と叫ばせ、フィニッシュさせるのがお決まりのコースでした。

七瀬はもっと気持ちのこもった状態で言ってあげたいと、慎太郎の出演している映画を教えてほしいといいます。

慎太郎は七瀬を“映画の知識もない”と七瀬をバカにして、教えようとしません。七瀬は年始に撮影していた映画のことに触れます。

すると慎太郎はコロナの影響で公開が延期になり、撮影中の2本も無くなったと話します。七瀬も店が営業自粛になると伝えると、慎太郎は小さな箱を渡します。

慎太郎がホワイトデーのチョコレートだというと、七瀬は素直に喜びながら、ふと自分の息子のことを話題に出すと、子持ちだったことに慎太郎は愕然として帰ります。

真知子の家に入り浸ったまま一向に帰る気配のない怜人は、SNSでLIVE配信をしていました。

仕事を押している真知子が夕飯は弁当にするというと、怜人が自分が買いに行ってあげると申し出ました。

怜人は弁当屋で一番高い弁当と、真知子の好きなリンゴジュースで一番高いものを買ってきたと、恩着せがましい口調で言いますが、真知子は素直にありがとうといいます。

そして、彼女はずっと聞きたかった疑問を恐る恐る怜人にぶつけます。「いつ家に帰るの?家賃、もったいなくない?」

すると怜人は「解約したよ」とあっけらかんと答え、動画を回し始め「ホワイトデーの同棲発表サプライズでした!」と言って、真知子を唖然とさせます。

鈴とトミーは映画を観て帰宅します。“意識高い系”の2人は新型コロナの感染予防にも敏感です。トミーは鈴が綺麗好きだから、安心して一緒に暮らせると言います。

2人は家で配信映画を観ることにします。部屋が暗い方がいいと鈴がいい、トミーが消しに行くと、プレゼントを用意していたことに気がつきます。

トミーがホワイトデーのチョコレートだと鈴に渡します。トミーは鈴の肩に寄り添い甘えながら、映画を鑑賞しはじめますが、鈴の気持ちは違っていました。

ふと、トミーにキスをした鈴でしたが、彼の彼女に対する拒絶は想像以上でした。「嫌だよ!女の子とキスなんか!」と水道の水で唇を洗い流します。

そのことにショックを受けた鈴はとっさに「ゴメン・・・」と謝ってしまいました。

そして、美和は体調が悪くベッドで横になっていて、泰造はホワイトデーのサプライズを企てていましたが、そのタイミングを逃していました。

熱はないが腹痛がすると、トイレに籠ってしまいます。泰造は美和を気づかいながらも、新型コロナに感染したのでは?とビビり、彼女が通ったあとを除菌スプレーします。

泰造は奮発し美和に金の“グリルズ”をプレゼントすると、美和は爆笑して喜びました。しかし、彼女が生理が遅れていると告げると、妊娠しているのでは?と更にビビります。

遡ること2018年の8月、七瀬が妊娠した時にうなだれていた男こそが泰造でした。当時、泰造は七瀬の常連客でありながら、外でも付き合い妊娠をさせていました。

23歳だった泰造は自分の人生に悲観的になっていましたが、七瀬は未婚で母になる覚悟を決めています。

しかし、泰造は慰謝料を請求しないという念書を書かせようとし、七瀬はそんな泰造が父親だなんて、口が裂けてもいえないと愛想をつかして追い出します。

美和の家では怜人が動画のLIVE配信をしていました。怜人がイベントでオフ会するというと、美和も同じ日に高校時代のダンス部仲間と、泊まり込みで会うと伝えます。

怜人は自分の行動を棚に上げ、美和の服装や行動をチェックしては、文句を並べはじめ怒りだします。怜人は美和を理不尽な言いがかりで束縛していました。

我慢の限界がきた美和は2年も働かず、居座っている怜人に3万円叩きつけ、出て行けと怒鳴ります。

マンションでは慎太郎が筋トレに余念がありません。同棲していた鈴のスマホに着信が入ります。

バラエティ番組のプロデューサーから、出演の依頼の電話でした。慎太郎はそのことを知ると鈴に「みっともない」と吐き捨てます。

2人は子役で一躍人気者になり、大人になって廃れた俳優同士でした。2人は売れていた時代の蓄えと、たまに入る鈴の仕事の収入で暮らしていました。

慎太郎は役者としてのプライドが高く、媚び売ってもらっている仕事だと鈴にあたりますが、鈴はその仕事で生活できている現状と、将来の不安をぶつけます。

嫉妬に狂った慎太郎は、鈴を「ブスで才能もないくせに」と罵声を浴びせた結果、荷物をまとめることになります。

そして、慎太郎は家のことは自分でなんとかしろと言いますが、鈴は自分で支払っている家だと言い放ち追い出します。

真知子はトミーを衣装のモデルとして、時々家に呼んでいました。ゲイの彼には恋人どころか、心を開いて話せる友達もおらず、真知子を唯一の存在に思って慕っていました。

愚痴や悩みをなんでも聞いてくれる真知子のところに、用もないのに時々訪ねていくうちに、真知子は“ゲイ”だと知りながらも、トミーに好意を寄せていきました。

トミーはそんな真知子の気持ちに薄々気づきながら、もし自分がゲイでなかったら、真知子を好きになっていたはずと言います。

真知子はそんなトミーに「私の気持ちを知ってて言ってるよね」と見抜き、泣き崩れます。

そして、トミーは更に追い打ちをかけるように「我慢すればキスくらいできる」と傷つけるようなことをいうと、真知子は彼に決別を言い渡し追い払いました。

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

4人の女性は2年前にも“クズ男”に沼おちし、苦汁を飲む経験をしていました。

七瀬はタブレットを購入し、慎太郎の経歴について調べようとすると、彼は余計なことをするなと怒ります。

そこに突然、泰造から着信があり、七瀬に妊娠した時の状態を聞き出そうとしますが、一方的な泰造に怒った七瀬は、早々に通話を切ります。

慎太郎が誰からかと尋ねると「旦那になるはずだった人」と言って驚かせます。慎太郎は動揺しながら、七瀬に携帯に電話番号を入れておくよう言いトイレに入ります。

戻った慎太郎に七瀬は彼の出演した作品を観たと話し、心から「慎太郎が一番面白い俳優」と認めますが、人気子役から売れない俳優になった慎太郎の自尊心は傷つきます。

七瀬にバカにされたと慎太郎は激怒し、2人は口論となってしまい七瀬は、営業自粛を機に会うことはないと告げます。

美和は体の不調が心配になり、病院へ出向いていました。泰造は勝手に妊娠したのではと不安になり、落ち着きなくしていました。

帰宅した美和は受診の結果が、“軽度の子宮がん”だったと告げ泣きだします。しかし、“妊娠”でなかったことに安堵し、歓喜した泰造に美和は幻滅します。

真知子は怜人の行動に合点がいかず、彼が就寝している時に持ち物を物色し、彼の通帳をみつけます。そこには元カノの美和から毎月、お金が振り込まれていることを知ります。

怜人を叩き起こした真知子は理由を追求しますが、のらりくらりと言い訳ばかりを並べ、彼女が怒っている理由が理解できません。

真知子は怜人が仕事もせず元カノのお金で、高い弁当とリンゴジュースを買い、恩着せがましいことを言い、そのことに何も感じないことに苛立ちます。

トミーは鈴からキスをされたことで、一緒には暮らせないと家を出ていこうとしますが、ゲイでもずっと一緒にいられる女性を探し、子供もほしかったと言いだします。

それを叶えるのが鈴だと思いはじめていたと言い、トミーはそのプランを鈴が崩したと逆ギレし、身勝手な言い分の彼に鈴は怒り心頭になります。

結局、クズ男は別れ際に、彼女達に好きだった気持ちを泣きながら告げますが、4人は無情にも「泣いていないでさっさと出て行け!」と三行半を叩きつけます。

真知子、七瀬、美和、鈴はクズ男たちを捨てて、終わるはずでした。

ところが・・・真知子は気がつきます。このままだと2年前と何も変わってないことに!そして、このまま怜人を逃したら、二度と自分には出会いは訪れないと察知し焦ります。

他の3人も同じことを考えていました。そして、彼らを引き止めやり直す理由をあれこれ思案します。

彼女達が出した結論は、“米を運んでくれる”存在がいないと困るという大義を作り、彼らに惹かれた理由には不純さがあったことを認めます。

そうすれば少々の彼らの理不尽も許せ、独りの寂しさは回避できると発想し、彼女達は力を合わせ女の意地と根性で、信じられないミラクルを起こし幸せを掴みにいきます。

スポンサーリンク

映画『もっと超越した所へ。』の感想と評価

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

あなたならどの“クズ男”が超越できますか?

傍から見たらどうしようもない“クズ男”なのに、そのダメな部分にどうしても惹かれてしまう

惹かれてしまうというよりはむしろ、放っておけないという心理が働いてしまう女性が多いかもしれません。

わかっちゃいるけど好きになったら止められない・・・人の好みといえばそういうものですが、何度もそれを繰り返し後悔するのも人の“性”です。

本作の主人公の女性達はその“後悔”を“幸福”に転じるミラクルを意地と根性で達成します

4人のクズ男が生理的に受け付けず、男の風上にも置けないと断然拒否する場合もあるでしょう。

しかし、いかがでしょう、この中の誰となら超越したところへ行けそうですか?

やっかい系ヒモ男、ストリーマー“怜人”

自分が楽になるためなら、相手のいうことには従い、尊重するようなことを言いますが、実は最強の束縛系男子です。

いかに相手に疑問を抱かせず、お互い同等という立場をとるか・・・計算高いように見えて、生まれ持った一種の才能といえます。

とにかく努力することが嫌いで、黒いものも白にしたいご都合主義。自分に都合のいい彼女を自分好みにカスタマイズしようとする・・・ヤドカリ人間の怜人です。

根拠のない自信家、フリーター“泰造”

ノリと勢いだけで生きているのに、自分に不安な要素がふりかかると、完全に自信喪失してしまう、ビビリ系男子です。

彼女を大切にしているようにみせかけ、己のことが一番大事だというのが本音。自分が楽しければ、彼女も喜ぶはずと思う根拠のない自信家です。

男という前に人としての責任感が皆無で、ノリのいい楽しい生活が揺らぐことを極端に恐れ、後先考えない無計画人間の泰造です。

落ちぶれたプライド、元子役俳優“慎太郎”

虚栄心と自尊心の塊。殻に閉じこもっていながら、自分を高く見せるため、相手の人格すらも否定する、ナルシスト系男子です。

過去の栄光にしがみつき、自分の不遇は全て周りのせいにします。弱点を隠し噂に怯える生き方が、不満と不安につながり、なぜか好きな彼女にぶつけます。

素直さに欠け、自分で生き辛さを作ってる不器用な男です。それでも誰かに認められ、褒められたいという、自意識過剰人間の慎太郎です。

あざと可愛い、坊ちゃんゲイ“富(トミー)”

女性的な“ゲイ”であることを活かし、安全性をアピール。精神的な安定を女性に求め、依存してしまう、あざと可愛い系男子です。

男性の面は女性からの好意を察知してしまいます。相手を傷つけないように言葉を選んでいるようで、とってる行動が残酷であることに気づいていない。

密かなプランを胸に秘め、それに添わないと逆ギレしてしまう、何不自由なく育った、典型的な自己中心的なお坊ちゃん人間の富(トミー)です。

超越させるのに必要なのは強い“母性”

なぜかいつも同じようなタイプの人を好きになり、いつも同じことに悩む堂々巡りな女性はいて、相談に乗ったり愚痴を聞いたりする方も多いでしょう。

しかし、行き着くところ彼女たちは、その恋愛が嫌で終わらせたいわけではなく、妥協点を探したり、相手と幸せになる超越した所を探しているのだと気づきます。

真知子、七瀬、美和、鈴がラストで見せたミラクルは、最初から脳内でシュミレーションされていて、その時の“母性”が超越しているのかということです。

ラスト30分で描かれる、彼女たちの超越したパワーは、このクズ男をどう受け入れるのか、心の葛藤を描いているようにみえます。

彼らを許し彼らを手のひらで操る術を知った女性は強く、まさに最強の“母性”を持った姿に変貌していました。

まとめ

(C) 2022「もっと超越した所へ。」製作委員会

『もっと超越した所へ。』は、クズ男にひっぱられ惰性に流される恋愛なのか、主導権を握り幸せに生きる道に導くのか、そんな瀬戸際に立たされた、4人の女性たちの物語でした。

異性への好みは十人十色で、幸せなのかどうかの尺度も違いますが、もしクズ男で悩んでいる女性がいたら、励まされる映画です。

また、大なり小なり男性には、ダメンズ4人の特徴を兼ね備えているものです。自分が好きになった相手を、“クズ”と呼ぶのかそうでないのか、女の腕にかかってるそんな意気込みを感じました。

なお、クズ男を演じた4人の俳優は皆、演じた男に共感できないとインタビューで答えつつ、そこが“愛すべき面”であると分析し語っています。

おそらくクズ男に沼ってしまう女性は、男性の“愛すべき面”がフェチなのだろうと想像でき、それを超越した時、幸せな所へ行くのだと実感させられる映画でした。




関連記事

ラブストーリー映画

『彼女来来』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。不条理な恋愛映画を山西竜矢監督が劇場デビュー作として描く

山西竜矢監督が前原滉主演で描く不条理な世界の恋物語 演劇ユニット「ピンク・リバティ」の代表で、劇作家・演出家として活躍する山西竜矢の長編デビュー作『彼女来来』。山西監督がオリジナルで脚本も務めています …

ラブストーリー映画

映画『ベイビーティース』感想解説と考察。ラストまでエリザ・スカンレンの演技力と家族愛に泣ける感動作!

映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)よりロードショー。 前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出した、シャノン・マーフィ監督長編デビュー作『ベイビーティース』。 『 …

ラブストーリー映画

寝ても覚めて映画あらすじとキャスト!エキストラ募集ロケ地は東京大阪も

2015年に公開された映画『ハッピーアワー』は、ロカルノ国際映画祭コンペ部門で最優秀女優賞で旋風を巻き起こしたのを記憶する映画ファンも多いはず。 その際に監督を務めたのは濱口竜介監督。監督の2018年 …

ラブストーリー映画

映画『アンナ(1966)』あらすじネタバレと感想。2019年にデジタルリマスター版にて復刻リバイバル

世界がアンナに恋をした。 伝説の女優アンナ・カリーナ、幻の傑作。 『アンナ』は始め、1966年、フランス国営放送が初のカラーテレビ番組として製作した作品でした。 主演のアンナ・カリーナは『気狂いピエロ …

ラブストーリー映画

四月物語あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【岩井俊二映画】

現在公開中のアニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は岩井俊二のドラマが原作となっています。 原作というポジションにもかかわらず、大きく名前が上がる人物でありますが、それは岩井俊二監督の常 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学