Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/09/05
Update

映画『寝ても覚めても』ネタバレ感想レビュー。ラスト結末までのあらすじを詳細に

  • Writer :
  • 西川ちょり

同じ顔をした二人の男と一人の女。人は人の何に惹かれるのでしょうか? 

柴崎友香の珠玉の恋愛小説を映画化!

前作『ハッピーアワー』でロカルノ、ナントをはじめ数々の国際映画祭で主要賞を受賞し、その名を世界に轟かせた濱口竜介監督の商業映画デビュー作『寝ても覚めても』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『寝ても覚めても』の作品情報


©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
濱口竜介

【原作】
柴崎友香『寝ても覚めても』(河出書房新社刊)

【キャスト】
東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子

【作品概要】
同じ顔をした二人の男に惹かれる一人の女・・・。東出昌大が一人二役に挑戦し、新星・唐田えりかがヒロイン朝子とともに成長した姿を見せる瑞々しい恋愛映画の傑作。

柴崎友香の原作を『親密さ』(2012)、『ハッピーアワー』(2015)の濱口竜介が映画化。初の商業映画デビューを果たした。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

映画『寝ても覚めても』のあらすじ


©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

朝子は、大阪中之島にある国立国際美術館で開催されている牛腸茂雄の写真展にやってきました。彼女の後ろをぼさぼさの髪をした背の高い男性が鼻歌を歌いながら軽やかに通り過ぎていきました。

朝子は男性の後ろ姿をみながらエレベーターを登っていきますが、まだ二人はここでは互いを意識していません。

美術館を出て、男性が右手に、朝子が左手へ曲がろうとした瞬間、中学生(高校生?)たちが遊んでいた爆竹が炸裂して無邪気にはしゃぐ彼らに挟まれる形で二人は顔をあわせます。途端に二人は恋に落ち、キスを交わすのでした。

朝子の友人の島春代は、「あの男はあかん。確かに顔はいいけど、一番あかんやつやで。しばらくしたら泣くことになる」と忠告しますが、朝子は男性の麦(ばく)という名前の由来を楽しそうに語るばかり。

麦は朝子をバイクに乗せて、道路を滑走していましたが、気がつくと、二人は道路に投げ出されていました。やがて目を開けた二人は笑いながら、近づき、キスを始めるのでした。事故の相手が戸惑ったように二人を見下ろしていました。

朝子の大学の知人である岡崎伸行の家に麦は下宿していました。朝子と麦、島春代は岡崎の家に集まって、食事をしたり、花火をして楽しい時を過ごしました。

すっかり夜も更けた頃、麦は「パンを買いに行ってくる」と言って、フラっと出ていきました。「今食べたとこやん。意味がわからん」という春代に岡崎は「一人になりたい時だってあるのよ」となんでもお見通しというふうに言い、朝子はフフっと笑って、いつの間にか眠ってしまいました。

目を覚ますと、体にはタオルケットがかけられていました。もう夜が明けていました。岡崎は起きて、ベランダの花に水をやっていました。

「今何時?」「6時くらいかなぁ」

朝子は麦がいないことに気が付きます。あわてる朝子に、麦は時々ふらっといなくなって、気まぐれに戻ってくる、こんなことしょっちゅうだから気にすることはないと岡崎は告げます。

やがて麦が帰ってきました。朝子は駆け寄って不安だった気持ちをぶつけるかのように麦に抱きつきました。おじいさんに出会って、ほうっておけなかったんだと麦は言い、必ず朝子のところに戻ってくるからと彼女を抱きしめるのでした。

それからしばらくして「靴を買いに行く」と言って、麦は出て行ったきり、帰ってきませんでした。

二年とちょっとの月日が過ぎていきました。

サラリーマンの亮平は東京勤務になって初めての日を過ごしていました。会議室には隣の喫茶店から配達されてきたコーヒーの入ったポットが置かれていました。

そのポットを取りに来たのが朝子でした。彼女も東京に出てきていたのです。朝子は亮平の顔を観て、目を見張りました。なぜなら、亮平は麦に瓜二つだったからです。

自分を見て凍りついている朝子の様子を不思議に思いながら亮平はポットを手渡しました。

その日から亮平は朝子のことが気になって、毎朝、喫茶店の前を通っては中を覗くようになりました。

そんなある日、亮平は偶然、朝子とその友人、鈴木マヤにギャラリーの前で出逢います。彼女たちはそこで開かれている牛腸茂雄の写真展を観に来たのですが、時間を過ぎていると入場を拒否されていました。

「まだ観ている人、いますよね。それなら、事前にその旨を記載すべきですよね」とマヤは粘りますが、ギャラリーの方も簡単には引き下がりません。

亮平は咄嗟に「僕ら、この写真展を観るためにわざわざ京都から来たんどす。バスが遅れてこんな時間になってしまって、お願いします!」と割って入り、入場を許可させることに成功しました。

観終わった三人はカフェで会話したあと、朝子が先に帰り、マヤと二人になった亮平はマヤがあの雰囲気の中でたくさん気を使ってくれたことに礼を言うのでした。

朝子とマヤはルームシェアをしているらしく、マヤは今度うちに来てくださいよ、と亮平に声をかけました。「朝子、お好み焼きだけは上手なんですよ」と。

そして、「気遣ってただけじゃないですよ。本当に楽しかったです」と亮平に向かって言うのでした。マヤは劇団に所属し、舞台を中心に活動しつつ、再現フィルムなどに出演しているのだそうです。

亮平は、会社の同僚の串橋耕介を「テレビなんかに出ている女優さんと合コン」という言葉で誘い、マヤと朝子の部屋を訪ねました。

四人はマヤが出演したチェーホフ作品の演劇のDVDを見ていました。亮平はマヤに賛辞を送りますが、串橋は突然、「俺帰るわ」と言いだしました。

「腹が痛くなったんで」という串橋にマヤは「映像を見たいといったのはあなたよ。気に入らなかったってこと?」と詰め寄ります。

「中途半端なんだよ。なんのためにやってるの?」と串橋に聞かれ、マヤが「お客さん」と答えると、串橋は「お客さんが喜んでくれてるだなんてどうやって判断するの? チェーホフをやるならそいつを自分に引き寄せるなよ」とマヤを詰り始めました。

そして、栗橋は突然、チェーホフの台詞を叫び始めました。

「僕はうだつのあがらない男です。軍人をやめたってどうせ同じでしょうがね。僕は働くことにしました・・・」と。

どうやら串橋もかつては舞台をやっていたようなのです。そして、マヤの演技を「誰にも届かない」と再び攻撃し始めました。

その時、奥で食事の準備をしていた朝子が毅然とした態度で、「私には届いた」と声をあげました。

「マヤのずっと努力する姿をみてきた。努力は的外れじゃない。私には届いた。私はマヤを尊敬する。私にはできないといつも思う」

静まる室内。亮平は串橋に言うのでした。「今帰ったらずっと恥ずかしいままやで」。

串橋は項垂れて、自分がマヤに嫉妬したことなど複雑な胸中を明かし、謝罪するのでした。

「批判してくれる人が一番ありがたいの」とマヤも串橋を気遣い、凍りついた空間は徐々に和やかな空間に変わっていくのでした。

それから数日後、亮平の会社にポットをとりに来た朝子は亮平を見てあわてて逃げ出しました。「なんで逃げるの?」階段を降りていく朝子を追いかける亮平。

亮平は朝子に追いつくと、「ずっと君のことが気になってる。君のことが好きなんやと思う」と告白します。

「君が思っているような怖いやつでも悪いやつでもない。俺のこと、ちゃんと見てくれ」

そう言うと亮平は朝子を引き寄せ、二人は互いの頬に手を添え、キスをしました。

こうして朝子と亮平は恋人同士になりますが、ある日、突然、朝子から電話がかかってきます。「私のことは忘れて」といったきり、彼女は姿を消してしまいました。喫茶店にも彼女の姿はありませんでした。

亮平はマヤの劇団の公演にやってきました。この日の昼は朝子が来るはずです。会えるのではないかと期待していたのですが、開演前に出てきたマヤは、朝子は別の日に変更したのだと告げます。

客席に座り、もうすぐ開演という時、突然、会場が激しく揺れ始めました。停電になり真っ暗の中、人々は揺れの中で席についたまま身動きすることができませんでした。

電気がつくと、舞台に置かれていた置物が落ちて割れ、客席から悲鳴のようなものが上がりました。芝居は中止となり、亮平は会社に戻るため外へでました。

電車は全て運休となり、人々は帰宅難民となり、ただ黙々と道路を歩いています。亮平が目を上げると、目の先に朝子がいるのに気が付きました。二人は見つめ合い、朝子は亮平の胸に飛び込んできました。

5年後。二人は一緒に暮らしていました。家には猫も同居していました。

二人は東北の被災地に車を飛ばしてずっとボランティアを続けていました。東北の人々はいつも二人を暖かく迎えてくれるのでした。大復興祭での活動を終えたあと、二人は美味しい牡蠣をいただき、お土産までもらってしまいました。

一人で運転して疲れ切った亮平は、床の上で眠ってしまいました。朝子はそんな亮平を愛おしく思い、彼の背中に頬を寄せるのでした。

ある日、亮平と一緒にショッピングに来た朝子は偶然春代に出逢います。彼女はシンガポールで国際結婚し、夫が転職して、東京にやってきたのだそうです。

再会を喜ぶ二人でしたが、亮平を見て春代は驚きます。亮平が席を立った時、春代は「亮平さんは知ってるの?」とささやきました。「言おうと思う」と朝子は答えました。

麦は芸能活動を始めていて、ビルの屋上の広告や、テレビに姿を表すようになっていました。

そんな中、亮平は大阪の本社に戻るよう辞令を受けます。「朝子も一緒に来てほしい。俺と結婚せえへんか?」

亮平のプロポーズに朝子は「嬉しい。すごく。でも私、亮平に言ってないことがある」と答えました。

「なんやそのことか。今更ええんちゃうか? 前に人から似てるって言われてん。似てたから付き合えるようになったんやろ? メチャクチャラッキーやったと思うようになってん」

そう答える亮平に朝子はヒシっと抱きつきました。

春代と公園で休日を過ごしていた時、女子高生たちが麦が来ていると騒いで、走っていく姿が見えました。朝子はためらうことなく、その方向に歩を進めていました。

一台の車を囲むように人が集まっていましたが、結局、麦は姿を表しませんでした。発車した車に向かって朝子は何度も何度も手を振るのでした。

朝子と亮平は転勤後の家を探しに大阪に来ていました。不動産屋が案内してくれた物件は淀川のすぐそばにある一軒家でした。朝子は川を眺めながら「私、働きたい!」と目を輝かせました。

「なりたいものになんでもなったらいいやん」と亮平は言い、二人はキスをするのでした。

「私、ここが好き。きっともっと好きになる」と朝子は言い、亮平は「だといいな」と微笑みました。

東京に戻った朝子は、亮平が串橋とマヤを連れて帰ってくるのを待っていました。串橋とマヤは結婚し、マヤは妊娠していました。

その時インターフォンがなり、扉を開けた向こうに「朝ちゃん、迎えにきたよ」という麦の姿を見て、朝子はあわててドアを締めます。

猫を抱きしめながら彼女は震えていました。しばらくして亮平が二人を連れて帰ってきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『寝ても覚めても』ネタバレ・結末の記載がございます。『寝ても覚めても』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

別の日、朝子と亮平の送別会が開かれ、串橋夫妻と春代が参加して、会は和やかに進んでいました。その時、朝子たちの席に麦が突然現れます。

「朝ちゃんと約束したから。戻ってくるって」麦が手を差し伸べると、朝子は躊躇なくその手をとり、二人は早足で立ち去りました。皆、その姿を唖然と見送りました。

ずっと麦のスマホが激しく音をたてていましたが、彼は出ようとしません。

「誰かが用事があるから電話しているんと違う?出たら?」と言う朝子に麦は「自分の変わりはいくらでもいる」と頓着なく答えスマホを投げ捨てました。

亮平が追いかけてきましたが、二人はすでに車に乗り込んで、彼を振り切って走り出しました。

「これからどこへ行くの?」朝子の問いに「北海道」と麦は答えました。

その時、朝子のスマホが鳴りました。春代からのメールでした。

「朝ちゃんやってもうたな。感情と愛情は違うよなぁー」という彼女らしい文面でした。

すぐにマヤからも電話がかかってきました。「私は戻らないから。亮平に伝えて」と朝子が言うと、マヤは「わかった」と答え、「もう二度と現れないで」と怒気を帯びた声で言いました。「連絡もしないで!」

朝子は車の窓からスマホを捨て、麦に「会いたかった」と告げ、体を寄せるのでした。

麦は芸能界入りする前に北欧を旅してオーロラを見たそうです。彼はそれを「夢みたいだった」と表現しました。

「夢」と聞いて朝子は呟いていました。「今までの方が長い夢だったような気がする。幸せな夢だった。ちょっとは成長したような気になっていたけれど、私、何もかわってなかった」

「朝ちゃん、眠りな」という麦の優しい声が聞こえてきました。

朝子が目を覚ますと、車は高速を降りていました。

「ここは?」「まだ仙台のあたり。腹減って、海がみたくて降りた。でも全然見えない」

大きな防潮堤がそびえているのが分かりました。

「帰らなきゃ」朝子はつぶやきました。「どこへ?」「亮平のところ」

麦は朝子を引き止めようとはしませんでした。車を譲ろうともしてくれましたが、朝子は免許をもっていないとそれを断りました。このあたりならわかるからと朝子が言うと、麦は納得して、去っていきました。

朝子は何メートルもある防潮堤を登っていき、目の前に現れた海を眺めました。そして防潮堤のてっぺんを歩き始めました。

ボランティアで交流のあった平川さんの仮設住宅を訪ね、事情を話し、お金を借してもらいました。駅まで見送りにきてくれた平川さんは「お前は許されないぞ。バカだなぁ」と心配の声をあげました。

亮平は荷物をまとめて大阪に向かおうとしていました。串橋が猫のじんたんがはいった籠を手渡しました。亮平の顔から表情は消えていました。走り出した車をマヤは思わず追っていました。串橋はあわてて駆け寄り身重の妻をいたわるのでした。

淀川近くの一軒家を朝子は訪れました。ボールが転がってきたので、子どもたちに投げて返すと、後ろに亮平が立っていました。

「帰れ! お前は最悪なことをしたんや。いつかこうなるんやないかとずっと怖かった」

そして猫は捨てたと亮平は告げました。「お前が最初に捨てたんだぞ。もうお前を信じる力が残ってないから猫の面倒なんて見られない」

「わかった」そう言うと、朝子はじんたんを探し始めましたが、どこを探してもじんたんはみつかりませんでした。

朝子は岡崎の家を訪ねました。岡崎が病気を患ったことは麦から聞いていました。岡崎とは年賀状のやり取りをしていて、岡崎の母親が麦に聞かれて朝子の住所を教えたのでした。

岡崎はベッドで寝たきりになっていました。「返事はできないけど、聞こえてるから何かしゃべってやって」と母親に言われ、朝子は岡崎に向かって話し始めました。

しかし、途中で朝子は涙声になっていました。「よかったね。可愛い女の子があんたのために泣いてくれてるで」という母親に、「違うんです。ごめんなさい。わたし、こんな時も自分のことばかりで」と朝子。

「会えたん?」と母親に尋ねられ、「はい。でも一番大切な人を傷つけてしまった」と答えるのでした。

「ごめんね」と母親は言うと、「ほんまは羨ましい。大事なんやったら大事にしたらええんや。どうせそれくらいしかできないんやから」と続けて、若い頃、好きな人と朝ごはんを食べるためだけに新幹線に乗った思い出話しを始めました。

それは何年も前に麦たちと過ごした時にも聞いた話でした。

急に雨が降ってきて、母親は洗濯ものを取り入れに出ていきました。朝子も外に出て手伝いました。「ありがとう。さっきの話な、旦那とは別の人やで」と言うと、彼女はいたずらっこのように微笑みました。

朝子は再び淀川の家の近くまでやってきて、じんたんを探していました。すると亮平が現れて「無駄なことするな」と怒鳴って、走り出しました。朝子も彼の背中を追って走り出しました。

家の前で亮平に追いついた朝子は言うのでした。「亮平に誤りたい。でもどんなに謝っても謝りきれない。そんなことをした。だから謝らない。許されたいとも思わない。でも亮平と一緒にいたい。顔を見せて声を聞かせてほしい」

亮平は家の中に入ると、すぐに扉を開けてじんたんだけを手渡し、また家に入ってしまいました。

朝子はじんたんをしっかり抱き、そっとトアノブを回しました。鍵はかかっていませんでした。中にはいると、そっと階段をあがっていきました。二階には窓から川を見下ろす亮平の背中がありました。

「俺はお前のこと、きっと一生信じへんで」と亮平は言い、朝子は「うん」と答えました。

二人は並んで川を見ていました。「水かさが増してる。きったない川やな」という亮平に「うん。・・・でもきれい」と朝子は答えるのでした。

スポンサーリンク

映画『寝ても覚めても』の感想


©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

映画の冒頭、朝子と麦が出逢う場面が素晴らしすぎて、そこで既に本作が大傑作であることを確信しました。

二人を中央にして画面の左右に分かれて爆竹とともにジャンプする中学生(高校生?)たち。

ジョニー・トーの『ターンレフト・ターン・ライト』(2003)の男女のように、それぞれ右へ左へと曲がり別の道を行こうとしていた出逢うはずのなかった二人が、彼らの間に挟まれ動きを封じられたことで、向かい合い、一瞬に恋に落ちる。

このスローモションのショットに完全にまいってしまったのです。

「そんな馴れ初め、こんな世の中にあるかーい!」と後に、岡崎に突っ込まれてしまうのですが、『ターンレフト・ターン・ライト』のように、とことんすれ違い続けるメロドラマがあるのだから、花火のように弾けて一瞬で成就する恋があるのも必然でしょう。

出逢いの話といえば、麦との出逢いと亮平との出逢いに共通するのが牛腸茂雄の写真展です。

彼の写真の中に双子の女の子が被写体のものがあります。なんだか『シャイニング』の双子の女の子を思わせたり、ダイアン・アーバスの作品を連想させますが、何しろ、麦と亮平は瓜二つで、この写真は物語の象徴とも受け取れます。

麦と亮平は顔はそっくりですが、性格はまるで違う。東出昌大が一人二役を演じているのですが、そういえば最近観たフランソワ・オゾンの『2重螺旋の恋人』がまさにそれでした。

性格のまったく違う双子の精神科医をジェレミー・レニエという俳優が一人二役で演じていました。

とはいえ、麦と亮平は顔が似ているだけで双子ではありません。むしろドッペルゲンガーや「ダブル」と呼ぶべき存在なのでしよう。

そして不思議なことにいくら顔が似ていても、彼らを牛腸茂雄の双子の女の子のように並べた絵面を思い浮かべることができないのです。

むしろ、双子というのなら、それは麦と朝子ではないでしょうか?

二人は精神的双子とも呼べるほど、よく似ているし、同じ種類の人間と言ってもいい。二人を全身モノクロにして牛腸茂雄の写真のように脳内で並べてみたら、ものすごくしっくりくるのです。

朝子というのは迷ってばかりで頼りなげな優柔不断のおとなしい女の子に一見見えるんだけど、彼女はずっとはっきりした考えを持ち、自分の意志を真っ直ぐ貫いていく人なのではないか。

マヤや亮平のように、意識して場を盛り上げたり、和ませたりという、バランスの取れた気配りの人とは対極の人間で、まったく麦と同じ種類の人間なのだと感じました。

数年ぶりに麦が彼女のドアの前に立っていた時、彼女は一旦彼を拒絶して震えていますが、彼女はそこでもう決心していたのでしょう。今度彼が手を差し伸べたらついていこうと。

公園での迷いのない歩み、全身を使って振られる手。その颯爽とした身体性が、麦といる時に生まれてくるのは、彼女と彼が双生児のような関係で引き合っているからではないでしょうか?

しかし、彼女は彼よりも長く付き合った人、「亮平」の大切さに遅まきながら気付くことになります。見知った仙台の風景がそうさせたのです。人間として彼女は漸く目覚めるのです。

本作は、朝子という女性が、人間性を獲得していく物語です。遅い、遅い目覚めの物語と読み取ることができるのではないでしょうか。

ラスト近く、走る亮平と追いかける朝子という素晴らしいロングショットのあと、亮平、朝子が走るそれぞれのバストショットが続きます。

朝子の迷いのない走りっぷりが観客に彼女の亮平に対する確実な意思を感じさせます。

このあとに、朝子が亮平にかける言葉は、かつて串橋に対してマヤの素晴らしさを言ってのけたきっぱりとした口調を思わせ、朝子の本質ともいえる姿が現れています。

実は彼女は自分の気持ちを明確に言葉にする能力を備えています。いざという時、その言語能力が発動するのです。これもまた、朝子という女性の個性でもあるわけです。

亮平は彼女を迎え入れないわけにはいかないでしょう。しかし、彼の気持ちを思うと、心が少し痛みます。これはハッピーエンドなのか、あるいは、悲劇の始まりなのか? 

亮平には朝子の覚醒などまだわかるはずもなく、いつかまた、彼女がふいに消えてしまうのではないかという恐れをずっと抱えていくことになるかもしれません。

彼女を信じることができず苦しみ続けるかもしれません。そんなことばかり想像してしまいます。

しかし、完全に安心できる恋などあるのでしょうか? 永遠に続くものがあると考えるほうが不自然なのではないでしょうか。そうした不安を抱えながら生きていくのが、人間なのではないでしょうか?

エンディングに流れるtofubeatsの素晴らしい音楽に耳を傾けながら、こんな不穏で茫漠たるラストがあっていいのか、当惑しつつ、なぜか陶然とせずにはいられませんでした。

まとめ


©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS

掴みどころがないけれど、蠱惑的な魅力に溢れた麦と、誠実でどこまでも優しい亮平、どちらのキャラクターにも生き生きとした息吹を与えた東出昌大の功績が光ります。

本作が本格演技デビューの唐田えりかが朝子に扮し、初々しさの中に、凛とした佇まいを見せ、見るものを魅了します。

彼女の正面を捉えたアップ。私たちをまっすぐ見つめてくる眼差しの強さに驚きを隠せませんでした。

主役の二人以外のキャラクターも皆、生命が宿っているのが多くの群像劇を描いてきた濱口監督作品ならではで、串橋を演じた瀬戸康史、マヤ役の山下リオ、島春代役の伊藤沙莉らが、強烈な個性を発揮しています。

とりわけ、春代役の伊藤沙莉の大阪のおばちゃん風関西弁は完璧で、彼女が関西出身でないことに驚かされました。また、少しの出番ながら、平川さんを演じた仲本工事も忘れがたい味がありました。

上記の「感想」の中で、麦と朝子がむしろ双子であると書きましたが、それに対極するのが亮平とマヤです。

どちらも気配りの人。思考回路に共通点がある。そう、二人はよく似ているのです

本来ならこの二人が恋人同士になっていたっておかしくない。しかしそうはならないところが男女の可笑しみです。

一人で大阪に旅立っていく亮平を身重であることを忘れて思わず追いかけるマヤ。あのシーンがたまらなく愛おしい。こうしたエピソードをきちんと残せるのが、濱口作品の素晴らしさの一つです。

そして、もう一つ大切なのは、この作品が「猫映画」であることです。朝子が亮平を愛おしいと思っている時に、そばに必ずじんたんという名の猫がいます。

東北から帰ってきて疲れて眠ってしまった亮平の背中に朝子が頬を寄せる時、じんたんは背後に座ってそれを観ています。

麦のことを初めて打ち明けた時の亮平の優しい反応に思わず朝子は抱きつきますが、画面の手前にじんたんがしっかり陣取っています。

ラストシーンでもしっかり近くにいるじんたん。二人の側にじんたんがいるとき(だけ?)、二人には安泰が約束されているのかもしれません。

関連記事

ラブストーリー映画

映画『タイタニック』ネタバレ感想。実話結末までのあらすじ【レオナルド・ディカプリオ代表作】

映画『タイタニック』は、1997年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による作品で、現在も多くの方々から支持されている作品です。 1912年、英国のサウサンプトン港を出航したタイタニック号沈没事件を …

ラブストーリー映画

映画『ニセコイ』あらすじネタバレと感想。キャスト中条あやみの銀幕に輝く違和感が素敵すぎる⁈

映画『ニセコイ』はラブコメ作品としては、週刊少年ジャンプ史上最長連載記録を作った古味直志の同名原作を映像化。 監督は『映画鈴木先生』『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』『 …

ラブストーリー映画

映画『風の色』あらすじと感想レビュー。古川雄輝のプロフィールも

古川雄輝の主演映画『風の色』は2018年1月26日より全国順次公開。 突然目の前から消えた恋人ゆりの死から100日後。彼女との思い出の品々を胸にマジシャンになることを決意した涼。 “自分と生き写しの人 …

ラブストーリー映画

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじネタバレ感想。原作は東野圭吾の異色恋愛小説

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー! 東野圭吾の同題作品を多作ではないものの『宇宙兄弟』『聖の青春』と良作を発表し続ける森義隆監督が映画化。 主 …

ラブストーリー映画

映画『カサブランカ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが共演した傑作中の傑作『カサブランカ」についてまとめました。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『カサブランカ』映画作品情報をど …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP