Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2023/04/08
Update

【ネタバレ映画】美しい彼|あらすじ結末感想と評価考察。劇場版eternalの恋愛ラブスートリーは“すれ違うふたり”の恋物語

  • Writer :
  • 糸魚川悟

劇場版で彩られる”ぼっち”と”キング”の恋物語

吃音症によって周囲から浮いてしまったことでいじめの対象となった主人公が、一目で自身の全てを奪った”キング”に恋をする物語が人気を集めたドラマ「美しい彼」。

シーズン1では主人公となる平良の視点を中心に”キング”こと清居と結ばれるまでの物語が描かれていましたが、シーズン2以降はお互いの気持ちのすれ違いが中心となっていました。

そして対角線に位置するような2人の物語が大きな山場を迎える劇場版が2023年に公開。

今回は平良と清居の恋愛の総決算となる映画『劇場版 美しい彼~eternal~』(2023)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『劇場版 美しい彼~eternal~』の作品情報


(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
酒井麻衣

【脚本】
坪田文

【キャスト】
萩原利久、八木勇征、高野洸、飯田基祐、金井勇太、伊勢佳世、綾乃彩、池田大、前田拳太郎、落合モトキ、仁村紗和、和田聰宏

【作品概要】
広瀬すずと松坂桃李主演で映画化されたことで話題となった小説『流浪の月』を執筆した、凪良ゆうによるボーイズラブ小説シリーズを映像化した劇場版作品。

「美しい彼」で第16回ギャラクシー賞でグランプリを受賞した酒井麻衣が、ドラマシリーズから引き続き監督を務めました。

映画『劇場版 美しい彼~eternal~』のあらすじとネタバレ


(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

大学卒業が迫る中、平良一成はプロカメラマンである野口大海のアシスタントとして奔走する忙しい日々を過ごしながらも、恋人となった清居奏との同居生活にこの上ない幸せを感じていました。

若くして海外の映画賞を受賞した女優・安奈のバーターとして様々な撮影に参加する清居は、短い役どころながらも順調に場数を踏みファンを増やしていきます。

清居に対する”ファン”としての心を捨てられない平良は、”不審くん”と言うあだ名をつけられながらも撮影現場に足を運び、同じく安奈のファンである設楽と仲を深めていました。

ある日、不倫した夫との離婚によって住む場所を失った平良の従姉妹・菜穂が、平良の住む家を借りるため訪ねてきます。

清居との交際や同居を隠す平良は、清居に了承を取り2人で新たな新居を探すためマンションの内覧を繰り返しますが、男性同士のルームシェアを許可する物件が少なく部屋選びは難航。

アシスタントとしての給料だけでは清居の足を引っ張ってしまうと考える平良は、清居に命じられたプロカメラマンも参加する「野村伊兵衛賞」の受賞を本気で考え、写真サークルの友人・小山と共に匿名の大学生としてインターネットで相談しますが、返ってきたのは馬鹿にする言葉ばかりでした。

「病院へ行け」と特に辛辣なコメントを残したのは実は野口であり、野口は職場で怖いものを知らない若さは強いと平良に聞かせます。

野口による安奈の写真集の撮影に同行した平良は、自身のスタイルを持たず被写体に合わせて手法を使い分ける野口の技術に圧倒されます。

撮影終了後の夜、野口に「撮りたいもの」について尋ねられた平良でしたが、自身の実力不足を理由に清居を撮る自信を失った平良は「撮りたいものがなくなった」と返答してしまいました。

ある日、清居は野口に写真を撮ってもらうことが決まり、平良と同じ空間での撮影を喜んで彼に報告しますが、平良は自身より遥か高い実力を持つ野口によって清居の写真を撮られることに嫉妬し、当日の撮影を休んでしまいます。

撮影現場で野口に平良のことを尋ねた清居は、野口が平良の隠し持つ「我執」がアーティストとして強い可能性を秘めていると評価していることを嬉しく思う一方で、「撮りたいものがなくなった」と言う平良の言葉を野口を通して聞くことになりました。

同日、撮影をサボり清居のドラマの撮影現場にいち早く足を運んでいた平良は、設楽と共に撮影が始まらないことを疑問に思っていると、安奈が人気アイドル・桐谷恵介と付き合っていると言うニュースが舞い込みます。

撮影に現れなかった安奈が引きこもるホテルにマネージャーと共に足を運んだ清居は、桐谷の事務所がイメージダウンを阻止するため安奈との交際を破局させようとしていることを知ります。

家に帰った清居は憔悴しきった安奈を心配すると、平良は安奈が落ち着くまで自分たちが家を出て安奈と菜穂を2人で家に住まわせる案を話すと、清居はその案を実行に移しました。

平良と清居の関係性を知る安奈は、平良から清居はこの世に存在してくれるだけで生きていく糧になる「光」であると聞かされ、2人の関係性を羨ましく感じます。

家を出ていくことなった平良と清居でしたが、平良は清居にスキャンダルという迷惑をかけないために野口のアトリエに住み込むことを清居に相談せず決めており、清居は高校時代に自分のためになりふり構わず暴走した時の平良ではなくなったことを悲しみ家をひとり出て行きました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『劇場版 美しい彼~eternal~』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 美しい彼~eternal~』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

野口のアトリエに泊まり込む平良は、野口から自信が無さ過ぎる平良が自信がありすぎた過去の自分に似ており、何かのきっかけで大きく世界が広がると諭されますが平良はその言葉を信じきれずにいました。

その日の夜、桐谷の事務所はマネージャーと共に安奈のホテルを見舞いに行った清居の写真を切り抜き、安奈と清居の交際と言う嘘の報道を世間に広めたことで、2人は多くの非難を浴びることとなります。

自身の家で会話をした際に安奈が今でも桐谷のことを想っていたことを知る平良は、スキャンダルの渦中である桐谷の写真を撮ることになった野口に協力を請います。

面倒臭いことを嫌う野口は「俺を笑わせたら良いよ」と無理な要求をしますが、平良は自分こそが「野村伊兵衛賞を狙っていた大学生」だと名乗ると、野口は爆笑。

撮影日、野口は桐谷のマネージャーを説得し桐谷から引き離すと、隠れていた安奈と対面させます。

桐谷は実は安奈との関係の継続を事務所に訴えており、叶わないのならば芸能界を去ると安奈に言いますが、安奈は自分を想っていてくれる桐谷の存在を「光」と言うと芸能界を続けるように懇願しました。

2人を見届けた平良は意を決し、安奈に同行していた清居に「話がある」と切り出し、高校時代からの待ち合わせ場所である川辺で待ち合わせることにします。

先に着いた清居は平良を待ちますが、その場に設楽が現れると清居の頭を強く殴打しました。

縛られた状態で目を覚ました清居は、設楽が安奈と清居が交際していると勘違いしていることに気づきます。

設楽は自身の持つ”安奈”と言う「特別な存在」を彼女のプライベートにも押し付けており、安奈にファンを蔑ろにすることの意味を知らしめるために清居を拉致していたのでした。

動機を聞いた清居は、見返りを求めず「存在する」だけで生きる糧としていた平良の方がよほど狂っていると笑い、その態度に激高した設楽は清居を殺害しようとします。

しかし、その場に安奈から事情を聞いた平良が現れ、清居を傷つけようとした設楽を執拗に攻撃すると、もみ合いの果てに頭を強く打ちつけ気を失ってしまいました。

病院で目を覚ました平良は菜穂から、もみ合いの最中にナイフを自分自身に刺してしまった設楽が逮捕されたことを聞かされます。

設楽による拉致監禁事件によって世間から多くの同情を集めた清居は、桐谷の掛け合いもあり事務所同士の手打ちが決まります。

野口の写真によって安奈と桐谷は交際を発表することが決まり、清居は撮影の現場に呼ばれ3人で写真を撮影。

アシスタントとしてその場に同行していた平良に野口は賞を撮るための一歩として、清居のピンショットを撮影するように命じます。

清居を撮影することに躊躇う平良でしたが、清居に「撮れ」と命令されると断ることができず、平良は何度も清居に向かってシャッターを切りました。

撮影された写真を眺める野口は、誰も引き出せていなかった清居の表情を平良が映し出していたことに感心していました。

大学の卒業式が行われ、いつもの待ち合わせ場所で清居と会った平良は清居を連れて、2人が出会った高校へ無断侵入します。

かつての担任に無断侵入を咎められ、清居と共に逃げる平良は懐かしい記憶と共に何があっても「永遠」に”キング”であり、自分だけの”美しい彼”である清居を愛することを誓いました。

映画『劇場版 美しい彼~eternal~』の感想と評価


(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

“キングを”崇拝する平良と対等な関係を求める清居

愛情を受けることなく育ったことで、”崇拝”まがいのものであると理解しつつも多くの人に愛される「芸能人」の道に憧れた清居は、自身を愛してくれる平良と出会い恋に落ちます。

しかし、平良が自身に向ける好意は”崇拝”そのものであり、対等な関係での恋愛を求める清居と平良の想いは徐々にすれ違うことになります。

お互いの恋が実り、同居が続く劇場版となってもそのすれ違いは続いており、ふたりの関係は周囲の変化に揉まれながら形を変えずに深く結びついていました。

相手を変えようとするわけではなく、相手を理解し自分を変えようとするふたりの恋愛模様をドラマ版以上に味わうことのできる作品でした。

俳優によって引き出される「美しい」物語


(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

“FANTASTICS from EXILE TRIBE”のボーカルとして活躍する一方で『HiGH&LOW THE WORST X』(2022)や『映画 イチケイのカラス』(2023)と言った作品に俳優として出演する八木勇征。

今作では彼がこれまでの作品で見せたワイルドさやお調子者な役の雰囲気は影を潜め、平良が一目で心を奪われた”キング”こと清居のクールな美しさに”雰囲気”だけで説得力を持たせていました

清居の外での立ち振る舞いは常にクールであり、それゆえに萩原利久の演じる気の抜けるような雰囲気を持つ平良と共にいる時だけ、クールさが失われる清居のギャップが際立ちます。

明らかに他者とは雰囲気の異なる天才俳優の安奈を演じた仁村紗和も、こと恋愛に対しては”普通の人間”の弱さを持つ安奈を好演しており、俳優によって本作の持つ物語が完成していると言える作品でした。

まとめ


(C)2023 劇場版「美しい彼 eternal」製作委員会

平良にとっての”美しい彼”である清居の生きる世界は輝きに満ちており、それゆえに本作の演出は”美しさ”に特化したものとなっていました。

屋内に桜の花びらが舞うような不自然な演出も、平良から見た世界だと考えると不自然ではなく、平良から見た世界を念頭に置くことで本作への理解もより深まります。

スクールカーストの最上位の清居とそんな彼をストーカー的に追い回していた平良の恋物語。

ふたりの物語の総決算とも言える『劇場版 美しい彼~eternal~』を、ぜひその目で確かめてみてください。



関連記事

ラブストーリー映画

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。大人の恋愛不器用な恋愛ラブストーリーをルーニーマーラらが美しき映像が彩る“孤独の果ての愛”

『名もなき生涯』『ツリー・オブ・ライフ』『天国の日々』のテレンス・マリック監督作品『ソング・トゥ・ソング』。 ルーニー・マーラ、ライアン・ゴズリング、マイケル・ファスベンダー、ナタリー・ポートマンと豪 …

ラブストーリー映画

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

邦画恋愛ファン必見の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 七月隆文の同名小説を、『ストロボ・エッジ』の福士蒼汰と『バクマン。』の小松菜奈共演した映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』。 (C …

ラブストーリー映画

映画『15年後のラブソング』ネタバレ考察と評価感想。人生のパートナー選びを間違った“男女が見つけた時間”

20年を失い、15年を無駄にすごした。 映画『15年後のラブソング』が2020年6月12日(金)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開されています。 『ハイ・フィデリティ』 …

ラブストーリー映画

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレあらすじと結末の内容解説。最後までキャスト菅田将暉×有村架純が共感させるラブストーリー

映画『花束みたいな恋をした』は、2021年1月29日(金)よりロードショー。 『東京ラブストーリー』『最高の離婚』『カルテット』など数々のヒットドラマを手がけてきた脚本家、坂元裕二。 坂元裕二のオリジ …

ラブストーリー映画

映画リベンジガール(girl)|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

桐谷美玲主演の『リベンジgirl』は、2017年12月23日より全国公開! 男に弄ばれた失恋をきっかけに女性初の総理大臣を目指す、宝石美輝役に桐谷美玲。 自分を振った相手を向こう戦う選挙戦の“リベンジ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学