Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/09/09
Update

【ネタバレ】HiGH&LOW THE WORST X|結末あらすじ感想と評価解説レビュー。スピンオフ2はキャストも続投させて“世代交代”を成し遂げたその後を描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

それぞれの想いと拳が交差(クロス)する大人気シリーズ第7弾

「EXILE」を結成し日本の音楽の一時代を築いたHIROが会長を務める芸能プロダクション「LDH」が全面的にバックアップを行い、HIRO自身がシリーズの企画プロデュースを務める「HiGH&LOW」シリーズ。

2015年から始まった「HiGH&LOW」シリーズはぶっ飛んだ設定と、人員と予算を惜しまない派手な演出によって「EXILE」ファン以外からの人気も集め始め、今では多くの映画好きがシリーズの最新作を楽しみにしています。

そして2022年、人気漫画「WORST」とコラボしたスピンオフ映画『HiGH&LOW THE WORST』(2019)の続編が登場。

今回は物語もアクションも更なる進化を遂げたシリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST X』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『HiGH&LOW THE WORST X』の作品情報


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

【公開】
2022年(日本映画)

【総監督】
二宮“NINO”大輔

【監督】
平沼紀久

【脚本】
増本庄一郎、渡辺啓、平沼紀久

【キャスト】
川村壱馬、吉野北人、佐藤流司、神尾楓珠、森崎ウィン、前田公輝、塩野瑛久、三山凌輝、中本悠太、志尊淳

【作品概要】
高橋ヒロシによる大人気不良漫画シリーズ「WORST」と「HiGH&LOW」シリーズの実写コラボレーション映画第2弾。

「鬼邪高校」の全日制の生徒を演じた前作キャストとドラマ『6 from HiGH&LOW THE WORST』でシリーズに参加した森崎ウィンが引き続き続投し、人気グループ「BE:FIRST」の三山凌輝と「NCT127」の中本悠太がメインヴィランとして本作に参加しました。

映画『HiGH&LOW THE WORST X』のあらすじとネタバレ


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

巨大財閥の御曹司である「瀬ノ門工業高校(以下瀬ノ門)」の天下井公平とその右腕・須嵜亮は「SWORD地区」で最強を誇る「鬼邪高校(以下鬼邪高)」を潰すため、同地区内の「鎌坂高校(以下カマ高)」と「江罵羅商業高校(以下バラ商)」と「連合」を結成し動き始めていました。

人を上か下かでしか区別せず、自分より下の人間を「駒」としか考えない天下井率いる「連合」は「SWORD地区」の高校を制覇しつつありました。

一方、「牙斗螺」との戦いで共闘した戸亜留市の「鳳仙学園(以下鳳仙)」の番長・上田佐智雄が敗北したとされる、「鈴蘭男子高校(以下鈴蘭)」のラオウに強く惹かれる「鬼邪高」全日制の番長・花岡楓士雄は1人で「鈴蘭」を訪れます。

複数の派閥が日々抗争を繰り返す「鈴蘭」で楓士雄が身分を明かしたことでラオウ一派のビンゾーを始めとした生徒たちとの大乱闘に発展しますが、ラオウ一派のマーシーによって制止され、ラオウへの挑戦者が後を絶たないことから「整理券」を受け取り列に並ぶようにと諭されます。

ラオウ一派の孫六からの鋭いキックを楓士雄が受け止めるとマーシーはそれが「整理券」だと言い、楓士雄を無事に「鈴蘭」から帰しました。

帰路の途中で「鳳仙」に立ち寄った楓士雄は佐智雄からの手紙を受け取ります。

手紙には佐智雄が家族の都合で海外におり、その間に「鳳仙」で問題が起きた場合には「鬼邪高」に協力をお願いしたいと書かれていました。

「鬼邪高」に戻り仲間に顛末を話す楓士雄は、情報通のジャム男からラオウの起こした暴力的な騒動の数々を聞き、ますますラオウへの興味を募らせます。

一方、楓士雄の相棒である高城司は「鬼邪高」の定時制の番長・村山良樹によって定時制と全日制が分断されて以降、「瀬ノ門」を始めとした近隣高校が全日制を狙い始めていることを感じていました。

ラオウの件を早々に片付けることを決めた司は仲間の轟洋介と「鳳仙」四天王の1人・小田島有剣の紹介でマーシーと会います。

その頃、「鳳仙」四天王のシダケンは「瀬ノ門」のサボテンに呼び出され「鳳仙」の「連合」入りを勧誘されていました。

金に困窮するシダケンは天下井の差し出す金を一旦は受け取りますが、「鳳仙」のプライドから金を投げ捨てると「連合」入りを拒否。

天下井はサボテンにシダケンへの制裁を命じると、「連合」の生徒に袋叩きにされたシダケンは意識不明の重傷を負わされました。

天下井の凶行を見つめる須嵜は無職の父親を天下井が運転手として雇った経緯があり、人を「駒」としか見ない天下井が幼馴染である自分でさえも「仲間」ではなく「駒」として見ていることを知っていました。

数日後、「連合」は天下井の指示のもと鬼邪地区への侵攻を開始。

マーシーからラオウの所在地を聞きだした司は楓士雄とジャム男を連れて孤児院を訪れると、ラオウが孤児院育ちであり彼の起こした騒動の全てが孤児院の少年少女を守るためのものだったと言う真実を聞かせます。

その話を聞いた楓士雄は、ラオウに駆け寄るとラオウに握手を求め「友達」になりたいと懇願し、困惑するラオウは楓士雄を受け入れました。

ある日の帰り道、楓士雄と司、ジャム男は「連合」に取り囲まれます。

司はジャム男を逃がし体制を立て直させるために楓士雄とは別方向に別れ相手を分散させることを決断。

楓士雄は「カマ高」の氷室零ニを倒し「鬼邪高」への退却に成功しますが、須嵜と対峙した司は敗北し天下井によって鉄パイプで滅多打ちにされます。

同時刻、「鬼邪高」の生徒は各地で襲撃を受け清史や中越、辻や芝マンが重傷を負わされます。

楓士雄や轟と言った主要人物を取り逃がしたことを察した天下井は瀕死の司を「瀬ノ門」へと拉致しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『HiGH&LOW THE WORST X』のネタバレ・結末の記載がございます。『HiGH&LOW THE WORST X』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

全体像を把握した楓士雄はラオウしか目になかった自分とは違い、予め危機を察しジャム男に適切な指示を出していた司が番長になるべきだったのではないかと悩み、復讐を訴える泰志の制止を無視して「鬼邪高」を抜け出します。

一方、釣りに出かけていたため襲撃を逃れた轟は状況を察知すると、単身で「バラ商」へと乗り込みます。

「バラ商」の鮫岡は天下井の凶行や喧嘩に武器を使う「カマ高」の手口に辟易しており、轟に強い恨みを持つ風神と雷神を倒したら「連合」から抜けると宣言。

2人を打ち破り「バラ商」の「連合」脱退を成し遂げた轟が「鬼邪高」に戻ると、僅か数十人しか無事に動ける人間がいないことを知ります。

司を助けることを最優先にし全面戦争を避けるべきと主張する轟に、全面戦争が司の望みであると戻ってきた楓士雄が頭を下げました。

楓士雄の言動に轟は「自分は用済みなのか」と動揺しますが、楓士雄は「俺は仲間のためなら誰にでも頭を下げられる」と「鳳仙」に助けを求めたことを告白し、轟は楓士雄のことを改めて頭として認めます。

「鳳仙」はシダケンの一件と不在である佐智雄の意思から「鬼邪高」への協力を決め、「連合」の待ち構える「瀬ノ門」へ向かう楓士雄たちと合流します。

その頃、捕らえられた司はナミ高の番長であった過去を持ち、高い戦闘能力と人間性が有名であった須嵜がなぜ天下井に付き従っているのかと言う疑問を本人にぶつけますが、須嵜は天下井と親友だった幼少期を思い出すだけで何も語りませんでした。

「鬼邪高」と「鳳仙」は「連合」が待ち構える「瀬ノ門」になだれ込み、大規模な抗争が始まります。

入り組んだ地形と武器を使う「連合」に苦戦する「鬼邪高」と「鳳仙」に、「友達」を助けに来た「鈴蘭」のラオウ一派が加わり圧倒的な戦闘力で状況を打破。

全員に後押しされた楓士雄と轟と有剣が司の捕らえられている体育館へと侵入すると、そこには大量の「瀬ノ門」の生徒と天下井、須嵜、サボテンが待ち構えていました。

須嵜を轟と有剣が抑えている間に司を救い出した楓士雄は「連合」の下っ端を轟と有剣に任せ、自身は須嵜と対峙。

拘束が解かれた司はボロボロの状態ながらも天下井を追い詰め、一方で有剣はシダケンに重傷を負わせたサボテンを降します。

天下井によって金で雇われた援軍が「瀬ノ門」に到着しますが、帰国した佐智雄が駆け付け援軍を一掃。

楓士雄と須嵜の戦いは一進一退を繰り返し、やがて各地で戦いに勝利を収めた楓士雄の仲間たちが体育館に現れ、「連合」の生徒を取り囲みます。

天下井は徹底抗戦を命じますが、「連合」の生徒は天下井を見捨てて逃げ出し、ただ一人須嵜だけがその場に残ります。

その場に居る全員が再開した楓士雄と須嵜のタイマンを見届ける中、僅差で楓士雄が須嵜を降しました。

なおも負けを認めない天下井に楓士雄は喧嘩に大事なものはその場の勝ち負けで無く、一緒に戦う「仲間」がいることだと説きますが、その言葉に激怒した天下井は隠し持っていたナイフで楓士雄を襲撃。

しかし、その凶刃は須嵜が止めており、「そんなことをしたらテッペンをとれなくなる」と天下井を制止します。

小学生時代、激しいいじめに遭っていた須嵜は同級生の天下井が身を挺していじめを止めてくれたことに感謝しており、強くなって自分が天下井を助けることを誓っていました。

「駒」ではなく「仲間」としてまたイチから2人で始めようと涙ながらに訴える須嵜を天下井は「くだらねえ」と切り捨てますが、楓士雄に向き直ると今回の負けを認めます。

楓士雄たちが去った後、天下井は須嵜に「駒」としてではなく「仲間」として接し、次は2人で制覇を目指すことを誓いました。

「瀬ノ門」の校門で楓士雄と再会した佐智雄はこの喧嘩にラオウが仲間として加わっていたことに驚愕。

楓士雄がラオウに誰にも迷惑をかけないタイマン勝負の予定を申し入れる様子を見た佐智雄は、自分がラオウに負け越していることを理由にその喧嘩に混ぜて欲しいと願い出ます。

3人は拳を突きだし約束を誓うと仲間たちと共にそれぞれの帰路につきました。

時が経ち、楓士雄と司は天下井と須嵜に呼び出されます。

天下井は須嵜の希望で楓士雄とのタイマンを2人に願うと、司は挑戦者が後を絶たないことから「整理券」を受け取り列に並ぶようにと諭します。

楓士雄は須嵜に鋭いキックを浴びせ須嵜がキックが受け止めると、それが「整理券」だと言い放ちました。

スポンサーリンク

映画『HiGH&LOW THE WORST X』の感想と評価


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

定時制のキャラが登場しない新時代の物語

前作『HiGH&LOW THE WORST』にはドラマから登場し、シリーズを盛り上げてきた立役者でもある山田裕貴演じる村山良樹が、「大人側」の主人公として登場していました。

映画4作目となる『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(2017)で「SWORD」としての物語が完結して以降、本シリーズは世代交代を意識した作品作りが行われており、前作は新たな道を見つけ次世代の成長を見届けた村山の「鬼邪高校」卒業と言う形で物語が終幕。

そんな前作から数ヶ月後を描いた『HiGH&LOW THE WORST X』では、最初から最後まで次世代によって物語が展開され、シリーズ初となる世代交代後のキャラクターだけで構成された映画作品となっています。

一度は完結した「HiGH&LOW」シリーズの再始動と、今後のさらなる展開の広がりを感じさせる「鬼邪高校」のスピンオフ映画でありながらも「HiGH&LOW」の志を強く引き継いだ作品でした。

それぞれの関係性が魅力的な人間ドラマ


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

本作は人との出会いによって各々が精神的に成長していく様子がはっきりと描かれている「人間ドラマ」が見どころです。

ドラマシーズン2から登場し「鬼邪高校」の中でもトップクラスの人気キャラクターである全日制の轟。

同じ全日制の生徒を同格として見ず独立独歩の姿勢を貫くがゆえに人望のない轟でしたが、前作での天真爛漫かつ決して仲間を見捨てない主人公・楓士雄との出会いを経て大きく変わっていきます。

今作では精神的な成長を遂げた轟が仲間のために憤慨し、仲間のために率先して打開のために行動しており、シリーズを通して描かれてきた「人との出会いによる変化」の1キャラの終着点を見せてくれました。

他にも本作のヴィランとして登場する、人を「駒」としてしか見ない天下井と彼に付き従う須嵜の謎だらけの関係性は終盤に本作最大の見どころとなり、終幕後にはこの2人をもっと観ていたいとさえ思わせてくれます

シリーズファンには轟の成長が驚くほどに感じられ、シリーズ初鑑賞の方には天下井と須嵜の関係によって、本シリーズの持つ「成長」の魅力が伝わること間違いなしの作品となっていました。

まとめ


(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

登場する各学校に異なるイメージカラーの存在する本作は、遠巻きに見てもキャラの所属が分かる「HiGH&LOW」シリーズ特有の戦闘シーンがしっかりと引き継がれています。

スピーディな殺陣とさまざまな色の制服が入り乱れる極彩色の乱戦、どの戦闘シーンを切り抜いても拘り抜かれた演出が光り、アクション映画としても邦画トップクラスの出来の本作。

シリーズファンに嬉しい要素を含みながらも、本作から鑑賞してもシリーズの楽しさを体感できる『HiGH&LOW THE WORST X』は不良映画の観たいものがすべて詰まったオススメの作品です。

関連記事

アクション映画

映画『仮面ライダーTHE FIRST』ネタバレあらすじ感想と解説。ラスト結末にある原点回帰の到達点はシン化を遂げるのか

日本を代表する特撮ヒーローシリーズ「仮面ライダー」。 今年生誕50周年を迎えた同シリーズは、テレビシリーズと並行する形で何度かリブートが試みられてきました。 2000年から始まった「平成仮面ライダー」 …

アクション映画

映画『パーカー』ネタバレあらすじ結末と感想評価。最後の原作者に捧げた意味とジェイソン・ステイサムの演技が魅了する

リチャード・スタークの犯罪小説を実写映画化したクライムアクション! テイラー・ハックフォードが製作・監督を務めた、2013年製作のアメリカのPG12指定のクライムアクション映画『PARKER/パーカー …

アクション映画

『ゲット・アライブ』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2018にて

冴えない詐欺師チームVS極悪非道のギャング集団の崖っぷちな奴らが繰り広げる、暴走アクション・エンターテインメント! 映画『ゲット・アライブ』は、2018年1月13日(土)より、ヒューマントラストシネマ …

アクション映画

『ダイ・ハード』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ブルース・ウィリス代表作おすすめ1番!不運な刑事マクレーンを演じた人気シリーズ

映画『ダイ・ハード』はブルース・ウィリスが災難に巻き込まれる刑事ジョン・マクレーンを演じた人気シリーズ第1弾。 監督は、『プレデター』(1987)や『レッド・オクトーバーを追え!』(1990)のジョン …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の王騎役は大沢たかお。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学