Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2018/04/18
Update

映画『リミット・オブ・アサシン』あらすじとキャスト。イーサン・ホーク紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『リミット・オブ・アサシン』は、6月16日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

復讐する彼に与えられたのは24時間限りの命⁈

イーサン・ホーク主演×『ジョン・ウィック』製作スタッフで贈る、スタイリッシュでド派手な盛り上がりを見せるノンストップ・キリング・アクションが登場!

スポンサーリンク

映画『リミット・オブ・アサシン』の作品情報


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

【公開】
2018年(アメリカ・中国合作映画)

【原題】
24 Hours to Live

【監督】
ブライアン・スムルツ

【キャスト】
イーサン・ホーク、シュイ・チン、ポール・アンダーソン、リーアム・カニンガム、ルトガー・ハウアー

映画『リミット・オブ・アサシン』のあらすじ


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

家族を失い、任務中に命も落としてしまう凄腕の暗殺者トラヴィス。

彼は組織の蘇生実験によって息を吹き返しますが、組織の一味はトラヴィスが手に入れた情報を聞き出すと、すぐに彼の処分を行おうとします。

しかし、命からがらその場を脱出したトラヴィスは、自らも捨て駒に過ぎなかったことを悟ります。

やがてトラヴィスは自らが犯した罪と向き合い、組織の更なる陰謀を阻止するため、復讐を遂げることを決意。

ふたたび与えられた命の期限は、残りわずか24時間。

トラヴィスは残された全てを懸けて、たった独りで組織に全面戦争を仕掛けますが…。

スポンサーリンク

映画『リミット・オブ・アサシン』の感想と評価


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

演技派イーサン・ホークのアクション映画

本作の主人公の殺し屋トラヴィス役を演じるのは、10代の頃から現在に至るまでハリウッドのメインストリームで活躍を続ける名優イーサン・ホーク。

2018年に公開された『ヴァレリアン』や『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』など幅広いジャンルの映画に出演しる俳優です。

近年では、米国アカデミー賞助演男優賞候補となった『6才のボクが、大人になる まで』や、伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーを見事に演じ切った『ブルーに生まれついて』など、演技派のイメージも定着しつつあります。

しかし、本作『リミット・オブ・アサシン』では、久々の本格アクション映画の単独主演を務めています。

イーサンの演技力でリアルさを体現


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

スタントマン出身のブライアン・スムルツ監督とあって、アクションシーンはどれもがスタイリッシュでクールな映像になっています。

そこで主人公トラヴィス役をイーサン・ホークが演じたことで、憂いを帯びた表情の見せたり、復讐心を抱く姿勢に円熟味のある演技力で表現していて、スマートに見せつつ、一匹狼的なヒーロー像を体現しています。

また、SF的設定とも言えそうな、組織によって一度死からから蘇生を受け、再度またも死ぬ状況や、左手首に埋め込まれた残された時間のデジタルカウントのサスペンスな表現も、イーサンの演技だからこそ説得力をもたらしていると言えるでしょう。

イーサン以外の豪華なキャストにも注目!

参考映像:『ヒッチャー』(1986)

共演者の中でどうしても注目しておきたいのは、『ブレードランナー』(1982)のレプリカントのロイ・バティー役や、『ヒッチャー』(1986)のサイコパス的なストーカーのジョイ・ライダー役などで、強烈な存在感を見せたオランダ出身のベテラン俳優ルトガー・ハウアー

この作品のルトガーは味のある風貌で魅力ある存在感を見せていますので、彼のファンは要チェックです!


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

また、『LOOPER/ルーパー』(2012)で、ブルース・ウィリスの妻役でハリウッド進出を果たした中国出身の女優シュイ・チンといった国際色豊かな顔ぶれがスクリーンを彩ります。

主演のイーサン・ホークのみならず、他のキャストにも魅力があるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)でもプロダクションデザイン担当したコリン・ギブソンならでなので、通な映画ファンも納得もいくではないでしょうか。

まとめ


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

本作『リミット・オブ・アサシン』では、蘇生実験で息を吹き返した暗殺者トラヴィスは、モノローグ(独白)を見せている表現からも、ノワール的な要素である、社会的な状況から落ちぶれていった主人公というストイックも描いています。

それはトラヴィスが大切にしていた息子や妻という、家族を失うという様です。

そこで自身に唯一残された暗殺スキルを生かして、彼自身の命を含め大切なものを奪った組織への復讐するという、どこかSF的設定でもある“擬似タイムトラベル”としての残された時間が、「イニシエーションの24時間」なのでしょう。


© 24 HTL CO., LIMITED 2017

しかし、本作はノワール的にストイックにハマるだけではなく、スタントマン出身でアクションに精通した新鋭ブライアン・スムルツ監督

見せるアクション演出はお手の物で、飛び交う無数の銃弾にロケットランチャーやナイフを用いた肉弾戦あることから、王道を好むアクション映画ファンを魅了させてくれます。

さらには、そのアクションを音響面から盛り上げるは、音楽担当タイラー・ベイツ

彼は2014年公開の『ジョン・ウィック』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、また、2017年公開『アトミック・ブロンド』でも音楽を担当していますから、サウンド効果の盛り上げ上手なのは間違いなしです!

復習に燃える男をイーサン・ホークが演じた映画『リミット・オブ・アサシン』は、6月16日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

アクション映画

映画『殺しが静かにやって来る』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“その男の歩いた後は死の沈黙が訪れる…” セルジオ・コルブッチが辿り着いたマカロニ・ウエスタンの極地『殺しが静かにやって来る』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『殺しが静かにやっ …

アクション映画

映画『キラー・セッション』あらすじとキャスト!劇場公開日は

組織を裏切り逃亡したスゴ腕の殺し屋。そして彼を追い詰める最强にして最凶の快楽殺人者。 暗殺者VS暗殺者の情け容赦ないアクション・スリラー!『キラー・セッション』。 10月21日(土)よりヒューマントラ …

アクション映画

【ミッドウェイ映画2020】エメリッヒ版の評価と見どころは?こだわりの巨大セットとVFXに注目

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

アクション映画

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』感想レビューと評価。梨泰院クラスが話題のパク・ソジュンがエクソシストとバディを組んだアクションムービー

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー! 日本でもNetflixで配信され話題沸騰中のドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソ …

アクション映画

ジョンウィック2あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アクション映画ファンを熱狂させたキアヌ・リーヴス主演『ジョン・ウィック』から2年。 あの伝説の殺し屋が帰ってきた! アクションも、キャラクターもパワーアップした続編、『ジョン・ウィック:チャプター2』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学