Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/08/02
Update

映画『ワイルドスピード9スーパーコンボ』ネタバレあらすじと感想。結末まで疾走する初スピンオフでもホブスとショウは大暴れ!

  • Writer :
  • 村松健太郎

ワイスピのスピンオフ見参!メガヒットシリーズの通算9作目『ワイルド・スピード /スーパーコンボ』。

カーアクションとしてスタートを切った『ワイルド・スピード』から、シリーズ通算9作目。

『ワイルド・スピード MEGA MAX』で初登場してから本シリーズのアイコンとなったドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブス。

また『ワイルド・スピード EURO MISSION』からシリーズに参戦したジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウがタッグを組んで戦いに挑みます。

演出を担当したのは、『ジョン・ウィック』や『デッドプール2』でお馴染みのデビッド・リーチ監督です。

かつては敵同士で何から何まで反対であるホブスとショウが、コミカルにいがみあいながらも、目前の謎の強敵ブリクストンを粉砕できるのかに挑んでいきます。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の作品情報


(C)Universal Pictures

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
FAST&FURIOUS HOBBS&SHAW

【脚本・原案】
クリス・モーガン

【脚本】
ドリュー・ピアース

【脚本・監督】
デヴィッド・リーチ

【キャスト】
ドゥエイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、イドルス・エルバ、ヴァネッサ・カービー、ヘレン・ミレン、

【作品概要】
大ヒットアクションシリーズ通算9作目にして、初のスピンオフ作品。

シリーズ5作目から参加したルーク・ホブス=ドゥエイン・ジョンソンと7作目から本格参加したデッカード・ショウ=ジェイソン・ステイサムのW主演に加えてイドルス・エルバ、ヴァネッサ・カービー、ヘレン・ミレン、が出演。

世界中でド迫力バトルを展開します。ドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムは製作にも名を連ねています。

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Pictures

ロンドン。人類を滅亡に導くウィルスがテロリストの手に渡りかねない状況をMI6が急襲します。

その中には、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の妹ハッティ・ショウ(ヴァネッサ・カービー)もいました。ウィルスを確保したのも束の間、謎の一団が現場を襲います。

一団のリーダーのブリクストンは身体と機械と融合することで強化した肉体を武器にMI6を一蹴。

ハッティはとっさに自分の身体にウィルスを取り込みその場から逃走します。

しかしブリクストンの情報操作によってハッティがウィルス強奪犯とされてしまいます。

アメリカとイギリスの諜報機関はこの非常事態にスペシャリストを招聘します。

ルーク・ホブス(ドゥエイン・ジョンソン)とデッカード・ショウでした。かつては本気でやり合ったこともある二人、案の定反発、単独行動に出ます。

ホブスが、何とかハッティの身柄を確保しましたが、そこにショウも合流します。

そこにブリクストンが襲来、ロンドン市内で大バトルを展開します。

圧倒的な身体能力を誇るブリクストンに、ホブスとショウの二人がかりでも大苦戦。何とか逃げ切ったものの、またもや情報操作でロンドンで起きた騒乱は二人のせいにされてしまいます。

ハッティの中にあるウィルスを取り出し、ブリクストンたちの陰謀を防ぐために3人はロシアの研究所に向かいます。

だが、その行動は読まれていて、二人は囚われの身に、ハッティの機転で研究所ごと爆破させて脱出します。

なんとウィルスを取り出す装置は故障、ブリクストンもまだ生き残っています。

ハッティの中のウィルスが活動を開始するまでの時間も残りわずか、そして、彼らが逃げ込める場所はもうないという中、ホブスは禁じ手を選びます。

以下、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Universal Pictures

ホブスが選んだ場所は生まれ故郷のサモアでした。

かつて家族、一族絡みで窃盗などの犯罪をしていましたが、ホブスはこれを嫌って自分は警察の側の人間になります。それ以来、故郷には一度も帰っていませんでした。

突然のホブスの帰郷の気まずい空気が流れますが、そこは母系社会のサモア、母親の一括でわだかまりが消えます。

ブリクストンが攻めてくることは確実な中でサモアの勇者たちが肉弾戦で挑みます。

ウィルスを取り出す装置もなんとか修理ができ、ハッティの身体から取り出しに成功します。

ブリクストンとの決戦に挑むホブスとショウ。

ブリクストンは機械との融合ことによって相手の行動を予測できることができ、1対1ではかないません、そこで二人は連携攻撃に出ることに。片方が敢えておとりになることでブリクストンに攻撃を与えていきます。

相手の攻撃が予測できなくなったブリクストンに勝ち目はありませんでした。

激闘の結果、ブリクストンを倒したホブスとショウ。

その後、ホブスは娘をともなってサモアを再訪、ショウは妹・ハティと共に母親(ヘレン・ミレン)の面会に出向くなど家族の絆を新たなものにしました。

スポンサーリンク

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の感想と評価


(C)Universal Pictures

だんだん、カーアクション映画からカーアクションシーンもあるアクション映画になってきた本シリーズその流れを加速させたのがドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム

そして本作はこの二人が主役ということで、いよいよもってカーアクションシーンは少なめ。

一方でドゥエイン・ジョンソンのプロレス仕込みのアクションとジェイソン・ステイサムのマーシャルアーツアクションが全面に出ている作品に仕上がっています

事件のきっかけを作ったのがデッカード・ショウ=ジェイソン・ステイサムの妹であったり、母親が登場したり、長年交流がなかったサモアのルーク・ホブス=ドゥエイン・ジョンソンの家族が登場したりと、二人のキャラクターが深堀りされています

デッカード・ショウはもともと、弟がボコボコにされたリベンジでシリーズに本格参戦したり、ホブス=ドゥエイン・ジョンソンの愛娘が毎回、登場したりと意外とファミリー要素が強いシリーズでしたので、そこの部分は変わっていませんね。

ドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムの二人が揃うと相手にも困るところですが、『マイティ・ソー』のヘイムダルでお馴染みのイドルス・エルバが抜群の存在感を見せてくれます

ジェイソン・ステイサムとイドルス・エルバが英国人ということもあって序盤の舞台はロンドン

一方でクライマックスはガラッと変わってドゥエイン・ジョンソンのルーツというべきサモアが舞台になっています。

ロンドンパートではカーアクション&銃撃アクション主体、サモアでは肉弾戦という風にすみ分けもされています。贅沢な気分になります

まとめ


(C)Universal Pictures

シリーズ9作目にして、ナンバリングされていない初のスピンオフ作品。

本シリーズは時系列がややこしいのですが、『ワイルド・スピード』→『ワイルド・スピードX2』→『ワイルド・スピードMAX』(4)→『ワイルド・スピードMEGA MAX』(5)→『ワイルド・スピードEURO MISSION』(6)→『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(3)→『ワイルド・スピードSKY MISSION』(7)→『ワイルド・スピードICE BREAK』(8)となります。

シリーズはメインキャストが櫛の歯が欠けるように一人また一人と消えながら3作目でかなり尻つぼみ状態になりました。

ところが突如4作目でメインキャストが再結集してV字回復。そして、5作目でドゥエイン・ジョンソン、7作目で(6作目のラストにカメオ出演済み)からジェイソン・ステイサムが本格参戦するにあたり、当初のカーアクション映画からカーアクションもあるアクション映画に変わっていきました

そして本作品『ワイルド・スピード /スーパーコンボ』です。

本作はスピンオフではありますが『ICE BREAK』から続く三部作の第二部という位置づけで、現在制作中(スタントマンの事故によって中断中)のナンバリングシリーズの9へと続きます。

ということもあってエンドロールも含めて、色々と先々への伏線も多いのですが、何せ、アクションスターとしては今一番安心・安全のドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサムが出演ということで、これ単体でも充分に楽しめる極上のアクションに仕上がっています。

次も決まってはいるので、トータル10作品ということになって、非ホラージャンル映画としては異例の量産体制です。

7作目でポール・ウォーカーという重要なキャストを亡くしてしまったのは痛手ですが、何とかシリーズ完結編の10作目まで完走してくれそうです


(C)Universal Pictures

関連記事

アクション映画

ワイルドスピード6ユーロミッション|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

あの大人気シリーズ『ワイルド・スピード』の6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』。 シリーズ恒例の派手なカーアクションも健在で、非常に見応えのある作品に仕上がっている『ワイルド・スピー …

アクション映画

韓国映画『マスター/MASTER』あらすじと感想レビュー!公開日は?

韓国観客動員715万人の大ヒット!『MASTER/マスター』。2017年11月10日(金)より全国ロードショーに向け、極悪のカリスマ詐欺師に挑んだイ・ビョンホンの来日が決定! 今作では悪の権化と化すイ …

アクション映画

映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』あらすじとキャスト。最後に挑む事件とは

ベルギーから掘り出し物のいぶし銀な作品をご紹介! 映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』は、2018年2月10日(土)より特集上映される「未体験ゾーンの映画たち2018」にて公開です。 政界進出を目論 …

アクション映画

映画ジャスティスリーグあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

マーベルと双璧を成すDCコミックスのスーパーヒーローたちが結集! 今年一番の超大作映画『ジャスティス・リーグ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ジャスティス・ …

アクション映画

映画『レオン完全版』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジャンレノ×ベッソン代表作】

映画『レオン』は1994年にリュック・ベッソンがハリウッド初監督を果たした、ジャン・レノの代表作。 そしてオーディションでヒロイン役の少女マチルダに選ばれ、鮮烈にデビューを飾ったのは、2010年『ブラ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP